散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜市中区のレトロな建物(7)

最後に馬車道地区まで歩き、横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)などを見て回った。
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)
パリの街角に立ったかのような感じ。見事な建物だ。
建物は、歴史主義建築に属する明治30年代における代表的な洋風建築である。
横浜正金銀行本店として1900年(明治33年)に着工し、1904年(明治37年)に完成した。1923年(大正12年)9月1日の関東大震災の火災により建物のドームが焼失する。1947年(昭和22年)には、横浜正金銀行を引き継いだ東京銀行が発足し、東京銀行横浜支店として使用された。1964年(昭和39年)に神奈川県が建物を買い取り、建物の増築・改修工事を行い、関東大震災で焼失したドーム屋根の復元を行う。1967年(昭和42年)3月20日に神奈川県立博物館として開館する。
1969年(昭和44年)、建物が「旧横浜正金銀行本店本館」として国の重要文化財に指定され、1995年(平成7年)には敷地が「旧横浜正金銀行本店」として国の史跡に指定されている。外観のよく保存された、すぐれた意匠をもつ洋風建築であり、明治以降の建築物をともなう遺跡で国より史跡の指定をうけたのはこれが最初である。
竣工 - 1904年(明治37年)
構造・規模 - 石・煉瓦造、地上3階、地下1階、正面中央八角塔屋付、ドライエリヤ石塀附属
建築面積 - 1,998.3平方メートル

旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_1
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_2
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_3
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_4
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_5
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_6
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_7
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_8
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_9
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_10
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_11
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_12
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_13
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_14
旧:横浜正金銀行本店本館(現:神奈川県立歴史博物館)外観_15
ドーム部分のクローズアップ
ドーム部分のクローズアップ_1
ドーム部分のクローズアップ_2
ドーム部分のクローズアップ_3
ドーム部分のクローズアップ_4
1階部分は立ち入り自由
1階部分は立ち入り自由_1
これもステンドグラスだ。普通は垂直に設置されるだろうが、此処のものは水平方向に設置されている。珍しいものだと思った。
1階部分は立ち入り自由_2
1階部分は立ち入り自由_3
神奈川県立歴史博物館の正面入り口はこちら側
神奈川県立歴史博物館の正面入り口
テラスから見たMM21
テラスから見たMM21_1
テラスから見たMM21_2
テラスから見たMM21_3
テラスから見たMM21_4

旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)
うーーん、ファザード建築の典型だけど、もう少し、元の建物を活かして欲しかった気がする。
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_1
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_2
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_3
旧:川崎銀行横浜支店(現:日本興亜馬車道ビル)_4
関内地区(弁天通)。この建物は八大財閥の一つ川崎財閥の中核銀行であった川崎銀行の横浜支店として矢部又吉の設計により大正11年に建てられた。
当初の建物は、ネオルネッサンス形式の3階建の石造建築である。各階の窓には異なったデザインを配し、3階部分には三角破風をのせている。石の積み上げ方にも変化をもたせ、凝った装飾はなくシンプルにまとめられている。同じ石造り建築ながら明治時代建設の隣接する神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行)に比べ、大正時代建設のこの建物には何か柔らかな風合いを感じさせるものがある。
設計者の矢部又吉は横浜生まれでドイツに学んだ建築家で隣接する旧横浜正金銀行の設計者妻木頼黄の弟子筋にあたる。師の作品に歩調をあわせつつも、個性をだした建築になっている。
建物はその後日本火災横浜ビルとなり、昭和61年には取り壊される運命にあったが、多くの人々の努力と施主の英断により歴史的建築物の保存・再生の先駆けとして平成元年外壁を保存した姿に生まれ変わった。現在は川崎財閥の流れを汲む日本興亜損害保険のビルとなっている。横浜市の歴史的建造物認定の第1号である。


以上で、『横浜市中区のレトロな建物』シリーズは終了です。最後までご覧頂き有難う御座いました。

Comments

 
こんにちは(^-^)

復元って、写真をみながらとか、残ったものを参考にしてやるんでしょうね。建設業のかたがやるんですかね?

凄い技術なんですね。
こんにちは。 
東横インの看板がなければ・・・パリ?(笑)。
シリーズに登場した建物群、この辺りは空襲を免れたのでしょうか。大都市に建てられた維新後の西洋館が破壊・延焼するなかで、こうして残っているのはすごいことです。
PS 文化はモノより人や風土だと思います。僕は、AzTakさんの故郷紹介には横浜以上にインパクトがありましたよ。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(^-^)

keikoさん、こんばんは。

> 復元って、写真をみながらとか、残ったものを参考にしてやるんでしょうね。建設業のかたがやるんですかね?
>
> 凄い技術なんですね。

関東大震災により火事でドーム部分が焼けてしまったようです。直後の補修では、フラットな屋根にしたようです。それが今のようなドームの復原したのは、昭和42年まで待たねばなりませんでした。

1923年(大正12年)の関東大震災では建物の倒壊はなかったものの、火災により正面屋上の
ドームは鉄骨を残して焼失したという。大正14年には復旧されたがドームは陸屋根にされ、創建時通りには復旧されなかった。
その後、1967年(昭和42年)になって神奈川県立博物館として開設される際にほぼ創建時に近い形状のドーム(隅欠き八角形で、直径約12m、ドームの高さ10.05m、道路面からの高さ36m)が復元されたという。


詳しいことは、下記URLでご覧ください。相当な技術が適用されているようです。詳しいことはさておき、立派なものに仕上がりましたね。
http://ohoka-inst.com/yokohamabank.html
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 東横インの看板がなければ・・・パリ?(笑)。

ですよね。思わず天を仰ぎましたが、仕方がありません。

> シリーズに登場した建物群、この辺りは空襲を免れたのでしょうか。大都市に建てられた維新後の西洋館が破壊・延焼するなかで、こうして残っているのはすごいことです。

本当かどうかわかりませんが、終戦後の占領するときの自分たちの活動拠点にすべく、空襲をひかえたという話を聞きました。他Mコテンパンにやられたんですが。

> PS 文化はモノより人や風土だと思います。僕は、AzTakさんの故郷紹介には横浜以上にインパクトがありましたよ。

有難うございます。
早く復興できるといいのですが、諦めずに頑張ってほしいものです。
AzTakさん 
こんばんは
神奈川県では素晴らしいことをされていますね。
県で買取、修繕して、それを公開してゆく。
文化財をきちんと保存、発展させてゆく姿勢に感心します。
民間ではナカナカ出来ないことです。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 神奈川県では素晴らしいことをされていますね。
> 県で買取、修繕して、それを公開してゆく。
> 文化財をきちんと保存、発展させてゆく姿勢に感心します。
> 民間ではナカナカ出来ないことです。

たぶん、のんびり熊さんが当時の神奈川県知事だったとしても同じ決断をされたと思います。
そして今、黒岩知事や林市長は三井物産横浜支店ビルをどう扱うつもりなんでしょうね。


Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR