散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

近所の様子(5)

九品仏浄真寺(3)

本堂
本堂。仁王門を入て右の方にあり。11間四面の堂にて西に向へり。龍護傳と扁額す。これも阿慶の筆なり。本尊丈六の釈迦如来を安ず。開山珂碩上人手づから彫刻する所なりと云。左右に善導円光大師の木像を安ず。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
本堂には上人のほりあげた釈迦牟尼仏を中心に、右に善導大師、左に法然上人の像を安置している。中でも右側にある珂碩上人像は乾漆製の芸術価値の高いものである。堂の隅には、ぴんずる尊者像がある。本堂は総欅造りで、昭和42年修築し、かや茸屋根を銅茸にかえた。

本堂_1
本堂_2
通常の宗教行事にはこれより小型の数珠を用いているそうだ。
本堂_3
ご本尊
開山の珂碩上人が彫り上げたという釈迦如来像。大仏である。
ご本尊の釈迦如来像_1
ご本尊の釈迦如来像_2
ご本尊の釈迦如来像_3
本堂の左側
五劫思惟阿弥陀如来坐像
阿弥陀如来の異形のひとつで、経説によると四十八の大願を成就するために永い間、剃髪をすることもなく坐禅・思惟していたので、このような髪形になったという。
五劫思惟阿弥陀仏とは、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩だった時代、衆生を救うために菩薩行に励まれた後の姿です。その時間が「五劫(ごこう)」。そのくらい長い時間、じっと思惟をこらして修行した結果、菩薩から阿弥陀如来になるのですが、まさにその瞬間を現した姿なのです。
 -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
木造五劫思惟阿弥陀如来坐像
世田谷区指定有形文化財(絵画・彫刻)
江戸時代
像高120cm
この像は、阿弥陀如来がすべての人々を救おうと「五劫」という長い期間にわたる修行中の姿を表現しています。特徴的な頭部は長い修業をしたために伸びた頭髪をあらわしたものです。
平成元年の解体修理の際に胎内から発見された文書により本像の制作には珂碩上人(かせきしょうにん)の弟子・珂憶上人(かおくしょうにん)が関係したことが分かりました。これにより浄真寺の伽藍が完成した元禄11年(1698)から、珂憶上人が没した宝永5年(1708)までの間に本像が造られたものと考えられます。

木造五劫思惟阿弥陀如来坐像ほか
乾漆珂碩上人倚像
見落としたようなので、世田谷区のHPの画像を借用
乾漆珂碩上人倚像
世田谷区指定有形文化財(絵画・彫刻)
江戸時代 元禄5年(1692)頃
像高136.5cm
本像は浄真寺を開いた珂碩上人の肖像で、椅子に座った姿から倚像と呼ばれています。顔の表情、数珠を握る姿など全体に写実的で、真に迫った感じが伝わってきます。乾漆造という奈良時代に盛んに用いられた技法で制作されており、江戸時代の作例としては珍しいものです。この像は上人の最晩年を現したものと考えられています。
乾漆造は、粘土で原型を造り、その上に麻布と漆を何層かに塗り固め、整形し、最後に粘土を抜き取って造る方法。

お面かぶり
3年に1度行われる世田谷の九品仏・浄真寺の行事「お面かぶり」。お面かぶりは正しくは「二十五菩薩来迎会」といい、東京都の無形民俗文化財に指定されている行事。人が亡くなったら、阿弥陀様が25人の菩薩様をしたがえて西方浄土からお迎えにきてくれる様子を行事化したもの。
これが、今年行われる。是非とも行ってみたいと考えている。

その他
総門へ至る道
総門へ至る道
天皇陛下お手植えの松
天皇陛下お手植えの松_1
天皇陛下お手植えの松_2
大銀杏
大銀杏
大カヤ
大カヤ

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
ただただ大仏さまの立派さ、素晴らしいお堂の数々、
そしてその広さに驚きです♪
九品仏にこんな立派なお寺があるなんて!
今を時めく自由が丘も以前はこの名前のお流れを頂戴していたのですね♪
ゆっくり一日を過ごせそうですね!

ご丁重なお言葉を頂きありがとうございます。
寝ても立っても座っても痛いのですよ~泣)
まあ、最初の一週間は先生も様子見のようで
焦らずゆっくりしますね!
いつもありがとうございます。
なかなかPCに処に長い時間座ってもいてないので
NOTE PCやタブレットに変えて、場所や姿勢を変えながらの更新、お伺いです 汗)
九品仏に誘われ、 
    AzTaKさん おはようございます、
九品仏に誘われました、梅雨の晴れ間に伺いましょう、目黒の友人ひと回り年長さんも誘いたいです、ご紹介に感謝でーす。
 
おはよう!ございます(=^ェ^=)

ご本尊の大仏様は、豪華ですね。後ろに、小さい大仏まで抱えてたよりがいがありそうです。(*^^*)

天皇陛下の手植えの?!松は、随分大きく育てられて、大切にしてるんですね。当たり前ですね。枯れたらどうするのかちょっと心配です。
こんにちは。 
多くの仏像があって、天皇自ら植樹されているとは由緒ある寺なのですね。
開山の珂碩上人が彫り上げたという釈迦如来像、昔の人の器用さに感心します。
AzTakさん 
こんにちは
乾漆珂碩上人像、さまざまな製法があるんですね。
仏像製作などから波及した民生品?は、計り知れないでしょう。
日本は、大陸、海の彼方から技術、技法を学び、日本独自の文化・文明に高めたモノは計り知れず。
縄文のムカシからの交流を一時的な感情で壊すのはいかがかと思いますが、ハテ?
 
はじめまして。
訪問コメントありがとうございます。
北海道とは全く違う被写体が新鮮です。
様々なジャンルの写真を撮られているので見ごたえがありました。
またお邪魔させていただきます。
こんにちは。 
阿弥陀如来像の螺髪といい、五劫思惟阿弥陀如来坐像の長髪といい、珍しいものを見せていただきました。何も思惑しないでも伸びる僕の髪とは大違い。ただ、五劫時間も伸ばしっぱなしだと髪の毛の海に溺れそうですが(笑)。こんなことをつい考えて笑ってしまう不謹慎な僕であります。
 
こんばんは。
お面かぶりという儀式があるのですね、面白そうで興味津々です。
カメラも好きですが、御朱印集めをやっているので、その時に行ってみたくなりました^_^
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> ただただ大仏さまの立派さ、素晴らしいお堂の数々、
> そしてその広さに驚きです♪
> 九品仏にこんな立派なお寺があるなんて!
> 今を時めく自由が丘も以前はこの名前のお流れを頂戴していたのですね♪

そうですね。トットちゃんもここで楽しい時間を過ごしたのでは。当時のトモエ学園はピーコックストアのところにありましたから、浄真寺までは子供の足でも10分程度だったんでしょう。

> ゆっくり一日を過ごせそうですね!

ヤブ蚊対策さえすれば、昔はサギソウ伝説があったくらいでサギソウが名物だったようですが、今はほんのわずかだけ残っています。

> ご丁重なお言葉を頂きありがとうございます。
> 寝ても立っても座っても痛いのですよ~泣)
> まあ、最初の一週間は先生も様子見のようで
> 焦らずゆっくりしますね!
> いつもありがとうございます。

そうですね。そういう体質になってしまうと、完治と言うことはなく、ひどい症状が出ないように維持するしかないようです。気長に付き合うしかなさそうです。
> なかなかPCに処に長い時間座ってもいてないので
> NOTE PCやタブレットに変えて、場所や姿勢を変えながらの更新、お伺いです 汗)
Re: 九品仏に誘われ、 
>     AzTaKさん おはようございます、

umi925さん、こんばんは。

> 九品仏に誘われました、梅雨の晴れ間に伺いましょう、目黒の友人ひと回り年長さんも誘いたいです、ご紹介に感謝でーす。

結構落ち着く、良いところだと思います。楽しむことができれば、嬉しい限りです。
ただ一つだけ、殺生をしないようにしているのか、境内にはヤブ蚊もいます。暑くても長袖か、軽く羽織るものを用意された方が宜しいかと。
Re: タイトルなし 
> おはよう!ございます(=^ェ^=)

keikoさん、こんばんは。

> ご本尊の大仏様は、豪華ですね。後ろに、小さい大仏まで抱えてたよりがいがありそうです。(*^^*)

開基の珂碩上人は仏像制作のエキスパートですから、自分たちの寺のご本尊には並々ならぬ意欲を注いで制作されたと思います。

> 天皇陛下の手植えの?!松は、随分大きく育てられて、大切にしてるんですね。当たり前ですね。枯れたらどうするのかちょっと心配です。

多分、相当大事に手入れしていると思います。当面、枯れる心配はしなくて済みそうです。
大正8年、皇太子殿下であらされた陛下が植樹したと書いてあるそうです。従って、ここで天皇陛下としているのは、昭和天皇のことのようです。大正8年は1919年ですから、樹齢が百年ほどの松になるようです。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 多くの仏像があって、天皇自ら植樹されているとは由緒ある寺なのですね。
> 開山の珂碩上人が彫り上げたという釈迦如来像、昔の人の器用さに感心します。

天皇陛下お手植えの松は、大正八(1919)年に時の皇太子殿下がなされたと言うことです。
ですから、ここで言う天皇陛下とは昭和天皇のことで、この松は樹齢百年ほどになるのだと思います。

開山の珂碩上人は仏師として名高い方だったようで、器用などというレベルの人ではなかったようです。それこそ、仏像制作一筋。鬼気迫るような形相で、制作に励まれたのではないでしょうか。…と講談師のようなことを言っています。
http://kanagawabunnkaken.web.fc2.com/index.files/kihon/bushi/kaseki.html
 
天皇陛下(昭和天皇)が植えられた松があるなんて
すごい由緒あるお寺なんでしょうね。
確かに豪快な建物で圧倒されます。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 乾漆珂碩上人像、さまざまな製法があるんですね。
> 仏像製作などから波及した民生品?は、計り知れないでしょう。
> 日本は、大陸、海の彼方から技術、技法を学び、日本独自の文化・文明に高めたモノは計り知れず。
> 縄文のムカシからの交流を一時的な感情で壊すのはいかがかと思いますが、ハテ?

そうなんでしょうが、今の中国や韓国は昔のおっとりしたころとまるで違って、三国志の頃のような発想に戻ってしまっているようです。油断しているところはぶんどってしまえ。
中韓とも穏健派の指導者に交代すればいいのですが、…。習近平は若いので、相当長い期間君臨しそうです。
バブルがはじけて失脚と言うことも考えられなくもないですが、そうしたときは、日本も手ひどい痛手を受けることでしょう。
文化交流も何もかも、先送り状態でしょうね。
Re: タイトルなし 
> はじめまして。

未来さん、こんばんは。

> 訪問コメントありがとうございます。
> 北海道とは全く違う被写体が新鮮です。
> 様々なジャンルの写真を撮られているので見ごたえがありました。
> またお邪魔させていただきます。

自分の体験できないことを見せので、ブログの写真は非常に有難く思っています。どんどん更新して一杯見せてください。宜しくお願いいたします。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 阿弥陀如来像の螺髪といい、五劫思惟阿弥陀如来坐像の長髪といい、珍しいものを見せていただきました。何も思惑しないでも伸びる僕の髪とは大違い。ただ、五劫時間も伸ばしっぱなしだと髪の毛の海に溺れそうですが(笑)。こんなことをつい考えて笑ってしまう不謹慎な僕であります。

皆さん、髪が豊富なんですねえ。羨ましい限りです。
しかしあの青い色はどうしてああいう色にしたのでしょうね。ずっと考えているのですが、わからずじまい。これで眠れなくなれば、私も一人前なんでしょうが、何を考えたのかを忘れてしまう良くない兆候が。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。

cantikさん、こんばんは。

> お面かぶりという儀式があるのですね、面白そうで興味津々です。
> カメラも好きですが、御朱印集めをやっているので、その時に行ってみたくなりました^_^

あのお面は、映像でだけしか見たことがありませんが、相当にキンキラキンで、迫力満点です。本堂と上品堂との間に仮説の橋をかけますから、誰でもよく見えるんじゃないかと思います。
忘れなかったら、私も行ってみたいと思います。

PS.茗荷谷に例のものを見に行ってきました。ユニコーン擬きに関心があるもので。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 天皇陛下(昭和天皇)が植えられた松があるなんて
> すごい由緒あるお寺なんでしょうね。
> 確かに豪快な建物で圧倒されます。

江戸時代の創建です。江戸時代は人別制度が固まっていて、新しくお寺さんを立ち上げるなどと言うことは厳しく禁じられていたと思うのですが、認められるには、何か裏があったのかもしれませんね。
ともあれ、びっくりするような立派な寺さんができあがりました。
ところが、この辺り一帯は円融寺の勢力下。日蓮宗の門徒ばかりでした。寺の案内を掲げるにもかなりの悶着があったようです。
こんばんは 
天皇陛下お手植えの松があるなんて
由緒のあるお寺なんでしょうね~~
境内の緑が目に沁みます^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 天皇陛下お手植えの松があるなんて
> 由緒のあるお寺なんでしょうね~~

由緒がないわけではないでしょうが、それよりかは誰かの縁があったのかもしれません。
仏像は百年後には国指定の重文くらいにはなっているかもしれませんね。

> 境内の緑が目に沁みます^^

都内の寺にしては珍しくたくさんの楓が植えてあります。でも、最近の東京は紅葉が全くきれいじゃありません。地球温暖化の影響なのでしょうか。
こんばんは 
お寺の中の道は綺麗ですよね。
緑が気持ち良さそうです^^
松、立派な形をしていますね!
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。遅くなってごめんなさい。

> お寺の中の道は綺麗ですよね。
> 緑が気持ち良さそうです^^
> 松、立派な形をしていますね!

楓も一杯あるのですが、秋になったらきれいに色づくんでしょうかね。
松は百年も経つというのに、ひょろひょろとうらなりのようだな、なんて不謹慎なことを思ってしまいましたが、モカさんのように見るのが正しいのでしょう。(^_^;)

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR