散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

ヴェルニー公園~横須賀しょうぶ園(6)

横須賀しょうぶ園(4)
管理棟右横の『しょうぶ苑』(4)
諏訪御寮(江戸系)
諏訪御寮(江戸系)
金冠
金冠
岩戸神楽
岩戸神楽
桃源(伊勢系)
桃源(伊勢系)
水の光(江戸系)
水の光(江戸系)
恋慕椿(肥後系)
恋慕椿(肥後系)
初紅(江戸系)
初紅(江戸系)
町娘(江戸系)
町娘(江戸系)
小雪路(江戸系)
小雪路(江戸系)_1
小雪路(江戸系)_2
日輪
日輪_1
日輪_2
紫山(江戸系)
紫山(江戸系)
愛知の輝
愛知の輝_1
愛知の輝_2
桃児童(江戸系)
桃児童(江戸系)
初鏡(江戸系)
初鏡(江戸系)_1
初鏡(江戸系)_2

Comments

 
AzTakさん、こんにちは♪

菖蒲の花といえば、1枚目のお写真のような
はっきりした紫色を真っ先に思い浮かべます。
とても綺麗ですね^^
この花も薔薇と同じく種類が多いですね。
でも、薔薇と違って人名ではなく
粋な名前を付いているところに和らしさを感じます♪
 
こんにちわ(’-’*)♪

黄色い菖蒲もいいですね!お花のお写真とかは、人に差し上げると喜ばれますね!いいお写真ばっかりじゃないですか?フォトカードかなんかにして、誰かにさんあげるといいですね!
おはようございます。 
まさに花菖蒲図鑑という雰囲気で。だんだん、どれがどれやらどこがどう違うのか、これもすごい世界ですね。
江戸系とある花の名は、さすがに江戸の粋を命名したような風情があります。作った人の思いが込められているようです。
 
AzTakさま こんにちは

横須賀菖蒲園には、色とりどりの花が沢山咲いて素敵です。
菖蒲と言えば紫系の色が多いいように思いますが、黄色の花は珍しいです。
菖蒲の花が浮き上がりとてもクリアーに見えます。
この前仰っていたように、花はバックを暈すことによりより鮮明になるのですね。
とても素晴らしい写真を見せていただきました。
こんにちは。 
いろんな種類の花菖蒲がありますね。
名前の和名がいいですね。
こんにちは 
本当に沢山の種類があるのですね~
私には紫と黄色・・・となってしまいますが^^;
全種類撮影されたのですか?
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 菖蒲の花といえば、1枚目のお写真のような
> はっきりした紫色を真っ先に思い浮かべます。
> とても綺麗ですね^^

そうですか。今回一敗目にしてきたので、自分の中の花菖蒲って、どんなイメージだったか、却って思い出せなくなりました。(^_^;)

> この花も薔薇と同じく種類が多いですね。
> でも、薔薇と違って人名ではなく
> 粋な名前を付いているところに和らしさを感じます♪

どうやら、花菖蒲は、日本固有種のようです。思い切り和風の名前がついているのも頷けますね。
長井古種は未だに見たことがありません。昔の面影があるとのことですから、見てみたいものです。

近年の考察では、おそらく東北地方でノハナショウブの色変わり種が選抜され、戦国時代か江戸時代はじめまでに栽培品種化したものとされている。これが江戸に持ち込まれ、後の三系統につながった。長井古種は、江戸に持ち込まれる以前の原形を留めたものと考えられている。
Re: タイトルなし 
> こんにちわ(’-’*)♪

keikoさん、こんばんは。

> 黄色い菖蒲もいいですね!お花のお写真とかは、人に差し上げると喜ばれますね!いいお写真ばっかりじゃないですか?フォトカードかなんかにして、誰かにさんあげるといいですね!

もらってくれる人はいるでしょうかね。もう少し腕が上がったら考えてみます。
Re: おはようございます。 
HARUさん、こんばんは。

> まさに花菖蒲図鑑という雰囲気で。だんだん、どれがどれやらどこがどう違うのか、これもすごい世界ですね。

そうですねえ。微妙に違うのだけはわかるのですが、『違いを簡潔に述べよ』などと言われたら、お手上げです。

> 江戸系とある花の名は、さすがに江戸の粋を命名したような風情があります。作った人の思いが込められているようです。

家康から家光までの将軍が大好きだったようで、これは江戸にいる侍連中は知らんぷりできなかったことでしょうね。これだけは、日本の歴史の中で江戸が本場と断言しても差し支えない珍しい例のようです。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 横須賀菖蒲園には、色とりどりの花が沢山咲いて素敵です。
> 菖蒲と言えば紫系の色が多いいように思いますが、黄色の花は珍しいです。

愛知の輝きと金冠とは撮りましたが、虞美人というのもあるようです。咲いていなかったか、私の見落としか、あるいは、横須賀しょうぶ園には植えてなかったか、よくわかりません。。

> 菖蒲の花が浮き上がりとてもクリアーに見えます。

望遠レンズでじっと見ていたら目が痛いくらいの輝度がありました。

> この前仰っていたように、花はバックを暈すことによりより鮮明になるのですね。
> とても素晴らしい写真を見せていただきました。

如何にごまかそうとしてもかなりピンぼけが目立ちます。本当は三脚でじっくりマニュアルでピント合わせを行うものなんでしょうね。勉強し直さなくてはいけません。まだ、4回目くらいの撮影なので、大目に見てください。(^_^;)
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> いろんな種類の花菖蒲がありますね。
> 名前の和名がいいですね。

そうですね。江戸の暇な侍たちが一生懸命名付けたんでしょうね。それを見かけた肥後の殿様も参戦したようです。伊勢はどんないきさつがあったのでしょうね。
Re: こんにちは 
モカさん、こんばんは。

> 本当に沢山の種類があるのですね~
> 私には紫と黄色・・・となってしまいますが^^;
> 全種類撮影されたのですか?

まだ咲いていなかったもの、撮ったけれども暈けて使い物にならないもの、割ときれいに撮れているけど名前札が暈けて種がわからないものなどがあって、全体の3分の一くらいでしょうか。
まだ、大きい方のしょうぶ苑に行くに至っていませんから。
でも、本人も相当に飽きてきました。
どうしようか考えているところです。
AzTakさん 
こんばんは
「諏訪御寮」、紫でウチの庭に有るのとよく似ているがドウでしょう?
諏訪」御料人(すわごりょうにん、由布姫)は武田信玄の側室で勝頼の母。
歴史を紐解けばいろいろ有りますが、先ずは花を愛でましょう。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 「諏訪御寮」、紫でウチの庭に有るのとよく似ているがドウでしょう?

おやまあ、優雅なこと。我が家には花らしきものは、アジサイの鉢が一つのみ。
花で飾りたいのですが、場所がありません。

> 諏訪御料人(すわごりょうにん、由布姫)は武田信玄の側室で勝頼の母。
> 歴史を紐解けばいろいろ有りますが、先ずは花を愛でましょう。

『風林火山』にも登場しましたね。彼女のイメージを花にしたのでしょうかね。
そちら様に縁がありそうなものとしては、『八ヶ岳』というのもありました。
あの辺は、誰もが自由に行きたいところに行くことができた訳では無い時代、皆が行ってみたいあこがれがあったのかもしれませんね。うーーん。
こんばんは 
僕が良く出かける菖蒲園は花が咲く時期しか開園しないので
行くとたくさんの方が菖蒲を鑑賞に来ておられます。
なので、広角で撮ろうとしても人が入ってしまうので、
毎回構図に悩みます(^^;
今週末は助手に付き合って、撮影に出かけようと思っていますが
又削除の山を築くんだろうな~~~
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 僕が良く出かける菖蒲園は花が咲く時期しか開園しないので
> 行くとたくさんの方が菖蒲を鑑賞に来ておられます。
> なので、広角で撮ろうとしても人が入ってしまうので、
> 毎回構図に悩みます(^^;
> 今週末は助手に付き合って、撮影に出かけようと思っていますが
> 又削除の山を築くんだろうな~~~

個人情報を気にしておられる方は結構多いようです。そのことは、それぞれの方の考え方なので、注意深く行くも,鷹揚に構えるも、考え方次第だと思っています。
以下は私の勝手な考え方です。
私は多少ほかの方の顔が入っても気にしないことにしています。風景やイベントが主で、そこに人物がいないのは却って不自然と考えるからです。
どうしても我慢ができない下品な人、イメージが合わない人がフレームに入るときは、その人が立ち去るのを待ちます。逆にどうしても入って欲しい人物もいたりします。
いいイメージになるまで待てないときは、その構図は諦めます。
私も花菖蒲を見に 
堀切菖蒲園に行って来ました。
どれもこれも美しくて微妙に形が違って
心のこもった名前が授けられてました。
私が一番好きなのはなんという名だったか
覚えてませんが、今度、確認して記事にしますね。
堀切菖蒲園にも黄色の菖蒲がひときわ
目立ってました。
こんにちは、AzTakさん、またお邪魔します。
Re: 私も花菖蒲を見に 
kozoh55さん、おばんです。

> 堀切菖蒲園に行って来ました。
> どれもこれも美しくて微妙に形が違って
> 心のこもった名前が授けられてました。
> 私が一番好きなのはなんという名だったか
> 覚えてませんが、今度、確認して記事にしますね。
> 堀切菖蒲園にも黄色の菖蒲がひときわ
> 目立ってました。
> こんにちは、AzTakさん、またお邪魔します。

堀切菖蒲園がしょうぶ苑の始まりのようですね。その始まりには2説あるそうですが、その片方は、次のようなものです。その説によるとルーツは福島と言うことになりますね。

室町時代、堀切村の地頭久保寺胤夫が家臣の宮田将監に命じ、陸奥国郡山の安積沼から花菖蒲を取り寄せて栽培を始めた。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR