散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

三春町~田村市~小野町~いわき市(12)

我が故郷の地区にて
江名港(漁港)
大津波で壊滅的に破壊されたが、実は大震災以前からもう殆ど人が住んでいない。あれほど栄えていた漁港だったのに、昔を知る人には何とも悲しいほどの寂れ方だ。漁業資源の保護が思うに任せない遠洋漁業は、体力勝負のような側面があったのだろう。獲れなくなる一方で、倒産が相次いだ。私がいた頃は、まだ、そこそこの景気だったのだが。
何も残っていない江名港(漁港)_1
何も残っていない江名港(漁港)_2
何も残っていない江名港(漁港)_6
何も残っていない江名港(漁港)_7
この消防の建物を見ても、以前は相当に栄えていた地区だとわかると思うが。何とも残念な話だ。
何も残っていない江名港(漁港)_8
何も残っていない江名港(漁港)_9
補修工事関係者のようだ
補修工事関係者のようだ
中之作港(漁港)
江名港同様なのだが、まだこちらの方が少しは再生の見込みがあるのかもしれない。
まだこちらの方が_1
まだこちらの方が_2
この部分は、補修・補強工事済みのようだ
この部分は、補修・補強工事済みのようだ_1
この部分は、補修・補強工事済みのようだ_2
この部分は、補修・補強工事済みのようだ_4
何か不規則な並び方だ。相当に動いたようだ。
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_1
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_2
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_3
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_4
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_5
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_6
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_7
何か不規則な並び方だ_相当に動いたようだ_8
白波が立っているところが急に深くなっているあたり。手前は磯だ。
白波が立っているところが急に深くなっているあたり_手前は磯だ
プレジャーボートだけとは寂しい限りだ
プレジャーボートだけとは寂しい限りだ
ほんの少々、沿岸漁業用の小さな漁船が係留されていた
ほんの少々、沿岸漁業用の小さな漁船が係留されていた
小規模なドック。まだ残っていたんだ。
小規模なドック_1
小規模なドック_2
永崎海岸
いわき市内にはもう既に海水浴場として再開したところもある。しかし、私が毎日のように泳いでいたこの海水浴場は、それどころの状態ではなかった。
地盤が大幅に沈下し、猫の額のように狭い砂浜になってしまった。かつての鳴き砂の海岸の再生は難しいのだろうか。

永崎海岸の様子_1
永崎海岸の様子_2
随分段差ができてしまったんだ。うーーん。
永崎海岸の様子_3
永崎海岸の様子_4
永崎海岸の様子_5
永崎海岸の様子_6
永崎海岸の様子_7
永崎海岸の様子_8
永崎海岸の様子_9
母校前の橋は漸く修復中。たまたまバイパスと並行して走っていたので、多少の不便を忍べば何とかなったのだが、…。
母校前の橋は漸く修復中_1
母校前の橋は漸く修復中_2

Comments

 
軍艦島じゃないですけど、80年前とかのコンクリート建築には、
なにか栄枯盛衰というものの凄まじさを感じますね。
石炭炭鉱だったり、漁港だったり、
10年一昔、なんていうレベルじゃないですからね。
堤防でしょうか、凄く心に残りました。
素晴らしい風景をありがとうございます、AzTakさん、
またお邪魔します。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
美しかった生まれ故郷の想い出の中の風景と
現実とのギャップにさぞ心を痛めたことと思います。
こんな写真を見せていただくと
もうほとんど報道もされなくなった被災地の現状が
ひしひしと伝わってきます。
あの美しかった街を、砂浜を返してくれと叫びたくなりますね。
遅々として進まない復興を心待ちにしている住民の方々の
心情を思うと心が痛みます。
 
こんにちは

こちらのご出身でしたか・・故郷の変わり果てた姿は辛いものが
あろうと思います。津波のみならず、地盤沈下も相当なものですね。
修復中の橋・・まだこんな状態なのですね、最近では現地の状況も
あまり報道されませんが、やはり遅いと感じます。
人と生活基盤を失った最悪の状況でしょうが、一刻も早い再興を
祈るばかりです。
海の思い出 
AzTakさん、こんにちは。少年期の海のきらめき、遊んだ思い出もすでに記憶の中だけ。大漁旗がたなびく風景もいまは幻のようにさえ。でもおそらく打ち寄せる波の潮の香りや、風の匂いは生涯変わらないのじゃありませんか。
風景は変わっても人の記憶は引き継がれます。何年、何十年かかろうと、この海辺の町を大切に思う人の気持ちがある限り。こういう記事は貴重です。知らなかった知り得なかった事実。僕の心にものすごいインパクトを与えています。感謝。
こんにちは。 
生まれ育った故郷が寂れていくのは寂しいですね。
ましては震災によって痛手を受けた姿を見るのは尚辛いでしょうね。
まだまだ震災は終わっていませんね。
資材、人材が少なく復興が遅れているようですが、せめて震災の傷跡は早く復旧して欲しいですね。
こんにちは 
AzTaKさんの、故郷は震災の被害を受けた漁村だったのですか

震災の復興は、遅々として進んでいないので、政府ばかりに文句言っても仕方ないかもしれませんが、つい矛先は政府に向いてしまいます。

それにしても、AzTaKさんは、このような田舎から、東京に出て
人生大成功されたのですねえ
 
こんばんわq(^-^q)

故郷だったんですね。随分遠いくにすんでいたんですね。自分の故郷が、あんなことになったら、凄いショックだろうとお察しします。

私はテレビの映像をみただけなのに、海に近づくと怖く感じます。

お邪魔しました
AzTakさん 
こんばんは
白砂青松、故郷は遠きにありて思うもの・・・・
自然災害とはいえ、感傷の浸ることも憚られます。
懸命に今を生きることしかないのでしょうか。
無理はしませんが、出来ることをしてゆきたいと思います。
こんばんは 
故郷だったんですね~
僕の故郷高知も海のそば・・・
当時、テレビの映像を見て、背筋が寒くなったことを思い出します。
時間はかかると思いますが、頑張って欲しいと思います!
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 美しかった生まれ故郷の想い出の中の風景と
> 現実とのギャップにさぞ心を痛めたことと思います。
> こんな写真を見せていただくと
> もうほとんど報道もされなくなった被災地の現状が
> ひしひしと伝わってきます。
> あの美しかった街を、砂浜を返してくれと叫びたくなりますね。

そうなのですが、天才が引き起こした破壊ですから、そこは四の五の言っても始まりません。
ただ運が悪かったとしか言いようがありません。

> 遅々として進まない復興を心待ちにしている住民の方々の
> 心情を思うと心が痛みます。

本来、放射能汚染の問題さえなければ、破壊そのものは宮城よりは少なかったはずなので、もう少し早く再建が完了してもいい筈なんですが。ややこしい話になってしまいました。
こんばんは。 
海は語らずですね、今の穏やかな海からは想像も出来ません、
自然には何を持ってしても、抗うことなど出来ないのでしょうね、先人がされてきたように黙々と元に戻していくことしか、
無いのかもしれません、諦めずに。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> こちらのご出身でしたか・・故郷の変わり果てた姿は辛いものが
> あろうと思います。津波のみならず、地盤沈下も相当なものですね。
> 修復中の橋・・まだこんな状態なのですね、最近では現地の状況も
> あまり報道されませんが、やはり遅いと感じます。
> 人と生活基盤を失った最悪の状況でしょうが、一刻も早い再興を
> 祈るばかりです。

人手が集まらないことと、その先をどうするかという問題があるので、復旧・基盤強化工事が遅れに遅れているのでしょう。
少なくても、原子力関連の研究施設をすべて福島県内に移転させる位のことは早急にできそうですが、『福島に行かされるなんて…』ということで、人権問題だと騒ぎ立てるのでしょうかね。
福島県産品を東電が積極的に買い込んで、社員食堂などで使えないものかと思うんですが、これも人権問題だと騒ぎ立てるのでしょうかね。これだけの被害を与えておいて、金だけで話をつけようなんて、本当にひどい話だと思います。
Re: 海の思い出 
HARUさん、こんばんは。

> AzTakさん、こんにちは。少年期の海のきらめき、遊んだ思い出もすでに記憶の中だけ。大漁旗がたなびく風景もいまは幻のようにさえ。でもおそらく打ち寄せる波の潮の香りや、風の匂いは生涯変わらないのじゃありませんか。
> 風景は変わっても人の記憶は引き継がれます。何年、何十年かかろうと、この海辺の町を大切に思う人の気持ちがある限り。こういう記事は貴重です。知らなかった知り得なかった事実。僕の心にものすごいインパクトを与えています。感謝。

史上まれに見る大災害でやられてしまったことは、本当に大不運だったというしかないと思います。
これで、原発がしっかりさえしていたならば、先行きには何とか明るさが見えるんでしょうが。
作業員が集まらなくて、遅れに遅れている土木工事もいずれは終わると思います。本当の問題はその先なんですよね。
汚染物質の除去施設の建設、除去技術の開発、…。真剣に取り組まないと、福島の未来はないかもしれません。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 生まれ育った故郷が寂れていくのは寂しいですね。
> ましては震災によって痛手を受けた姿を見るのは尚辛いでしょうね。
> まだまだ震災は終わっていませんね。
> 資材、人材が少なく復興が遅れているようですが、せめて震災の傷跡は早く復旧して欲しいですね。

そうですね。
そして、その先、福島の人に輝く未来が訪れるよう、人々の生活が成り立つ経済構造を作っていく必要があるでしょう。どんな手を打つべきなのか、早急に考えなくてはいけませんよね。
死んだ方が良かったでは、話になりませんから。
Re: こんにちは 
dさんさま、こんばんは。

> AzTaKさんの、故郷は震災の被害を受けた漁村だったのですか

漁村ではなく、遠洋漁業の町だったんです。公海上での漁になりますから、戦後しばらくは戦争による休漁などで、資源がいっぱいあったんです。それが機械化して根こそぎ獲るような漁業をしていたので、漁獲高が激減。収支が悪化していったようです。そうした状況で、無理をしたので、事故も多発。倒産が相次ぎました。船主
連中は連帯保証をしあっていたので、共倒れ。ゴーストタウンのような状況になっています。
それでも、わたしがいたころはまだ、良かったんですが。

> 震災の復興は、遅々として進んでいないので、政府ばかりに文句言っても仕方ないかもしれませんが、つい矛先は政府に向いてしまいます。

政府も難問を突きつけられて大変だと思います。が、生活がかかっています。しっかり経済基盤が再生できるような方策を講じてもらいたいものです。

> それにしても、AzTaKさんは、このような田舎から、東京に出て
> 人生大成功されたのですねえ

ははは、何をおっしゃるやら。しがない都会の爺さんです。
まだ、地区の景気が底を打つ前に田舎を飛び出したんです。地元の高校に進学しなかったので、田舎に帰っても寂しいものです。
Re: タイトルなし 
> こんばんわq(^-^q)

keikoさん、こんばんは。

> 故郷だったんですね。随分遠くにすんでいたんですね。自分の故郷が、あんなことになったら、凄いショックだろうとお察しします。

ふふふ、そんなに遠くはありません。
天災の被害を受けたのは本当に災難でしたが、ひとえに運が悪かったとしか言いようがありません。
ただ、放射能汚染の問題が起きなければ、…なんですよね。

> 私はテレビの映像をみただけなのに、海に近づくと怖く感じます。
>
> お邪魔しました

まあ、日本は周囲を海に囲まれています。怖がっていたのでは生きていけません。うまく付き合う知恵が必要なんでしょう。今回はかなり高い授業料を支払わされましたが。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 白砂青松、故郷は遠きにありて思うもの・・・・

本当に白砂青松の美しい海岸があったんですよ。砂はきゅっきゅっと鳴る鳴き砂だったんです。今はゴミばかり目立ち、そんな風には見えないことでしょうね。

> 自然災害とはいえ、感傷に浸ることも憚られます。
> 懸命に今を生きることしかないのでしょうか。

放射能汚染対策を進め、先行きに希望が持てるようにしていくのが急務なんでしょうね。

> 無理はしませんが、出来ることをしてゆきたいと思います。

私もできる範囲で。おかげでフルサイズ機導入は遠のきました。(>_<)
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 故郷だったんですね~
> 僕の故郷高知も海のそば・・・
> 当時、テレビの映像を見て、背筋が寒くなったことを思い出します。
> 時間はかかると思いますが、頑張って欲しいと思います!

生活の拠点を首都圏に移し早半世紀。その後、残してあった土地も家屋も処分してしまいました。
すっかり故郷とは縁が切れて、自分は東京都民だと思ってきたんです。あの日がなければ。

我が故郷は、災害を受けただけで済まず、難しい問題に巻き込まれてしまったものです。
Re: こんばんは。 
みこたんさん、こんばんは。

> 海は語らずですね、今の穏やかな海からは想像も出来ません、
> 自然には何を持ってしても、抗うことなど出来ないのでしょうね、先人がされてきたように黙々と元に戻していくことしか、
> 無いのかもしれません、諦めずに。

今までと大きく異なるのは、放射能汚染問題が絡んでくることです。これさえなければ、粛々とやるだけなんですが。
当時の菅首相に激しく詰め寄る姿が大写しにされ、福島県民は気性の荒い人たちだと思われたかもしれませんが、そんなことはないんですよ。むしろ穏やかな人たちが殆どかと思います。
でも先行きを考えると、のほほんとしてなどいられなくなる事情はよくわかります。

この問題解決のためには、地元が頑張るだけではなく、日本国中の知恵の集結も協力も不可欠だと思います。
対岸の火事のようにみないでいただきたいものです。それこそ、日本の問題解決能力が問われているのです。
こんばんは 
爪痕はとても深いですね。
今の穏やかな海からは想像ができません。
自然の脅威を感じます。
私の実家も海の近くですから・・・
ずっと言われている東海大地震 どうなんでしょうね。
Re: タイトルなし 
kozoh55さん、こんばんは。

> 軍艦島じゃないですけど、80年前とかのコンクリート建築には、
> なにか栄枯盛衰というものの凄まじさを感じますね。
> 石炭炭鉱だったり、漁港だったり、
> 10年一昔、なんていうレベルじゃないですからね。
> 堤防でしょうか、凄く心に残りました。
> 素晴らしい風景をありがとうございます、AzTakさん、
> またお邪魔します。

たぶん、昔の土木技術だと岩盤に届くような岸壁建設は難しく、重量物のコンクリートの塊を置くだけだったのかもしれません。ものの見事に動いたり、沈んだりしていますね。
こんなものでも、今までの災害には無類の強さを発揮していたんです。ですが、想像もしないような大きな自然エネルギーに襲いかかられたと言うことなんでしょう。それでも身を挺して頑張ってくれたんだと思います。
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 爪痕はとても深いですね。
> 今の穏やかな海からは想像ができません。
> 自然の脅威を感じます。

そうですね。

> 私の実家も海の近くですから・・・
> ずっと言われている東海大地震 どうなんでしょうね。

どうなるかわかりません。ですが、地元に今も住んでいる知人に聞くと、あの地震の1週間暗い前から大小の地震が頻発したとのこと。いくつかは、私も目にし、大丈夫かなと思ったくらいです。結果的には大丈夫じゃなかったわけです。
その経験から言えば、2-3日以上続くときは、要注意状態なのかもしれませんね。起きないといいのですが、用心するに越したことはありません。
傷痕 
今日は。。

AzTakさんの故郷ですね。
寂しいですね。

人が減る。私の故郷も今は過疎地。
瀬戸内の漁村。
わが家系も今は誰もいません。
お墓だけが残っていて、お寺にご挨拶して、
守って貰っています。

傷痕生なまなましいですね。。。 
修復できたところも修復中も有るのですね。

海の幸は健康には牛豚肉に勝る。
しかし、若者は肉を好む。

お米食べないで、小麦粉製品を食べる。

自由経済の原則がまかり通っています。

食料の自給を国民が自覚して欲しいですね。
農漁村も効率を計れば、若者の流失も減るのでは。

最近の新聞では女性が減って東京に集中すると予想。

愛国心は教科に含まれて然るべしと思います。

横道にそれました。
恥ずかしいので、今日は失礼します。
Re: 傷痕 
> 今日は。。

ijinさん、こんばんは。

> AzTakさんの故郷ですね。
> 寂しいですね。

寂しいところになってしまいましたね。私たちの親の世代はこの地区に来れば、相当なお金が稼げる。ということで、東北の次男坊、三男坊たちが集まってきた、新興の盛り場だったようです。
落ちぶれてしまえば、当然地元の人たちでなかったので、新しい仕事を求めて散っていったのは当然のことでしょう。

> 人が減る。私の故郷も今は過疎地。
> 瀬戸内の漁村。
> わが家系も今は誰もいません。
> お墓だけが残っていて、お寺にご挨拶して、
> 守って貰っています。

岡山県だとおっしゃっていたと記憶していますが、仕事をする場所には事欠かないように思えますが、人がいなくなってしまいましたか。
今日の毎日新聞に、2040年には相当数の市町村が消滅するだろうというショッキングな記事が載っていました。生きながらえれば90歳で、遠出は無理になっているかもしれませんが、そんな状況になるとはショックですね。

> 傷痕生なまなましいですね。。。 
> 修復できたところも修復中も有るのですね。

修復できても、福島の人はどうやって生活をしていけば良いかという難問がのしかかるでしょう。

> 海の幸は健康には牛豚肉に勝る。
> しかし、若者は肉を好む。
>
> お米食べないで、小麦粉製品を食べる。
>
> 自由経済の原則がまかり通っています。
>
> 食料の自給を国民が自覚して欲しいですね。
> 農漁村も効率を計れば、若者の流失も減るのでは。

是非そうであってほしいものです。

> 最近の新聞では女性が減って東京に集中すると予想。
>
> 愛国心は教科に含まれて然るべしと思います。

まあ、こちらも上京したまま、田舎には引っ込まない口ですから、大きなことはいえませんが、地方が生き生きとする状況を見たいものです。

> 横道にそれました。
> 恥ずかしいので、今日は失礼します。

有難うございました。
ブーメラン 
今日は。。

>まあ、こちらも上京したまま、田舎には引っ込まない口ですから、
大きなことはいえませんが<

AzTakさんは冷静。

私は今も子供っぽい爺。
ブーメランが私の頭に当たりました。
Re: ブーメラン 
> 今日は。。

ijinさん、こんばんは。

> >まあ、こちらも上京したまま、田舎には引っ込まない口ですから、
> 大きなことはいえませんが<
>
> AzTakさんは冷静。
>
> 私は今も子供っぽい爺。
> ブーメランが私の頭に当たりました。

なかなか田舎に引っ込むのは勇気が要ることです。そこで介護サービスなどを受けると、また、厳しい財政負担を強いることになりかねません。簡単にはひっこめませんよね。
心配しながらも、遠くから眺めて、余裕があれば、ふるさと納税をするくらいでしょうかね。はがゆいことですねえ。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR