散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

三春町~田村市~小野町~いわき市(4)

田村郡三春町で滝桜を見、田村市で小沢の桜と永泉寺の桜とを見、いよいよいわき市に隣接する田村郡小野町に入った。
小野町は、小野小町の生誕伝説がある町だが、ご存じだろうか。


時は平安朝初期、七里ヶ沢といわれたこの一帯に、公家の血を引く小野篁が救民撫育のためにやって来た。都の教養人であった篁は、この地を「小野六郷」と称して治め、産業や文化の礎を築くのに懸命の日々を送っていた。ちょうどその頃、篁の荘園に仕える一人の娘がいた。愛子(めずらこ・珍敷御前)というその娘は息をのむほどに美しかった。篁と愛子はたがいに文を交し合う仲となり、そして結ばれた。間もなく玉のように愛らしい姫が生まれた。二人は姫を比古姫と名付け、たいそう大事に育てた。やがて比古姫が六歳になったある春の日、篁は妻愛子をこの地に残し、姫を連れ都へ上がっていったのだった。この比古姫こそ後の小野小町である。
とするのがわがまちの説です。残念なことに比古姫が生まれ育ったことを示す記録は残されておりません。しかし現在でも、小野篁を祭神とする矢大神社が人々の尊崇を集めていること、また、夏の風物詩「たかむら踊り」が広く親しまれていること、さらには、京に上がる比古姫の美しさに魅せられ振り返ったという片葉葦が山里に残されていることなど、やはりこの町は小野氏に深い縁を持つ土地柄。そして『小野小町生誕の地』というロマンが生きる土地でもあるのです。


諏訪神社(1)
旧社格は郷社。境内の掲示板に記されている『其の後本社を造営した』というのがどのくらいの後なのか不明だが、いずれにせよかなりの歴史を誇る神社のようだ。
参道
諏訪神社_参道_1
諏訪神社_参道_2
諏訪神社_参道_3
諏訪神社_参道_4
諏訪神社_参道_5
水芭蕉と座禅草
参道の中程に浅い小さな池があり、そこに水芭蕉と座禅草とが咲いていた。
前回は水が涸れていたが、今回は水がたっぷりあり水芭蕉も生き生きとした感じだった。

水芭蕉_1
水芭蕉_2
座禅草は、兎に角強烈なにおいだった。
座禅草_1
座禅草_2
座禅草_3
翁スギ媼スギ
滝桜にも勝る古木だ。元気なものだ。
社殿に向かう石段の上り口に2本のスギの巨木が姿を現す。樹齢千二百年を誇る大きな杉。仲睦まじい夫婦のように寄り添って、天高くそびえ立つ巨樹は、類例があまりない。(国指定天然記念物)
奈良時代の宝亀11(780)年、東夷征伐祈願のため、この地に立ち寄った右大臣藤原継縄(つぐただ)が2本のスギを植えたと伝えられ、植樹には勿来の関から持参した白砂がまかれたとされる。古社寺調(県神社庁文書)には「宝亀杉」と記されている。

翁スギは樹高48.5メートル、幹回り9.2メートル 媼スギは樹高47.8メートル、幹回り9.5メートル
翁スギ媼スギ_1
翁スギ媼スギ_2
翁スギ媼スギ_3
翁スギ媼スギ_4
翁スギ媼スギ_5

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
長野の諏訪神社の流れを汲む神社だと思いますが
結構古く、由緒がありそうですね!
夫婦杉とも言うべき翁スギ媼スギも樹齢1200年ですから・・・♪
水芭蕉と座禅草がが見れたのですね!
座禅草の臭いは嗅いだことがありませんが
鼻を近づけなくても臭って来るのでしょうか?
おはようございます。 
 やっぱり小野小町伝承ってあちこちにあるんですね。
 杉の巨木はよく見ますが、こんな風に2本が、それも双子のような姿で、天に向かって平行に伸びあがっているのは見たことがありません。偶然なのかどうか、すごいですねえ。きっと真下からだと首が痛くなるまで見上げていたくなる迫力です。
こんにちは。 
大きな由緒ある神社のようですね。
こんな大きな神社では有りませんが、当地区の神社で26日から3日間留り込みで”春祭り”の仕事をしていました。
春祭りも終わりようやく連休気分です。
 
こんにちは

福島に帰省されたんですね。
久しぶりにゆっくりされたんでしょうね。

桜シリーズ、滝桜、小沢の桜、永泉寺の桜、どれを取っても樹齢1,200年、
400年といった気の遠くなるような歴史を経て、今なお綺麗な花を付け人々を喜ばせているなんて想像もできません。

諏訪神社の翁スギ媼スギ、樹齢千二百年の2本の巨木、2本揃って生きながらえているのはとても珍しいと思います。
たまに神社とかお寺で樹齢500年とかいうのは見たことがありますが、こんな巨木は見たことがありませんのでびっくりです。

強烈な匂いを放つ座禅草は見たことがありません。
珍しい花で、水芭蕉と同じように湿地帯に咲くんですね。
こんにちは 
>小野町は、小野小町の生誕伝説がある町だが、ご存じだろうか。
小野小町生誕地の伝説は各地にあるようですが、地名からみて
ここが、どうやら本家のようですね

>座禅草は、兎に角強烈なにおいだった。・・恥ずかしながら私は座禅草は見たことないのですが、そんなに強烈なにおいがするんですか
こんばんは 
翁スギ媼スギ、圧倒されますね。
本当に夫婦のように寄り添って・・・美しいですね。
こんばんは 
諏訪神社と聞くと信州を思い出します^^
長野の諏訪神社と何か関係が有るのでしょうか?
杉の巨木、神秘的です!
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 長野の諏訪神社の流れを汲む神社だと思いますが
> 結構古く、由緒がありそうですね!
> 夫婦杉とも言うべき翁スギ媼スギも樹齢1200年ですから・・・♪

本当にそういう感じですね。その杉と神社創建とが関わり合いを持つと神社のいわれには書かれています。
本当にそうなのかなと思うところがないでもないのですが、この辺が蝦夷と対峙する朝廷側の最前線だったようです。

> 水芭蕉と座禅草がが見れたのですね!
> 座禅草の臭いは嗅いだことがありませんが
> 鼻を近づけなくても臭って来るのでしょうか?

くさいとは聞いていました。前回行ったときもあったのですが、かなり離れて写真を撮ったので気づきませんでした。今回も大きな葉が花を覆い隠すような感じでいたので、仕方なく葉を手で押さえて近づいて撮りました。
相当にくさかったです。饐えたようなにおいの基は矢張りこれだったのかと。つまり少し離れたところでもにおいはあったのですが、近づくとよりむっとするようなにおいが。

今回はくさいにおいを嗅いでしまうし、この後、復旧中の堤防から転落するし、アンラッキーなこともありました。
Re: おはようございます。 
HARUさん、こんばんは。

>  やっぱり小野小町伝承ってあちこちにあるんですね。

そうですね。秋田県ならいざ知らず、福島県にもあったとは。ちょっと信じがたいかもしれませんね。

>  杉の巨木はよく見ますが、こんな風に2本が、それも双子のような姿で、天に向かって平行に伸びあがっているのは見たことがありません。偶然なのかどうか、すごいですねえ。きっと真下からだと首が痛くなるまで見上げていたくなる迫力です。

これらは、奈良時代にさかのぼるんですよ。この辺が朝廷側の蝦夷と戦う最前線で、必勝祈願だったようです。
この地に立ち寄った右大臣藤原継縄が2本のスギを植えたと伝えられているんですが、どうも、行きたくなくてぐずぐずしていたら罷免されたという話もあって、…。もしかしたら、奈良から運ばれた苗だったんでしょうかね。
それから1200年、長寿の樹木ですねえ。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 大きな由緒ある神社のようですね。

むちゃくちゃ大きな神社だとか、壮麗な神社だとかではありませんが、確かにそれなりの神社のようです。次回社屋が登場しますが、相当に古いものであることがわかります。

> こんな大きな神社では有りませんが、当地区の神社で26日から3日間留り込みで”春祭り”の仕事をしていました。
> 春祭りも終わりようやく連休気分です。

そうですか。私の地方に住んでいて、近くに神社があれば、氏子として頑張ったかもしれません。それにしても、3日間も泊まり込むとはご苦労様でした。そういう氏子さんたちの協力・尽力でお祭りもつつがなくできるのでしょうね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 福島に帰省されたんですね。
> 久しぶりにゆっくりされたんでしょうね。

欲が出てあちこちと見て回り、だいぶ疲れました。

> 桜シリーズ、滝桜、小沢の桜、永泉寺の桜、どれを取っても樹齢1,200年、
> 400年といった気の遠くなるような歴史を経て、今なお綺麗な花を付け人々を喜ばせているなんて想像もできません。
>
> 諏訪神社の翁スギ媼スギ、樹齢千二百年の2本の巨木、2本揃って生きながらえているのはとても珍しいと思います。
> たまに神社とかお寺で樹齢500年とかいうのは見たことがありますが、こんな巨木は見たことがありませんのでびっくりです。

三春の滝桜は三春藩主がこれを大事にするようの号令をかけていた歴史がありますが、他は、地元の人がそれとなく手を入れただけで、矢張りそれぞれの樹木の旺盛な生命力が長生きをさせたのだろうと思います。
翁スギ媼スギは、奈良時代、朝廷に従わなかった勢力を相当するために来た一行が、必勝祈願で植えたようです。相当に古い話です。

> 強烈な匂いを放つ座禅草は見たことがありません。
> 珍しい花で、水芭蕉と同じように湿地帯に咲くんですね。

あまり詳しくなく、たまたまそこに咲いていたので、撮ってみた次第です。においは顔を至近距離に持って行って取ったので、かなり強烈なものを嗅がされました。
Re: こんにちは 
dさんさま、こんばんは。

> >小野町は、小野小町の生誕伝説がある町だが、ご存じだろうか。
> 小野小町生誕地の伝説は各地にあるようですが、地名からみて
> ここが、どうやら本家のようですね

小野町民は、信じたい気持ちでいっぱいでしょうが、実際はどうだったのでしょうね。

> >座禅草は、兎に角強烈なにおいだった。・・恥ずかしながら私は座禅草は見たことないのですが、そんなに強烈なにおいがするんですか

何かにおうなと思っていたんです。腰かけたあたりに犬の糞でもあったのかと。歯が大きく鳴りすぎて、肝心の花の様子が隠れてしまうため、片手で葉を押さえながら近づけて撮りました。相当にくさかったです。
良く撮れたわけではないのですが、しばらくは撮りたくない気分です。(^_^;)
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 翁スギ媼スギ、圧倒されますね。
> 本当に夫婦のように寄り添って・・・美しいですね。

そうですね。こちらは史実に基づいているので、樹齢は正確なようです。そうとうに長寿ですよね。
私たち夫婦は比較的早くに結婚し、満38年経ちました。せめて金婚式までは、この翁スギ媼スギのように仲良くいきたいものです。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 諏訪神社と聞くと信州を思い出します^^
> 長野の諏訪神社と何か関係が有るのでしょうか?

当然あるんだと思います。但し、田舎の神社のことなので、翁スギ媼スギと神社の創建の謂われのみがわかるだけで、諏訪神社とした理由は私にはわかりません。
近隣に八幡宮や八幡神社が多いのは、源義家が創建したからだとはわかっていますが。諏訪神社の方は、どうした経緯があったのでしょうね。

> 杉の巨木、神秘的です!

よくぞ1200年も生きながらえたものです。屋久島じゃなくて、東北地方の阿武隈高原といわれる高地ですから。ダッシュ村も直線的にはそんなに遠くはないところなんですよ。
 
こんばんわ
翁スギ媼スギ・・・これは凄い巨木ですね。圧倒されます。
樹齢1200年ですか、樹高50m、周囲10m・・・ため息が出ます。
しかも2本対ですから、素晴らしいですね。
いろいろ教えていただいて感謝です。
水芭蕉もいいですね、座禅草ですか、変わった花??ですね。
Re: タイトルなし 
> こんばんわ

jskさん、こんばんは。

> 翁スギ媼スギ・・・これは凄い巨木ですね。圧倒されます。
> 樹齢1200年ですか、樹高50m、周囲10m・・・ため息が出ます。
> しかも2本対ですから、素晴らしいですね。
> いろいろ教えていただいて感謝です。

意外な歴史ありですよね。

> 水芭蕉もいいですね、座禅草ですか、変わった花??ですね。

ふふふ、あれには閉口しました。しばらくは、どこかで見つけても見なかったことにしてしまうかもしれません。
はっきり申しあげます 
この狛犬ちゃんに惚れました。
なにか少女マンガのように目がキラキラして
見えるような気がしますし、
睨みつけ方が凄い迫力ビームのように見えますし、
子狛犬は、どうなっているのかわからないくらい
一体化してますね。
うーん、見てみたいですね。
お晩です、AzTakさん、またお邪魔します。
Re: はっきり申しあげます 
kozoh55さん、おばんです。

> この狛犬ちゃんに惚れました。
> なにか少女マンガのように目がキラキラして
> 見えるような気がしますし、
> 睨みつけ方が凄い迫力ビームのように見えますし、
> 子狛犬は、どうなっているのかわからないくらい
> 一体化してますね。
> うーん、見てみたいですね。

うふふ、そうですか。裏面をよく読めばわかったことなんでしょうが、御大典記念と書いてあるんですよね。明治天皇のときの御大典なのか、大正天皇のときの御大典なのか、昭和天皇のときの御大典なのか、これだけではわかりませんよね。
吽像の方は母子像ということなんでしょうね。

> お晩です、AzTakさん、またお邪魔します。
三春の滝桜 
今日は。


三春の桜は観光パンフレットで、可なり昔から知っていました。

この桜で有名になった町。
それ以上の追跡もなく、ブログで観る「三春の滝桜」の添え書きも
「滅多にに観ることのできない美しいサクラ」位でしたね。

三春とその隣接の田村町、小野町。
歴史の集積の町と知りました。

そのような歴史が基で樹高49Mに及ぶ翁杉・媼杉が育ったのでしょう。

小野小町伝説も無からは話は生まれません。
キット謂れがあるのでしょう。

荘園や小野篁・小野小町。

聞いたことあっても表面ずらだけ。

三春の桜を観る時は日帰りは無理ですね。
身近に平安の香りする構造物にも目を遣りたくなりました。

三春に開眼。

有り難うございます。
Re: 三春の滝桜 
> 今日は。

ijinさん、こんばんは。

> 三春の桜は観光パンフレットで、可なり昔から知っていました。
>
> この桜で有名になった町。
> それ以上の追跡もなく、ブログで観る「三春の滝桜」の添え書きも
> 「滅多に観ることのできない美しいサクラ」位でしたね。
>
> 三春とその隣接の田村市、小野町。
> 歴史の集積の町と知りました。

むかしは、このあたりは、すべて田村郡でした。そしてその中心地は三春町。かなりの部分が、三春藩の支配地でしたから。いまは滝桜という絶対的な観光資源があるものの、大地震で倒壊した建物を建て直し、きれいにしてまで外からのお客様を迎え入れるだけの力は残っているのかどうか。微妙なところかもしれません。
中世に、坂上田村麻呂の末裔を称する田村氏が支配する阿武隈川の東を田村庄として安積郡から分立した。武士の支配によって荘園がなくなると、田村庄でなく田村郡と称された

> そのような歴史が基で樹高49Mに及ぶ翁杉・媼杉が育ったのでしょう。

奈良時代は、この辺までが中央の権力が及んだ地域で、その先は蝦夷の勢力範囲だったようです。
何かと中央の意向に協力する人がいたのかもしれません。

> 小野小町伝説も無からは話は生まれません。
> キット謂れがあるのでしょう。
>
> 荘園や小野篁・小野小町。
>
> 聞いたことあっても表面ずらだけ。

そういう伝説があるということだけ走っていましたが、私も何も知らないのと同様です。(^_^;)

> 三春の桜を観る時は日帰りは無理ですね。
> 身近に平安の香りする構造物にも目を遣りたくなりました。

平日にゆっくり回る方が宜しいかと思います。
私は、ijinさんから比べれば、洟垂れ小僧にすぎませんが、一泊でめいっぱい見て回ったら、相当に疲れました。
> 三春に開眼。
>
> 有り難うございます。

こちらこそ有難うございます。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR