散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜にて(7)

山手洋館等を見る(2)
横浜市イギリス館
イギリス館は、昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられました。鉄筋コンクリート2階建てで、広い敷地と建物規模をもち、東アジアにある領事公邸の中でも、上位に格付けられていました。
主屋の1階の南側には西からサンポーチ、客間、食堂が並び、広々としたテラスから芝生の庭につながっています。2階には寝室や化粧室が配置され、広い窓から庭や港を眺望できます。地下にはワインセラーもあり、東側につく付属屋は使用人の住居として使用されていました。玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版(ジョージⅥ世の時代)や、正面脇の銅板(British Consular Residence)が、旧英国総領事公邸であった由緒を示しています。

英国総領事公邸はこんなに贅沢なものだったのか。昭和12(1937)年当時の横浜における総領事の仕事とはどんなものがあったのだろうか。太平洋戦争開戦前の日本の様子、特に横浜や横須賀の様子を探ることだったのだろうか。
横浜市イギリス館_1
横浜市イギリス館_2
横浜市イギリス館_3
横浜市イギリス館_4
横浜市イギリス館_5
横浜市イギリス館_6
横浜市イギリス館_7
横浜市イギリス館_8
横浜市イギリス館_9
横浜市イギリス館_10
山手111番館
イギリス館の南側、噴水広場を挟んで立っているスパニッシュスタイルの洋館が、山手111番館です。
ワシン坂通りに面した広い芝生を前庭とし、ローズガーデンを見下ろす建物は、大正15(1926)年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として現在地に設計されました。
設計者は、べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンです。玄関前の3連アーチが同じ意匠ですが、こちらは天井がなくパーゴラになっているため、異なる印象を与えています。大正9(1920)年に来日したモーガンは、横浜を中心に数多くの作品を残していますが、山手111番館は彼の代表作の一つと言えるでしょう。
赤い瓦屋根に白壁の建物は地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟作りです。
創建当時は、地階部分にガレージや使用人部屋、1階に吹き抜けのホール、厨房、食堂と居室、2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチを配していました。

ベーリック・ホールに何か似た感じがあると思ったら、設計者が同じJ.H.モーガンだったのか。それほど大きな家ではないが、こちらもまた素敵な建物だ。
山手111番館_1
二階部分は常時公開ではなく、何回かの企画開催時に公開を行う。一度でいいから二階にも行ってみたいものだ。この高さならば、私でも大丈夫だ。
山手111番館_2
山手111番館_3
山手111番館_4
山手111番館_5
山手111番館_6
山手111番館_7
山手111番館_8
山手111番館_9
最後に日本丸
いつ見ても優美な姿だ。惚れ惚れする。
日本丸_1
日本丸_2

以上で、7回にわたった『横浜にて』を終了します。最後までご覧頂き有難う御座いました。

Comments

お疲れ様でした。 
 自分の好みで写真を撮りますので、行ったところでも、こうしてご案内していただくと、へえ~、こんなところがあったの、なんて思ったりします。人それぞれ見るものが違うからですね。AzTakさんんの写真は広角の視点です。そこには幅広い知識や人間性が滲み出ています。素晴らしいと思います。
 
こんにちは
横浜シリーズ、素晴らしい写真でご紹介いただき、初めて目にするものばかりでとても勉強になりました。

AzTakさまのブログは何時もながら見識が高く、田舎に暮らす人間にとっては居ながらにして知識を広める機会を与えていただいて喜んでおります。

英国総領事公邸は、大英帝国全盛期には世界史上最大の帝国であり、唯一の超大国の地位にあっただけのことをあり立派な建物ですね。当時地下にはワインセラー室も設えてあったのですか・・・・・ さすがですね~~~~~

山手111番館は、べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンですか。
これまた素晴らしい建物ですね。
彼は当時有名な設計士だったんでしょうね。
何れも素晴らしいものばかりです。

これからもいろいろとご教示ください。
楽しみにしております。
 
こんばんは!
山手洋館などを見ていると、雰囲気が神戸と似てますね~。
まあ、同じ港町だし、洋館も多いし当然なのかもしれませんが。
ただ、山手洋館の方が敷地面積が広いような気がします。
神戸の方は、ちょっと窮屈な部屋が多かったような・・・。
それに、この山手洋館の方は内部がとても近代的ですね。
特に、キッチンなんか今と変わらないような。

自分が横浜に行った時は、こういう所には寄らなかったので、
今度行く機会があれば寄ってみたいな~。

横浜シリーズ、お疲れ様でした。
次回の新シリーズにも期待してま~す。

Re: お疲れ様でした。 
HARUさん、こんばんは。

>  自分の好みで写真を撮りますので、行ったところでも、こうしてご案内していただくと、へえ~、こんなところがあったの、なんて思ったりします。人それぞれ見るものが違うからですね。AzTakさんの写真は広角の視点です。そこには幅広い知識や人間性が滲み出ています。素晴らしいと思います。

お褒めいただき有難うございます。人それぞれ見るものが違えば、撮り方も変わってくるんでしょうね。
私は、HARUさんの鎌倉・横浜の写真を素敵だと思いました。自分はこんな風には撮れないなあと思ったんです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 横浜シリーズ、素晴らしい写真でご紹介いただき、初めて目にするものばかりでとても勉強になりました。
>
> AzTakさまのブログは何時もながら見識が高く、田舎に暮らす人間にとっては居ながらにして知識を広める機会を与えていただいて喜んでおります。
>
> 英国総領事公邸は、大英帝国全盛期には世界史上最大の帝国であり、唯一の超大国の地位にあっただけのことをあり立派な建物ですね。当時地下にはワインセラー室も設えてあったのですか・・・・・ さすがですね~~~~~

総領事館は情報収集の最前線で、英国としては、太平洋戦争に突入せんとしていた日本の動きが大いに気になったと思います。見かけは、ワインセラーなどがあり、呑気なおじさん風を装っていても、その実は、そんな見かけなどではなく、激しい情報収集合戦があったのだろうと考えています。

そういうことは別として、外から見れば極普通の建物のようでいて、実は大変豪華な作りになっている感じがしました。そういう国民性なのでしょうか。

> 山手111番館は、べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンですか。
> これまた素晴らしい建物ですね。
> 彼は当時有名な設計士だったんでしょうね。
> 何れも素晴らしいものばかりです。

素晴らしい設計家だったのでしょうね。今の時代でも立派に通用する室の高い住宅になっていますから。多分、この住宅に実際に住んだならば、相当に生活しやすい感じだったと思います。

> これからもいろいろとご教示ください。
> 楽しみにしております。

教示なんてとてもじゃありませんが、できません。ただ、自分が見てきたことを披瀝しあうことで、一人では経験できない部分を補えると思うのです。そういう意味で教え合いましょう。よろしくお願い致します。
Re: タイトルなし 
> こんばんは!

きみひと@さん、こんばんは。

> 山手洋館などを見ていると、雰囲気が神戸と似てますね~。
> まあ、同じ港町だし、洋館も多いし当然なのかもしれませんが。
> ただ、山手洋館の方が敷地面積が広いような気がします。
> 神戸の方は、ちょっと窮屈な部屋が多かったような・・・。
> それに、この山手洋館の方は内部がとても近代的ですね。
> 特に、キッチンなんか今と変わらないような。

キッチンは、一部の部屋を貸し出した際の給湯設備になるので、若干今の仕様に変えてあるかもしれませんね。
部屋は多分元のままで、当時はがっちりしたガス調理設備が備え付けられていたのではないかと思います。あちらのものは、本当にがっちりしているので、何十年使用してもびくともしないんですよね。

> 自分が横浜に行った時は、こういう所には寄らなかったので、
> 今度行く機会があれば寄ってみたいな~。

是非どうぞ。行ったら写真を撮って見せてください。楽しみにさせていただきます。

> 横浜シリーズ、お疲れ様でした。
> 次回の新シリーズにも期待してま~す。

一転して、とんでもないシリーズになります。愛想を尽かさないでくださいね。
AzTakさん 
こんばんは

横浜の最後に日本丸・・
何時見ても素晴らしいですねえ!!
万班で航行する姿を見たいです。
こんばんは 
横浜にてシリーズ、お疲れ様でした^^
美しい洋館の数々を見せていただき、ありがとうございました。
洋館って本当に良いですよね~~
最後に海の貴婦人とも呼ばれる日本丸まで
見せていただき、嬉しかったです^^
こんばんは。 
山手洋館は神戸、長崎の異人館に良く似ていますが神戸、長崎の方が少し内装などが古いような気がします、横浜のこのあたり、南京町はよく行っていた所で、とても懐かしいです、日本丸本当に素敵ですね、後ろに写ている観覧車乗りました、ほんまに懐かしいです。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 横浜の最後に日本丸・・
> 何時見ても素晴らしいですねえ!!
> 満帆で航行する姿を見たいです。

そうですねえ。あの日本丸は動かせませんが、日本丸II世の方はオフィスから展帆状態で航行しているところを見ました。その頃はまじめに仕事をする方だったので、ほんの1-2分、眺めていただけでしたが。

ちなみに4-5月の帆船航行情報です。
東京港に今月初めにいたようですねえ。
http://www.kohkun.go.jp/event/201404.html
http://www.kohkun.go.jp/event/201405.html
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 横浜にてシリーズ、お疲れ様でした^^
> 美しい洋館の数々を見せていただき、ありがとうございました。
> 洋館って本当に良いですよね~~

そうですねえ。うさぎ小屋に住んでいると、洋館にあこがれを抱くものですねえ。何時か短期間でいいから住んでみたいと思わないではありませんが、見果てぬ夢です。

> 最後に海の貴婦人とも呼ばれる日本丸まで
> 見せていただき、嬉しかったです^^

6月9日(月)10:00に日本丸Ⅱ世が、神戸港に入港するようです。11日からドック入りのようです。ごくごく短い期間ですが、間近で見ることができるチャンスかもしれません。
http://www.kohkun.go.jp/event/201406.html
 
ATakさん、こんばんは!
昨年の洋館巡りを懐かしく思い出しました!
でも、その時は外観ばかりで、ほとんど洋館の中には
入りませんでした 泣)
AzTakさんや他の方のblogを見るたびに
見るべきだったと反省しきりです 泣)
今年は横浜に行けるかどうか分かりませんが、
是非、洋館の中を見たいと思います!
Re: こんばんは。 
みこたんさん、こんばんは。

> 山手洋館は神戸、長崎の異人館に良く似ていますが神戸、長崎の方が少し内装などが古いような気がします、横浜のこのあたり、南京町はよく行っていた所で、とても懐かしいです、日本丸本当に素敵ですね、後ろに写ている観覧車乗りました、ほんまに懐かしいです。

横浜は関東大震災でかなり被害がありましたから、それ以降の建物が多いかもしれませんネ。新しく思えるのではなく、実際に新しいようです。
関東大震災では東京の人的被害が多かったので、震源もあちらかと思う方が多いかもしれませんが、実際の震源地は相模湾北西沖80kmだったようです。建物の被害は、鎌倉や横浜でもかなり大きかったようです。

観覧車は何度も見ていますが、一度も乗っていません。なぜかといえば、…。景色が良いことでしょうね。
Re: タイトルなし 
> ATakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 昨年の洋館巡りを懐かしく思い出しました!
> でも、その時は外観ばかりで、ほとんど洋館の中には
> 入りませんでした 泣)

makiraさんは超お忙しい方ですから、時間に追われているのでしょうが、たまにはのんびり歩くのも乙なものですよ。

> AzTakさんや他の方のblogを見るたびに
> 見るべきだったと反省しきりです 泣)

クリスマスなどの時には企画で凝った展示をするようです。それがかなり面白いようです。

> 今年は横浜に行けるかどうか分かりませんが、
> 是非、洋館の中を見たいと思います!

是非、どうぞ。いっぱい写真を撮って見せてください。
 
おはようございます。
横浜シリーズ楽しませていただきました。
なんだか、綺麗な港の風景や洋館を目にすると異国への旅情をかきたてられます...時間とお金があるならばっとついつい思ってしまいます。
Re: タイトルなし 
> おはようございます。

kimamaさん、こんばんは。

> 横浜シリーズ楽しませていただきました。
> なんだか、綺麗な港の風景や洋館を目にすると異国への旅情をかきたてられます...時間とお金があるならばっとついつい思ってしまいます。

時間は創りだすものらしいですよ。忙中閑ありです。
私も今更間に合いませんが、セマナサンタ(聖週間)のスペインの熱狂ぶりをこの目で見てみたいなと思っています。日本では、イースターの総仕上げで、陰気臭い感じなのですが、今日の聖木曜日から信じられないほど熱狂的なお祭りになるんです。どう考えたら、そういうことになるのかよくわかりませんが、とにかく陽気な国民性があるようです。
見てみたいんです。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR