散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜にて(5)

赤レンガ倉庫で待ち合わせてざっと外観を見て、内部をチラ見した後、時間も時間なので、中華街に向かった。
お客様が居たので、写真撮影は自粛し、食後に関帝廟へ皆で出かけた。


今日も中華街はお気楽さんがいっぱい
3連休直後の月曜日だというのに、それなりの人出だ。斯くいう私もその一人だが。会社や学校は大丈夫なのだろうか。学校は春休みか。
中華街はお気楽さんがいっぱい

関帝廟
関帝廟(かんていびょう)は、関帝(関羽・関聖帝君・関帝聖君)を祀る廟。孔子を祀る孔子廟(文廟)に対比させて、武廟(ぶびょう)とも呼ぶ場合もある。
関帝廟の本殿は中央に関羽を祭り、右側に小説『三国志演義』で養子の関平(史実では実子)、左側に同じく『演義』に登場する配下の武将周倉の二神をそれぞれ祭っている。
関羽は、信義や義侠心に厚い武将として名高くまた『演義』での普浄の逸話などから、民衆によって様々な伝承や信仰が産まれ、信仰を高め、また後の王朝によって神格化されていった。その関羽を祭ったほこらが関帝廟の始まりである。
また、関羽は(塩湖で知られた解県の出身である為)塩の密売に関わっていたという民間伝承があり、義に厚いとされる事から商売の神として祭られた。この事に起因して、そろばんの発明をしたという俗説まで生まれた。そのため世界中に華僑が散らばっていったときに、商売が繁盛する様にとその居住区に関帝廟を立てた。そのため世界中の中華街などで関帝廟を見ることが出来る。

現在の関帝廟は1990年に完成した豪華な建造物
日本が開国して横浜の港が開かれたのは、幕末の1859年。多くの中国人が商人や職人として横浜を訪れ、外国人居留地(現山下町)で暮らすようにな。それからわずか数年後の1862年、一人の中国人が關羽の木像を抱いて、現在の地にささやかな祠を開いたといわれます。これが横浜の關帝廟の始まりです。
それから早150年余。過去3度の焼失にもめげずにその都度再建された。今の建物は4代目ということになる。小さな祠から出発し、第三代までの關帝廟は中華街の通りの奥に鎮座し、参拝するのはほとんど華僑で、中華街の鎮守的性格が強く、通りすがりに立ち寄るところではなかったようだ。
第四代關帝廟は通りに面した開放的な場所に建てられた。中華街に暮らす人たちだけでなく、この街を訪れる多くの観光客が気軽に足を運ぶ場所になったようだ。正直なところ、いい加減爺さんになってから初めて関帝廟を見たのだ。


関聖帝君に対する尊敬の念など全く持ちあわせていない私が、ここで勝手に写真を撮って良いものか判断に迷った。都合の良い解釈をし、ちょっと控えめに写真を撮ることにした。

関帝廟入り口
大勢の観光客が記念写真を撮っていた。間違いなく観光名所なんだ。足が長く見えるのは超広角を使った所為。私もとってもらうんだった。普通の長さくらいには見えたかもしれない。
関帝廟入り口_1
関帝廟入り口_2
関帝廟入り口_3
境内
入り口を潜る人は案外に少ない。私は図々しくも潜ってみた。境内には石獅(狛犬)等がある。この辺は丁寧に写真を撮っておくべきだった。
境内_1
本殿前から入り口方面を見た様子
境内_2
本殿の周り
華表、観音石龍柱、香炉がある。ここも丁寧に写真を撮っておくべきだった。
本殿の周り
本殿
主神は関聖帝君
中:関聖帝君
右:関平(關平将軍)
左:周倉(周蒼将軍)

この並び方は世界共通のようだ。此処は図々しく写真を取り過ぎたかも。
ここまで来たら、500円を支払って線香等を買い、正式に参拝すればよかったと後になって思った。変なところで財布が渋くなる自分の素直でない性格を恨めしく思った次第。それにしても作法の仕方を読むと、中国の人はこんなにたくさんお願いするものなんだと驚くほどだ。いくらなんでも、欲張りすぎのような感じがしちゃうのだが。

本殿の様子_1
本殿の様子_2
本殿の様子_3
本殿の様子_4
横浜中華学院
子弟のための学校だ。華僑魂を叩き込まれる場でもあるのだろう。
横浜中華学院

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
控えめに写真を、と仰っていますが
どうしてどうして、堂々と正面から、下から横から
そして内部の豪華な装飾まできちんと捕られていますね 笑)
関帝廟は1度くらいしか見た記憶がありませんが、
内部はこんなに豪華だったのかと、今更ながらビックリ 汗)
 
おはようございます(=^ェ^=)

この神社?!は、商売の繁盛の意味があったんですね。私もいったことはありますが、そうだったのかぁ。いろいろお調べになって凄いですね。装飾にあるかも水に関係する商売のお金の動きを良くする意味とかありましたよね?
わからなくても、私はどんどん 写真とってますので、お恥ずかしいです(゜▽゜*)
 
AzTakさん、こんばんは♪

関帝廟、きんきらきんで眩しいぐらいですね。
入り口の門の上の飾りも龍がたくさんで凝ってます^^
商売の神様は、やっぱりこのぐらいでないといけないのでしょうね。
地味~だと商売が繁盛しなさそうですものね(笑)
中国の人はたくさんお願い事をされるんですか?
あんまり欲張るとと聞いてくれなさそう、なんて思ってしまいますが・・・(^^;
 
AzTakさん おはようございますv-278

横浜の中華街は何度か行ったことがありますが、関帝廟
には行ったことがなく、初めて見ました。
龍が上に乗っているのは鳥居になるのでしょうか?
日本の鳥居と比べると派手ですね~~~っ(个_个)マジマジ
でもわたし、嫌いじゃないです。(笑)
中もピカピカ豪華で目を奪われます。
うふふ♪AzTakさん、参拝料は500円じゃあちょっと私も考えちゃうので、
100円くらいにしたらどうでしょう?
なんて、お寺とか神社ではいつも15円の私が言うのもなんなのですが。(;^_^A アセアセ・・・
 
関帝廟は外から見るばかりで中には入ったことが無いのですが、中国建築らしくきらびやかですね。
それにしても中華街は、相変わらず人が多いですね。
 
こんにちは
中華街・・昔2度ほど行ったことがありますが、ほとんど覚えていません。
関帝廟、」立派な建物ですね。
黄金の精緻な装飾が豪華さに圧倒されます。
1990年・・このころは日中友好のシンボルでもあったんでしょうが
最近の状況はとても残念ですね。
とてもよく理解しました。 
 関帝廟、こんな立派だったんですか!!!
 AzTakさんの視点との違い、ものすごくよく分かりました。モノに対する畏敬の念がこんなに違うのかと。僕は色彩や造形の面白さが優先なので、そこにある見えない心情に鈍感なんですねえ。いや、あらためてよく理解しました。とても勉強になりました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 控えめに写真を、と仰っていますが
> どうしてどうして、堂々と正面から、下から横から
> そして内部の豪華な装飾まできちんと捕られていますね 笑)

そのつもりだったのですが、どうしても関羽が祀られているさまは撮ってみたくて、…。

> 関帝廟は1度くらいしか見た記憶がありませんが、
> 内部はこんなに豪華だったのかと、今更ながらビックリ 汗)

民族性の違いなんでしょうかね。結構派手な感じですよね。日本人なら、落ち着かないから嫌だと思う人がいらっしゃるかも。
Re: タイトルなし 
> おはようございます(=^ェ^=)

keikoさん、こんばんは。

> この神社?!は、商売の繁盛の意味があったんですね。私もいったことはありますが、そうだったのかぁ。いろいろお調べになって凄いですね。装飾にあるかも水に関係する商売のお金の動きを良くする意味とかありましたよね?
> わからなくても、私はどんどん 写真とってますので、お恥ずかしいです(゜▽゜*)

私もよくわかりませんが、中国の人は、こちらは商売繁盛をお願いし、媽祖廟のほうが航海の安全を願う意味等があるようです。どうでもよいのか良くないのかわかりませんが、ものすごく多くのお願いをするようで、日本人の感覚とはかなり違う感じがしました。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 関帝廟、きんきらきんで眩しいぐらいですね。
> 入り口の門の上の飾りも龍がたくさんで凝ってます^^
> 商売の神様は、やっぱりこのぐらいでないといけないのでしょうね。
> 地味~だと商売が繁盛しなさそうですものね(笑)

よくわかりませんが、中国の人の感覚なんでしょうね。

> 中国の人はたくさんお願い事をされるんですか?
> あんまり欲張るとと聞いてくれなさそう、なんて思ってしまいますが・・・(^^;

参拝の作法が載っていました。それを見て欲張りすぎだよと思った次第です。

1)本殿内の主神・併神に参拝する方は、關帝廟境内の受付で線香・金紙を購入します。
2)5本の線香に火をつけて、本殿回廊にある1~5番の番号がついた香炉に順に線香を1本ずつ供えて身を清める。本殿に入り、中央に関聖帝君、左に地母娘娘、右に観音菩薩、右斜め後ろに福徳正神が祀られているので、順に参拝する。神前にひざまずいて合掌し、住所・氏名・生年月日を告げて、それぞれの神様に順に願いごとをする。(金紙は神様への金銭の献上と、願いが叶えられた時のお礼を意味しますので、本殿内の供物台に供え参拝後に境内にある金炉(金神紙専用の炉)で燃やします。)
 香炉1:「玉皇上帝」国泰平安
 香炉2:「關聖帝君」商売繁盛
           入試合格
           家内安全
           学問
 香炉3:「地母娘娘」除災・健康
 香炉4:「観音菩薩」解難・健康
           縁談・安産
 香炉5:「福徳正神」金運
           財産保全
3)本殿内に入り「玉皇上帝」・「關聖帝君」・「地母娘娘」・「観音菩薩」・「福徳正神」の順に参拝します。
各神明の前には拝礼台があり、膝をついて合掌し、住所・氏名・生年月日を告げて自己紹介した上で願い事を告げます。
「玉皇上帝」は、天空に住む神様でご神体がないため、横浜關帝廟では本殿内から南の正門に向かって参拝します。


Re: タイトルなし 
> AzTakさん おはようございますv-278

びびさん、こんばんは。

> 横浜の中華街は何度か行ったことがありますが、関帝廟
> には行ったことがなく、初めて見ました。
> 龍が上に乗っているのは鳥居になるのでしょうか?
> 日本の鳥居と比べると派手ですね~~~っ(个_个)マジマジ
> でもわたし、嫌いじゃないです。(笑)
> 中もピカピカ豪華で目を奪われます。

ド派手ですよね。中華街らしくていいかもしれませんね。

> うふふ♪AzTakさん、参拝料は500円じゃあちょっと私も考えちゃうので、
> 100円くらいにしたらどうでしょう?
> なんて、お寺とか神社ではいつも15円の私が言うのもなんなのですが。(;^_^A アセアセ・・・

なんていうか、参拝料の概念が違うんです。私は1円も支払わなかった口です。
参拝は、Mikaさんのコメントのレスに書きましたが、ものすごい盛り沢山なお願いをする仕掛けがあるんです。そのための線香代ほかです。この流儀に則って、お願いごとをするのならば、500円が必要なんです。
 
こんにちは
横浜には昔一度か二度行ったことがありますが、 関帝廟なる建物は知りませんでした。
入口の門の屋根の飾りは煌びやかですね。
それに輪をかけて内部の金飾りは、華僑らしい豪華な造りですね。
横浜の中華街も随分賑やかな街並みだったような気がします。
こうして写真を拝見すると居ながらにして知ることが出来大変勉強になります。
Re: タイトルなし 
masaさん、こんばんは。

> 関帝廟は外から見るばかりで中には入ったことが無いのですが、中国建築らしくきらびやかですね。

普通はそこまではしませんよね。ちょいと図々しかったかなと反省しています。
中国流は本当にきらびやかですね。

> それにしても中華街は、相変わらず人が多いですね。

やはり、横浜に人が多く来るようになった恩恵を受けていると思います。横浜市の人が偉いし、そのチャンスを無駄にしなかった華僑の人たちも凄いものです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> 中華街・・昔2度ほど行ったことがありますが、ほとんど覚えていません。
> 関帝廟、立派な建物ですね。
> 黄金の精緻な装飾が豪華さに圧倒されます。

本当にきらびやかですね。

> 1990年・・このころは日中友好のシンボルでもあったんでしょうが
> 最近の状況はとても残念ですね。

習近平が主席に就任してから、決定的に日本敵視政策に大転換したようですね。彼が失脚するか、引退するまで、日中関係は今のような感じで行くのではないでしょうか。いまさら、鳩山氏の復権など有りはしないでしょうから。
Re: とてもよく理解しました。 
HARUさん、こんばんは。

>  関帝廟、こんな立派だったんですか!!!
>  AzTakさんの視点との違い、ものすごくよく分かりました。モノに対する畏敬の念がこんなに違うのかと。僕は色彩や造形の面白さが優先なので、そこにある見えない心情に鈍感なんですねえ。いや、あらためてよく理解しました。とても勉強になりました。

図々しく振る舞い過ぎました。(^_^;)
何処に行っても『本殿』もしくはそれに相当するものには、非常に興味があります。殆んど写真は撮らせてもらえませんが、その分、しっかり見させてもらうようにしています。頭が高いと叱られてしまうかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 横浜には昔一度か二度行ったことがありますが、 関帝廟なる建物は知りませんでした。

以前に来られたならば、普通の人は入りにくい場所にありましたから、ご存じなくても不思議はありません。

> 入口の門の屋根の飾りは煌びやかですね。
> それに輪をかけて内部の金飾りは、華僑らしい豪華な造りですね。

そうですね。びっくりしてしまいます。

> 横浜の中華街も随分賑やかな街並みだったような気がします。
> こうして写真を拝見すると居ながらにして知ることが出来大変勉強になります。

アベノミクス効果で、今後は、多少メニューが高めにシフトするかもしれません。今のところ、ランチなどはかなりリーズナブルです。建物がごちゃごちゃしていて、猥雑な感じですね。中華街らしくて好きという人が少なくないようです。
こんにちは 
横浜中華街って話には聞いていますが、ずいぶんにぎやかなんですね

これは、中国の寺院なんですか、日本の寺院と比べるとずいぶん
煌びやかですね
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 横浜中華街って話には聞いていますが、ずいぶんにぎやかなんですね

中国が好きというわけじゃないのですが、中華街は好きです。神戸の南京町や長崎新地中華街なども行きました。まあ、単に行っただけですが。

> これは、中国の寺院なんですか、日本の寺院と比べるとずいぶん
> 煌びやかですね

寺院と呼ぶのはどうなんでしょうね。まさしく『廟』なんです。孔子廟とか関帝廟とかはそういうものでしょう。湯島聖堂は本来は孔子廟だそうです。
きらびやかなのは民族性のなせるワザかもしれませんね。日本人の感性には合わない感じですね。

中国では,一般に仏教など外来宗教の建物を〈寺〉というのに対し,中国固有の宗教建築を〈廟〉とよぶ。ただし,道教の寺院は〈観〉または〈宮〉であり,ラマ教寺院は〈廟〉とよばれることもある。清朝の皇帝の避暑地,河北省承徳市に現存する普陀宗乗廟はその代表例である。廟はほんらい祖霊をまつる宗廟のことであったが,のちにその領域が拡大され,超能力を具有すると信じられた死者,自然物,動物などをまつる民間の〈祠〉も廟ないし祠廟とよぶようになった。
 
2月の春節では横浜中華学院の生徒たちが踊りを見せてくれました。
ジャックの塔の夜景は綺麗ですよね、リクエストに答えられるか
不安ですがトライしてみますね。
忘れたらゴメンです。
こんばんは 
横浜中華街の関亭廟、テレビでよく見ますが
境内はこんなになっているんですね~
絢爛豪華でびっくりしました^^
見せていただき、ありがとうございます^^
こんばんは 
中華街はいつも沢山の人で賑わっていますね^^
中華街に行くと月餅が食べたくなりますw

↓赤レンガ倉庫に大さん橋、横浜を堪能されたのですね^^
大さん橋は歩いているとホント気持ちがいいですよね~
赤レンガはホントいつもイベントばかりで、私は行くとだいたい準備中でパイロンやテントが並んでいるとこしか見た事ないです。
AzTakさんが行かれた時は準備中と言えども花があって綺麗ですね^^
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 2月の春節では横浜中華学院の生徒たちが踊りを見せてくれました。

彼らは先祖からの伝統を受け継ぐのに一生懸命なんですね。あっぱれです。
いろいろ取り組む過程で仲間の団結力も高まるというものでしょう。

> ジャックの塔の夜景は綺麗ですよね、リクエストに答えられるか
> 不安ですがトライしてみますね。
> 忘れたらゴメンです。

県庁屋上展望スペースは夜はNGのようです。保安上は当然でしょうが。ジャックの塔の夜景はお巡りさんに守ってもらいながら、交番の前で撮ることになるんでしょうかね。
無理の無い範囲で素敵な写真を見せてください。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 横浜中華街の関亭廟、テレビでよく見ますが
> 境内はこんなになっているんですね~
> 絢爛豪華でびっくりしました^^
> 見せていただき、ありがとうございます^^

桁外れに大きい建物ではありませんが、小さな店がひしめく中ではあの建物はかなりのものです。
4代目の建物にして初めて一般人が目にする場所に現れたというもののようです。それまでは知る人ぞ知るものだったようです。
Re: こんばんは 
モカさん、こんばんは。

> 中華街はいつも沢山の人で賑わっていますね^^
> 中華街に行くと月餅が食べたくなりますw

(ΦωΦ)フフフ…、月餅がお好きですか。
私はランチを目一杯食べたと思って意気込んでいくので、あまり食べないようにしているんです。
この時は、昼食が13時過ぎになること必至だったので、ちょいと事前に口に入れたのが、意外に堪えてしまいました。

> ↓赤レンガ倉庫に大さん橋、横浜を堪能されたのですね^^
> 大さん橋は歩いているとホント気持ちがいいですよね~

そうですねえ。2回分ほど別の記事をはさみますが、もう少しだけ歩きました。

> 赤レンガはホントいつもイベントばかりで、私は行くとだいたい準備中でパイロンやテントが並んでいるとこしか見た事ないです。
> AzTakさんが行かれた時は準備中と言えども花があって綺麗ですね^^

私は『準備中』にあたってしまったのは今回が初めてでした。月曜日はジャックの塔も休館日だし、あまりいいことがないようです。(^_^;)
一番感激したのは、ニッサンの過去の名車がズラリと並んだ時でした。あんなイベントも有るんですねえ。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR