散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

自然教育園(4)

武蔵野植物園を後にする

どうしてこんなことに
暫く行くと変な木が見つかった。どうしてこんなことになったのだろう?後方に転がっている枝のようなものがもぎれたのだろうか?
変な木_1
変な木_2
おろちの松
この大きな松は江戸時代、松平讃岐守(まつだいらさぬきのかみ)の下屋敷の面影を残す松の一つです。樹齢約300年、いつの頃からか、大蛇の松と伝えられています。
確かに大蛇の鱗のように見えなくもない感じだ。

おろちの松_1
おろちの松_2
これも不思議だ
まるで駱駝の瘤のような膨らみが。あれは何だろうか?
これも不思議だ_1
これも不思議だ_2
館跡
数ある土塁の中でも此処のコの字型の土塁は中世の豪族の館跡とされているそうだ。どんな建物だったのだろうか。
館跡
館跡を囲んでいた土塁の断面
撮影している位置辺りに豪族の館があったようだ。そこに道を通して土塁をカットしてしまったので、状況が少々わかりにくくなっていた。
館跡を囲んでいた土塁の断面
倒木には新しい生命が
倒木が若木の苗床になっている感じだ。
倒木には新しい生命が_1
倒木には新しい生命が_2
こんなものも
こんなのにひっつかれた樹木もえらい災難だろう
こんなのにひっつかれた樹木もえらい災難だろう_1
こんなのにひっつかれた樹木もえらい災難だろう_2
こんなのにひっつかれた樹木もえらい災難だろう_3
こんなのにひっつかれた樹木もえらい災難だろう_4
何やら撮影をしていた
あのピンクのスプリングコートも衣裳なのだろうか。当日は半袖でも暑いくらいだったのに、タレントさんは楽な稼業じゃないようだ。
何やら撮影をしていた_1
何やら撮影をしていた_2

庭園美術館前の草花
隣接する庭園美術館は、旧朝香宮邸が本館となっているが、アール・デコ様式の建物として有名なものだ。この建物を、そのまま美術館として公開している。平成23年11月から、東京都庭園美術館本館(旧朝香宮邸)の改修工事及び管理棟新設工事を行っていて、本年中のリニューアル開館を目指して長期休館中だ。
こんな花で誤魔化すのでなく、一刻も早く修復を終えて、再度開館してもらいたいものだ。

庭園美術館前の草花_1
庭園美術館前の草花_2
庭園美術館前の草花_3
庭園美術館前の草花_4
庭園美術館前の草花_5
建物はこういう建物だ。休館中のため、free画像を借用する。
東京都庭園美術館本館(旧朝香宮邸)_1
東京都庭園美術館本館(旧朝香宮邸)_2

以上で『自然教育園』シリーズは終了です。最後までご覧いただき有難う御座いました。

Comments

 
AzTakさん、こんにちは♪

おろちの松、下の方はうろこに見えますね。
なぜこの名前が付いたのか札には何も書いてない・・・(T T)
大蛇が何かのきっかけで松になったのかな??
ざっくりと想像してみました(ざっくりすぎですね、笑)
でも、樹齢300年なのに、しっかりしていて
そんなに年を経ているように見えないところがすごい。
人間もこうならいいのにな・・・
これからもまだまだ大きくなるんでしょうね。
AzTakさんとの春の日のお散歩、楽しかったです(^^)
どうもありがとうございました♪
 
不思議ですね 自然の造形・・なにか違うものにも見えてくる気がします
植物もウイルスに犯されたりもしますしね
青梅の梅の木 全部切ってしまうようで・・
豊かな環境の中 植物はすくすくと育ってほしいものですね
半袖ですか・・(°д°) 今日は吹雪です(;_;)
こんにちは。 
自然界は不思議に満ちてます。共生したり敵対したり、でもトータルでバランスを取って。小さな植物園にも地球の縮図が描かれてます。逆に言うと、人間にはその縮図から地球を想像する能力が必要なのですけれど。昨今、どうなのでしょうかね。
AzTakさん 
こんにちは
武蔵野と言うと西八王子に親戚があり、高尾などのコナラ、クヌギなどの林を想像していましたが、これは農家などが腐葉土を作ったりしていた様です。
武蔵野は里山、このイメージが、覆っちゃいましたよ。
やはり自然は一筋縄ではいかないようです。
こんにちは。 
木も長く生きていると、虫に犯され、菌に犯され、風雨に耐えて、歴史を感じる姿になっていますね。
自然が作る樹形は惹かれるものがありますね。
こんにちは 
1、2枚目の木は、何か挟まれていた物を無理やり取り除いたような感じですねえ

それにしても、オイオイテレビ局のスタッフさんよ、三脚に腰かけて大丈夫なのかなあ、プロ用の三脚なので我々の使用する三脚とは、くらべものにならないんでしょうね
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> おろちの松、下の方はうろこに見えますね。
> なぜこの名前が付いたのか札には何も書いてない・・・(T T)
> 大蛇が何かのきっかけで松になったのかな??
> ざっくりと想像してみました(ざっくりすぎですね、、笑)

怖い想像ですね。次に行く時にあの前を通れなくなってしまいます。(´Д⊂グスン

> でも、樹齢300年なのに、しっかりしていて
> そんなに年を経ているように見えないところがすごい。
> 人間もこうならいいのにな・・・
> これからもまだまだ大きくなるんでしょうね。

どうなんでしょうか。ピサの斜塔みたいに曲がっていて、相当に疲れそうに思うんですが。私があんな格好を真似したら、一度で腰痛再発です。

> AzTakさんとの春の日のお散歩、楽しかったです(^^)
> どうもありがとうございました♪

こちらこそ有難う御座いました。
Re: タイトルなし 
SONOMIさん、こんばんは。

> 不思議ですね 自然の造形・・なにか違うものにも見えてくる気がします
> 植物もウイルスに犯されたりもしますしね
> 青梅の梅の木 全部切ってしまうようで・・
> 豊かな環境の中 植物はすくすくと育ってほしいものですね

そうですね。青梅市の場合は、市名に梅の字が入っているくらいですから、看板が落ちてしまったような衝撃があったことでしょう。早いところ回復して欲しいところですが、相応に年数がかかってしまうのでしょうね。

> 半袖ですか・・(°д°) 今日は吹雪です(;_;)

タイミングが良くないというか、こちらが良い天気だと書いた時に限って、北の方の天気が大荒れになってしまいますね。反省して天気のことを書くのを暫く控えないといけないかもしれません。(^_^;)
春がすぐそこまで来ていそうなのに、なかなかしぶといものですねえ。
明日は陸上自衛隊の演習を見に行きます。雨だけは降らないでほしいところです。
Re: こんにちは。 
HARUさん、こんばんは。

> 自然界は不思議に満ちてます。共生したり敵対したり、でもトータルでバランスを取って。小さな植物園にも地球の縮図が描かれてます。逆に言うと、人間にはその縮図から地球を想像する能力が必要なのですけれど。昨今、どうなのでしょうかね。

そうですね。
こんな小さな自然教育園でもいろいろな物語があるようです。本当はきちんと観察して、環境問題などに対する考え方を固めていく必要がありそうですが、…。
よくわからないのはマクロ的には温暖化に向かっていると言われるのに、ミクロ的にはとんでもない寒波が襲来したり、…。だからといって、何もしなくても良いということにはならないのでしょうが、複雑な動き方をしていますね。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 武蔵野と言うと西八王子に親戚があり、高尾などのコナラ、クヌギなどの林を想像していましたが、これは農家などが腐葉土を作ったりしていた様です。
> 武蔵野は里山、このイメージが、覆っちゃいましたよ。
> やはり自然は一筋縄ではいかないようです。

国木田独歩は『武蔵野』でかなり広いところを武蔵野としているようです。超高級住宅地とされている田園調布だって少し前までは純農村だったはずです。『春の小川』に歌われた代々木あたりも、当時の写真を見ると何処の山奥の農村かと思うような風景だったようです。
武蔵野には里山のところも平地のところもあったとは思いますが、私のイメージは『台地』という感じです。
昔の武蔵野は緑豊かな田舎の土地だったんでしょうね。
こんばんは 
倒木から芽が出て、若木に育って
立派な樹木に・・・
連綿と続く命の繋がりですね^^
樹木の寿命からすると、人間の寿命なんて
一瞬ですわ~~
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 木も長く生きていると、虫に犯され、菌に犯され、風雨に耐えて、歴史を感じる姿になっていますね。
> 自然が作る樹形は惹かれるものがありますね。

本当にそうですね。木は自律的には動けないので、生き抜くことはかなり大変なんでしょうね。
中には樹形が面白いと言うか優美な形に仕上がったものもありますね。その一方で、やむを得ず不格好になったものもたくさんあるようです。
而して、動けるはずの私の不格好さは何が原因なのかな、っていつも考えてしまいます。(^_^;)
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 1、2枚目の木は、何か挟まれていた物を無理やり取り除いたような感じですねえ

細かいささくれだちの具合を見ると何か最近の出来事のようですね。前回行った時はどうだったかなあ、と考えてみましたが、さっぱり記憶がありません。(^_^;)

> それにしても、オイオイテレビ局のスタッフさんよ、三脚に腰かけて大丈夫なのかなあ、プロ用の三脚なので我々の使用する三脚とは、くらべものにならないんでしょうね

どうなんでしょうかね。態度からすると、彼がディレクタのようでした。他のスタッフは文句が言え無い立場だったかも。基本的にはそんなにやわじゃないんだと思います。
昔使っていた中判カメラ用のケースはその上に乗っても大丈夫でしたが、交換レンズなども入れて持ち歩くと、極めて重かったです。フルサイズのカメラが重いとこぼしている方のものよりも、はるかに重いものでした。いまは車なしの哀れな身の上なので、持ち出せません。(^_^;)
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 倒木から芽が出て、若木に育って
> 立派な樹木に・・・
> 連綿と続く命の繋がりですね^^

そうですね。

> 樹木の寿命からすると、人間の寿命なんて
> 一瞬ですわ~~

まあ、生き残った樹木はかなり長生きしますよね。尊敬に値するほどです。
でも、自然のままに手を入れないと、殆んどが淘汰される過酷な運命もあることでしょう。適当な期間だけ生きる人間もマアマアかなと思っています。
 
AzTakさん こんばんは~★

ビルに囲まれた公園ですか~!
なんとなく、砂漠の中のオアシスみたいに見えますね。
私もお散歩気分で拝見しましたよ♪
あの樹木に引っ付いていたもの・・・ムカデに見えちゃいますね(>_<)
思わず引き剥がしたくなりました。(笑)
それにしてもピンク色のスプリングコート着た人は誰だったのでしょう?
女優さんなのかな?と気になったりして。(*^m^*) ムフッ
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
何時の間に「庭園美術館」がリニューアルオープンしたのかと
思ってしまいました 笑)
Re: タイトルなし 
> AzTakさん こんばんは~★

びびさん、こんばんは。

> ビルに囲まれた公園ですか~!
> なんとなく、砂漠の中のオアシスみたいに見えますね。
> 私もお散歩気分で拝見しましたよ♪

困ったことにカラスのカア公にもオアシスのように思えるらしく、東京でも多分一番の生息数じゃないかと思われます。あの騒々しい啼き声さえなければ、間違いなく、最高のオアシスなんですが。

> あの樹木に引っ付いていたもの・・・ムカデに見えちゃいますね(>_<)
> 思わず引き剥がしたくなりました。(笑)

ムカデに見えちゃうから怖くて触ることができませんでした。男のくせに意気地なしで困ったものです。(^_^;)

> それにしてもピンク色のスプリングコート着た人は誰だったのでしょう?
> 女優さんなのかな?と気になったりして。(*^m^*) ムフッ

なかなかきれいな30代と思しき女性レポータでした。女性の名前も男性の名前もからっきし知らない方なので、…。
ああいうのはアドリブでレポート内容を考えるのかと思ったら、きちんとした台本があるようでした。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 何時の間に「庭園美術館」がリニューアルオープンしたのかと
> 思ってしまいました 笑)

あはは、今年中にリニューアルオープンするのだそうです。考えれば、あそこを西武が持っていた頃に行ったきりで、「庭園美術館」がオープンしてから一度も行っていませんでした。
一回飛ばしで行ってみたいと思います。
一回飛ばしといえば、お伊勢さんもそうです。30年ほど行っていないので、完全に1回飛ばしです。(^_^;)

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR