散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

鎌倉五山ほかを訪ねる(11)

浄妙寺を最後に鎌倉五山めぐりは終了したが、2日目の旅は始まったばかりでこのまま帰ってしまうのも残念なので、いくつかの社寺を回ることにした。手始めに浄妙寺のすぐ近くの報国寺と杉本寺とを拝観することにした。

報国寺

報国寺は臨済宗建長寺派の禅宗寺院。この寺は、淨妙寺中興の足利貞氏の父・家時(足利尊氏の祖父)が開基。夢想国師の兄弟子・天岸慧広(仏乗禅師)の開山で建武元年(1334)の創建。永享の乱(1439年に起きた足利持氏の室町幕府将軍・足利義教への反乱)で関東公方・足利持氏は敗退し、永安寺で自刃した時、その長子・義久もこの寺に入って自刃した悲劇の寺である。古くから境内の孟宗の竹林で知られている。三門をくぐり右側の石段を登ると本尊の釈迦如来坐像が祀られている本堂がある。本堂の右手に迦葉堂、左手にかやぶきの鐘楼がある。数多くの文化財があるが、殆どは現在、鎌倉国宝館に所蔵されている。本尊は釈迦如来(市重文)

三門付近
三門付近_1
三門付近_2
三門付近_3
三門付近_4
迦葉堂(坐禅堂)に至る道
迦葉堂(坐禅堂)に至る道
迦葉堂(坐禅堂)
仏陀の弟子、迦葉の名をいただいた迦葉堂。日曜日には日曜座禅会が開かれているが、普段は公開されていないそうだ。
迦葉堂(坐禅堂)_1
迦葉堂(坐禅堂)_2
本堂
本堂_1
本堂_2
本堂_3
本堂_4
本堂_5
御詠歌『よきにつけ あしきにつけて み仏を たのむわが身は いざくにのため』
本堂_6
境内の様子
鐘楼
茅葺屋根の趣きのあるもののようだが、あいにく修復工事の真っ最中だった。
鐘楼
こんなものも
こんなものも_1
こんなものも_2
追悼歌
いさをしも槍も刃も 埋もれて梢に寒し 松風の音
華の世を所業つたなく 散る君に 香一片を 焚きておろがむ

こんなものも_3
こんなものも_4
本堂から三門までのスロープの様子
下りながら撮ってみた
本堂から三門までのスロープの様子_1
本堂から三門までのスロープの様子_2
本堂から三門までのスロープの様子_3
半跏思惟像
半跏思惟像_1
半跏思惟像_2

今回見ずに帰って来てしまったが、「竹の庭」が立派なようだ。ここを見落としてしまったのは非常に残念。竹林が見事な上に、右手の崖には、穴(やぐら)が掘られていて、多数の五輪塔が置かれているのが眺められる。開基といわれる足利家時とここで自刃された足利義久の墓が安置されているということだ。
freeの画像を借用
竹の庭

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
ついでにいくつかの社寺を回るとは
流石に転んでもただでは起きませんね 笑)
報国寺は古い割に迦葉堂や本堂は
新しい気がしますが、
きっと再建されているのでしょうね!
竹の寺で有名だったのに見忘れてしまったのですね!
 
おはよーございますm(__)m

報国寺は、知ってます。竹をみながら、お抹茶を飲んだ記憶があります。竹の香りというか、空気かんが気持ちよくて魅力的なお寺だな~と思ったりしました。少し奥まったところにあったような?!
AzTakさん 
おはようございます
鎌倉は小学校の修学旅行に行った後、2回ほど行きましたが観光旅行でしたのでほとんどお覚えていません。
こうして見させて頂いて嬉しいです。
五山だけでなく、古いお寺さんが沢山あるんでしょうね。
モット見せていただけるなんて、とても楽しみです。
こんにちは。 
広い境内のようですね。
苔と石の庭がいい趣です。
竹林の庭も見たかったですね。
こんにちは 
最初の看板の説明文で竹のお寺 とあり竹林を楽しみにスクロールしていましたw
見られなかったのは残念でしたね。
またリベンジですか?^^
竹から落ちた水の水紋のお写真いいですね。
ちょうど光が射していてステキだと思います^^

Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> ついでにいくつかの社寺を回るとは
> 流石に転んでもただでは起きませんね 笑)

ご同輩と同じ年ですから。これから生きる期間を考えれば、時間を総無駄にはできません。というか、
浄明寺までバスできたので、体力消費度が極めて少なく、お腹も空いていない状態。報国寺や杉本寺を見ながらぶらぶら歩き、鶴ヶ岡八幡宮に行き、更に鎌倉駅まで歩いて、…。

> 報国寺は古い割に迦葉堂や本堂は
> 新しい気がしますが、
> きっと再建されているのでしょうね!

関東大震災でこの辺の寺社はかなりやられましたから、それ以前の建物が残っているケースは少ないようです。
昔は古色蒼然としていたといいますから、徐々に徐々に体裁を整えて、いつの間にか、きれいなお寺さんに変わっていた感じなんでしょうね。

> 竹の寺で有名だったのに見忘れてしまったのですね!

正確にはパスをしました。竹林など見ても仕方が無いと思ったのです。毎週行く教会の道筋には鬱蒼とした竹林がありますし、子供の頃は、田舎にはイヤになるほど竹林がありましたから。
でも、やぐらと呼ばれる鎌倉独特のお墓があり、多数の五輪塔が置かれているようです。開基といわれる足利家時とここで自刃された足利義久の墓が安置されているとのことです。 それを見なかったのが残念なんです。
やはり下調べを十分にしていくべきだったんですね。
Re: タイトルなし 
> おはよーございますm(__)m

keicoさん、こんばんは。

> 報国寺は、知ってます。竹をみながら、お抹茶を飲んだ記憶があります。竹の香りというか、空気かんが気持ちよくて魅力的なお寺だな~と思ったりしました。少し奥まったところにあったような?!

そうですね。竹林の方は敢えて見なかったので、そうらしいとしか言えないのが残念です。やぐらは見ておく価値があったようです。

鎌倉公方足利持氏のときに、室町幕府の将軍が第5代で一時絶えたため、自らが将軍に成ることを臨みます。やがて第6代将軍が義教と決まりましたが、さらに対立することになります。ついには、幕府軍に追い詰められ、瑞泉寺の近くの永安寺で自害します。これは永享の乱(1438-39)と呼ばれています。
一方子供の義久は幼くして報国寺で自害するという悲劇が起こりました。この地に葬られましたが、お墓は特定されていません。
休息にブログを拝見しながら 
 ほっこりとお写真を拝見しながら休んでいます。
 ところで、今日は未明から暮れまで雪が降る一日でした。めったに見られない雪景色でしたが、警報のおまけ付でした。田舎町でも30センチも積もると、やっぱり遊びどころではなくなりますね。そちらはいかがでしたか。
Re: AzTakさん 
> おはようございます

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鎌倉は小学校の修学旅行に行った後、2回ほど行きましたが観光旅行でしたのでほとんどお覚えていません。
> こうして見させて頂いて嬉しいです。

今も修学旅行は多いようですよ。昔と違い、何処の学校の修学旅行も、小班編成で、いわゆる『修学』旅行になっているようです。多少は勉強するようになるんでしょうね。

> 五山だけでなく、古いお寺さんが沢山あるんでしょうね。
> モット見せていただけるなんて、とても楽しみです。

そうたくさん回ったわけではありません。あまり過剰に期待はしないでくださいね。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 広い境内のようですね。

裏庭が凄いようです。葵竹林を維持するために数年過ぎた竹は伐採されてしまうそうです。
さしずめ、トァ足しのようなロートルはバッサリ伐られる方なんでしょうね。

> 苔と石の庭がいい趣です。

あれはセンスの良さを感じました。

> 竹林の庭も見たかったですね。

竹林ってどう撮ったらいいのか難しそうですね。超低アングルなのか、他の構図がいいのか、いろいろ考えてしまいます。
そして何よりも、鎌倉独特の『やぐら』を見落としたことが残念でなりません。

追悼歌はきれいな文章ですねえ。最後の『おろがむ』って拝むという古語なんですねえ。過剰にエールを送るでもなく、冷淡にすぎるのでもなく、淡々と追悼の言葉が響いてきます。いいなあと思いました。鎌倉の後の室町の世の鎌倉公方親子のエピソードなんですねえ。

いさをしも槍も刃も 埋もれて梢に寒し 松風の音
華の世を所業つたなく 散る君に 香一片を 焚きておろがむ
Re: こんにちは 
モカさん、こんばんは。

> 最初の看板の説明文で竹のお寺 とあり竹林を楽しみにスクロールしていましたw
> 見られなかったのは残念でしたね。

期待を大きく裏切ってしまい申し訳ありません。m(_ _)m

> またリベンジですか?^^

ふふふ、そう苛めないでくださいな。個人的には桜や三椏や著莪が咲く1か月後くらいが観光にはいい季節かなと思っているのですが、多分、かなり多くの人がそう思うと思います。前に人のお尻しか見えなかったなどということでないといいのですが。

> 竹から落ちた水の水紋のお写真いいですね。
> ちょうど光が射していてステキだと思います^^

あの辺りは関係者の中に才能溢れた人がいたんだと思います。半端じゃないキレを感じました。
Re: 休息にブログを拝見しながら 
HARUさん、こんばんは。


>  ほっこりとお写真を拝見しながら休んでいます。
>  ところで、今日は未明から暮れまで雪が降る一日でした。めったに見られない雪景色でしたが、警報のおまけ付でした。田舎町でも30センチも積もると、やっぱり遊びどころではなくなりますね。そちらはいかがでしたか。

相当な雪です。朝から今に至るまで降り続いています。本当は、今日CP+の見に行く予定だったのですが、この大雪だし、陶の孫娘がインフルをこじらせて入院ということになり、好むと好まざるとにかかわらず、禁足状態にとどめおかれました。
夜半には暖かい雨に変わるとのことで、明朝の雪かきはしないで済むかもしれないと気象予報士たちは口を揃えていました。今回だけは外れないように祈りたいところです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR