散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

鎌倉五山ほかを訪ねる(7)

建長寺《鎌倉五山第一位》(3)

法堂
法堂(はっとう)は、法を説くための堂。
当初の法堂は、1275年(建治元年)、建長寺開基で五代執権の北条時頼十三回忌のときに創建された。
現在の法堂は、1814年(文化11年)に再建(上棟)されたもので、関東一の大きさ。
鎌倉では、建長寺の法堂が唯一のものとなった。
法堂では、涅槃会・降誕会(花まつり)・開山忌などの儀式が執り行われている。
法堂は、住職が説法をする場所であることから、仏殿のように仏像を安置しないのが通常であったが、次第に儀式を行う堂となっていく。

第2仏堂という感じがしないでもなかったが、長い年月を経る間に、法堂も性格が変わってきたようだ。仏像などがあるため、今はとても388人もの僧侶が一堂に会することは困難だろう。尤もそんなに多くの僧侶がいることはないだろうが。
法堂(はっとう)_1
法堂(はっとう)_2
法堂(はっとう)_3

千手観音像
法堂の本尊には、大悲閣にあったとされる千手観音像が祀られている。
1263年(弘長3年)、北条時頼が病となった際、その平癒を願って造立されたと考えられている。 
鎌倉観音巡礼第28番札所

千手観音像_1
千手観音像_2

釈迦苦行像
本尊前の釈迦苦行像は、釈迦が極限の苦行・禁欲(断食)をしている姿を現している。
ガンダーラ文明の遺産でラホール中央博物館に安置されている像の模造。2005年の愛知万博に陳列された後、パキスタン国より建長寺に寄贈された。

釈迦苦行像_1
釈迦苦行像_2

雲龍の天井図
平成15年、建長寺創建750年記念事業の一環として、十二所の画家小泉淳作によって描かれた。
足かけ3年に亘る大作。
小泉は京都建仁寺の天井画「双龍図」も手掛けている。
仏教において、龍は仏の教えを人々に伝えるといわれ、修行僧に「法の雨を降らす」という意味がある。

雲龍の天井図_1
雲龍の天井図_2

その他
こんなものも目についた
その他_1
その他_2
その他_3

Comments

 
こんばんわ!雪国のcarrotです!(笑)

昨年この法堂で日本画展がありました。
この荘厳な雰囲気の中で観る日本画は
鳥肌の立つ思いがしました。
鎌倉芸術祭の一般公募作品でしたが、
素晴らしい作品ぞろいで感動しました。

今日は雪かき、頑張りました!!
庭の四隅全部雪です(苦笑)
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
>仏教において、龍は仏の教えを人々に伝えるといわれ、修行僧に「法の雨を降らす」という意味がある。
なるほど、天井等に龍の絵が多い訳が分かりました♪
大きな背の高い磁器の壺も龍の絵ですね!
釈迦苦行像はリアルですね~!
Re: タイトルなし 
> こんばんわ!雪国のcarrotです!(笑)

aunt carrotさん、おはようございます。
温かい横須賀だけに面食らってしまいますよね。

> 昨年この法堂で日本画展がありました。
> この荘厳な雰囲気の中で観る日本画は
> 鳥肌の立つ思いがしました。
> 鎌倉芸術祭の一般公募作品でしたが、
> 素晴らしい作品ぞろいで感動しました。

そういう使い方を随分盛んにやっているようですね。なんとか、建長寺に足を運んでもらおう。ついでに禅のことも興味を持ってもらおう。観光だけにあぐらをかくのではない、寺院としての宣教活動への熱意が感じられます。

> 今日は雪かき、頑張りました!!
> 庭の四隅全部雪です(苦笑)

身体のあちこちが痛かったのでは。ストレッチをしておいたほうがよろしいかもしれませんね。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> >仏教において、龍は仏の教えを人々に伝えるといわれ、修行僧に「法の雨を降らす」という意味がある。
> なるほど、天井等に龍の絵が多い訳が分かりました♪

どこかで見たような絵だなと思ったら、建仁寺の天井画と同じ小泉淳作画伯の手になるものなんですねえ。
円覚寺の前田青邨監修、守屋多々志揮毫の「白龍の図」と、何方もしっかりと記憶に留めたいものですねえ。

> 大きな背の高い磁器の壺も龍の絵ですね!

そうですね。何か意味合いがあったのでしょうが、参考になり記述を見つけられませんでした。m(_ _)m

> 釈迦苦行像はリアルですね~!

あれは骸骨の像かとおもったくらいでした。あんなになっても生きて頑張ることができるものなんでしょうか。何事にも頑張り方が足らない私めはうなだれてしまいました。
こんにちは 
釈迦苦行像の体つきが断食の様子を想像させられますね。
龍にはそんな意味があるのですね~
勉強になります^^
こんにちは。 
かって388人もの僧が修行した所となると、大きな建物なのでしょうね。
天上の龍迫力ある画ですね。
 
千手観音から始まって、釈迦苦行、龍、壺と、何でもありの様相に、最初はとまどい、それから自然と笑えてきました。さすがは禅、なのかどうか知りませんが、こういう楽しみ方もまた面白いですよ。新旧とりまぜ、お寺の歴史ですから。
 
こんにちわ(*´∀`)

今日は私的に非常に面白かったです。千手観音そういえば、EXILE的な感じもする、そんなこと言ったら罰があたりますね。(。>д<)

苦行像は、なんか、こういう呼吸法あるんでが、お腹がへこんでるのは、食べずに修行してることですね。これも怒られそう。

竜は、法の雨を降らすという意味あるんですね。だから、天井にかいてあるのか。勉強になりました。m(__)m
Re: こんにちは 
モカさん、こんにちは。

> 釈迦苦行像の体つきが断食の様子を想像させられますね。

普段から必要以上に食べない生活をしていたのか、よく耐えられるものですね。
私ならとっくに餓死してしまうことでしょう。名を残す人の生き様は壮絶なものがあるものなんですねえ。

> 龍にはそんな意味があるのですね~
> 勉強になります^^

私も知りませんでした。(^_^;)
Re: タイトルなし 
HARUさん、こんにちは。

> 千手観音から始まって、釈迦苦行、龍、壺と、何でもありの様相に、最初はとまどい、それから自然と笑えてきました。さすがは禅、なのかどうか知りませんが、こういう楽しみ方もまた面白いですよ。新旧とりまぜ、お寺の歴史ですから。

禅問答の宗派らしいあり方なのかもしれませんね。節よりも僧侶のほうがたくましく生き抜いたのかもしれませんね。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんにちは。

> かって388人もの僧が修行した所となると、大きな建物なのでしょうね。
> 天上の龍迫力ある画ですね。

たしかに大きな建物であることは間違いがないのですが、388人もの人が一堂に会したのか、半分くらいずつにしたのかわかりません。頂上にある人の有難いお言葉を聞き逃すまいと必死だったことでしょうね。
画伯は市内の十二所に在住されていたようで、縁があったのでしょうね。京都の建仁寺の天井画も画伯の手になるものだそうです。
Re: タイトルなし 
> こんにちわ(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> 今日は私的に非常に面白かったです。千手観音そういえば、EXILE的な感じもする、そんなこと言ったら罰があたりますね。(。>д<)

感じ方は人それぞれでしょうから、それはそれで構わないのではありませんか。

> 苦行像は、なんか、こういう呼吸法あるんでが、お腹がへこんでるのは、食べずに修行してることですね。これも怒られそう。

極限の苦行・禁欲(断食)をしている姿を現しているんだそうです。凡人ではここまで耐えられるとは思いません。

> 竜は、法の雨を降らすという意味あるんですね。だから、天井にかいてあるのか。勉強になりました。m(__)m

そういう考えがあるんでしょうね。知りませんでした。(^_^;)
 
こんばんは!
お写真の中で、釈迦苦行像のお写真が一番インパクトがありました。
一瞬、宇宙人かとメッチャ焦りました(汗)

それと、雲龍の天井図。
どこかで見たことあると思ったら、京都の建仁寺の天井画と
同じ方が描いてるんですね!
ただ、建長寺の天井図の方が色合いが鮮やかな気がします。
こんばんは 
鎌倉五山とその周辺は変化に富んでいて、
面白いですね。足の状態がよくなられたのですね。
外に出るのが、楽しみではないですか。
こんばんは。 
釈迦苦行像は(断食)をしている姿を現しているそうですね、皆を救うと言う
千手観音の前におられるおられると言うのは、
インパクトがありますね、私も少しは断食をしなければ、なかなか食を退ける事は難しいです。
Re: タイトルなし 
> こんばんは!

きみひと@さん、こんばんは。

> お写真の中で、釈迦苦行像のお写真が一番インパクトがありました。
> 一瞬、宇宙人かとメッチャ焦りました(汗)

私は本当のことを言うと、リンカーンに似た顔つきだなあと思いました。
お釈迦様の像だというのに、いい加減にしろってお叱りを受けそうです。

> それと、雲龍の天井図。
> どこかで見たことあると思ったら、京都の建仁寺の天井画と
> 同じ方が描いてるんですね!
> ただ、建長寺の天井図の方が色合いが鮮やかな気がします。

建仁寺法堂の天井画「双龍図」は、あの大きな法堂の天井の大部分を使って描かれていますから、大きさが違いますよね。その分、ごちゃごちゃしていずに、わかりやすい感じかもしれません。
Re: こんばんは 
いどきちさん、こんばんは。

> 鎌倉五山とその周辺は変化に富んでいて、
> 面白いですね。足の状態がよくなられたのですね。
> 外に出るのが、楽しみではないですか。

足の状態はお蔭様で快方に向かいつつあります。ただ、同時並行的に調子の良くなかった気管支の炎症がひどくなり、やや手こずっています。一難去って、また、一難ですね。男の更年期なんでしょうかねえ。
これが克服できると、身体の具合の良くないところが一巡しますので、期待が持てそうです。
Re: こんばんは。 
みこたんさま、こんばんは。

> 釈迦苦行像は(断食)をしている姿を現しているそうですね、皆を救うと言う
> 千手観音の前におられるおられると言うのは、
> インパクトがありますね、私も少しは断食をしなければ、なかなか食を退ける事は難しいです。

これをおらった時には悩んだとは思いますが、法堂のご本尊はでんと構えていて、それ相応の収まり具合になっていますから、これをどけたりすることは恐れ多くて出来なかったことでしょう。

断食は難しいですよね。カトリック信徒も四旬節の期間中に大斎・小斎の日に断食をすることになっています。
そういう日に限って会社でハードな仕事があったりして、空腹で力が出なくて困りました。せめて、少食ぐらいにとどめて、…。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR