散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

北口本宮冨士浅間神社~カチカチ山展望台~相模湖イルミリオン・うるり入浴(4)

カチカチ山展望台にて
ここからは眼下に河口湖の全容が展望できるのと真南の方角に富士山が遮るものなしに臨むことができる。行く直前のTVの旅番組でそうレポートしていたが、その通りだった。富士山はやや雲が視界を遮ったが、これは仕方のないことだ。
河口湖の様子
河口湖だけを俯瞰するなら、もう少し右側からの眺めの方がよさそうだ。しかし、そうすると、富士山の方の眺めが、…。
河口湖の様子_1
河口湖の様子_2
河口湖の様子_3
河口湖の様子_5
富士山の様子
視界を遮る唯一の邪魔者は雲だが、なかなかどいてくれなかった。それに加えて、強烈な逆光。まあ、ある程度以上見えたから良しとしなければいけないところだろうか。
富士山の様子_1
富士山の様子_3
富士山の様子_4
富士山の様子_5
富士山の様子_6
富士山の様子_7
富士山の様子_8
カチカチ山
民話に「カチカチ山」という話がある。あまり強く意識したことがなかったが、よくよく考えると凄い内容の話のようだ。民話では場所がどこかなどはなかった。ところが、太宰治の民話を題材とした短編集「お伽草子」の中の1つ「カチカチ山」で、「富士五湖の一つの河口湖畔、いまの船津の裏山あたりで行はれた事件」とした。そのことから、河口湖と湖畔にある天上山がカチカチ山の舞台として知られるようになったそうだ。太宰の作品は、随分、民話とは内容を異にした作品のようだ。
カチカチ山

河口湖畔駐車場にて
アンソレイユ号の船上から見る富士山も素晴らしいとのことだ。アンソレイユとは、「日当たり良好!」と言う意味だそうだ。真冬の平日なので、気の毒なくらいのお客様しかいないようだ。
アンソレイユ号と河口湖_1
アンソレイユ号と河口湖_2
アンソレイユ号と河口湖_3
一時期、水位が下がって六角堂まで陸続きになってしまったりもしたようだが、昨秋に相次いだ台風の襲来後から水位が上昇しつつあるようだ。
六角堂

Comments

こんにちは 
素晴らしい富士山の眺めですね!
私も冨士山が綺麗に見えるところを探していますが、自宅付近ではなかなか難しいところです。
どうしても建物や電線にひっかかってしまいます^^;
ロープウェイ怖くなかったですか?w
すそ野が絵になりますね 
富士山の写真は、ついその雄姿に目を奪われててっぺん中心の構図が多いのですが、富士山の魅力のひとつはすそ野の美しさなんだと思います。峰の美しい山はほかにもありますが、地平からゆっくり立ち上がる富士山は美しいと思います。すそ野がなだらかに水平になっていく写真、いいですねえ。富士山の魅力がよく分かります。
こんにちわ! 
富士山が見えましたね!
雲がなにもないのも寂しいもので
良い具合の絵になってますね。
ここまで行って見えなかったら悔しいですものね。
見えて私もほっとしました。
しっかし、本当に美しい山ですね。
ロープウェイの窓越しからこれだけクリアに撮れるのですね。お見事です。
 
こんにちわ(*´∀`)

富士山には、雪が積もっているし、雲も少したなびいていていい感じですが、白っぽいですね。お天気が、曇だからですね。

カチカチ山は、中年男と娘のお話だとは、、グリム童話みたいな残酷な話だったょうな、、、

お邪魔しました。
こんにちは。 
カチカチ山から臨む富士山も見応えあったことでしょう。
先日この山の麓は通りましたが、山には登らず、山中湖に直行しました。
河口湖全体を眺められるのもいいですね。
 
こんにちは

富士山は、新幹線の車窓から眺めただけですが、こうして写真を拝見するとやっぱり美しい山だと思います。
特に一枚目の富士山の裾野がなだらかに伸びて行くこの写真がとても美しいと思いました。
やはり富士山は頂上に少し雪を冠った写真が美しいと思います。
こうして写真を拝見いたしておりますと、近くに行ってみたくなりますね。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
でも、富士山が見えただけでもラッキーと
思わなければ・・・
私なんか今日は早朝から、
菜の花と富士山のコラボを撮りに出かけましたが
結局、富士山は見えず菜の花だけの写真で終わってしまいました 泣)
河口湖の写真はロープウェイの線が入らない2枚目が
やっぱりBESTですね♪
 
こんにちは
河口湖、綺麗に撮れてますね。
富士はいつ見ても絵になりますね逆光もそれなりの雰囲気があり
いいものです。カチカチ山・・太宰治の小説は知りませんでした。
泥船に乗って沈んでいくタヌキにイメージは今でも残っていますが
小説は悲しい男の物語・・小説家の創造力はさすが凄いですね。


Re: こんにちは 
モカさん、こんばんは。

> 素晴らしい富士山の眺めですね!

もうちょっと雲が少なめだったら最高だったのですが。でも、1時間前までは殆ど見えなかったと思うので、欲をかいてはいけません。

> 私も冨士山が綺麗に見えるところを探していますが、自宅付近ではなかなか難しいところです。
> どうしても建物や電線にひっかかってしまいます^^;

本当に『あれがなければ、結構いいロケーションなのに』と思うところがあるものの、…。
特に電線は全くの邪魔者ですね。

> ロープウェイ怖くなかったですか?w

当然、非常に怖かったです。よその小さな女の子が至近距離に居たので、ポーカーフェイスを装っていましたが、多分顔面蒼白だったと思います。
Re: すそ野が絵になりますね 
HARUさん、こんばんは。

> 富士山の写真は、ついその雄姿に目を奪われててっぺん中心の構図が多いのですが、富士山の魅力のひとつはすそ野の美しさなんだと思います。峰の美しい山はほかにもありますが、地平からゆっくり立ち上がる富士山は美しいと思います。すそ野がなだらかに水平になっていく写真、いいですねえ。富士山の魅力がよく分かります。

裾野のスラーっとした感じはたしかに富士山ならではのものがありますね。
演習場や樹海等が大きくひるがるのは、素直に凄いなあと思います。
やっぱりこういう景色は良いカメラとレンズとを持っている人には敵いません。そのうち何とかしたいものです。何年も同じことを言っていますが。(^_^;)
Re: こんにちわ! 
aunt carrotさん、こんばんは。

> 富士山が見えましたね!

何とか滑り込みセーフでした。帰り道はもっと雲が取れていったんですが、後方でどうにもなりませんでした。

> 雲がなにもないのも寂しいもので
> 良い具合の絵になってますね。
> ここまで行って見えなかったら悔しいですものね。
> 見えて私もほっとしました。

お蔭様で何とか滑り込みました。(^_^;)

> しっかし、本当に美しい山ですね。
> ロープウェイの窓越しからこれだけクリアに撮れるのですね。お見事です。

殆ど下りてから撮りました。車内からも綺麗に撮れましたが、下りたすぐのところのほうが、余計なものがなくてよかったものですから、落選してしまいました。
Re: タイトルなし 
> こんにちわ(*´∀`)

keicoさん、こんばんは。

> 富士山には、雪が積もっているし、雲も少したなびいていていい感じですが、白っぽいですね。お天気が、曇だからですね。

たぶん、強烈な逆光状態だったからだと思います。雲は見えているところ以外は吹き飛ばされたようです。多分、おひさまが反射しているということもあるのかもしれません。

> カチカチ山は、中年男と娘のお話だとは、、グリム童話みたいな残酷な話だったょうな、、、

民話を基にはしていても、なんといっても文豪太宰治ですから、そのくらいの置換えは当然ありうることでしょう。でも、びっくりしますよねえ。

> お邪魔しました。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> カチカチ山から臨む富士山も見応えあったことでしょう。
> 先日この山の麓は通りましたが、山には登らず、山中湖に直行しました。
> 河口湖全体を眺められるのもいいですね。

私も2-3度くらいしか河口湖に行ったことがなく、かちかち山展望台や北口本宮富士浅間神社は初めてでした。
考えてみれば、山中湖に行きたいとか忍野八海に行きたいとか、いろいろ思惑があって、パスしちゃいがちでした。河口湖の俯瞰はなかなかのものでした。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 富士山は、新幹線の車窓から眺めただけですが、こうして写真を拝見するとやっぱり美しい山だと思います。
> 特に一枚目の富士山の裾野がなだらかに伸びて行くこの写真がとても美しいと思いました。
> やはり富士山は頂上に少し雪を冠った写真が美しいと思います。
> こうして写真を拝見いたしておりますと、近くに行ってみたくなりますね。

末娘が伊豆の国市に嫁いでいるので、ときどき富士山が見える環境に行くことがあります。見えたのがいいんですが、頂上に雪がないときもあったりして、…。冠雪している姿が一番ですね。
一度、伊豆の国市にある葛城山ロープウェイに登って、富士山を見てみたいものです。高所恐怖症の私には見るからに怖そうなのですが。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> でも、富士山が見えただけでもラッキーと
> 思わなければ・・・
> 私なんか今日は早朝から、
> 菜の花と富士山のコラボを撮りに出かけましたが
> 結局、富士山は見えず菜の花だけの写真で終わってしまいました 泣)

あらら、行いの正しいmakiraさんでも、そういう悲しい目にあいましたか。
思うようには行かないものですねえ。

> 河口湖の写真はロープウェイの線が入らない2枚目が
> やっぱりBESTですね♪

河口湖の俯瞰は、転落しそうで顔面蒼白。もうトライしたくありません。
勇気が多少でも残っている間に、葛城山のロープウェイから富士山写真撮影に挑んでみたいものです。リップサービスではありませんが、…。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> 河口湖、綺麗に撮れてますね。
> 富士はいつ見ても絵になりますね逆光もそれなりの雰囲気があり
> いいものです。カチカチ山・・太宰治の小説は知りませんでした。
> 泥船に乗って沈んでいくタヌキにイメージは今でも残っていますが
> 小説は悲しい男の物語・・小説家の創造力はさすが凄いですね。

jskさんは民話の方を確かに覚えておいでのようですね。私は、集中心が著しく欠如していた糞ガキだったようで、恥ずかしながらそんなに恐ろしい話だったとは知りませんでした。もちろん、太宰の話も知りませんでした。こんなことで胸を張ってはいけないのですが。

大作家先生ですからねえ。脚色はお手のものでしょう。
こんばんは 
逆光だったようですが、富士山が
綺麗に見えて羨ましいです^^
かちかち山って本当にあったんですね~~
知りませんでした!
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 逆光だったようですが、富士山が
> 綺麗に見えて羨ましいです^^

心配して、頭が薄くなってしまいました。(笑)
本当は心配しなくても薄いんですが。

> かちかち山って本当にあったんですね~~
> 知りませんでした!

本当かウソか、どうなんでしょうね。この辺にそういう民話があったのかもしれません。
それを大作家先生が独断と偏見とで、『ここだ』って言ったあのかもしれません。
狸とウサギは山に住む動物ですから、これしきの急こう配を私みたいに怖がったりしませんよね。「

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR