散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

松井秀喜ベースボールミュージアム

ホテルに入る前に松井秀喜ベースボールミュージアムに寄ってみた。直前に巨人のキャンプの臨時コーチを仰せつかって、大荷物を抱えて帰省していたようだ。裏の自宅で寛いでいたのかもしれない。

ミュージアム外観
ミュージアム外観
前庭のある少年時の銅像は右打者のものだった。もともとは右利きだったんだ。
前庭のある少年時の銅像
こちらは証拠の写真だ。
証拠の写真
こんなユニフォームを着てプレイしたんだ
こんなユニフォームを着てプレイしたんだ
人格的に優れた青年というイメージだなあ
人格的に優れた青年というイメージだなあ
物凄い戦績を誇っていたんだなあ
物凄い戦績を誇っていたんだなあ
こんなごつい顔の強打者と対峙したら、相手投手はビビること間違いなしだろうなあ
こんなごつい顔の強打者と対峙したら
松井のお母さんはなかなかの美人だった
松井のお母さんはなかなかの美人だった
こういうのはお互いのために交換し合うものなのだろうか
お互いのために交換し合うものなのだろうか_1
お互いのために交換し合うものなのだろうか_2
ヤンキースタジアム最終戦で使用したもの
ヤンキースタジアム最終戦で使用したもの
ヤンキースタジアムの松井のロッカー。実物だそうだ。改装時に払い下げてもらったものとのこと。ミュージアムに展示すべく準備していたのだろう。
松井のロッカー
チャンピオンリングほか
チャンピオンリング_1
チャンピオンリング_2
MVPトロフィーほか
MVPトロフィー_1
MVPトロフィー_2
グローブはまだしもスパイクは異様に大きい
グローブ
スパイクは異様に大きい
ドラフト指名時
ドラフト指名時_1
ドラフト指名時_2
ゴールデングラブって、本当に金色をしているんだ
ゴールデングラブ
名球会
名球会
国民栄誉賞
国民栄誉賞_1
国民栄誉賞_2

Comments

ゴールデングラブ 
 単純に名誉賞の名称だと思っていたら、こういうグラブをもらっていたのですね。僕も初めて知りました。へえ~でした。AzTakさんは、野球がお好きなんですか。もち、Gですよね。こっちはT以外は選択肢がありませんが(笑)。
AzTakさん 
おはようございます

松井秀樹ミュージアム!
是非行って見たいですね。
有名選手のサイン入りバットなども見たいです。
若いのにたいした人格者。
ムカシ名古屋にいた時、試合がある時は周に3、4回通いましたよ。
モチロン中日を応援しましたが、野球そのものが面白かったですね。
ファインプレーは誰がやってもファインプレー
Re: ゴールデングラブ 
HARUさん、こんにちは。

>  単純に名誉賞の名称だと思っていたら、こういうグラブをもらっていたのですね。僕も初めて知りました。へえ~でした。AzTakさんは、野球がお好きなんですか。もち、Gですよね。こっちはT以外は選択肢がありませんが(笑)。

ゴールデングラブには正直驚きました。
カップやトロフィーは数限りなくありましたので、さすがに撮る気が失せました。
そして完全に失念したのですが、松井の膝のガードプロテクタはものすごいものでした。あんなごついものをしなくてはプレーできなかったなんて、通常だったら歩行も困難なほどの大怪我だったのでしょう。私の怪我くらいで『痛い、痛い』などといっていては申し訳なくなるくらいでした。
祖父が中学野球(現在の高校野球)やノンプロの監督をしていたので、プロ野球中継は祖父の解説付きで見せられました。殆ど例外なしに当たるんです。昔の野球は非常に単純だったんですねえ。野村克也のようなこすからいやつが出てきて、少し複雑になっていったようです。面白くもなくなっていったように思います。
自宅周辺には、歩いて15分以内のところに相当数の巨人OBが住んでいますが、GもTもあまり応援していません。ブラック&ワンマン経営者が君臨するRも應援していません。
気に入った選手を見つけては応援する程度です。
松井秀喜は素晴らしい青年だと聞いていたので、どんな感じなのか関心があったのです。
Re: AzTakさん 
> おはようございます

のんびり熊さん、こんにちは。

> 松井秀樹ミュージアム!
> 是非行って見たいですね。
> 有名選手のサイン入りバットなども見たいです。
> 若いのにたいした人格者。

すぐ見終わってしまうほどの規模でしたが、行ってよかったと思いました。一流になろうとする選手は子供の頃から心構えが違うものなんですねえ。

> ムカシ名古屋にいた時、試合がある時は週に3、4回通いましたよ。
> モチロン中日を応援しましたが、野球そのものが面白かったですね。
> ファインプレーは誰がやってもファインプレー

後楽園球場の頃の巨人-中日戦は面白かったですよ。野球そのものよりも中日側からのえげつない声援が。
野次られやすいキャラクタの中畑キヨシ選手などがいましたからねえ。
最近は中日も巨人も真面目で強い球団になってしまって、番狂わせが少なくなりましたねえ。
こんにちは 
松井秀樹ミュージアムですか、初めて知りました

少年時代はゴジラではなかったのですね”爆”

国民栄誉賞の審査基準は・・・
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 松井秀樹ミュージアムですか、初めて知りました

根上町にあるんだと思っていましたが、平成の大合併で能美市根上町になっていました。
田んぼの真ん中にありました。

> 少年時代はゴジラではなかったのですね”爆”

かわいい顔の少年だったようですね。やっぱり高校生のころが一番ワイルドでストイックな表情のように思えました。

> 国民栄誉賞の審査基準は・・・

私にわかるわけがありません。基準があって無きが如しなのでは。
頭のいい人のようなので、これからも活躍するのではないかと思います。
こんにちは。 
タイシタヤッチャ~ですね。
天才かそれとも努力家か?
恵まれた体格・指導者・努力いろいろの要素があって大成したのでしょうね。
私もG党でしたが、惜しまれるのはWBCに出なかったこと。
いろいろ事情があったかと思いますが、日本人として出て欲しかった。
個人的にWBCに出なかったことで応援は止めました。
興味深い展示 
巨人時代の松井は阪神フアンにとり
宿敵でしたが、メジャーリーグに移ってからは
日本人プレイヤーとして応援するようになりました。

特に2009年のワールドシリーズでの活躍により
ヤンキースの優勝そしてMVPを獲得
見ていて大興奮でしたね。

ミュージアム 豪華な建物ですね
記念の野球道具が手に取るようにわかり
楽しめました。

一度は行ってみたいです。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> タイシタヤッチャ~ですね。
> 天才かそれとも努力家か?
> 恵まれた体格・指導者・努力いろいろの要素があって大成したのでしょうね。

そうですね。

> 私もG党でしたが、惜しまれるのはWBCに出なかったこと。
> いろいろ事情があったかと思いますが、日本人として出て欲しかった。
> 個人的にWBCに出なかったことで応援は止めました。

いろいろ事情があったんでしょう。まあ、選手を辞めた後も社会人として立派な人物になるといいなと思います。
Re: 興味深い展示 
花咲かじいさん様、こんばんは。

> 巨人時代の松井は阪神フアンにとり
> 宿敵でしたが、メジャーリーグに移ってからは
> 日本人プレイヤーとして応援するようになりました。

憎き対象を応援するようになるには、相当な心理的な抵抗があったのでは。
日本を代表するプレーヤーでしたから、日本人としては応援しないわけにはいきませんよね。
私もノンプロ時代応援した内海、榎田、美馬がプロになっていますので、応援するのが非常に複雑な感じです。

> 特に2009年のワールドシリーズでの活躍により
> ヤンキースの優勝そしてMVPを獲得
> 見ていて大興奮でしたね。

そうでしたね。あのときは興奮しました。
それよりも、あのチャンピオンリングの大きさにはびっくり。相当に高そうです。

> ミュージアム 豪華な建物ですね
> 記念の野球道具が手に取るようにわかり
> 楽しめました。

カップやトロフィーなどはあまりに多すぎて大幅省略しました。というか、一切撮りませんでした。松井家は一切の記念品を大事に保管していたんですね。大したものです。

> 一度は行ってみたいです。

野球好きなら、見てみる価値があるかもしれませんね。まあ、ついでがあるときは、という但し書きが付きますが。
 
松井秀樹ミュージアムの名前は聞いたことがありますが
中はこんな風になっているんですね。
松井ファーンにはたまらないでしょうね。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 松井秀樹ミュージアムの名前は聞いたことがありますが
> 中はこんな風になっているんですね。
> 松井ファーンにはたまらないでしょうね。

そうなんでしょうね。小泉さんと談笑する彼は、礼儀正しい好青年そのものという感じでした。
ヤンキースのチームメートにも好かれた人間性を見聞きし、どんな育ち方をしたのか興味がわきました。絶対なれはしませんが、松井と対戦する投手になったとしたら、打席に入った途端にビビってしまうでしょう。そして、絶対ここにだけは投げてはいけないというところにモロに投げ込んでしまいそうです。
そういう風格があるように感じました。
上の階は展示待ちの品物の保管場所になっているような感じです。
 
こんにちは
松井ミュージアム・・小松にあるんですね。彼も時代を生きたスパースターですね。
野球はあまり見ていませんが、当時のスイングの速さは驚異的でした。
私は柔道を少ししていましたが、選手養成に右ききを左に変える話は同様によく聞きました。
野茂くらいからですか、日本人の米国での活躍は、とても楽しいものです。
後半は怪我が多かったようですが、十分な活躍だったと思います。
イチロー~ダルビッシュと続き楽しみです。

Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんにちは。

> 松井ミュージアム・・小松にあるんですね。彼も時代を生きたスパースターですね。
> 野球はあまり見ていませんが、当時のスイングの速さは驚異的でした。

まあ、スイングが早くないと球筋の見極めができないうちに起動しなくてはならず、当たればよいのでしょうが確率的には低くなってしまうでしょう。スイングスピードが早いことは何よりも貴重なことなんでしょうね。

> 私は柔道を少ししていましたが、選手養成に右ききを左に変える話は同様によく聞きました。
> 野茂くらいからですか、日本人の米国での活躍は、とても楽しいものです。
> 後半は怪我が多かったようですが、十分な活躍だったと思います。
> イチロー~ダルビッシュと続き楽しみです。

膝の装具は凄いものでした。普通の体力ではあの怪我じゃ歩くことさえ普通にできないほどだったと思います。
それなのに、野球を続けていたのですから凄いものです。もう少し万全な身体でやらせてあげたかったものです。

jskさんは、愛知のどこで柔道をやっていたんですか?私も一応、地元の名門進学校に柔道で誘われたのですが、柔道のキャリアはそこまででした。県内の同学年に山下をカニバサミで骨折させた遠藤がいました。彼を打ち負かすことはできない(当たり前すぎる話です)と諦めたんです。私は柔道などやりたくなく、福島を逃げ出しましたが。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR