散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

金沢市にて(6)

長町武家屋敷跡(その2)

野村家 - 前田家重臣野村伝兵衛信貞の屋敷(その1)
天正十一年(1583)藩祖前田利家が金沢城に入城して、加賀百万石の基礎が築かれたのである。直臣として従った野村伝兵衛信貞家は、禄高千石から千二百石と累進して、代々を御馬廻組々頭、各奉行職を歴任し、この地に千有坪(三千平方米余)の屋敷を拝領し、家督は十一代にわたって、明治四年の廃藩に至った由緒ぶかい家柄である。武家制度の解体により野村家もいくたびか住人を変えたが、土塀、古木、曲水の一部を残しその後、加賀大聖寺藩の傑商久保彦兵衛が天保十四年(1843)建立の、藩主を招いた豪邸の上段の間、謁見の間を移築して現在に至っている。
 ++++++++++++++++++++++++++++++
2009年にミシュランの観光地格付けにて2つ星に選ばれ、また過去には米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌の日本庭園ランキングで第3位に選ばれるなど、海外からも高い評価を受けています。
1位は島根県の足立美術館、2位は京都の桂離宮です。
 ++++++++++++++++++++++++++++++
その後の武家制度の崩壊により、その野村家のお屋敷と庭園には紆余曲折が待っていました。この周辺の多くは菜園になったそうで、野村家当時の屋敷も古木、曲水など庭園の一部を残して取り壊されて分割されてしまったのだとか。しかし、昭和の初期に加賀の支藩・大聖寺藩下橋立村の北前船の船主・久保彦兵衛の豪邸の一部が移築され、現在に至っているそうです。移築されたのは藩主を招いた「上段の間」と「謁見の間」。格式を感じる上品な装飾が施され、総檜造りの天井や江戸時代のギヤマン(ガラス)入り障子戸などに歴史を感じます。


玄関
玄関_1
玄関_2
玄関_3
玄関_4
野村伝兵衛着用の甲冑
末森城後詰めで馬廻り衆野村伝兵衛は一番槍を果たし、利家公に感謝され、戦国の加増を受けたとのこと。藩の違いはあるものの我が先祖様と同じような取り立てられ方だ。
野村伝兵衛着用の甲冑
玄関の飾り
玄関の飾り
屋敷内の様子
屋敷内の様子_1
屋敷内の様子_2
屋敷内の様子_3
屋敷内の様子_4
屋敷内の様子_5
屋敷内の様子_6
屋敷内の様子_7
屋敷内の様子_8
屋敷内の様子_9
屋敷内の様子_10
屋敷内の様子_11
屋敷内の様子_12
屋敷内の様子_13

Comments

おはようございます。 
このこじんまりしたお庭が、日本庭園ランキングなんですか。米国人好みなんでしょうか。足立美術館の庭園はしっかり納得ですが、このお庭というのはちょっと意外でした。
さりげなく飾られた花や、花器には目が行きます。ほっとします。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
日本庭園ランキングで第3位ですか!
足立美術館の庭園ほどは広くないにしても
結構な広さはあるのでしょうね?
それとも日本風にコンパクトにたくさん詰まった
庭園なんでしょうか?
甲冑や透かし彫り、仏壇等に時代を感じさせますね!
Re: おはようございます。 
HARUさん、おはようございます。

> このこじんまりしたお庭が、日本庭園ランキングなんですか。米国人好みなんでしょうか。足立美術館の庭園はしっかり納得ですが、このお庭というのはちょっと意外でした。

玄関と庭くらいが野村家のオリジナルのもので、次回ちょっと触れますが、上段の間や謁見の間などは北前船の豪商の持ち物を移築したようです。屋敷全体としては、あまり言いたくありませんが、歴史的価値は薄いと思いました。
それよりも、このランキングですが、酷いランキングですね。確かに大野庄用水を引き込んでこじんまりとうまく作られてはいますが、素敵な庭園程度にしか見えませんでした。そのとき調べた庭園の数が十未満程度だったのではと思ってしまったのですが、うがちすぎでしょうか。
モンドセレクション受賞と言うのと同じくらいのレベルかな。

> さりげなく飾られた花や、花器には目が行きます。ほっとします。

本当に、中堅武士階級ではこれでもやりすぎくらいだと思います。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 日本庭園ランキングで第3位ですか!
> 足立美術館の庭園ほどは広くないにしても
> 結構な広さはあるのでしょうね?
> それとも日本風にコンパクトにたくさん詰まった
> 庭園なんでしょうか?

写真の通りのかなり狭い庭園です。それなりに素敵だとは思いますが、…。
米国の雑誌なんて、本国意外ではランキングもかなり杜撰な選定だったのかもしれません。

> 甲冑や透かし彫り、仏壇等に時代を感じさせますね!

あれは野村家のものなんでしょう。が、次回取り上げるものは、北前船の豪商のものを移築したもので、それは確かに見事なんですが、中堅武士の屋敷に超豪華な部屋を移築したって、…。何故かちぐはぐな感じが否めません。昔はこんなところもあった、程度のものなんでしょう。
 
雪釣りの施された庭に金沢らしさが出ていますね。
百万石の内の千二百石!それでもいい位だったのでしょうね。
石も簡単には切り出せない、全てお殿様の物、江戸時代の封建制度ですね。
 
今でもその風格が残されて見ることができる貴重な財産ですよね。
足立美術館は15年ほど前に行ったことがあります。
すっごく綺麗な庭で美術館より庭園の印象が残っています。
こんにちは 
外国人好みの庭園なんですね。
苔生した岩がいい味わいですね^^
襖はガラス越しなんですね~
維持するには良いのかもしれませんが風合いが分かりにくくちょっと残念ですね。

 
こんにちわm(__)m

襖の絵とか凄いですね。ひとつしかない絵なのだとおもいますが、、。直に描いたのか、凄いです。

欄間の彫り物も牛ひ人が見事ですね。また、習字も素敵だなと思いました。最後の掛け軸が、反転したような絵で面白かったです。
お邪魔しました。m(__)m
Re: タイトルなし 
masaさん、こんにちは。

> 雪釣りの施された庭に金沢らしさが出ていますね。
> 百万石の内の千二百石!それでもいい位だったのでしょうね。
> 石も簡単には切り出せない、全てお殿様の物、江戸時代の封建制度ですね。

小さな庭ですが、それなりに丹精込めて作り上げた庭だったと思います。これだけは、野村家のものだったのは間違いのないことです。
千二百石ですから、実質は相当に目減りしていたにせよ、それなりの家格だったと思います。
ですが、維新でそうした生活は瓦解してしまいます。
維新後、生活のために屋敷を取り壊し、庭だけは残した物の、その他は畑にしていた時代があったようです。所有者もだいぶ変わり、最終的には大聖寺の豪商のところにあった2間を移築したとか。だから相当に変な感じなんです。これだけ見たら家老の屋敷かと勘違いしそうです。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんにちは。

> 今でもその風格が残されて見ることができる貴重な財産ですよね。

そうなんですが、この屋敷は、野村家+久保家の屋敷というべきなんでしょうね。加賀藩の中堅武家の屋敷にしては立派過ぎます。どうしてこんなふうにしたのか、私にはわかりかねます。
凄く立派な屋敷を見せたい気持ちはわからないでもないのですが。

> 足立美術館は15年ほど前に行ったことがあります。
> すっごく綺麗な庭で美術館より庭園の印象が残っています。

私は映像で何度か見ました。素晴らしいようですね。
Re: こんにちは 
モカさん、こんにちは。

> 外国人好みの庭園なんですね。
> 苔生した岩がいい味わいですね^^

箱庭という感じです。ああいうのが外国人の好みなんでしょうか?

> 襖はガラス越しなんですね~
> 維持するには良いのかもしれませんが風合いが分かりにくくちょっと残念ですね。

本当にそうですね。ああいうのは初めてです。触られないようにするなら柵でも手前に置けばいいかもしれませんが、如何せん手狭なんでしょうね。
Re: タイトルなし 
> こんにちわm(__)m

keicoさん、こんにちは。

> 襖の絵とか凄いですね。ひとつしかない絵なのだとおもいますが、、。直に描いたのか、凄いです。
>
> 欄間の彫り物も牛をひく人が見事ですね。また、習字も素敵だなと思いました。最後の掛け軸が、反転したような絵で面白かったです。
> お邪魔しました。m(__)m

次回言及しますが、めぼしいものは北前船で財を成した傑商久保彦兵衛の持ち物のようです。
反転させた絵は、玄奘法師像のようです。西遊記の世界ですね。
野村家では素晴らしい庭を作るのが精一杯、維新後は没落してしまったのでしょう。
AzTakさん 
こんにちは

丁寧な雪釣り職人の仕事を思わせます。
玄関の真拍の盆栽はいいですね~
活花もいいです。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 丁寧な雪釣り職人の仕事を思わせます。

どこも綺麗なできばえでした。地域の伝統になっているんでしょうね。大から小まであらゆる樹木に雪吊りが施されていました。よほど重たい雪なんでしょうね。

> 玄関の真拍の盆栽はいいですね~
> 活花もいいです。

あれは真柏なんですか。いいものですねえ。
 
AzTakさま こんばんは

金沢巡り、次々と素晴らしい写真がアップされて楽しませていただいております。

さすが加賀100万石の城下町は素晴らしいですね。
日本庭園も雪吊が施され、雪国らしい風情が感じられます。
日本庭園ランキング第3位なんですか・・・・
実際に見ていないので何とも言えませんが、ちょつと驚きました。
やはり外人さんと日本人との感性の違いなのでしょうか?
足立美術館の庭園や桂離宮の庭園は理解できるのですが・・・・・
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんばんは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 金沢巡り、次々と素晴らしい写真がアップされて楽しませていただいております。

駆け足の手抜きの観光なので、恐縮です。本当の金沢はもっと素晴らしいところが一杯あるのかと思います。

> さすが加賀100万石の城下町は素晴らしいですね。
> 日本庭園も雪吊が施され、雪国らしい風情が感じられます。
> 日本庭園ランキング第3位なんですか・・・・
> 実際に見ていないので何とも言えませんが、ちょつと驚きました。
> やはり外人さんと日本人との感性の違いなのでしょうか?
> 足立美術館の庭園や桂離宮の庭園は理解できるのですが・・・・・

あの庭園は、それなりに見ごたえのあるものではありますが、あれが日本で第3位かといわれると、ちょっと異論を唱えたくなってしまうと思います。私もそう思う一人です。外国誌の企画なので調査サンプルをどのくらいとったかすらもわかりません。
モンドセレクションくらいの価値なんでしょうかね。
立派な庭がある、くらいの理解で如何でしょうか。
 
こんばんは~
戸室石、昔は一般の人が使用できない石なんてあったんですね。
そう言われてよく見ると、他の石とは雰囲気が違うように見えてきます。
それとお写真の仏壇、うちにある仏壇とそっくりなんで驚きました(汗)
うちの仏壇は、貼ってある金箔なんかは大分剥がれてしまいましたが、昔はお写真のような仏壇でした。
Re: タイトルなし 
> こんばんは~

きみひと@さん、こんばんは。

> 戸室石、昔は一般の人が使用できない石なんてあったんですね。
> そう言われてよく見ると、他の石とは雰囲気が違うように見えてきます。

いい石だったんでしょうが、若干脆さがあるようです。兼六園の雁行橋も赤戸室石でできていますが、通行禁止扱いになっていますから。

> それとお写真の仏壇、うちにある仏壇とそっくりなんで驚きました(汗)
> うちの仏壇は、貼ってある金箔なんかは大分剥がれてしまいましたが、昔はお写真のような仏壇でした。

金沢仏壇なんでしょうね。蓮如上人の北陸巡化によって浄土真宗が庶民の間に非常に深く根が下されている事。一つは三代藩主前田利常によって整備され、五代綱紀によって完成された細工所によって優秀な工芸技術家が大勢育った事で金沢仏壇が繁栄したようです。
京都は蓮如の流れをくむ東本願寺も西本願寺もありますから、仏壇も似たものになったのかもしれませんね。
こんばんは 
ここって日本庭園ランキングの第3位なんですか!
庭園が大好きな僕ですが、ベスト3、どこにも行けておりません(^^;
行ってみたいな~~
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> ここって日本庭園ランキングの第3位なんですか!

アメリカの雑誌が勝手につけたランキングでの話のようですが。

> 庭園が大好きな僕ですが、ベスト3、どこにも行けておりません(^^;
> 行ってみたいな~~

ここは庭園というほどのものではありません。坪庭程度です。が、なかなか凝った庭であることは間違いがありません。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR