散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

金沢市にて(4)

兼六園
この後、どうしても長町武家屋敷跡を見たかった。ということは金沢きっての繁華街である香林坊へ向かうので、途中の道路混雑も予想された。ということで兼六園はめぼしいところのみを駆け足で見ることにした。

入り口付近
年末年始は無料開放が実施されていた。
入り口付近_1
入り口付近_2
入り口付近_3
入り口付近_5
入り口付近_6
入り口付近_7
噴水
水源である霞ヶ池との高低差の水圧のみで噴出させているんだ。最初にこういう仕掛けを見た人たちはびっくり仰天下かもしれない。
この噴水は霞ヶ池を水源とし、池の水面との高低差による自然の水圧であがっています。水の高さは約3.5mあり、霞ヶ池の水位の変化によって変わります。藩政末期、金沢城内の二ノ丸に水を引くため試作されたものと伝えられています。日本で最古の噴水であると言われています。
噴水
黄門橋
滑らないように菰が敷かれてあった。雪がまったくないと雪吊りと同様に大げさなという感じに見えてしまった。
黄門橋
雁行橋
11枚の赤戸室石を使用し、雁が夕空に列をなして飛んでいく様をかたどった「雁行橋」。石の一枚一枚が亀の甲の形をしていることから「亀甲橋」とも言われ、この橋を渡ると長生きするとされてきましたが、現在は石の磨耗が著しいため、通行できなくなっています。
雁行橋
霞ケ池
この池の水源は辰巳用水からまかなわれている。辰巳用水は犀川からの取水なので、水源は犀川ということになる。
城の辰巳[たつみ](東南)の方角、犀[さい]川上流に水源を求め、約四キロメートルのトンネルで導水、開水路を経て兼六園の霞ヶ池に貯水する。さらに、驚くべきことに、そこから地下の導水管を使ってサイフォンの原理により、白鳥堀から内堀へと上げ、さらに高い位置にある城中二の丸まで揚水していた。
 ++++++++++++++++++++++++++++++++
兼六園のほぼ中心部に位置する、園内で最も大きな池。面積は約5800平米、深さは最も深いところで1.5mあります。栄螺山、内橋亭、徽軫灯籠、虹橋、唐崎松、蓬莱島などの名勝がこの霞ヶ池の周辺に配され、廻遊しながら四季折々の庭景を楽しめるよう配慮されています。

霞ケ池_1
霞ケ池_2
徽軫灯籠(ことじとうろう)
霞ヶ池の北岸に配された兼六園を代表する景観です。徽軫灯籠は足が二股になっていて、琴の糸を支える琴柱(ことじ)に似ているのでその名が付いたと言われています。この灯籠は水面を照らすための雪見灯籠が変化したもので、高さは2.67m。かたわらのモミジの古木、曲水に架かる虹橋と一体となって優れた風景を醸し出しています。
徽軫灯籠(ことじとうろう)_1
徽軫灯籠(ことじとうろう)_2
徽軫灯籠(ことじとうろう)_3
内橋亭(うちはしてい)
かつて蓮池庭内にあった四亭の一つで、霞ヶ池の西南岸に設けられた水亭。蓮池馬場の馬見所に建てられていたものを、明治7年(1874)、現在の場所に移築しました。栄螺山のうっそうとした樹々を背景に、石脚で支えられたこの亭は、まるで水面に浮かんでいるような印象を与えます。
内橋亭_1
内橋亭_2
内橋亭_3
唐崎松(からさきまつ)
13代藩主・斉泰(なりやす)が近江八景の一つ、琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てた黒松。兼六園のなかで最も枝ぶりの見事な木です。雪の重みによる枝折れを防ぐため、冬にほどこされる雪吊りは兼六園ならではの風物詩。他の庭園では見られない、趣深い風情を紡ぎだします。
唐崎松_1
唐崎松_2
栄螺山(さざえやま)
こちらは足が不調のため登ることができなかった。ちょっとした俯瞰がきき、写真もうまく撮れたかもしれない。残念だ。
13代藩主・斉泰(なりやす)が霞ヶ池を掘り広げたときの土を利用してつくった築山。高さ9m、周囲約90mで、山頂に「避雨亭(ひうてい)」と呼ばれる御亭(おちん)を配しています。頂上へ登る道は、時計回りでぐるぐるとうずを巻き、まるで栄螺の殻を思わせることからこの名が付きました。
栄螺山_1
栄螺山_2

重要文化財石川門
見えたので、ついでに写真を撮った。
石川門は金沢城三の丸搦手門で、石川郡方向に向いている為、名づけられたと云われています。金沢城にとって重要な門の1つで櫓門、2重櫓、多聞櫓、表門、南北の太鼓塀が枡形で構成され、櫓や櫓門には石落し、1間ごとに鉄砲狭間が設けています。金沢城は雪国ということもあり屋根には鉛で被覆した瓦(鉛瓦)が使用され、雨や雪が当る腰壁には平瓦の目地を漆喰で固めた海鼠壁が採用されました。又、100万石の大大名の格式と威厳を示す為、唐破風や入母屋破風の出窓などを随所に設置し実践的かつ秀麗な建物になっています。石川門は前田利家が金沢城に入った時にすでに建てられていたそうですが宝暦9年(1759)の大火により焼失し、天明8年(1788)に再建されました。現在の石川門は再建当時のもので、金沢城に残る数少ない遺構として昭和25年に国指定重要文化財(旧国宝)に指定されています。
重要文化財石川門_1
重要文化財石川門_2
重要文化財石川門_3

Comments

 
こんばんわ
兼六園・・懐かしいですね。日本最古?の噴水、例の灯篭・・池の内橋亭・・
そうですね、雪が全くない状態の雪つりは・・でもそれなりの風情はありますね。
若いころ3回くらい行きました。1度は柔道の合宿で御世話になりました。写真は全く残っていません。
懐かしい風景・・ありがとうございます。
おめでとうございます 
AzTakさん あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします
新年訪問が遅れ申し訳ありません
年末年始は加賀温泉~金沢で過ごされたのですね!
冬の日本海はご覧になられましたか?
いつも鉛色の空と荒れ狂う波濤なんです!
加賀温泉はまだ行ったことはありませんが、
金沢には何度か行っています!
兼六園は懐かしい場所です♪
アップの1枚1枚にを思い出と重ね合わせて
見せていただきました♪
ありがとうございます♪
 
おはようございますm(__)m

内橋亭は、したの柱が、なんとも覚束ない?!感じで大丈夫なのかな?とか思いました。でも、とても素敵な庭園ですね。
雪つりも、たくさんしてあって、凄いですね。雪が降ったら、縄のところに積もるんでしょうか?
亀名前の橋は、わたってみたいですが、危ないから、わたれないんですね。
修復されてるでしょうが、最古の噴水があるなんて随分古い庭園なんでしょうね。
こんにちは。 
兼六園もやはり雪がありませんね。
正月休みに行こうと思っていたのですが、雪を被った雪釣りの様子が見たく、今回は断念しました。
雪の情報を見ながら訪問したいと思っています。
この時期も訪問されている人が相変わらず多いですね。
 
AzTakさま こんにちは

今年のお正月はゆっくり温泉に浸かり、金沢市内を観光できて羨ましいです。

お正月は全国的に暖かく穏やかな日が続き、金沢も雪もなく穏やかだったようですね。

兼六園はお正月は無料開放なのですか・・・・

兼六園の名物の冬にほどこされる雪吊りの様子は趣がありとても風情が感じられます。

私も一度訪れたことがありますが、とても綺麗な庭園でした。
こんにちは 
雪吊りのある景色いいですね~
昨年は富山にいたので懐かしく思いました。
でも 本当に雪が全くないですね!
お正月頃は雪が降り積もって子達と雪だるまを作った記憶があります。
Re: タイトルなし 
> こんばんわ

jskさん、こんばんは。

> 兼六園・・懐かしいですね。日本最古?の噴水、例の灯篭・・池の内橋亭・・
> そうですね、雪が全くない状態の雪つりは・・でもそれなりの風情はありますね。

少しくらいは雪が残っていないかと期待したんですが、ずっと雨でしたから綺麗さっぱり雪がありませんでした。まあ、これから必ず雪が降り、積もるでしょうから。

> 若いころ3回くらい行きました。1度は柔道の合宿で御世話になりました。写真は全く残っていません。
> 懐かしい風景・・ありがとうございます。

jskさんも柔道をやられていたんですか。私もちょっとだけやっていましたが、黒帯になってすぐやめてしまいました。まったくの根性無しです。(^_^;)
こんばんは 
 兼六園といえば雪吊りですね。僕は、冬期の兼六園は知らないので、しっかり拝見しました。庭園の説明もていねいにしていただいて、駆け足散策の記憶しかない僕にはとても新鮮でした。同じ観光地散策でも趣味や個性が出ますね。次の武家屋敷もすっぽかしていますので、楽しみです。
 
 
AzTakさん 
こんばんは
この時期に何回か行ってますが、雪の無い兼六園の雪つりもまたいいものですね。
冬の金沢で飛ぶきりの寿司が旨かったです。
また行きたいな
Re: おめでとうございます 
> AzTakさん あけましておめでとうございます
> 本年もよろしくお願いいたします

makiraさん、こんばんは。そして明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い板します。

> 新年訪問が遅れ申し訳ありません

もしかしたら、箱根まで校旗を持って応援に行っていたりしたのでは。
シードは取れたものの、5区のブレーキで優勝争いに絡むところまでは行かず、少々残念だったのではありませんか。

> 年末年始は加賀温泉~金沢で過ごされたのですね!
> 冬の日本海はご覧になられましたか?
> いつも鉛色の空と荒れ狂う波濤なんです!

そうですね。最初に行ったのは高2の北陸一周の修学旅行でしたが、その時は夏だったので、それほど凄いとは思いませんでした。今回は、ちょっと晴れたと思ったら、すぐ曇ってしまい、少し経つと雨が降る。その繰り返しでした。海は結構荒れていましたね。

> 加賀温泉はまだ行ったことはありませんが、
> 金沢には何度か行っています!
> 兼六園は懐かしい場所です♪
> アップの1枚1枚にを思い出と重ね合わせて
> 見せていただきました♪
> ありがとうございます♪

加賀温泉郷はいろいろ温泉があるようです。私の泊まったホテルは、温泉の効能書きには柴山温泉とかかれてありました。柴山潟のほとりに湧きだす温泉だからなんでしょう。足が痛かったので、温泉プールと温泉に入るだけの毎日でした。
ホテルがかなり大きくて、端の方の部屋で、朝食会場まではかなり歩かねばならなく、最初の頃はそれだけでも大変でした。
兼六園は時間の関係で大幅に間引いて廻りました。写真を撮ったところ以外は廻っていません。(^_^;)
もう少し丁寧に廻ればよかったですね。

Re: タイトルなし 
> おはようございますm(__)m

keicoさん、こんばんは。

> 内橋亭は、したの柱が、なんとも覚束ない?!感じで大丈夫なのかな?とか思いました。でも、とても素敵な庭園ですね。

そうですね。

> 雪つりも、たくさんしてあって、凄いですね。雪が降ったら、縄のところに積もるんでしょうか?

そのようですよ。でもかすかに付く程度で、その多くはやはり木に積もります。雪吊りがないとかなり折れてしまうものと思います。

> 亀甲橋は、わたってみたいですが、危ないから、わたれないんですね。
> 修復されてるでしょうが、最古の噴水があるなんて随分古い庭園なんでしょうね。

危ないと言うほど深くはないのですが、危ないのは石の方で人がふざけてジャンプでも使用物なら歩きっと折れてしまうのかもしれません。
最古の噴水は、兼六園の池の水を逆サイフォン方式で金沢城に送っているのですが、それがうまく行くか、実験をした区壮大な実験装置だったそうです。うまくいったので、金沢城の水のやりくりが飛躍的に楽になったのではないかと思います。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 兼六園もやはり雪がありませんね。

そうですね。年末年始、ずっと雨ばかりだったので、さすがに雪は融けてしまっているだろうなと覚悟していましたが、大当たりでした。こういうのは大外れの方がいいのですが。

> 正月休みに行こうと思っていたのですが、雪を被った雪釣りの様子が見たく、今回は断念しました。
> 雪の情報を見ながら訪問したいと思っています。
> この時期も訪問されている人が相変わらず多いですね。

香林坊はものすごい人出でした。こちら兼六園は、年末年始が無料になると言うので、香林坊に来たついでに足を伸ばした方が多かったのでは。雪があるときは滑らない靴でないと大変でしょうね。雪があれば、もしかしたら近くにいたかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 今年のお正月はゆっくり温泉に浸かり、金沢市内を観光できて羨ましいです。

毎年こんな風ではありません。今年は特別でした。

> お正月は全国的に暖かく穏やかな日が続き、金沢も雪もなく穏やかだったようですね。

穏やかだったのですが、観光客の無責任な感想を言わせてもらえば、若干の雪がほしかったです。雪吊りに雪がないなんて、…。

> 兼六園はお正月は無料開放なのですか・・・・

そうだったんですよ。有難いことで。未だに理由がわからないのですが、ルーブル美術館でも無料開放の日にぶつかったことがあります。宝くじには当たったことはありませんが、この程度のツキはあるようです。

> 兼六園の名物の冬にほどこされる雪吊りの様子は趣がありとても風情が感じられます。

雪があれば最高だったのに。残念なことでした。

> 私も一度訪れたことがありますが、とても綺麗な庭園でした。

そうですね。
Re: こんばんは 
HARUさん、こんばんは。

>  兼六園といえば雪吊りですね。僕は、冬期の兼六園は知らないので、しっかり拝見しました。庭園の説明もていねいにしていただいて、駆け足散策の記憶しかない僕にはとても新鮮でした。同じ観光地散策でも趣味や個性が出ますね。次の武家屋敷もすっぽかしていますので、楽しみです。

どういうわけか、兼六園は、手抜きの見て廻りになることが多いようですね。(^_^;)
再訪する確率が他より高いとか、映像・写真などで紹介される機会が多いから、時間がないときには犠牲にされてしまうんでしょうね。もったいないことですね。
写真上級者向きの庭園で、私如きが撮ると撮影意図がどこにあるのかわからない感じになってしまいます。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> この時期に何回か行ってますが、雪の無い兼六園の雪つりもまたいいものですね。

せっかく慰めていただいたのに恐縮ですが、雪がある雪吊りを見たかったです。これだと、晩秋の景色じゃないといわれても、言い返せません。(^_^;)

> 冬の金沢で飛ぶきりの寿司が旨かったです。
> また行きたいな

そう言う贅沢をなさったんですか。ゴクリ。日本海の魚は太平洋の魚とはまた違った美味しさがありますよね。
時間さえあれば、地魚の握りなどを注文してみたいものです。
こちらは時間に追われて、途中で買ったきんつばを食べただけで、空腹状態のままでした。
Re: こんにちは 
モカさん、こんばんは。

> 雪吊りのある景色いいですね~
> 昨年は富山にいたので懐かしく思いました。

富山にいらっしゃったんですか。富山には、出張の帰りに、おっかない部長と二人で、安曇野から黒部経由で富山に行き、美味しい魚をたらふく食べた記憶があります。私とすれば奢ってもらえると言う読みがあって、たらふく食べたのですが、当てが外れました。でも魚は美味しかったです。

> でも 本当に雪が全くないですね!
> お正月頃は雪が降り積もって子達と雪だるまを作った記憶があります。

さすがにずっと雨降りだったので、雪の一欠片も残っていませんでした。夫婦でシッポリどころではなく、足が痛い私は後を追いかけるのがせいぜいでした。(^_^;)
こんばんは 
兼六園は修学旅行で訪れた一回きりです。
落ち着いた風情の素敵な庭園ですよね~~
若い頃はこの味わいがわからず、
東京に行きたがったものですw
撮影に訪れたい場所です^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 兼六園は修学旅行で訪れた一回きりです。
> 落ち着いた風情の素敵な庭園ですよね~~
> 若い頃はこの味わいがわからず、
> 東京に行きたがったものですw
> 撮影に訪れたい場所です^^

私も最初の訪問は高2の修学旅行で北陸一周をしたときでした。
確かに高校生にはちょっと刺激が薄い感じかもしれませんね。
それだけ大人の味わいが深くなってきたと言うことなんでしょう。
林先生じゃないけれど、『いつ行くの、今行くべきでしょう、…』って感じかもしれませんね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR