散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

軍港めぐり(1)

米軍基地側(1)

毎度変わり映えしない『軍港めぐりクルーズ』だが、今回は原子力空母G.ワシントンと何隻かの日米の艦船が、台風30号の被害地救援に向かったようで、生憎の不在。非常に寂しいことになったが、致し方のないことだろう。

日米基地の主要な係留場所はこのあたりになる。いつ撮影したのか知らないが、見事なほど艦船が出払っている。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成、Ckt-83-1_c5a_12(2)を利用

日米基地の主要な係留場所はこのあたりになる

第1号ドライ・ドックほか
ドライドック1号は日本で最初に建造された乾ドック。この乾ドックは慶応3年(1867年)3月に起工し、明治4年(1871年)に完成した。石積みでできており、砂と粘土で隙間を埋めているそうだ。建造から140年以上経った今も現役の乾ドックとして活躍している。米軍横須賀基地内にあるため、日本国の文化財には指定されていないが、本来ならば第2-3号をも含めて指定すべき第一級の土木遺産だ。
DRY DOCK #1
DRY DOCK #1_1
free画像を使用
DRY DOCK #1_2
DRY DOCK #2
DRY DOCK #2_1
free画像を使用
DRY DOCK #2_2
DRY DOCK #3
DRY DOCK #3

海上自衛隊の潜水艦
今回はわずか1隻のみしか停泊していなかった。遠目には小さく見えるだろうが、水面下の部分(大部分がそうだが)も含めるとかなり大きいものだ。
海上自衛隊の潜水艦_1
海上自衛隊の潜水艦_2
海上自衛隊の潜水艦_3

米海軍 ミサイル駆逐艦 DDG62 FITZGERALD(フィッツジェラルド)
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の12番艦で1995.10.14の就役。もちろんイージス艦だ。相当大掛かりな修理中のようで、これではフィリピンには向かうわけにはいかなさそうだ。ここまでの大掛かりな修理光景はなかなか見られるものではないとのことだ。私も見た記憶がない。
ミサイル駆逐艦 DDG62 FITZGERALD_1
ミサイル駆逐艦 DDG62 FITZGERALD_2
ミサイル駆逐艦 DDG62 FITZGERALD_3
ミサイル駆逐艦 DDG62 FITZGERALD_4
ミサイル駆逐艦 DDG62 FITZGERALD_5

米海軍 ミサイル駆逐艦 DDG63 STETHEM(ステザム)
アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の13番艦で1995.10.21の就役。もちろん同様にイージス艦だ。こちらも気づかなかったが、小修理中のようだ。
ミサイル駆逐艦 DDG63 STETHEM_1
ミサイル駆逐艦 DDG63 STETHEM_2

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
本当にあちこち東奔西走でタフですね♪
とても私には真似できません 笑)
何べんかAzTakさんに米軍横須賀基地を
見せていただき、いつか行こうと思ってますが
なかなか実現できていません 汗)
停泊中の船は結構修理中のものが多いのですね!
基本的には修理のための入港なんですね♪
慶応3年に起工し、明治4年に完成とは
重要文化財のようなDRY DOCKですね!
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 本当にあちこち東奔西走でタフですね♪
> とても私には真似できません 笑)
> 何べんかAzTakさんに米軍横須賀基地を
> 見せていただき、いつか行こうと思ってますが
> なかなか実現できていません 汗)

まあ、そうそう公開する日があるわけではありませんから、米軍基地内部に入るのは、基地関係者が知り合いでない限りは、予定を調べて、その日を開けることをしないと難しいでしょう。
外側からの眺めだけだったら、このクルーズで十分かと思います。

> 停泊中の船は結構修理中のものが多いのですね!
> 基本的には修理のための入港なんですね♪

もちろん、故障発生で修理することもありますが、兵装のバージョンアップが圧倒的に多いようです。
でも、基本的には、乗員の休養、食料や燃料の補給が最大の目的でしょう。特に、乗員の休養は色々な意味で重要な問題です。

> 慶応3年に起工し、明治4年に完成とは
> 重要文化財のようなDRY DOCKですね!

赤坂の迎賓館が管轄違いでそういうものの指定がないのと一緒で、そうでなかったら、文化財の指定は間違いがないところでしょう。重要文化財のレベルではとどまらないと個人的には考えています。港外からは海水仕切り板しか見えませんが、内部はかなり大きなものです。たった一度だけですが、実際に見ました。
一般開放とは別に基地内の歴史遺産見学の機会があるようです。これも検索されてみてはいかがでしょうか?
 
おはようございます。
フィッツジェラルドの修理の様子が圧巻ですねぇ.....
軍艦でもあんなふうに足場を組んで作業をするものなんですね。
なんだか異様な光景です。いいものを見せていただきました。
ところで、潜水艦のズーム写真で、士官と下士官?のお二人が
AzTakさんを注視していますね。
ちょっとひやっとしましたが、大丈夫でしたか?(笑)
Re: タイトルなし 
> おはようございます。

なかまちさん、おはようございます。

> フィッツジェラルドの修理の様子が圧巻ですねぇ.....
> 軍艦でもあんなふうに足場を組んで作業をするものなんですね。
> なんだか異様な光景です。いいものを見せていただきました。

あそこまで大掛かりなのは、私も初めてでした。故障修理ではなく、兵装の更新なんでしょうね。

> ところで、潜水艦のズーム写真で、士官と下士官?のお二人が
> AzTakさんを注視していますね。
> ちょっとひやっとしましたが、大丈夫でしたか?(笑)

あはは、大丈夫です。昔から、軍事マニアに混じって、スパイも撮影を繰り返していますから。手を振ってくれるくらいですよ。
あの尾びれがすくっと真上に立っているものは最新型ではありません。最新型はあの部分がX字状になっています。潜水艦は、日本の技術は世界に冠たるものです。スパイが情報を得ようと暗躍していますが、防御が固いようです。その証拠に内部写真はどこを探しても出てきませんから。
お疲れ様です^^ 
とっても大きいですね!
横須賀ですか?以前横須賀に住んでいた時がありましたが 見に行った事はありません^^;
こんなに大きな船は全体を収めるには超広角じゃないと無理そうですね~
最後から3枚目のお写真 かっこいいです^^

Re: お疲れ様です^^ 
モカさん、こんにちは。

> とっても大きいですね!

まあ、大きいことは大きいのですが、戦艦三笠などと違い装甲はごくごく薄いんですよ。いまは狙われたら迎撃しない限り撃沈必至ですから、無駄なことは大幅に省いてあります。ひたすら目標物に当てることに機能を集約させています。

> 横須賀ですか?以前横須賀に住んでいた時がありましたが 見に行った事はありません^^;
> こんなに大きな船は全体を収めるには超広角じゃないと無理そうですね~

今回は超広角はお留守番。レンズも好いものがいいですね。こんなボケボケの写真と訣別できるかもしれません。

> 最後から3枚目のお写真 かっこいいです^^

緑のネットがあって、何だか帆船のように見えなくもありませんね。
 
いや~たまらない写真ですねー
イージス艦はかっこよすぎます。。。
みたいなーーーー!!
撮りたいなーーーー!!!!
こんにちは。 
横須賀にこんなドライ・ドックがあるのですね。
船も長く海上の潮風にさらされているのですから、傷みも激しいのでしょうね。
潜水艦上の人がAzTakさんを監視しているようですよ!
偵察スパイに間違われないように・・・・!”
 
こんにちは(*´∀`)

自衛隊潜水艇とか、水に潜る船は、私が自衛隊だったら絶対乗りません。閉ざされた空間で、水に潜るのは、大変危険そうで、怖いからです。でも、こういう船の事故とかあるんでしょうかね。

ミサイルの駆逐艦は、すごくごちゃごちゃしているんですね。作りを把握するのが、難しそうで、迷子になりそうです。修理も大変そう~お邪魔しましたm(__)m
 
こんにちは

DRY-DOCK、始めてみました。こんな古いDOCKが
今でも現役ですか。ちょっと驚きです。
フィッツジェラルドの大規模修理・・・横須賀でできるんですね、そうなると横須賀の価値も相当あります。
潜水艦・・・常識的には潜水艦の位置は秘匿されていると
聞いていますが、自衛隊ものんびりですね。
アップの写真から、思ったより大きい感じがします。
いろいろありがとうございます。
Re: タイトルなし 
泪くんさま、こんにちは。

> いや~たまらない写真ですねー
> イージス艦はかっこよすぎます。。。
> みたいなーーーー!!
> 撮りたいなーーーー!!!!
> w

ふふふ、そうですか。見慣れているので、あまり感激はありませんが、空母だけは別格です。
原子力空母は、半年ほど概要に出続けても大丈夫なような設計になっているそうで、1度出航するとなかなか戻らないこともあり、軍港クルーズで私が見ることができた確率は40%程度です。一度基地公開日の見学開放対象艦船がG.ワシントンだったことがあり、艦内をすみからすみまで見たことがありますが、たった一度きりです。
案外難しいんですよ。いなくちゃ撮れませんからね。空母が出港すると当然イージス艦も出港です。
北朝鮮のイカれた指導者が吠えたりすると、すぐ警戒の出港に直結しますから。今度の中国の防空識別圏設定の問題でも、きな臭くなりそうですね。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんにちは。

> 横須賀にこんなドライ・ドックがあるのですね。

残念ながら横須賀市にあるUSAの領土扱いのところにあります。

> 船も長く海上の潮風にさらされているのですから、傷みも激しいのでしょうね。

艦船の修理を行うのですが、その時は、乗員にはまたとない息抜きの時でもあります。
まとまった期間、陸上にいられますから、楽しみにしている向きも少なくないようです。

> 潜水艦上の人がAzTakさんを監視しているようですよ!
> 偵察スパイに間違われないように・・・・!”

どうやったって外観の写真は漏れてしまいますから、一切ノーガードのようですよ。欲しい情報はスペックだったり、動作原理だったりするのでしょうが、それこそ機密情報です。
最近は観光バスに乗った団体さんが押しかけてくるのでそうでもなくなりましたが、ひところは軍事オタクの激写また激写という感じでした。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こんばんは。

> 自衛隊潜水艦とか、水に潜る船は、私が自衛隊だったら絶対乗りません。閉ざされた空間で、水に潜るのは、大変危険そうで、怖いからです。でも、こういう船の事故とかあるんでしょうかね。

ふふふ、ひと握りのエリートしか希望を受けないんだそうですよ。強制的に配属されるなんてことはないようです。
もちろん、事故に遭わないよう、海洋観測艦がいろいろな状況を確認してデータとして提供してくれていますし、万が一、故障したような時の専門の救難艦も用意されています。
閉ざされた空間、それも海中であることが多いので、精神的なタフな人材でないと、配属されないようです。

> ミサイルの駆逐艦は、すごくごちゃごちゃしているんですね。作りを把握するのが、難しそうで、迷子になりそうです。修理も大変そう~お邪魔しましたm(__)m

イージスシステムというもので、索敵し、敵の存在を認めたら躊躇なく攻撃に移る。逃げても逃げ切れないように追尾しながら命中させます。敵は、艦船、潜水艦、航空機、ミサイル、陸上施設、…なんでもありえます。
絶対に狙われたくない代物です。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> DRY-DOCK、始めてみました。こんな古いDOCKが
> 今でも現役ですか。ちょっと驚きです。

明治の初めには竣工していましたから、すごいものです。自衛隊側にあれば、国宝か重要文化財指定のものでしょう。個人的には重文ということはないと考えていますが。

> フィッツジェラルドの大規模修理・・・横須賀でできるんですね、そうなると横須賀の価値も相当あります。

横須賀は米海軍の内でも最強と言われる第7艦隊の母港ですから。できないことはほとんどないと思います。
フィッツジェラルドの大規模修理は、多分故障修理ではなく、設備の大幅更新なんでしょう。イージス艦の象徴のようなフェーズドアレイレーダーも交換するようですから。

> 潜水艦・・・常識的には潜水艦の位置は秘匿されていると
> 聞いていますが、自衛隊ものんびりですね。
> アップの写真から、思ったより大きい感じがします。

いやいやオープンなのはそのくらいで、あとは秘中の秘の扱いのようですよ。あそこだけは別格の世界らしいです。
> いろいろありがとうございます。
 
こんばんは
軍港めぐりですか。
面白そうですね~
フィッツジェラルド?・・・
JFKに由来するんでしょうか?
Re: タイトルなし 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 軍港めぐりですか。
> 面白そうですね~

横須賀に行くと海の空気を胸いっぱいに吸い込みたくて、結構乗っています。この船に乗るときは、進行方向に対し、右側が絶対オススメです。

> フィッツジェラルド?・・・
> JFKに由来するんでしょうか?

ベトナム戦争で英雄的な行動を取ったウィリアム・チャールズ・フィッツジェラルド中尉にちなんで名付けられたようです。フィッツジェラルド家はアイルランドの貴族の家柄のようですね。もしかしたら、彼とケネディ元大統領とは、縁戚関係があったのかもしれませんね。
こんばんは 
潜水艦や駆逐艦、カッコいいですよね!
見ているだけでワクワクします^^
男の永遠のロマンですね~~
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 潜水艦や駆逐艦、カッコいいですよね!
> 見ているだけでワクワクします^^
> 男の永遠のロマンですね~~

そう言っていたいのですが、病院で順番を待っていたら、通り過ぎる女性を見た隣の席に見知らぬ婆さんが、『スケートの、ほら、あの…』といきなり話しかけて、私に思い出させようとするんです。よく見たら渡部絵美さんだったようで、そう答えたら、『そうそう。彼女はこの辺に住んでいて…』などと、こちらの反応などお構いなしに話し始めました。やれやれ見知らぬ耄碌婆さんの話し相手を努めなければいけない歳になったかと、ちょっと苦笑いしちゃいました。
すごい流暢な英語で話していました。当たり前かもしれませんが。私は、『日本人ぽい顔立ちだけど、英語が上手い女性だなあ』と思って見ていただけなんですが。それで、隣の婆さんが勘違いしたようです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR