散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

軽井沢-海野宿-小諸-富岡を回る小旅行(6)

旧富岡製糸場(2)
旧富岡製糸場案内図
旧富岡製糸場案内図

現在の公開レベルでは、1時間弱の説明が終われば、見学者はさっさと帰るしかないだろう。そして次の目的地に直行ということになり、富岡市にはあまり恩恵をもたらさない感じだ。早急に整備を進め、滞在時間を長くさせるようにしていくことが肝要だろう。そうすると、必然的にここで飲食をとることになる。ビジネスチャンスが生まれることだろう。同時並行的に、製糸場の付近ももう少し飲食や土産物購入などをしたいと見学者に感じさせるような整備が必要だと思う。

繰糸所…重要文化財
①-⑥製糸場として、商品である生糸を作り出すための最も重要な建物。糸繰りをお湯で行うため、ものすごい湿気がこもったようで、湿気対策が必要だった。また、当初は電気が通じていなかったため、明かり取りの窓が必要だった。そういう観点からの設計になっている。
繰糸所_1
繰糸所_2
繰糸所_3
従来の日本の建築物では見られなかったトラス構造が採用されている。トラスとは様々な建物に利用されている構造形式の一つで、三角形をつくるように部材をピン支点で連結して構成された構造形式を言う。
繰糸所_4
繰糸所_5
繰糸所_6
⑦どうもこのように見えにくいビニールで覆われているのが不人気の大きな原因のようだ。写真だってうまく撮ることができない。どうにも目障りで仕方がない。
どうもこのように覆われているのが不人気の大きな原因のようだ
⑧-⑩ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている。これだけでは、正直がっかりだ。せめて1系統くらい稼動させるべきだ。
ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている_1
ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている_2
ごく一部だけカバーを外して見られるようになっている_3
寄宿舎
⑪昔の小学校の校舎のような外観だ。何位か味のある建物だ。
工女さんは、将来の指導者になることを期待された位置づけだったようだ。下記のように割と良い就労条件だったようだ。

勤務 
朝の7時~夕方の4時半まで 実働時間 7時間45分(ただし、季節によっては勤務時間が異なる)
 休日 年間76日 
  内訳 日曜日 50日 
  諸御祭日 6日 
  年末 12月29日~12月31日 
  正月 1月1日~1月7日
  暑休 10日
 一等工女 25円 二等工女 18円 三等工女 12円 等外工女 9円
  給料は月割りで支給。別に作業服代として、夏冬5円支給される。
  明治8年には4段階から8段階に変更。年功序列ではなく能率給。

寄宿舎
西繭倉庫(西置繭所)…重要文化財
⑫東繭倉庫と同じもの。訪問時2013年11月初旬現在は、内部未公開。早急に内部を改修して、何らかの形で開放したい意向のようだ。横浜の赤レンガ倉庫のように、夢のある再生は考えられないものだろうか。
西繭倉庫(西置繭所)
⑬-⑭西繭倉庫と副蚕場
市長の発言では、操糸場の機械を動かすのは大変なので、副蚕場に残された小規模の装置を再稼働して、見学者に見せたい意向のようだ。
西繭倉庫と副蚕場
⑮-⑯乾燥場
農家から集められた繭の中の蛹はまだ生きている。そのまま置いておけばやがて蛾となり穴を開けて出てきてしまう。そこで、繰糸するまでのあいだ保管できるように、熱風で乾燥させて殺蛹し、カビ発生を防止する。この工程を「乾繭(かんけん)」というそうだ。これを行う施設。
乾燥場_1
乾燥場_2

乾燥場と副蚕場の後ろに蒸気釜所(重要文化財)と鉄水溜(重要文化財)とがあるようだ。
外からは見えないのが残念。


2013.04.11付けの読売新聞に載った富岡市長の発言から
 富岡製糸場は現在、東繭倉庫と繰糸場の一部だけが公開スペースだが、これを広げたい。そのためには、まず安全管理を徹底する。今年度に防災計画を策定し、今年夏の「国際記念物遺跡会議」(イコモス)の現地調査後に、西繭倉庫の修復工事をできるだけ早く始める。収蔵品の展示場や図書室、調査研究施設として活用していく方針だ。
 将来的には、繰糸機も動かして製糸の工程を見てもらえるようにしたい。繰糸場の機械装置は大規模で難しいので、「副蚕場」の小規模な装置の稼働を目指す。早くても5年後になるが、長い目で整備を進める。


以上で、『軽井沢-海野宿-小諸-富岡を回る小旅行』シリーズは終了です。最後までお付き合いいただき、大変ありがとうございました。

Comments

 
おはようございます

富岡製糸工場・・まだしっかり保存されているんですね。
明治以降、外貨獲得に大きな力になったのでしょう。
写真から当時の機械の規模には驚きます。世界有数の
規模だったそうですが、凄いですね。
野麦峠・・12・3歳の女性が労働力として酷使された悲しいイメージがありますが、給金はそこそこだったと聞いたこともあります。
Re: タイトルなし 
> おはようございます

jskさん、こんにちは。

> 富岡製糸工場・・まだしっかり保存されているんですね。

民間に払い下げられてあの原三渓氏が経営していた時期を経て、片倉製糸紡績会社(片倉工業)の所有となると昭和62年(1987年)3月5日まで操業していたということで、細かく手を入れていたことが比較的保存状態が良い理由なんでしょうね。

> 明治以降、外貨獲得に大きな力になったのでしょう。
> 写真から当時の機械の規模には驚きます。世界有数の
> 規模だったそうですが、凄いですね。

そうなんでしょうね。

> 野麦峠・・12・3歳の女性が労働力として酷使された悲しいイメージがありますが、給金はそこそこだったと聞いたこともあります。

当時の生活が厳しかったのは、どこも一緒で、特に製糸場の工女が辛かったというわけではないと思います。生活苦のため年端のいかない子が娼婦として売られていった人が数多くいた時代ですから、ある意味では恵まれていた側面がなかったわけでもないと思います。
まあ、経営者しだいで、相当えげつない人物がいたかもしれませんが。

少なくとも、富岡にはそうしたことはなかったようですよ。
AzTakさん 
こんにちは
当地方にも製糸工場の保存施設はありますが、これほどでは有りません。
世界遺産には賛成します。

女工哀史は酷使のイメージがありますが、それは否定しません。
しかし、山村の女性の仕事は明治、それ以前も以後も無いのです。口減らしに売られたり奉公に出されたりするよりも、給金はもらえて、家に送金できることは当時の親として,こんないい事は無かったのも事実です。
当地方に結婚して幸せに暮らしておられる方もいます。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 当地方にも製糸工場の保存施設はありますが、これほどでは有りません。
> 世界遺産には賛成します。

観光を盛んにしたい日本としては、世界遺産が多ければ多い方がありがたいのでしょうね。問題は、世界遺産に指定されてからでしょうね。今のままでは早晩飽きられるのはかなりの確率で想定されることでしょう。

> 女工哀史は酷使のイメージがありますが、それは否定しません。
> しかし、山村の女性の仕事は明治、それ以前も以後も無いのです。口減らしに売られたり奉公に出されたりするよりも、給金はもらえて、家に送金できることは当時の親として,こんないい事は無かったのも事実です。
> 当地方に結婚して幸せに暮らしておられる方もいます。

明治、大正、昭和にかけて、そんなに恵まれた労働環境はそうそうなかったことでしょうね。
そこをどう見るかですね。私ものんびり熊さんと同じような考え方をしたいですね。
こんばんは。 
まだこんな工場の見学が出来るのですね。
機会を見て、野麦峠を思い出しました。
Re: こんばんは。 
masaさん、こんばんは。

> まだこんな工場の見学が出来るのですね。

まあ、建物と昔の装置を見学することが出来るだけですね。ですから1時間も居続けることができません。
少なくとも、小さな装置を稼働させるとか、ワークショップを開くとか、いろいろ工夫しないと、ここで昼食したり土産を買って行くとかいうことにつながりません。
世界遺産の周辺地区が寂れるばかりでは話にならないように思います。

> 機械を見て、野麦峠を思い出しました。

ここは、非常に楽な職場だったように思います。少なくとも女工哀史の世界とは無縁でしょう。
昔の労働が厳しかったのは何処も同じで、遊郭に売られるのからすれば、…
お疲れ様です^^ 
糸ってこうして作られているんですね~
初めて見ました!
↓細い糸を紡いでいる所 糸ちゃんと分かりますよv(^^)
Re: お疲れ様です^^ 
モカさん、こんばんは。

> 糸ってこうして作られているんですね~
> 初めて見ました!
> ↓細い糸を紡いでいる所 糸ちゃんと分かりますよv(^^)

私はわかったようなわからないような。多分、理解できなかったように思います。
小規模でも構わないから装置を稼働させ、手作業部分と機械が行う部分と、糸が切れたりした時の対応とか、そういうところを実際に見せてくれれば、よくわかったんだろうと思います。
ビニールシートの前で、パネルでちゃちゃっと説明されたって、自慢じゃありませんが、理解力に乏しい頭には説明内容が入ってこない感じでした。
AzTakさん 
富岡製糸場、私も見て、撮ってきたのですが、
ここまで詳細でありませんでした。

ここでブリュナ館をご覧になったのですね。
写真で見ると、横浜山手のイギリス館の方が確かに立派です。
明治5年と昭和12年の違いがあるのかもしれませんが・・・

世界遺産登録は成功するのでしょうか?
成功したとしても、おっしゃるように、富岡の町が潤うのでしょうか?
こんばんは 
画を見ていて野麦峠の映画を思い出しました。
大昔に見たのですが、悲しい映画だったような思い出があります。
こちらでは、当時としては良い待遇だったんでしょうか?
Re: AzTakさん 
capucinoさん、こんばんは。

> 富岡製糸場、私も見て、撮ってきたのですが、
> ここまで詳細でありませんでした。
>
> ここでブリュナ館をご覧になったのですね。
> 写真で見ると、横浜山手のイギリス館の方が確かに立派です。
> 明治5年と昭和12年の違いがあるのかもしれませんが・・・

意匠というものがとてもお粗末な感じがしてならないのです。美しい感じがしないのです。
どうしてこんな変な家屋を建てることになったのか、どうにもわかりません。

> 世界遺産登録は成功するのでしょうか?
> 成功したとしても、おっしゃるように、富岡の町が潤うのでしょうか?

成功させて、地元も潤って欲しいのですが、些か心配な点が目についてしまいます。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 画を見ていて野麦峠の映画を思い出しました。
> 大昔に見たのですが、悲しい映画だったような思い出があります。
> こちらでは、当時としては良い待遇だったんでしょうか?

モノの見方の問題ですから、言及は避けたいと思います。ごく普通の業界だったと私自身は考えています。

富岡製糸場は全国に製糸業を普及発展させる先生役を期待された女子たちですから、当時の女子の水準からすれば、厚遇だったと思います。労働条件もかなりよかった。それは間違いのないことでしょう。

 
AzTakさん
おはようございます。
軽井沢小旅行拝見楽しく拝見させていただきました。
AzTakさんのバイタリティーと行動力にほ本当に驚かされます。私も見習わなくては....
機敏なブログのアップもとうてい私には真似できません...
Re: タイトルなし 
> AzTakさん
> おはようございます。

kimamaさん、連続してコメントをいただきありがとうございます。

> 軽井沢小旅行拝見楽しく拝見させていただきました。
> AzTakさんのバイタリティーと行動力にほ本当に驚かされます。私も見習わなくては....
> 機敏なブログのアップもとうてい私には真似できません...

駄馬の先駆けの典型で、少し深みが出ないものかと思ってしまいます。
なんといっても肝心の写真がレベル以下なのが気になっています。それがあれば、『これを見ろ』で済ませられるはずなんですが。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR