散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

スペイン巡礼旅行16-3

修道院を辞去したら、こんな車列が
①-⑤自走できる車は自走し、自走できない車は荷台に乗せられての入場のようだ。あとで見に行くことにして、とりあえずは見送る。
こんな車列が_1
こんな車列が_2
こんな車列が_3
こんな車列が_4
こんな車列が_5

道がわからなくなってしまった
⑥ほとんど人通りのない通りもあった。
Ruela do Val de Deusという通りで、左側の高くそそり立つ壁はあのサン・マルティーニョ・ピナリオ修道院のカテドラルに向かって右側の壁なのか。

ほとんど人通りのない通りもあった
⑦道を確認するのと小用をたすためにバルに入った。もちろんスペイン語は早稲田の外語教室でスペイン語会話を履修中のご婦人と個人教授にスペイン語を習っている男性とに任せた。私は残念ながらスペイン語はまるでダメで、ここでは完全な戦力外だった。
道を確認するのと小用をたすためにバルに入った

次の修道院を目指す
⑧-⑩巡礼の道ほどではないが、結構な坂道が続く
巡礼の道ほどではないが、結構な坂道が続く_1
巡礼の道ほどではないが、結構な坂道が続く_2
巡礼の道ほどではないが、結構な坂道が続く_3
⑪こちらではなく
こちらではなく
⑫-⑬こちらだ
こちらだ_1
こちらだ_2

見えてきたぞ、次のサント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院が
⑭-⑲サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院
が、何だかよくわからない。仲間が必死にスペイン語で聞いてもよくわからなかったが、訳知りの関係者が通りかかって入口に案内してくれた。どうやら、この建物の主要部分は現在はガリシア民族博物館になっていて、そこを見ていくなら有料だが、見ないなら無料だとのこと。
前述の自動車ショーに心が動いたので、早く戻るべく無料コースを選んだ。驚いたことに無料のチケットを発行してくれた。簡単に言えば下記のwikipediaの記述のとおりだ。旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院であって、今も修道院であるわけではなかったようだ。
ほかの方のブログを拝見すると、ガリシア民族博物館に無料で入ったような記載があるが、我々と同じように答えながら、実際には博物館に入ってしまったのだろう。インチキをする意思はなかったと思うが、言葉を理解しないままに生返事で軽々しく行動するのは問題が起きてしまうこともありうる。貧乏な国スペインなのだから、少し多目にお金を置いていってもバチがあたらないと思うのだが。節約一方も時によりけりだろう。

ガリシア民族博物館(Museo do Pobo Galego)
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院(Convento de San Domingos de Bonaval)内、隣接する教会はパンテオン・デ・ガレーゴス・イルストレス(Panteón de Galegos Ilustres、ガリシア偉人廟)となっており、ロサリーア・デ・カストロ、アルフォンソ・カステラオなど、ガリシア民族の偉人が埋葬されている。

サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_1
サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_2
サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_3
サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_4
サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_5
⑳ガリシア民族博物館
ガリシア民族博物館

建物の中に入る
㉑-㉕旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院を見学する
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_1
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_2
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_3
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_4
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_5
㉖アルフォンソ・カステラオの柩
こういうのがむき出しで置いてあると、ガリシアの誇る偉人も可哀想な扱いのように思えてしまった。

アルフォンソ・カステラオの柩
㉗-㉚旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院見学の続き
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_6
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_7
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_8
旧サント・ドミンゴ・デ・ボナバル修道院_9
㉛仕切りがあって近づけなかったのが残念
仕切りがあって近づけなかったのが残念

前回のフランシスコ修道会の修道院に比べるとややがっかりの感じだった。

Comments

 
こんにちは(*´∀`)

七枚目のバル?ってなんですか?壁の色とか置いてあるものがクリスマスグッズみたいですが、お土産やさんですか?いいお写真ですね。

マリア様の像は、小さい子ども?を抱いていてイエス様ですかね。
この 修道院 も、わたしからしてみたら、凄い豪華です。
お邪魔しましたm(__)m

Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

Keicoさん、こんにちは。

> 七枚目のバル?ってなんですか?壁の色とか置いてあるものがクリスマスグッズみたいですが、お土産やさんですか?いいお写真ですね。

英語だとバーなんですが、飲むのが専門の店というわけではなく、バーの本来の意味、横木(カウンター)がある軽飲食店ですね。ここで、お茶を飲んだり、小腹を満たしたり、夜は地元の人たちの憩いの場になったりするところです。
おばちゃんが後ろを向いて、我々が注文したものを用意しているところです。

> マリア様の像は、小さい子ども?を抱いていてイエス様ですかね。

マリア様なのか、女王様なのか、何も記載がなかったので、わかりません。普通マリア様には王冠などはかぶせたりしないと思うんですが。そうすると、一体誰なんでしょうね。やっぱりマリア様なのかなあ。

> この修道院も、わたしからしてみたら、凄い豪華です。

そうですね。もう少し見る人たちのために体裁を整えても良かったのかな、とは思いましたが。

> お邪魔しましたm(__)m
こんにちは。 
今日の写真にはあまり人が映っていませんが、意識されて人が入らないように下のですか?それともいつもこんなに閑散とした所なのでしょうか?
ガリシア民族博物館も何が展示してあるか見たかったですね。(無料のごまかしはダメですが)
Re: こんにちは。 
masaさん、こんにちは。

> 今日の写真にはあまり人が映っていませんが、意識されて人が入らないようにしたのですか?それともいつもこんなに閑散とした所なのでしょうか?

地図には載っているのですが、『元修道院』ということで、せっかく来た人たちを拒むものではないけれども、というかんじでした。今後の扱いをどういうふうにしていくか検討中なのかもしれませんね。
我々以外にはお客さんはいませんでした。というか他の人は係員も誰もいませんでした。
ガリシア民族博物館にはかなりお客さんが来ていた感じでした。

> ガリシア民族博物館も何が展示してあるか見たかったですね。(無料のごまかしはダメですが)

時間がれば見たかったのですが、めったに見られないような自動車の車列を見たので、心がそっちへ行ってしまいました。(^_^;)
こんにちは 
修道院って入った経験はありませんが
犬山市にある明治村に、聖ヨハネ教会堂がありまして、窓はステンドグラスで、内部の椅子の配置その他は、この建物によく似ていますが
修道院と、教会は違うのでしょうか?

Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。
これから1泊入院検査なので手短に。

> 修道院って入った経験はありませんが
> 犬山市にある明治村に、聖ヨハネ教会堂がありまして、窓はステンドグラスで、内部の椅子の配置その他は、この建物によく似ていますが
> 修道院と、教会は違うのでしょうか?

明治村のものは、プロテスタントの一派である日本聖公会の京都五條教会の建物を移築したようです。
いわゆる信徒のためにミサを行う聖堂ですね。
修道院は、聖職者の生活の場所です。当然のことながら、祈りも重要な要素です。ですから、自分たち用の聖堂もあるのです。普通の修道院はそれほど大きなものでなくてもいいはずですが、サンチャゴ・デ・コンポステラの場合は、その昔は巡礼者の受け入れ宿でもあったんではないでしょうか。それで巨大なものになっていったように私は考えています。(自信なしです)
教会に関しては、その人によって指す範囲が違っていそうです。
お疲れ様です^^ 
車のレースか何かですか?
面白そうですね!この記事楽しみにしてます^^
ガリシア民族博物館の建物が素敵ですね^^
AzTakさん 
こんばんは
この街はカナリ古いようですが、聖堂とか修道院とかの宗教施設は沢山有るのですか?
どれもとても立派に見えますが・・
こんばんは 
車好きの僕は、車列が気になりました^^
ベンツでしょうか?
少し古めな雰囲気ですが、カッコいいです!
Re: お疲れ様です^^ 
モカさん、おはようございます。

> 車のレースか何かですか?
> 面白そうですね!この記事楽しみにしてます^^

ただの自動車ショーなんですが、結構珍しいものがずらりでした。

> ガリシア民族博物館の建物が素敵ですね^^

いかにも中世の修道院という感じですね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、おはようございます。

> この街はカナリ古いようですが、聖堂とか修道院とかの宗教施設は沢山有るのですか?
> どれもとても立派に見えますが・・

814年に当時の司教であったテオドミーロにより聖ヤコブの墓が発見されたことでここには小さな教会が建設され、再建を重ね、現在のカテドラルになっています。
カテドラルだけでなく、巡礼がものすごく盛んになりましたから、当然の如く、修道院なども作られたのです。かつてのスペインは世界でも1-2を争う大帝国でしたから、それなるに富を得ていて、少なからぬものが、こちらにも回ってきたのではないでしょうか。
結論からすると、相当にすごいものばかりです。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、おはようございます。

> 車好きの僕は、車列が気になりました^^
> ベンツでしょうか?
> 少し古めな雰囲気ですが、カッコいいです!

その後、半分ほど登場しちゃいましたね。こんなものが登場したわけです。
古くとも、それなりの存在感がありますね。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR