散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

スペイン巡礼旅行16-1

いよいよサンチャゴ・デ・コンポステラ滞在最終日だ。悔いのないように張り切っていこう。
朝のバイキング後、仲間8人のうち、ご夫婦で参加の2人が日帰りで大西洋を見に出かけ、夜はパラドールに泊まるということで、先にパーティーから離れた。これで仲間は残り6人ということになった。
今日は、15:00のホテル集合まで完全にフリータイムとなる。

今日はカテドラルを眺め直して、その後、修道院巡りをすることにした

カテドラルまでの道 このとき、09:42頃
カテドラルまでの道_1
カテドラルまでの道_2
カテドラルまでの道_3
カテドラルまでの道_4
カテドラルまでの道_5

プラテリア広場付近 このとき、09:50頃
とりあえず、カテドラルを目指す。昨夜はむちゃくちゃ寒かったが、今日は朝から極上の晴天だ。
カテドラルの回廊部分は博物館になっているようだ。そしてポルティコの奥には瀟洒な店が。

カテドラルの回廊部分_1
カテドラルの回廊部分_2
カテドラルの回廊部分_3
カサ・ド・カビルド
カサ・ド・カビルド_1
カサ・ド・カビルド_2
時計塔
時計塔
このポルティコは雰囲気があっていいなあ
このポルティコは雰囲気があっていいなあ

キンタナ広場付近 このとき、09:51頃
ここがサンパイオ修道院だったんだ。見落としたでは済ませられない大失敗。キンタナ広場側がこんな外観。かなり大きな修道院だ。
サンパイオ修道院_1
コンガ通りからの外観(free画像を借用)
サンパイオ修道院_2
赦しの門は、聖ヤコブ年にしか開門しない
赦しの門_1
赦しの門_2
赦しの門_3
赦しの門_4
時計塔と王家の門
時計塔と王家の門_1
時計塔と王家の門_2

インマクラダ広場 このとき、09:57頃
インマクラダ広場_1
インマクラダ広場_2
インマクラダ広場_3
こんな早くからご苦労様
こんな早くからご苦労様
修道院巡りをするつもりなのにここを回るのを失念した。大失敗。
修道院巡りをするつもりなのにここを回るのを失念した_1
修道院巡りをするつもりなのにここを回るのを失念した_2
修道院巡りをするつもりなのにここを回るのを失念した_3
フランシスコ会の聖衣をまとった人形かと思ったら、だいぶ経ってから生身の人間だと気がついた。たまには、少しだけ動かないと、銅造と誤認したままで投げ銭が期待できないのか。
フランシスコ会の聖衣をまとった人形かと思ったら

ちょっと寄り道 このとき、10:00頃
何をモタモタしていたのかというと、黒曜石を扱う店の開店を待っていたのだ。3人で出発したのに、いつの間にか一人合流して4人に。
黒曜石を扱う店にて_1
黒曜石を扱う店にて_2
黒曜石を扱う店にて_3

オブラドイロ広場 この時、10:18頃
週末だったので、朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が集まっていた
朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が_1
朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が_2
朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が_3
朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が_4
朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が_5
朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が_6
朝早くからオブラドイロ広場にはものすごい人が_7
彼らにシャッターを押してくれと頼まれた。嬉しそうな表情が印象的。ついでに私のカメラでも撮らせてもらった。
彼らにシャッターを押してくれと頼まれたついでに
ユダヤ教の聖職者かな?
ユダヤ教の聖職者かな?_1
ユダヤ教の聖職者かな?_2

Comments

 
こんばんわ(^_^ゞ

赤い窓が沢山ある建物、とても印象的でした。
最後のお写真の左側の男性の着衣は、なんかみたことがあるようでない?!映画とかに出てきそうだなと思いました。牧師さんみたいだなとか?

お邪魔しました。
こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
サンチャゴ・デ・コンポステラ滞在の最終日を迎えられたのですね!
大西洋を見て、あの有名なパラドールにお泊りになる方もいらっしゃるのですね!凄いですね♪
黒曜石の店の開店を待っていたとは、奥様へのお土産探しだったのでしょうか?
しかし、何度見ても飽きない建築美にうっとりです♪
 
AzTakさん、こんにちは♪

黒曜石のペンダントヘッドでしょうか、綺麗ですね。
どんな洋服にでも合いそうです。
奥様とても喜ばれたでしょうね(^^)

最終日ともなると、悔いが残らないように
もう一度あそこも見て、ここも見て、と結構歩かれましたか?
私なら多分そうしているな、と(笑)
ここでなら素晴らしい建物を見ながら何度でも歩けそうです♪
 
 
 
こんにちは。
この地を去り難い思いが切ないほどに伝わってきます。
何枚も何枚もカテドラルを撮り続けたのですね。
お気持ち、よ~~くわかるような気がいたします。

それにしても夜のカテドラルは圧巻でした。
いえ、圧巻などという生ぬるい言葉では表現できないほどに凄かったです。
灯が入ったその姿は、まるで命を燃焼させている生き物のように見えました。
いや実際に、数え切れないほどの巡礼者達の思いを千年以上にもわたって
受け止め続けてきたのですから、きっと生きているに違いありませんね。
Re: タイトルなし 
> こんばんわ(^_^ゞ

keicoさん、こんばんは。

> 赤い窓が沢山ある建物、とても印象的でした。

カサ・ド・カビルドですか。あそこは、女性には人気の建物のようですね。なんででしょうかね。
なにかイタリア的に思いました。

> 最後のお写真の左側の男性の着衣は、なんかみたことがあるようでない?!映画とかに出てきそうだなと思いました。牧師さんみたいだなとか?

私にはユダヤ教の聖職者のように見えたのですが、…。詳しいことは

> お邪魔しました。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。軽井沢などを回ってやっと戻りました。遅くなりました。

> サンチャゴ・デ・コンポステラ滞在の最終日を迎えられたのですね!
> 大西洋を見て、あの有名なパラドールにお泊りになる方もいらっしゃるのですね!凄いですね♪

まあ、一生懸命、この日のために働いてこられた自分たちへのご褒美だったのでしょう。
南米に赴任していて覚えたスペイン語を錆びつかせない意味合いもあったのかもしれません。大した行動力です。

> 黒曜石の店の開店を待っていたとは、奥様へのお土産探しだったのでしょうか?

ふふふ、そういうことですね。

> しかし、何度見ても飽きない建築美にうっとりです♪

私よりも、makiraさんの方がこの土地に立つべき人だったように思います。
他も含めた素晴らしかったですよ。
 
イタリアに行った時もこんな細い路地がいっぱいありました。
地元の人には大切な生活道路なんですよね。
それにしても行動がパワフルでビックリです。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 黒曜石のペンダントヘッドでしょうか、綺麗ですね。
> どんな洋服にでも合いそうです。
> 奥様とても喜ばれたでしょうね(^^)

フランス語のメダイと呼ばれるものだと思いました。それの黒曜石で作られたものと思ったのですが、単にペンダントヘッドといったほうがいいのかもしれませんね。
スペインの人は、少し味のあるデザインに仕上げるのが得意なようです。
喜んだかどうかは想像にお任せします。

> 最終日ともなると、悔いが残らないように
> もう一度あそこも見て、ここも見て、と結構歩かれましたか?
> 私なら多分そうしているな、と(笑)

昼食まではそうしていました。流石にそこで、ギブアップしてホテルでゆっくりしていましたが、同行していた女性はその後も時間ギリギリまで。大したものでした。

> ここでなら素晴らしい建物を見ながら何度でも歩けそうです♪

そうだと思いますよ。サンチャゴ・デ・コンポステラはたいした坂ではないものの、ちょっとした坂があります。それが、巡礼の道で疲れた足腰には意外に効いてしまううんです。
心と身体とが正反対の命令を出していました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

なかまちさん、こんばんは。 

> この地を去り難い思いが切ないほどに伝わってきます。
> 何枚も何枚もカテドラルを撮り続けたのですね。
> お気持ち、よ~~くわかるような気がいたします。

ちょっと選択すべきでした。(^_^;)

> それにしても夜のカテドラルは圧巻でした。
> いえ、圧巻などという生ぬるい言葉では表現できないほどに凄かったです。
> 灯が入ったその姿は、まるで命を燃焼させている生き物のように見えました。
> いや実際に、数え切れないほどの巡礼者達の思いを千年以上にもわたって
> 受け止め続けてきたのですから、きっと生きているに違いありませんね。

夜のカテドラルは素晴らしいという話は行く前から聞いていました。どんなふうなのだろうかと思い、かなり期待して臨みました。まあ、思いが強すぎて長ーーくなりすぎました。m(_ _)m

千年にもわたって信仰の対象となり続けてきた存在。なおかつ生きている教会。これからも頑張るだろう教会。辛口のガイドの佐々木氏が不思議なことにスペインのカトリック教会の悪口を一言も発しないのです。これってすごいことです。
関与している人たちが頑張っているのでしょう。が、その頑張っている人たちも、何かに突き動かされたそうしているのでしょう。そんなパワーはどこから来るのか、考えさせられました。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> イタリアに行った時もこんな細い路地がいっぱいありました。
> 地元の人には大切な生活道路なんですよね。

そうですね、イタリアも、こんなふうに猥雑でエネルギッシュな感じかもしれませんね。
もっとも、路地も、建物も、人々の行動もスペインはストレートな感じですが、イタリアは少しひねって粋なものにしている。そういう違いがあったように思いました。ちょっとの違いで大きな違い。

> それにしても行動がパワフルでビックリです。

毎日、ヘトヘトでした。やっと歩き通した感じです。実は、昔の体力があればなあ、と何度も思ったくらいです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR