散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

スペイン巡礼旅行7-2

サン・シアーオ・ド・カミーニョのサン・シアーオ教会をあとにして、再び歩き出す

ガリシア州ルーゴ県の端のあたりを歩く
サン・シアーオ・ド・カミーニョのサン・シアーオ教会をあとにする このとき、08:55頃
サン・シアーオ教会をあとにする
またも木製のオレオ。この辺は皆木製のもののようだ。広角レンズの所為でオレオが巨大なもののように見えるが、実際は少し大きめくらいのオレオだ。
またも木製のオレオ
共同洗濯場だが、使われていないようだ
共同洗濯場

朝食タイム
ディズニーランドの遊戯施設を彷彿とさせるような佇まいのCasa Domingo(名前負けではないか)で、軽く飲食することにした。何度も書いているように、あまり満腹状態だと、長い距離を歩き通せるものではない。各自そのことを考慮しての軽めの朝食にしたはず。 このとき、09:17頃
朝食タイム_1
朝食タイム_2
朝食タイム_3
朝食タイム_4
朝食タイム_5
朝食タイム_6
朝食タイム_7
朝食タイム_8
朝食タイム_9
ここのおばさんのオムレツは絶品。その手際を見せてもらった。私がやるのと変わらなさそうだったが。
ここのおばさんがオムレツを調理しているところ_1
ここのおばさんがオムレツを調理しているところ_2
腹に食べ物を詰めて、出すものは出したので、いざ出発 このとき、09:52頃
腹に食べ物を詰めて、出すものは出したので、いざ出発_1
腹に食べ物を詰めて、出すものは出したので、いざ出発_2

Casa Domingoからレボレイロまでの間は、巨石だらけのものすごい悪路。きちんと写真を撮っておくべきだったのに、転ばないように歩くのに必死だったようだ。特に下り坂で転んだら、石の上にスライディングすることになり、後頭部を打ち付けたり、肘を骨折するのはかなりの確率で間違いがなさそう。カメラもあの世行き間違いなしだろう。そんなこんなで、90分くらいの間、1枚も写真を撮っていない。

レボレイロに到達
この集落の少し手前がガリシア州ルーゴ県とア・コルーニャ県の県境。サンティアゴ・デ・コンポステーラも同じア・コルーニャ県。いよいよ近くなってきた。私の足腰も巡礼3日目にして漸く調子が出てきたようで、過去2日間のように殿をトボトボ行くのではなく、終始先頭を歩いた。尤も、先頭をずっとというのはこの日だけだったが。
この聖母マリア教会も雰囲気のある教会だ。 このとき、11:27頃。
聖母マリア教会_1
聖母マリア教会_2
聖母マリア教会_3
聖母マリア教会_4
聖母マリア教会_5
聖母マリア教会_6
聖母マリア教会_7
聖母マリア教会_9
少し先まで行ったところにあった家屋
少し先まで行ったところにあった家屋

Comments

 
こんばんわ
こお街の建物、どれも石組が凄いですね。
日本の城のような感じがあります。
レストラン、教会、民家・・・どれも石をうまく
使っていますね。
歴史を感ずる教会もいいですね。
この街の素朴さは魅力ですね。
 
AzTakさん、こんにちは♪

オムレツって作るの結構難しいんですよ~。
私はよく失敗します(笑)
レストランの中の壁が見事です。
このあたりは、レストランも教会も建物が相当古そうですね。

レストランからレボレイロの間はかなりすごい道だったのですね。
そういう時は、やはり歩くことに集中されて正解だったですよ。
せっかくここまで来て、怪我をされてしまったら大変でした。
Re: タイトルなし 
> こんばんわ

jskさん、おはようございます。

> この街の建物、どれも石組が凄いですね。
> 日本の城のような感じがあります。

よくわかりませんが、『野面積み』というやり方なのかなあと思いながら眺めていました。

> レストラン、教会、民家・・・どれも石をうまく
> 使っていますね。

石がありすぎて困るほどの土地で、地震もほとんどないような土地柄ですから、必然的にこういう文化が発展していったのだと思います。

> 歴史を感ずる教会もいいですね。
> この街の素朴さは魅力ですね。

巡礼ということそのものにも興味がありましたが、スペインの田舎道の素朴な佇まいに触れられるのは大きな魅力でした。
ただ、田舎の香水と蠅にたかられるのだけは閉口しましたが。(苦笑)
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、おはようございます。

> オムレツって作るの結構難しいんですよ~。
> 私はよく失敗します(笑)

そうですよね。軽率な発言でした。ただ、私も昔から料理が大好きで、…。最近は観察するだけに成り下がってしまいましたが。

> レストランの中の壁が見事です。
> このあたりは、レストランも教会も建物が相当古そうですね。

あれはレストランって言うんでしょうかね。どう見ても茶店って感じでしたが。
店の外装も内装もディズニーランドの西部開拓時代のディスプレイそのもののような感じでした。
多分、以前は峠の麓の一軒家の農家だったんでしょうね。隣家は遥か遠く険しい道を行かねばならなく、多分、馬が絶対不可欠なところだったように思います。

> レストランからレボレイロの間はかなりすごい道だったのですね。

店の前からというより既に手前からきつく足場の悪い上りに入っています。

> そういう時は、やはり歩くことに集中されて正解だったですよ。
> せっかくここまで来て、怪我をされてしまったら大変でした。

うんちまみれの怪我人にはなりたくありませんでした。どうせ転ぶならせめて乾いた糞の上で転びたかったです。
 
ここは中心部から少し離れた場所なんでしょうか?
どこの観光地も賑やかな場所のイメージがありますが
素朴ないいところを回られましたね。
 
こんにちは(*´∀`)

すいません、オレオってなんでしたか?倉庫でしょうか?面白い建物ですね。

オムレツは、美味しそう。たしか、スペイン風オムレツは、ジャガイモが入っているものだと思いますが、本場は美味しいでしょうね。

樽の写ったお写真がいいなと思いました。
お邪魔しましたm(__)m
Re: タイトルなし 
ララさん、こんにちは。

> ここは中心部から少し離れた場所なんでしょうか?

そうですね、イベリア半島の西北端になります。ポルトガルの上にちょこんとのったようなあたりです。

> どこの観光地も賑やかな場所のイメージがありますが
> 素朴ないいところを回られましたね。

ここを歩く人たちは、観光気分でいく感じではないと思います。クリスチャンであろうがなかろうが、自分のあすの行き方を探し求めて、自分との戦いに勝利すべくチャレンジするための場でしょう。
日本だったらお遍路さんのようなものでしょうが、巡礼証明書の発行などは厳格で、その決め通りに真面目に歩いている人がほとんどです。
地中海側の奔放な感じとはかなり違います。ここガリシア州の住民は民族的にはケルト民族です。どちらかというと頑固一徹の人たちが住んでいる感じかもしれません。風土的にも豊饒の地というよりかは、石ころばかりで土の層が薄い貧しい痩せた土地だと思います。ここにしがみつくんですから、浮かれた気分ばかりではいられないのでしょう。歩いていて、そんな感じを受けました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> すいません、オレオってなんでしたか?倉庫でしょうか?面白い建物ですね。

高床式の穀物倉庫です。トウモロコシなどを入れて保存します。ネズミに入られないようにネズミ返しが付いています。

> オムレツは、美味しそう。たしか、スペイン風オムレツは、ジャガイモが入っているものだと思いますが、本場は美味しいでしょうね。

そうです。素朴な味わいでした。同行の女性陣は美味しい美味しいと言っていました。
地味の痩せた貧しい土地の食べ物かもしれません。

> 樽の写ったお写真がいいなと思いました。

何となく西部劇の世界を思い出させる感じでしょうね。もともとはヨーロッパの農村の風景だったんでしょう。

> お邪魔しましたm(__)m
こんにちは。 
石造りの家と教会、そして樽欧州の古い歴史を感じます。
世界遺産に認定されているとはいえ日本の過疎化が進んだ村の雰囲気のよく似ているようです。
昔からの歴史保存も世界遺産の認定を継続させるためには必要なのでしょうが、近代化の波に遅れてしまった村がこでいいのかと考えさせられます。
 
こんばんわ!

石組みの礼拝、素朴で歴史を感じますね!

でも、季節が寒い時期だと石組みだとどうなんでしょうね・・?当然、暖房は入ると思いますが・・・。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 石造りの家と教会、そして樽欧州の古い歴史を感じます。
> 世界遺産に認定されているとはいえ日本の過疎化が進んだ村の雰囲気のよく似ているようです。
> 昔からの歴史保存も世界遺産の認定を継続させるためには必要なのでしょうが、近代化の波に遅れてしまった村がこれでいいのかと考えさせられます。

確かに巡礼の道筋にあたっている集落における改築等の規制は若干あるとは思います。
しかしながら、多分、何の特別な規制を行わなくてもそんなに滅多矢鱈な改築などは進まないように思います。

なぜなら、『世界遺産』制度は始まってわずか半世紀程度ですが、こうした佇まいは昨日や今日に始まったものではないということです。理由があって、連綿と存続してきたように思います。

1)家屋構造上の弱点である屋根にケアさえすれば、地震が少ないし、石が腐ることなどはないため、相当に長期間使える。
2)今の建物だったら、その辺から石を拾い集め、自分で積み上げて立てられます。一方、普通の家を建てようとするならば、相応の建築資金が必要である。
3)道が未舗装なのは、家畜の移動などがあるので、そのほうが都合が良い。

見かけはボロっちい感じですが、そう近代化に遅れてはいないようです。たしかに牧畜業などが中心でしょうが、機械化もそれなりに進んでいますし、家の中も改装して住みやすくしているところも少なくないと思われます。

ケルト民族は自らのライフスタイルをそう簡単には変えないように思います。道中観察しただけですが、ゆっくり時計が回っているような印象を受けます。

それよりスペインに明らかに負けていることがあります。簡単に思いつくところでは、農薬使用量とITの普及に関してです。
ハエがブンブン飛び回って、野うさぎもピョンピョン飛び回っている環境です。日本の衛生担当者に言わせれば汚いと顔をしかめるかもしれませんが、生物には優しい状況にあるように思いました。
ITの普及と大げさなことを言いましたが、どんなド田舎でもWIFIの準備は出来ています。しかるに、日本の地方都市において、そういう整備がなされているか甚だ心もとない状況があると思います。このままでは、日本は外国に売りまくるだけで自分たちのIT使用環境は貧弱極まりないIT後進国に成り下がる危険性があります。
 
素敵
石造りの建物が重厚ですね
お料理も美味しそう
ああ・・いいなあ~
空気まで伝わってくるようです♪
Re: タイトルなし 
> こんばんわ!

kazさん、こんばんは。

> 石組みの礼拝、素朴で歴史を感じますね!
> でも、季節が寒い時期だと石組みだとどうなんでしょうね・・?当然、暖房は入ると思いますが・・・。

モルタルか漆喰かですきま風や雨水が入り込むのは防いでいるんですが、そのままでは冬は寒くて堪らないでしょうね。ストーブを焚くんだと思います。そうすれば、逆に寒くはないと思われます。北海道と同様だと思います。
緯度的にはかなり高いところ(札幌あたりと同じ)で、なおかつそれなりの高地すから、冬の寒さは半端じゃなく、今の時期以降は巡礼も非常に危険だと言われています。凍死する危険性が出てくるようですし、死なないまでも、凍結した悪路で怪我をすることもあるようです。
Re: タイトルなし 
SONOMIさん、こんばんは。

> 素敵
> 石造りの建物が重厚ですね

聖堂などは結構きちんと作ってあるようです。それこそ数百年以上持ちこたえている聖堂も珍しくないようです。スペインが世界に冠たる勢力を誇っていた時代に建てられたものが多いのかもしれません。
個人の家は、そこまではちゃんと作っていないようで、特に屋根の作りが貧弱で、この手入れだけはしっかり行う必要がありそうです。

> お料理も美味しそう
> ああ・・いいなあ~
> 空気まで伝わってくるようです♪

日本人には、味覚的にかなり合うような気がします。食べられないものは、ほとんどないというか、非常に美味しく感じました。昔と比べるとかなり高騰したようですが、それでもかなりお安くいただけるようです。
ただ、長い時期食べ続けていると、ちょっと胃がもたれてくるかもしれません。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR