散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

スペイン巡礼旅行7-1

パラス・デ・レイ → メリデ(約15キロ)

今日は巡礼の歩き3日目。軽い食事のみ(他の人はおそらく食事抜き)で、暗い内にパラス・デ・レイの街を出発し、着いてから昼食をとるような感じで行くことになる。

朝食は含まれていません。
引き続き徒歩巡礼です。少し早めに出発しますと、お昼には到着出来ます。特にきつい上り下りはありません。最初の二日間の徒歩距離が長かったので、疲れが出る頃です。今日、明日と、少し短めの距離で身体を休めます。
Hotel Xaneiro Tel981 506 140 @メリデ泊


暗い内にパラス・デ・レイの街を出発
もうすぐ出発 このとき、07:33頃
もうすぐ出発
いざ出発 このとき、07:34頃
いざ出発_1
いざ出発_2
いざ出発_3
ポルトマリンで出会った馬の巡礼者に再び出会った。この先ではこちらが短いノッチを刻んだので、さすがに出会わなかったが。ここでも、あっという間に見えなくなった。私にも馬脚が欲しいところだ。
ポルトマリンで出会った馬の巡礼者に再び出会った
少し明るくなった。目の前には木製のオレオが。 このとき、08:00頃
少し明るくなった
今日の夜明けはこんな感じ。遠くの山が霞んでいるが、大丈夫だろうか?
今日の夜明けはこんな感じ_1
今日の夜明けはこんな感じ_2
皆同じことを考えたのか道が混み合う このとき、08:15頃
皆同じことを考えたのか道が混み合う
やはり今日もこういう道を延々と歩くのだろうか
やはり今日もこういう道を延々と歩くのだろうか
夜明け時には心配したが、杞憂だったらしく朝から好天のようだ。飛行機雲は朝から威勢が良さげだ。 このとき、08:33頃
今日は朝から好天のようだ
レンガのオレオではなく木製のものが目立つ
レンガのオレオではなく木製のものが目立つ

また、ロマネスク様式の教会が見えてきた
道が曲がりくねっているから先がなかなか見通せず、突然目の前に現れたロマネスク様式の教会。サン・シアーオ・ド・カミーニョのサン・シアーオ教会のようだ。ものすごい雰囲気のある教会だ。ここで小休憩。 このとき、08:36頃
サン・シアーオ教会_1
サン・シアーオ教会_2
サン・シアーオ教会_3
サン・シアーオ教会_4
サン・シアーオ教会_5
サン・シアーオ教会_6
サン・シアーオ教会_7
サン・シアーオ教会_8

Comments

 
こんにちは(*´∀`)
暗い街並みも変わっていていいなと思います。路地ですね。

朝方の霞んだ景色も素敵です。

お墓のお写真は、十字架がちょっとずつ違うデザインなので、日本のお墓とおなじで、選べるんだろうなとおもいました。

最後の花を備えてあるお写真は、どこの国も花をあげるんだと思いました。
お疲れ様です^^ 
これが3日目ですか。
距離も進んでいますし、いろいろな景色を拝見させて頂いているのでもっと経ってるような感覚でした。
そう思うと最初の2日は随分な距離を歩かれたのですね。
オレオと言うもの。
あちこちに見られたようですが これは何の為にあるのでしょうか?

こんにちは。 
1~3枚目を拝見すると、皆さんそろそろ疲れが溜まって来ていたようですね。
オレオは湿気対策の倉庫のようなものでしょうか、高床式の日本の造りに似ていますね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> 暗い街並みも変わっていていいなと思います。路地ですね。
> 朝方の霞んだ景色も素敵です。

連日早朝の出発なので、暗い写真もやむなしなんです。ついてからのんびりでき、ミサに与る時間もできたりするものですから、仕方がないことなんですが、…。

> お墓のお写真は、十字架がちょっとずつ違うデザインなので、日本のお墓とおなじで、選べるんだろうなとおもいました。

選ぶのは自由なんだと思いますが、ここのようなド田舎では、土地の有力者がこういうデザインだと、…というふうに、序列みたいなものがあったりするのかもしれませんね。

> 最後の花を備えてあるお写真は、どこの国も花をあげるんだと思いました。

生の色鮮やかな花を供えるのは、西洋の方は本当に上手です。昔から行っていた文化の発露なんでしょうね。
日本の淡色中心の花の備え方もこれまた文化の発露だと思います。
Re: お疲れ様です^^ 
モカさん、こんにちは。

> これが3日目ですか。
> 距離も進んでいますし、いろいろな景色を拝見させて頂いているのでもっと経ってるような感覚でした。
> そう思うと最初の2日は随分な距離を歩かれたのですね。

豪の者は、次の日の分をも合わせて30km以上歩く人も少なくないんです。企画者が参加者の体調などを考慮して、短く区切ってくれたのでしょう。着いてからの楽しみがありましたから、良かったと思います。
慣れていないところに足場の良くない悪路を歩いたので、私は想像以上に足腰に来てしまいました。

> オレオと言うもの。
> あちこちに見られたようですが これは何の為にあるのでしょうか?

高床式の穀物倉庫です。主にとうもろこしを入れておくようです。ねずみ返しなどが付いている独特のものです。もう少しサンチャゴ・デ・コンポステラに近づくと、屋根に十字架のデコレーションが付きだします。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんにちは。

> 1~3枚目を拝見すると、皆さんそろそろ疲れが溜まって来ていたようですね。

それは紛れもない事実でしょう。さらに朝一番は身体が温まっていないので、最初からフルスロットルというわけには行かない感じです。ですが、道の方は、最初からとんでもない悪路や急坂があったりします。

> オレオは湿気対策の倉庫のようなものでしょうか、高床式の日本の造りに似ていますね。

湿気対策とネズミ対策とでしょうね。ガリシア地方以外では、そんなにはないような話を聞きました。
余談ですが、ガリシア人はケルト民族とのこと。だから、サンチャゴ・デ・コンポステラに行くと、バグパイプがガンガン吹かれています。頑固一徹な民族性があるのかもしれませんね。
こんにちは 
うわー!まだ歩いてるんですかあ

凄いですねえ、あと何キロ歩くんですか

馬で巡礼とは、ロマンがありますね、馬は気の毒ですけど

それにしても、どの家もかなり年代を重ねていますけど
人は住んでるんですか
Re: こんにちは 
dさん様、今晩は。

> うわー!まだ歩いてるんですかあ
> 凄いですねえ、あと何キロ歩くんですか

私が参加した企画は、全部で113kmの行程です。3日目の出発時点では半分まで達していませんが、3日目終了時点では半分を切った感じになります。貴女の新工場は、まだまだという感じです。
後半の方が聖堂などのすごいのが出てきます。

> 馬で巡礼とは、ロマンがありますね、馬は気の毒ですけど

お金持ちの道楽ですよね。相当に費用がかかっているんだろうと思います。でも、相当に気分が良い旅なんでしょうね。

> それにしても、どの家もかなり年代を重ねていますけど
> 人は住んでるんですか

結構住んでいる気配がありました。石ですからね。壁面は劣化しないようですよ。弱いのは屋根。きちんと手を入れないと穴があいてしまいます。私は無住状態になっているか否かは、屋根の状況から判断しました。屋根さえ手をかければ何百年も住み続けられそうです。石ころなんて、その辺にいくらでもあるんですから。
 
1枚目の写真。
まだ夜中みたいに暗いし、
皆さん、元気がないように見えますね。
お疲れなんでしょう。
でも、この日は早めに歩き終わるようですから、
午後には元気になるのではありませんか?

ロマネスク様式の教会が多いですね。
みんな古いものなんですか?
Re: タイトルなし 
capucinoさん、こんばんは。

> 1枚目の写真。
> まだ夜中みたいに暗いし、
> 皆さん、元気がないように見えますね。
> お疲れなんでしょう。

疲れが残っていたのと、かなり寒かったので、身体が目覚めていない感じだったかもしれません。
元気を見せていたような気がしましたが、カメラには『お疲れさん』の感じが出ちゃっていますね。

> でも、この日は早めに歩き終わるようですから、
> 午後には元気になるのではありませんか?

本当にその通りでした。基本的な痛みは回復には至らないまでも、次の日の準備をしたり、ミサに与ったり、いろいろなことができます。

> ロマネスク様式の教会が多いですね。
> みんな古いものなんですか?

ロマネスク様式自体が古いものですから、そういう様式の聖堂はかなり古いものと考えて間違いがないのでしょうね。中世のものが多いようです。まとめて世界遺産指定の道筋ですから。
その頃のスペインは、世界に冠たる国であり、羽振りがよかったのかもしれませんね。PIGSなどと揶揄されるまでに落ち込むとは想像だにしていなかったのかもしれません。
 
AzTakさん、こんばんわ!
後ろから3枚目の教会の中見てみたかったですね・・・。
ものすごいふるい教会なんでしょうね?
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんわ!

kazさん、こんばんは。

> 後ろから3枚目の教会の中見てみたかったですね・・・。
> ものすごいふるい教会なんでしょうね?

見た通りの古い教会だと思います。パラス・デ・レイは43の教区(日本のカトリック教会で言うところの小教区に相当すると思います)に分けられ、このサン・シアーオ・ド・カミーニョもそのひとつのようです。教会名がサン・シアーオ教会でしょうね。
つまり相当に古いようですが、現役の教会なのでしょう。

あいにく開放されていなかった感じでした。でも、この先で、ほぼ同じような教会があり、そちらで聖堂の写真を撮りました。よろしかったら、ご覧ください。
こんばんは 
まだ薄暗い時間からの出発なんですね。
画から皆さん少しお疲れの様子が伝わってきます。
暗い中での撮影、難しかったでしょうから
大変でしたね。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> まだ薄暗い時間からの出発なんですね。
> 画から皆さん少しお疲れの様子が伝わってきます。

まだ、調子が出ない感じですよね。疲れてもいるし。不機嫌そうな表情が並んでしまいましたね。

> 暗い中での撮影、難しかったでしょうから
> 大変でしたね

想像どおり、うまく撮れませんでした。
まさかお馬さんがやってくるなんて、思いもしませんでした。しかし、街をちょっと出ただけで、ド田舎の景色に早変わりなんですもんね。猿之助じゃあるまいし、早変わりし過ぎです。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR