散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

スペイン巡礼旅行5-2  2013.10.08 21:08追記

再びパラス・デ・レイに向かって歩き出す。

暫くは人里離れたところを歩く
干し草はロール状にして保管することが多いが、本格的な牧畜が営まれているこちらでは、四角く圧縮した状態にし、シートをかぶせておくだけのようだ。かなり大量の干草だ。これを食べ尽くすくらいだから、周囲の道は糞だらけになるだろうし、臭くもあるわけだ。
かなり大量の干草
漸く残り80km。ここも地名の表示がない。どことも書けないような場所なのだろうか?
漸く残り80km
やっと一般道路沿いのところに出た。若干の上りであるが、これくらいならば楽勝だろう。自転車野郎が楽しそうにペダルを踏んでいく。
自転車野郎が楽しそうにペダルを踏んでいく
路傍の花
路傍の花_1
路傍の花_2
山火事の跡。結構発生しているようだ。
山火事の跡
漸く集落と思しき所へ入る
廃屋も目立つ。この集落に住民はまだ住んでいるのだろうか?
廃屋も目立つ。この集落に住民はまだ住んでいるのだろうか_1
廃屋も目立つ。この集落に住民はまだ住んでいるのだろうか_2
集落を抜けようとした頃にそれなりの建物があった。このとき、12:10頃。空腹だけど、昼食はあと2時間後くらいかなあ。
集落を抜けようとした頃にそれなりの建物があった
ここは集落の外れくらいなので、それなりの道がついている。楽チンだ。
集落の外れくらいなので、それなりの道がついている
しばらくは我慢の道筋
さらに進み、残り78.1km。表示がサンチャゴ・デ・コンポステラに近づいたのか、細かい表示になってきたようだ。
残り78.1km
やっと見えたお店。普通なら昼食かと思うのだが、あっさり通過。そんな殺生な。このとき、12:33頃
やっと見えたお店だが、あっさり通過
十字架、そしてまた別の十字架
木の十字架
路傍に大きな十字架が。トレッキングシューズを置いていった人の気持ちがわかる気がした。
縦横無尽に飛ぶ飛行機に乗りたい。いや、この道を車で走るのでも良い。ついそんな誘惑に駆られる。

木の十字架
多少アップダウンはあるものの、非常に歩きやすい。空は抜けるように青い。気分はハイなのだが、足腰はローのままだ。
多少アップダウンはあるものの、非常に歩きやすい_1
多少アップダウンはあるものの、非常に歩きやすい_2
石の十字架
路傍に立てられていた石の十字架。かなり風化していてどんなデザインなのかよくわからない。多分こちらの面が幼子イエスを抱くマリア様。16世紀に建てられたラメイロスの十字架とのことだ。こちらの面はどうやらピエタ像のようだ。ピエタ(イタリア語:Pietà、哀れみ・慈悲などの意)とは聖母子像のうち、死んで十字架から降ろされたキリストを抱く母マリアのこと。
石の十字架_多分こちらの面が幼子イエスを抱くマリア様
多分こちらの面が磔刑に処せられたイエス
石の十字架_多分こちらの面が磔刑に処せられたイエス
またまた歩く
スペインといえばひまわりのはずだが、北部ではそう見かけなかった。
ひまわり
なんというものに乗って窓掃除をしているんだろうか
なんというものに乗って窓掃除をしているんだろうか
また、楽な道ではなくなった。このとき、13:46頃
また、楽な道ではなくなった
やっと見えた
上り坂を歩いていたら、目の前に。やっと本日の昼食場所のようだ。このとき、13:50頃
目の前に本日の昼食場所が出現した_1
目の前に本日の昼食場所が出現した_2

Comments

 
AzTakさん、こんばんは♪

路傍の十字架の下のトレッキングシューズ・・・
巡礼の大変さを物語っているようなワンシーンですね。
私がこれを見たら回れ右して帰ってしまうかも・・・(^^;
石の十字架はかなり古いものなのでしょうか。
彫刻が素朴な感じがいいな、なんて思いました。
こちらでも街から離れたところの路傍に
十字架が立っているの見かけたことがあります。
でも、何もないところに立っている十字架はなんのためなのか
よくわかりません。
 
AzTakさん
こんにちは
スペイン巡礼旅行、楽しみに拝見しております。
巡礼の旅゛何とも過酷な旅なのですね。
毎日ずっと朝から何時間も歩きどうしですか・・・・
私でしたら一日も持ちません、よく頑張られましたね。

旅の記録綺麗に整理され゛とても解りやすいです。
こんにちは。 
海外の写真を見る機会は少なく、みる時も観光系の写真になってしまいますから、こう云う普段見れないその国の風情を見れて楽しませていただいています。
日本同様過疎化の現実がスペインにもあるようですね。
 
こんにちは(*´∀`)

ユウカリを食べると糞とかユウカリの匂いがして、臭くないですが、米などの干し草は、臭くて大変でしたね。

石像の十字架、面白い感じがします。イエスをだいた聖母マリア?十字架につけられた大人のイエス?を裏表にほったが、いいいです。

7と8枚目の家のお写真は、凄くいいな!と思いました。絵にかいたらいいかんじになりそうです。

お邪魔しましたm(__)m
 
AzTakさん、こんにちわ!
また、大きな台風が近づいているようです。

路傍の木の十字架、石の十字架とも年代物で、巡礼旅行にお似合いのオブジェですね。抜けるような青い空、たまに癒しになる綺麗なお花、でも延々と続く坂はきついですね・・・。自転車もありましたが、結構きつい道のりに見えました。

あれだけ歩かれて、生ハムとパンだけじゃお腹減りませんでしたか?
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは♪

Mikaさん、こんばんは。

> 路傍の十字架の下のトレッキングシューズ・・・
> 巡礼の大変さを物語っているようなワンシーンですね。

皆があのトレッキングシューズのことを話題にしていたのに、私は気付かず話題に入り込めませんでした。
でも写真はちゃんと撮っていたようです。足腰が痛くて、写真を撮っても、内容を確認する元気がなかったようです。

> 私がこれを見たら回れ右して帰ってしまうかも・・・(^^;

ところが、回れ右だって楽じゃないんですよ。急坂のアップダウンの連続ですから。なかなか公共輸送機関のある街まで出るのは至難の業です。そんなことをしたら自己責任で何もかもしなくてはいけません。
結局はついていくか倒れるかしかないようです。

> 石の十字架はかなり古いものなのでしょうか。
> 彫刻が素朴な感じがいいな、なんて思いました。

相当に古そうです。そんなに人里近くではないところに立ててありました。どうやって運んだんでしょうか。馬に載せたのかもしれませんね。

> こちらでも街から離れたところの路傍に
> 十字架が立っているの見かけたことがあります。
> でも、何もないところに立っている十字架はなんのためなのか
> よくわかりません。

そうですか。いまだと売名行為が主目的かと思ってしまうくらい、いろいろ書かれていますが、人知れず行うのが粋なことだと考えたのかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん
> こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> スペイン巡礼旅行、楽しみに拝見しております。

ありがとうございます。

> 巡礼の旅゛何とも過酷な旅なのですね。
> 毎日ずっと朝から何時間も歩きどうしですか・・・・
> 私でしたら一日も持ちません、よく頑張られましたね。

貧しい巡礼者のために開設されているアルベルゲと呼ばれる巡礼宿に泊まり歩くのが基本でした。
あぶれれば野宿。連泊が禁止。ノミ、しらみ、ダニなどは当たり前。これでは身が持たないということで、お金に余裕のある人は、ホテルに泊まるようになっていったようです。
でも楽になったのは宿泊施設だけで、同じ道を歩くことにはなんらかわりがありません。辛いかいな否かは、その人の体力如何で変わってくることでしょう。少なくとも楽と思う人は皆無なのでは。
ギブアップするなら、宿にいるときしかありません。

> 旅の記録綺麗に整理され゛とても解りやすいです。

ありがとうございます。写真を見ながら、このシーンは何かななんて考えこんでいます。大した記憶力でなく、思い出せないものは、泣く泣くカット扱いです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こなばんは。

> ユウカリを食べると糞とかユウカリの匂いがして、臭くないですが、米などの干し草は、臭くて大変でしたね。

そうですか。途中の林にはユーカリの木がたくさんうえられていました。芳香が漂ってきていました。そのあたりは確かに良かったですが、大半は田舎の香水ってやつで覆われていました。困ったことに蠅もたくさん。

> 石像の十字架、面白い感じがします。イエスをだいた聖母マリア?十字架につけられた大人のイエス?を裏表にほったものが、いいいです。

医師の十字架はいいカメラで撮りたいと思いました。でも、重たくて諦めました。

> 7と8枚目の家のお写真は、凄くいいな!と思いました。絵にかいたらいいかんじになりそうです。

絵心にある人には、確かにそうでしょうね。もっといい感じのところも出てくると思います。

> お邪魔しましたm(__)m
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 海外の写真を見る機会は少なく、みる時も観光系の写真になってしまいますから、こう云う普段見れないその国の風情を見れて楽しませていただいています。

あまり見る機会はないかもしれませんね。私も、ここまで過酷になるとは思ってもおらず、内容が暗くなりすぎないように出来るか、気がかりです。
徐々に途中の聖堂が出てくるようになります。それでなんとか生きを吐いていただけたらと思います。
とにかく、2日目終了までは地獄です。

> 日本同様過疎化の現実がスペインにもあるようですね。

悲しいかな、あるようです。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちわ!

kazさん、こんばんは。

> また、大きな台風が近づいているようです。

関西地区は勢いが十分に衰退しないうちに通過することでしょうから、油断しないように願います。甘ふりの時に無理をすると身体もカメラも壊してしまいますよ。

> 路傍の木の十字架、石の十字架とも年代物で、巡礼旅行にお似合いのオブジェですね。抜けるような青い空、たまに癒しになる綺麗なお花、でも延々と続く坂はきついですね・・・。自転車もありましたが、結構きつい道のりに見えました。

自転車は平地は最高ですが、楽なはずの下り坂が悪路のために非常に危険です。上り坂は自転車を捨てたくなるような感じのようですよ。完全に体力派のアイテムでしょう。
普通の人は歩くに限ります。

> あれだけ歩かれて、生ハムとパンだけじゃお腹減りませんでしたか?

案外大きいんですよ。また、リーンなパン(平たく言うとふわふわしたパンと対極のボソボソしたパン)は、腹にたまるものです。そして何よりもへばっていて、大食らいする気力も残っていませんでした。
空腹の時は、スーパーマーケットで購入したチョコレートやバターピーナッツで凌ぐようにしていました。
こんにちは 
巡礼の旅まだまだ続きそうですね

それにしても、歩きながらよくこんなに沢山撮影できますねえ、

早くゴールの写真が見たいです。
 
こんばんは、

昼食時間が遅いのですね。
それに休憩も少ないようだし、
巡礼だからかも知れませんが過酷ですね。

お疲れのようなのに写真たくさん撮っておられて、
スゴいです。
チョッと撮っていると、
たちまち前の人との距離が大きくなりますよね。
こんばんは 
過酷な巡礼の旅なのに
色んな風景を見つけ、写真撮影お疲れ様です^^
見せていただく僕は楽しいですが、
撮っているAzTakさんは大変でしたでしょうね。
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 巡礼の旅まだまだ続きそうですね

少し飽きてきた頃でしょうね。まだまだ続きます。これから、少しいい被写体が頻繁に出てくるようになります。しばらくご辛抱を

> それにしても、歩きながらよくこんなに沢山撮影できますねえ、

粗製濫造の気味があります。(^_^;)

> 早くゴールの写真が見たいです。

感動のシーンは日本人はシャイだから、固く握手するだけですが、あちらの方はハグしてキスしたり、もう大変なものです。そこだけ、ほかのグループに混じりたかったです。
Re: タイトルなし 
> こんばんは、

capucinoさん、こんばんは。

> 昼食時間が遅いのですね。
> それに休憩も少ないようだし、
> 巡礼だからかも知れませんが過酷ですね。

1)身体が重くなり、それから長距離を歩くのは大変だということ
2)ガリシア地方の西日は強烈で、時差の設定の影響もあり、(日本人の12時の感覚はサマータイム時は14時か15時くらいです)14-15時頃に一番暑くなります。暑くならないうちにある程度異常距離を稼ぎたい
以上2つの理由から意図的に昼食を遅くしています。が、正直に言えば、腹ペコで頑張るのもきついことでした。

> お疲れのようなのに写真たくさん撮っておられて、
> スゴいです。
> チョッと撮っていると、
> たちまち前の人との距離が大きくなりますよね。

そうなんです。もともと遅い上に写真など撮っているからなかなか皆さんの前には行けません。(^_^;)
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 過酷な巡礼の旅なのに
> 色んな風景を見つけ、写真撮影お疲れ様です^^
> 見せていただく僕は楽しいですが、
> 撮っているAzTakさんは大変でしたでしょうね。

自分で志願した旅です。きつくはありましたが、初日ほどには恐怖感はなくなりました。2日目以降はひたすら残りの距離表示数が減るのが楽しみになってきました。
写真を撮るのは下手ですが大好きなので、これを言い訳にするつもりは最初からありませんでした。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR