散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

スペイン巡礼旅行5-1

本日も、パラス・デ・レイを目指してまだ薄暗いポルト・マリンを08:15頃に出発。遠いけれども頑張ろう。私には全行程を通じて初日が一番辛く感じたが、仲間が一番辛く感じたと口を揃えていたのが、この2日目。
朝食は近くのスーパーマーケットで前夜仕入れていたものを食べた。大した内容でもないし、疲れが残っていて、調子が出ないので、朝食の写真は撮らなかった。


15日(日) ポルト・マリン → パラス・デ・レイ(約24キロ)
朝食は含まれていません。
引き続き徒歩巡礼です。この日も朝10時頃出発すると、夕刻18時頃の到着でしょう。
しばらく登りが続きますが、慌てず、ゆっくりと進みましょう。
Pension Bar Plaza 982 380 109 @パラス・デ・レイ泊


本日の歩き出し
ミニョ川と呼ばれる川のダム湖だということがよくわかる
ミニョ川と呼ばれる川のダム湖だということがよくわかる
前日苦労して上がってきた道を下りだし、また、あの光景が見え出した。手前の橋も前日渡った橋も共に怖そうだな。それにしても、また、あの怖い橋を渡らなくてはいけないのかと、朝一番で少々怯んでしまった。
手前の橋も前日渡った橋も共に怖そうだ_1
手前の橋も前日渡った橋も共に怖そうだ_2
高所恐怖症の恐れおののきは杞憂に終わったが、またもや上り坂が始まる様子。前日の足の痛みが回復したわけではないのでかなり辛い。
朝のうちは寒さ対策をしている人が圧倒的に多かったが、私は半袖で頑張った。

またもや上り坂が始まる様子
あのワンちゃんファミリーも同じ頃に出発したようだ。
あのワンちゃんファミリーも同じ頃に出発したようだ
ちょうど良い場所だったので、ガイドの佐々木氏が巡礼の道の簡単な説明と今日の行程の簡単な確認とを行っている。今日は前日以上に先頭とビリの間の間隔が開きそうな予感。
ガイドの佐々木氏が巡礼の道の簡単な説明と今日の行程の簡単な確認とを行っている
残りは87kmか。微妙なところに札を貼る馬鹿な奴がいるので、小数点以下があるのかないのかわからない。ここは小数点以下が無いと思うことにしたい。
残りは87kmか
途中にて
こんな軽装で大丈夫なのって、心配になる手ぶらだ。
こんな軽装で大丈夫なの_1
身が軽い所為かお姉ちゃんたちは結構早く歩く。彼女たちのあとを追って、こちらも少し早足になっていたかもしれない。お兄ちゃんをついでに追い抜いた。
こんな軽装で大丈夫なの_2
彼女たちの欠点は、頻繁に休み、かなり長く休む。他人様のことを言うほど余裕はないが、もう少し粘って歩いたほうが良いのでは。
こんな軽装で大丈夫なの_3
スペインには松がいっぱい植えられている。日本のと種類が違うのか、松ぼっくりが大きい感じだ。
松ぼっくりが大きい
嫌だけど、坂道が始まる。
嫌だけど、坂道が始まる
畑を畝ったのだろうが、比較的大きな石がゴロゴロ。昔の日本の耕運機では歯が立たなさそうだ。こんなに石があるのだから、…
畑を畝ったのだろうが、比較的大きな石がゴロゴロ
こういう楽な道がしばらく続くと嬉しいのだが
こういう楽な道がしばらく続くと嬉しいのだが
先着組は既に
滅多にある訳ではないが、こうした休憩できる場所ですっかりリラックスしていた。水分の補給やストレッチなどをして、足腰を休めていたようだ。さらに背中を乾かしていた。そうした時間があるくらい前に到着していたようだ。こういうありがたい場所もトイレがあるわけではない。
すっかりリラックスしていた
再び歩き出す
本当に皆さん、よく歩くものだ。歩き出しでエンジンがかからない所為もあるが、あっという間に追い抜かれてしまった。
本当に皆さん、よく歩くものだ。
とある集落で、休みどころがあればいいなと思っていたが、何もなく虚しく通り過ぎる … 時刻11:07頃
休みどころがあればいいなと思っていたが、何もなく虚しく通り過ぎる_1
廃屋と思しき家屋もあった。これから先、かなり出てきた。スペインも一応は欧州の国家だから、少子高齢化の波が来て、特に農村部は人口減少が目立つのだろうか。
休みどころがあればいいなと思っていたが、何もなく虚しく通り過ぎる_2
第一回目の本格的小休憩
もう暫くないかなと思っていた頃、大したことはない店だが漸くあった。暫し小休憩をとる … 時刻11:20なので、3時間以上経過している。店の名前は、スタンプによれば、Café Bar Ó CASTRO でCASTROMAYOR - PORTOMARINにあるようだ。カフェバーなのかなあ。
大したことはない店だが漸くあった
仲間の足はぼろぼろで、非常に痛そう
仲間の足はぼろぼろ

Comments

 
こんにちは
同行の方の足、かなり来てますね。
親指の下の豆はいかにも痛そうですね。
昔は雑菌が入らないといいですが
かかとのアキレス腱のところも痛むときついです。
どのくらいのペースかわかりませんが、休憩地点の
ありがたさは、体験しないと分からないと思います。

まだまだ先は長そうですね・・・
 
こんにちは(*´∀`)

凄い橋をわたったり、坂道があったり、景色を見ているというよりは、戦っているかんじのお写真だな~と思います。
カフェのお写真は、いいですが、そのしたの足は、痛々しくてかわいそうです。みな、こんな足をして、あるいているのかな?日頃歩いていない私は、たまに東京とかに出掛けただけで、足のしたに水脹れとかできます。よわずぎて鍛錬したいと駄目です。
お邪魔しましたm(__)m
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんにちは。

> 同行の方の足、かなり来てますね。
> 親指の下の豆はいかにも痛そうですね。
> 昔は雑菌が入らないといいですが
> かかとのアキレス腱のところも痛むときついです。

彼はスペイン長期滞在中で、この旅行の前からスペイン国内を散々歩きまわっていたようです。
そんなことからすでに足に来ていたのかもしれませんね。本当に痛々しそうでした。

> どのくらいのペースかわかりませんが、休憩地点の
> ありがたさは、体験しないと分からないと思います。

ベンチなどは殆どありません。あればラッキーですが、休憩直後は当然パスするでしょうから、利用しない方も少なくありませんでした。
特に女性軍はそう簡単に花を摘みになどいけませんから、やはり茶店での休憩が一番のようです。

> まだまだ先は長そうですね・・・

そうですね。この頃は足腰の痛みになれるべく格闘中でしたね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> 凄い橋をわたったり、坂道があったり、景色を見ているというよりは、戦っているかんじのお写真だな~と思います。

そんなつもりはなかったのですが、意外に自分の体力がなく、巡礼路の状況が厳しいものだった、その2つの原因から戦っている感じになってしまいましたね。
私の心づもりとしては、のんびり歩きながら自分の人生を振り返り、明日の生き方を考えてみたい、というものでした。心ならずもどうやって完歩するかに意識を集中させなくてはいけなかったことは、ちょっと残念なことでした。

> カフェのお写真は、いいですが、そのしたの足は、痛々しくてかわいそうです。みな、こんな足をして、あるいているのかな?日頃歩いていない私は、たまに東京とかに出掛けただけで、足のしたに水脹れとかできます。よわずぎて鍛錬したいと駄目です。

かれはその前からスペイン各地を歩き回っていて、そのことで大きなマメをこしらえてしまったようです。痛々しそうでした。私はマメが出来そうな寸前でなんとか踏みとどまることができました。

> お邪魔しましたm(__)m
お疲れ様です^^ 
ダム湖にかかる橋 すっごく高くて長いんですね!
前回のお写真よりよく分かります。
足辛そうですね~でもまだ半分以上あるんですもんね。。
ところで AzTakさんはスペイン語はペラペラなんですか?^^
現地では巡礼の仲間の方と どのようにコミュニケーションをとっていたのでしょう^^
Re: お疲れ様です^^ 
モカさん、こんばんは。

> ダム湖にかかる橋 すっごく高くて長いんですね!
> 前回のお写真よりよく分かります。

ある程度高さはありますが、ひきつるほどではないはずなんですが、高所恐怖症の私にはなんとも怖いものに見えました。(^_^;)

> 足辛そうですね~でもまだ半分以上あるんですもんね。。

自分もヘロヘロなのに、そのことはさて置き、この先どうされるのかと真剣に心配してしまいました。
でも、驚異の粘りで完歩されました。ものすごい精神力を発揮されたようです。

> ところで AzTakさんはスペイン語はペラペラなんですか?^^
> 現地では巡礼の仲間の方と どのようにコミュニケーションをとっていたのでしょう^^

残念ながらスペイン語は全くできません。我々には日本人の現地在住のガイドの佐々木氏がついていたし、8人の参加者のうち、カタコト以上話せる人が4人いらっしゃったので、彼らにも手伝ってもらったりしました。
非スペイン語圏の外国人とは英語で会話をしたりしました。といってもカタコト以上の話はできませんが。
スペイン人からは、『オリンピックが日本に決まってよかったね』という会話が多かったです。とはいうものの残念な気持ちがあることは確かで、そのへんを佐々木氏はうまく切り替えしていたようです。
我々が日本人のパーティーだということがどうしてわかるのか不思議でした。中国人や韓国人と間違わないのがとても不思議でした。
こんにちは 
残り87Kmってことは、本当に100Km歩くんですかあ
えーと一里が4Kmで一般の人が歩いて一時間の走行距離ですから、8時間で、32Kmの計算ですけど
8時間歩きっぱなしではないので、・・・
そうやって計算すると、100Kmって何日かかるんですか?
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 残り87Kmってことは、本当に100Km歩くんですかあ

そうですよ。我々は『巡礼証明書』をいただける最低限の距離100km以上のすぐそばにある街サリアから113km歩きました。

> えーと一里が4Kmで一般の人が歩いて一時間の走行距離ですから、8時間で、32Kmの計算ですけど
> 8時間歩きっぱなしではないので、・・・

荷物を背負って、悪路の山道がほとんどですから、時速4kmには達しませんでした。3.3kmくらいになったのでは。でも、剣客の人はいるもので、このフランスルートではなく、塩の道と呼ばれるポルトガルルートがあります。そこを完全制覇した日本人の手記を読みましたが、なんと1日60kmくらい歩く超人さんでした。とても参考にはならないなと、下を向いてしまいました。
そういうことなので、『30km未満ならば楽勝。頑張れば本当は3日間で行ける』などと思い込んでいたんです。いかに甘い見通しだったか、思い知らされました。

> そうやって計算すると、100Kmって何日かかるんですか?

6日で113kmを歩きましたから、1日平均18.8kmということになります。
最後にサンチャゴ・デ・コンポステラの大聖堂が遠望できるところがあります。『喜びの丘』というんですが、そこからがかなりありました。本当に辛い日々でした。
こんにちは。 
橋のある風景がいいですね。
巡礼の旅もいろんな服装の方がいて、その人の気の入れ方の違いが洗われていますね。
マメを作りながらの強行軍ご苦労様でした。
こんばんは 
まだ87キロもあるんですね。
お連れさんの足が痛々しそうです(^^;
この巡礼の旅の過酷さが伝わってきます。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 橋のある風景がいいですね。

遠くから撮っても、高所恐怖症なので腰が引けていたかもしれません。。

> 巡礼の旅もいろんな服装の方がいて、その人の気の入れ方の違いが表れていますね。

そういう感じですね。それなりに研究して、負荷のかからず、機能を果たす服装をしてきた人が一番だったように思いました。

> マメを作りながらの強行軍ご苦労様でした。

私は、幸か不幸かマメはできませんでした。その代わりダルビッシュ投手と同じように、尻からつま先にかけて痺れる兆候があったのと、部分断裂で細くなっている右膝靭帯を庇うことから生じる周辺部位の筋肉痛で、大変でした。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> まだ87キロもあるんですね。
> お連れさんの足が痛々しそうです(^^;
> この巡礼の旅の過酷さが伝わってきます。

あの方は、この巡礼の旅以前から長期にスペインに滞在して、あちこちをひとりで歩き回っていました。その過程でマメを作ってしまい、さらに今回悪化させたようです。本当に見ているのが気の毒なほどでした。
ほかの方もマメで苦しんでいました。それなのに、不思議なことに私はマメができませんでした。
あまり楽な旅ではありませんでした。今度行くことがあれば、事前に国内のトレッキングルートで足腰を鍛えておく必要があるなと思いました。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR