散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

江戸東京たてもの園にて(9)

本日、出国手続きを行い深夜(日付は9月11日)にスペインに向けて出国します。帰国までにUPする記事に関しては、申し訳ありませんがコメント欄を閉じさせていただきます。

花市生花店

前回の訪問記に該当頁にjump

昭和初期に建てられた〈看板建築〉の花屋です。建物の前面は花屋らしくデザインされています。店内は昭和30年代の花屋を再現しています。
[千代田区神田淡路町一丁目/1927年(昭和2)]


外観
袖看板は、『花市生花店』という店名表示でなく、上段に小さく『FLORIST』、中段に大きく『ナハ』、下段に小さく『六二三一 田神 話電』となっていた。現代風に表記すれば『ハナ』のみ。何とも時代を感じさせるものだ。そんなに競争相手も居なかったのかもしれない。
花市生花店_外観_1
ショーウィンドウがあり、綺麗に活けられた生花は客の注意を惹くものになっていたようだ。これだけでも集客効果十分だったのだろう。
2階の窓の下には梅・桜・菊・牡丹などの花が飾られ、3階には菊が両側に、蝶が対角線上にあしらわれているそうだが、この写真でわかるだろうか?

花市生花店_外観_2

店内の様子
私が子供の頃の花屋さんの店内はこんなふうだったのか。現在とそんなに変わっていないように見えなくもないが、やはり花の種類がごく少ないのが一番違う点だろうか。店内は明るく、やはり花屋さんらしい華やかさを有していたようだ。
この店舗は平成3年まで実際に使用されていたようだ。

花市生花店_店内の様子

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR