散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

京都小旅行(16)

高台寺から『夢二カフェ 五龍閣』に向かう。名前のとおり、現在は飲食スペースとなっているが、建物が素敵で写真撮影も構わないようなので、ここで昼食をいただきながら写真撮影を行おうと考えた。

『夢二カフェ 五龍閣』
清水寺へ向う清水坂を上がり、左に産寧坂の分かれ道をすぎて間もなく、右手の奥に、昔から清水順正として知られた大きなレトロな洋館があります。ここは「五龍閣」と名づけられた建物で、国の登録有形文化財になっています。
この建物は最近まで湯豆腐で有名な「清水順正」として使われていましたが、2009年11月に「五龍閣」として改装し、この1階に清水寺順正が経営する「夢二カフェ」がオープンしました。
この建物は、もとは、清水焼から事業を起こし、義歯や碍子で財を成した明治の企業家であった松風嘉定の邸宅として、大正10年(1921)頃までに建てられたとされています。設計者は、明治・大正期の著名な建築家で、京都大学建築科を創設したことでも知られている武田五一です。
1階の「夢二カフェ」には暖炉や、ステンドグラス、竹久夢二の絵などがあり、大正時代のレトロな雰囲気にあふれています。


外観
気が付かなかったけれども鴟尾付きの館だったんだ。
『夢二カフェ 五龍閣』_外観_1
『夢二カフェ 五龍閣』_外観_2
『夢二カフェ 五龍閣』_外観_3
『夢二カフェ 五龍閣』_外観_4
『夢二カフェ 五龍閣』_外観_5
『夢二カフェ 五龍閣』_外観_6

店内
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_1
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_2
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_3
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_4
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_5
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_6
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_7
『夢二カフェ 五龍閣』_店内_8

料理
豆腐サラダ
豆腐サラダ
箸の包み紙
箸の包み紙
別途注文のサイダー
別途注文のサイダー
京野菜のパスタ
妻が絶賛していた
京野菜のパスタ
京野菜のカレー
なかなか美味しかった
京野菜のカレー
階上の様子
『夢二カフェ 五龍閣』_階上の様子_1
『夢二カフェ 五龍閣』_階上の様子_2
『夢二カフェ 五龍閣』_階上の様子_3

『夢二カフェ 五龍閣』のHPへjump

以上で『京都小旅行』の連載は終了です。最後までご覧いただき大変有難うございました。

Comments

 
最後に素晴らしいご褒美が待っていたのですね!
こんな素敵な店で食事ができたら疲れもすっかり癒されたことでしょうね。
木をふんだんに使った内装が本当に素敵です。いつか自分の行ってみたいです。
サイダー、最高でした!(笑)
 
こんにちは(*´∀`)

鳥のステンドグラス、素敵です。このお写真が一番このみかもです。
階段も、凄いいい木をつかってるみたいで、素敵ですね。見上げたショットがいいですね。
カレー美味しそうです。夏はなんだか、カレーいいですね。m(__)m
Re: タイトルなし 
なかまちさん、こんにちは。

> 最後に素晴らしいご褒美が待っていたのですね!
> こんな素敵な店で食事ができたら疲れもすっかり癒されたことでしょうね。

ロータス123などというソフトが有りましたが、高台寺からだと、坂を1-2-3と上ったその先にありました。目と鼻のところまで来て休み台があったので、情けない話ですが5分くらい休憩を入れました。
このお店でリフレッシュできたのですが、汗まみれの服が何とも気持ちが良くなく、このあと、高島屋と伊勢丹とをはしごしていました。

> 木をふんだんに使った内装が本当に素敵です。いつか自分も行ってみたいです。
> サイダー、最高でした!(笑)

建物は、掛け値なしに素晴らしいものでした。しっかり作ってあるという感じです。
サイダーはイケました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> 鳥のステンドグラス、素敵です。このお写真が一番このみかもです。

そういえば、鳥があしらってあったんですね。その時にはバテていて、それでも何か撮ってこようと、そればかりでした。(^_^;)

> 階段も、凄いいい木をつかってるみたいで、素敵ですね。見上げたショットがいいですね。

ここは贅沢な作りだなと感心しました。

> カレー美味しそうです。夏はなんだか、カレーいいですね。m(__)m

私はカレー、妻はパスタにしました。カレーは疲れた身体をリフレッシュさせる効果があると自分勝手に思っています。現役時代に半年以上、毎昼食にカレーのバイキングを食べ続け、相当太った記憶があります。ということで、今は程々にしています。
AzTakさん 
ホーー
貴船神社は、女性の味方ですか?
知りませんでしたね~
モットモ、熊には縁のない話ですが・・
八百万の神様のなかには、粋な神様もいらっしゃいますね~

スパイスの効いたカレーは夏の食欲の元です
つい食べたくなります
素敵なカフェですね
夢二ゆかりの施設はいくつか有るようですが、此処はさすが京都、外観、内装とも素晴らしいです
こんばんは! 
何時もブログを見て頂き有り難う御座います。
AzTakさんの書き込みは2回目になりました。

何時も綺麗な画像を大きく掲載しているので私も画像の大きさを変更させて頂きました。
AzTakさんのモニターではメニューと画像が重なってしまうと言うご指摘がありました。
私のモニターは23型なのでそれ程大きなモニターではありませんがまだ大きくしても余裕があります。
ご指摘がありましたので2カラムのテンプレートに変更してみました。
画像を小さくしようと思いましたが、テンプレートを変更してみました。

AzTakさんのプロフィールを見ると顔写真が掲載されていますが、
私と同じようなのでびっくりしています。
私も退職して12年が過ぎてしまいました。

又、宜しくお願いいたします。
Re: AzTakさん 
のんびり熊さん、こんばんは。

> ホーー
> 貴船神社は、女性の味方ですか?
> 知りませんでしたね~
> モットモ、熊には縁のない話ですが・・
> 八百万の神様のなかには、粋な神様もいらっしゃいますね~

箸の包み紙に書いてあったやつですね。あれは、私が書いた訳じゃありませんから。(^_^;)

> スパイスの効いたカレーは夏の食欲の元です
> つい食べたくなります
> 素敵なカフェですね
> 夢二ゆかりの施設はいくつか有るようですが、此処はさすが京都、外観、内装とも素晴らしいです

すごいのが、観光地のど真ん中近くにありました。ほんの少しだけ参道から引っ込んでいるおかげで、割と静かで昼でも何とか潜り込めました。
内外装の素晴らしさは群を抜いていました。
Re: こんばんは! 
hiroさん、こんばんは。

> 何時もブログを見て頂き有り難う御座います。
> AzTakさんの書き込みは2回目になりました。

やはりそうでしたか。失礼しました。

> 何時も綺麗な画像を大きく掲載しているので私も画像の大きさを変更させて頂きました。
> AzTakさんのモニターではメニューと画像が重なってしまうと言うご指摘がありました。
> 私のモニターは23型なのでそれ程大きなモニターではありませんがまだ大きくしても余裕があります。
> ご指摘がありましたので2カラムのテンプレートに変更してみました。
> 画像を小さくしようと思いましたが、テンプレートを変更してみました。

確認させていただきましたが、今度は私のディスプレイでもOKでした。
テンプレート変更は馬力が必要だったでしょうに、早速対応していただき有難う御座いました。

> AzTakさんのプロフィールを見ると顔写真が掲載されていますが、
> 私と同じようなのでびっくりしています。
> 私も退職して12年が過ぎてしまいました。

私は2年半ほどでまだまだ駆け出しです。何かをやることで呆けないよう、あがいています。

> 又、宜しくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願い致します。
こんばんは 
こんなにお洒落な建物のカフェがあるんですか~
これは知りませんでした!
お料理も美味しそうですが、僕はサイダーに
反応してしまいましたw
暑い日にグーと飲むと美味しいでしょうね♪
 
こんばんわ
五龍閣・・素敵ですね
>・・鴟尾付きの館だったんだ
こういう言葉をよくご存知ですね・・知りませんでした。
洋館に鴟尾を配するとは凄い発想だとおもいます。
それがうまくマッチングしています。
改装後でなかも綺麗ですね。
ステンドグラスも和風で面白いですね。
 
鯱の親戚みたいな飾りは「鴟尾」というんですね。
へぇ~っと思って、思わず調べちゃいました。(^_^

中国から日本に伝わった(らしい)という割に、建物は瀟洒な洋館なんですね。
当時の流行なども反映されているのでしょうか。
階段の裏側まで手抜きがない、重厚な雰囲気の素晴らしい館ですね。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、おはようございます。
昨夜から早朝にかけて、やや壊れかけていた妻のPCの必要データを入れ替えていました。
一応情報処理技術者の端くれなので、これくらいは朝飯前なはずなんですが、ちょいと汗をかきました。あれは冷や汗だったんでしょうか?
ということで完全な睡眠不足状態です。

> こんなにお洒落な建物のカフェがあるんですか~
> これは知りませんでした!

ちょっと前から存在を知っていたのですが、暫く京都に行く機会がなく、初めて行きました。

> お料理も美味しそうですが、僕はサイダーに
> 反応してしまいましたw
> 暑い日にグーと飲むと美味しいでしょうね♪

ふふふ、あれは美味しく感じました。全身塩吹きマシンでしたから。
Re: タイトルなし 
> こんばんわ

jskさん、おはようございます。

> 五龍閣・・素敵ですね
> >・・鴟尾付きの館だったんだ
> こういう言葉をよくご存知ですね・・知りませんでした。

唐招提寺の建て替えのとき、問題になったので、記憶していました。

国宝。奈良時代建立の寺院金堂としては現存唯一のものである(奈良・新薬師寺の本堂は奈良時代の建築だが、当初から本堂として建てられたものではない)。2000年から解体修理(「平成の大修理」)が行われ、2009年11月1日-3日に落慶行事が行われた。寄棟造、本瓦葺きで、大棟の左右に鴟尾を飾る。このうち西側の鴟尾は創建当初のもので、東側は鎌倉時代の元亨3年(1323年)の補作であったが、いずれの鴟尾も劣化が甚だしいため、平成の大修理に伴い、屋根上から下ろして別途保管することとなり、屋根上には新しい鴟尾が飾られている。

> 洋館に鴟尾を配するとは凄い発想だとおもいます。
> それがうまくマッチングしています。

実は行ったときは気づかなくて、帰ってきてから『あれあれ』ということに。

> 改装後でなかも綺麗ですね。
> ステンドグラスも和風で面白いですね。

モダンですよね。
Re: タイトルなし 
> 鯱の親戚みたいな飾りは「鴟尾」というんですね。
> へぇ~っと思って、思わず調べちゃいました。(^_^

沓形が鴟尾のようです。漠然と認識していましたが、違いは認識していませんでした。(^_^;)

鴟尾・鯱

鴟尾は、建物の大棟の両端を強く反り上がらせるところに起源があると考えられています。中国漢代の墓に副葬されているミニチュアの建物にはすでに鴟尾が表現されています。
わが国では飛鳥時代からすでに鴟尾が作られており、飛鳥寺から古いタイプのものが出土しています。山田寺や和田廃寺には、胴部に羽根形の文様をもつものが作られております。よく知られたものに法隆寺玉虫厨子金銅製鴟尾があります。
白鳳時代の鴟尾には胴部に珠文帯を設けたり、腹部に蓮華文を飾ったり装飾性が豊かなものとなります。
奈良時代の鴟尾は史料に「沓形」と見えますように、奈良時代の貴族たちがはいた沓に似た形になります。唐招提寺金堂大棟西端の鴟尾が典型的なものです。伝世された奈良時代の鴟尾としては唯一のものです。奈良時代には瓦製の鴟尾があまり作られなかったものか、出土例は多くありません。史料に金胴製鴟尾のことがいくつか見えますので、焼き物よりそのようなものが作られたのでしょう。
平安時代には緑紬の鴟尾が作られたりしますが、あまり多くは作られなかったようです。

中世になると魚形に変化して鯱になります。建物を火災から守るために水に関わる想像上の海獣を屋根にのせるようになったのでしょう。戦国時代になりますと、鯱はとくに城郭建築に使われるようになります。


> 中国から日本に伝わった(らしい)という割に、建物は瀟洒な洋館なんですね。
> 当時の流行なども反映されているのでしょうか。
> 階段の裏側まで手抜きがない、重厚な雰囲気の素晴らしい館ですね。

是非、ご自分の目で確かめてみてください。私も恥ずかしながら初めて見たにすぎません。(^_^;)

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR