散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

京都小旅行(5)

臨済宗大本山東福寺(2)

私見だが、東福寺が宗教活動上で一番重視している一角だと思う。

禅堂…重要文化財 南北朝
おそらく東福寺としては最重要の建物として位置づけている建物だろう。
1347(貞和3)年再建。別称、僧堂、選佛場ともいう座禅専修の道場です。中世期より現存する最大最古の禅堂で、桁行七間、梁間四間、単層、裳階(もこし)付切妻造。鎌倉風の花頭窓と格子窓、弓形の木を並べた波欄間、鏡天井。身舎(もや)中央には二重虹梁(こうりょう)と大瓶束(だいへいづか;下の細まった円い短柱)。その豪壮な姿に、往時の隆盛をしのばれます。
掲げられている扁額「選佛場」は宋国径山万寿寺(きんざんまんじゅじ)の無準師範の筆です。明治火災後、仮本堂とした改造がみられます。

禅堂_1
禅堂_2
禅堂_3

東福寺殿鐘楼…京都府指定文化財 室町後期
東福寺には鐘楼が2つ存在し、西側がこの鐘楼、東側には寛文11(1672)年に建立された東福寺大鐘楼がある。いずれも京都府指定文化財。
東福寺殿鐘楼に吊り下げられていた重文の銅鐘は収蔵庫に収納されているようだ。代わりの鐘が下げられているのか否かは確認できなかった。

禅堂の北、経蔵前に位置する西の鐘楼です。
この中の銅鐘(重文)は鐘身1.4m、口縁外径1m、厚さ8.5cmの大鐘で、蓮華門の撞座のすぐれた点より平安初期を下らざる鋳造とみられます。もと西寺の遺物を九条道家が求め、当寺に寄進しました(現在は収蔵庫に収納)。

手前が東福寺殿鐘楼
東福寺殿鐘楼と経蔵

経蔵…京都府指定文化財 江戸
私の大好きな建物。
門、禅堂、東司などとともに旧観を残す宝形造りの瀟洒な建造物。
開山の聖一国師(円爾弁円)は宋からの帰朝の際一千余りの典籍を持ち帰り、我が国文教の興隆に多大な貢献をしました。当寺には今なお、宋代の書跡や貴重な書物が多数所蔵されています。

経蔵_1
経蔵_2

Comments

 
こんにちは(^^)
経蔵いいですね。白壁と木の燻した感じの色が、清潔感があっていいですね。白壁は、前にテレビの、before afterという家をつくる番組で、赤貝の灰をつかって、塗っていました。調べたら、貝灰漆喰というらしいですね。この、建物もそうかも?貝灰漆喰は、自然物なので、空気などを吸ったりはいたりして、温度や湿度を自然調節するみたいです。書物が入っているなら尚更、そういうつくりだと、いいですね。
沢山の大切な教えが、入っているのだから、人間の脳みたいに大事ですね。
おじゃましました。m(__)m
Re: タイトルなし 
> こんにちは(^^)

keicoさん、こんにちは。

> 経蔵いいですね。白壁と木の燻した感じの色が、清潔感があっていいですね。白壁は、前にテレビの、before afterという家をつくる番組で、赤貝の灰をつかって、塗っていました。調べたら、貝灰漆喰というらしいですね。この、建物もそうかも?貝灰漆喰は、自然物なので、空気などを吸ったりはいたりして、温度や湿度を自然調節するみたいです。書物が入っているなら尚更、そういうつくりだと、いいですね。
> 沢山の大切な教えが、入っているのだから、人間の脳みたいに大事ですね。

そうですね。あの漆喰の組成はわかりかねますが、毎日貴重な書物を守ってきたのでしょう。

開山の聖一国師(円爾弁円)は宋からの帰朝の際一千余りの典籍を持ち帰り…

とあるんですが、この経蔵は江戸時代の建物。それまでどのように保管されていたのかが、実は気になっています。禅問答をする宗教ですから、書籍に目を通すのは基本中の基本だったでしょう。その時に書籍がどこに格納されていたのか。うーーん。

> おじゃましました。m(__)m
 
経蔵に今尚、多数の書物が残っているとは驚きです。
災難には何回か会っているんでしょうがね。
俗事ながら、軽トラと経蔵、何となく時代を超えたユーモアを感じるのはのんびり熊だけでしょう
 
こんばんは、東福寺は重要文化財、国宝の宝庫ですね、秋の通天橋から眺めるモミジは本当に見事ですよ、緑の苔にモミジの葉が舞い降りる様子も見飽きません、京都の紅葉は遅いので11月の末に再度の京都にお運びください。
Re: タイトルなし 
のんびり熊さん、こんばんは。

> 経蔵に今尚、多数の書物が残っているとは驚きです。
> 災難には何回か会っているんでしょうがね。

前回と今回取り上げた部分が、古き良き姿をとどめている部分です。次回取り上げる部分は、見かけは古そうですが、大火災による焼失や台風被災で残念ながら明治以降に再建した建物です。
経蔵に入っている書籍に関してですが、経蔵とは比べ物にならなくらい古い古いものです。
東福寺の僧侶でこれを読みこなせる人物がいるのでしょううか。それが私個人としては、気になるところです。
幸いにも非常に長い年月書籍を保存することに成功したので、次なるは、電子化と、その記載内容の研究が課題なんでしょうね。

> 俗事ながら、軽トラと経蔵、何となく時代を超えたユーモアを感じるのはのんびり熊だけでしょう

本当にそうですね。
困ったなと思いましたが、どいてもらう訳にもいきませんでした。
そのまま撮ったほうが現世らしくていいかなと最後には自分に納得させました。
Re: タイトルなし 
> こんばんは、東福寺は重要文化財、国宝の宝庫ですね、秋の通天橋から眺めるモミジは本当に見事ですよ、緑の苔にモミジの葉が舞い降りる様子も見飽きません、京都の紅葉は遅いので11月の末に再度の京都にお運びください。

ばぁさん歩さん、こんばんは。
通天橋から見る谷を埋め尽くす紅葉の様は、絶句するほどの見事さなんでしょうね。
平日でも相当な人出になるんでしょうね。でも、竹内まりやの「人生の扉」じゃありませんが、この先、そう何度も見られるわけじゃあるまいし、うまく、日程がとれれば、見に行きたいなって思います。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR