散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

京都小旅行(2)

新幹線から降りたら、かつて経験したことのないほどの暑さが待ち構えていた。あとで分かったのだが、この日は38.2度で、翌日は39.0度だった。なるほど暑いはずだが、京都の寺社巡りを始めたばかりで弱音を吐く訳にはいかない。
予定を少し変更して、JR奈良線に乗りまず伏見稲荷大社に向かう。

JR奈良線車両
JR奈良線稲荷駅

伏見稲荷大社(1)
伏見稲荷大社は、全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社だ。初詣客は関西で一番。堂々たる神社なのに、国宝や重要文化財がわずかしか無い。そこだけが不思議でならない。

楼門
推論程度に留める人と、断定口調でいう人とがいるようだ。
☆以前の楼門は応仁の乱により焼失し、現存のものは再建に尽力した秀吉の寄進によるものらしい。
☆1589年(天正17年)に豊臣秀吉が母・大政所の病気平癒を祈って造営した入母屋造りの楼門です。

伏見稲荷大社楼門_1
伏見稲荷大社楼門_2
伏見稲荷大社楼門_3
口を開いた阿(あ)形の左大臣
口を開いた阿(あ)形の左大臣
口を閉じた吽(うん)形の矢大臣
口を閉じた吽(うん)形の矢大臣

外拝殿(舞殿)
内拝殿は一般のお参りに使われ、外拝殿は2月の節分祭の時、ここから豆がまかれる。
外拝殿(舞殿)_1
外拝殿(舞殿)_2

内拝殿
一般のお参りに使われる。
内拝殿_1
内拝殿_2

御茶屋(重要文化財)
伏見稲荷大社にある御茶屋は、国の重要文化財建造物。江戸時代初期、御所にあった古御殿のひとつで、寛永18年(1641)に、当時、院の非蔵人として仕えていた当社祠官羽倉延次が、後水尾院より賜ったものである。七畳の主室は、床、付書院、違棚を設けた書院造りであるが床柱や漆塗りの框などには数寄屋風の意匠がうかがえる。(非公開)
御茶屋の写真があるHPへjump

本殿(重要文化財)
応仁の乱で焼失した後、明応3年(1494年)に再建。五間社流造、檜皮葺き
本殿(重要文化財)

権殿(かりどの)
社殿を改築、修理する時に御神体を一時的に奉安する社殿
権殿(かりどの)

玉山稲荷社
こういうものでも、末尾に引用した解説のとおりで、末社扱いのようだ。
御祭神:玉山稲荷大神
玉山稲荷社は遠い昔に、稲荷大社から宮中鎮守として勧請(分霊)されました。
その後、江戸時代の1705年に東山天皇の命で修学院村の玉山に移ります。
明治維新では東京遷都となり、宮中の方が玉山稲荷社をお世話できなくなり、明治7年11月に伏見稲荷神社境内の権殿に仮遷座されます。その翌年には伏見稲荷の末社となり現在に至ります。

玉山稲荷社

本殿左後方にある末社群
長者社…祭神:秦氏(当大社旧社家)祖神
長者社…祭神:秦氏
荷田社…祭神:荷田氏(当社旧社家)祖神
荷田社…祭神:荷田氏(当社旧社家)祖神
五社相殿社(左から蛭子社・猛尾社・若王子社・日吉社・八幡宮社)…
  祭神 蛭子社:事代主神、猛尾社:須佐之男大神、若王子社:若王子大神、日吉社:大山咋神、八幡宮社:応神天皇

五社相殿社
両宮社…祭神:天照皇大神、豊受皇大神
両宮社

表参道沿い、本殿に向かって左手にある末社群
左から、熊野社…祭神:伊邪那美大神、藤尾社…祭神:舎人親王、霊魂社
左から、熊野社…祭神:伊邪那美大神、藤尾社…祭神:舎人親王、霊魂社

現在は摂末社に関する規定は特にないが、一般には、摂社はその神社の祭神と縁故の深い神を祀った神社、末社はそれ以外のものと区別され、格式は本社>摂社>末社の順とされる。本社の境内にあるものを境内摂社(けいだいせっしゃ)または境内社、境外に独立の敷地を持つものを境外摂社(けいがいせっしゃ)または境外社という。

明治から戦前までの近代社格制度では、官国幣社の摂社は以下のいずれかを満たすものとされ、それ以外は末社とされた。
 本社の祭神の后神・御子神等、系譜的に連なる神を祀る神社
 本社の祭神の荒魂を祀る神社
 本社の地主神(祭神が現在地に遷座する前に当地に祀られていた神)を祀る神社
 その他、特別の由諸がある神社

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
流石、伏見稲荷大社ですね!
堂々とした造りの神社ですね!
修学旅行で行ってませんので、
まだ京都・奈良は未知のところなんです 泣)
いつかゆっくり京都・奈良撮影を楽しみたいものです♪
暑い中、アルが問うございます。
 
AzTakさん、こんにちは♪

夏の京都は暑いと聞いていましたが39度とは・・・
暑さに滅法弱い私なので、京都に行ったとしても
新幹線のホームからそのまま回れ右をして帰ってきてしまいそうです(笑)
AzTakさんは暑さにも負けず、歩かれてたくさんのお写真を撮られたのですね。
お疲れ様でした(^^)/

さすがに伏見稲荷大社、鮮やかな朱色に目を引かれます。
末社まで全てお参りしたら、ちょっと大変そうですね。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 流石、伏見稲荷大社ですね!
> 堂々とした造りの神社ですね!
> 修学旅行で行ってませんので、
> まだ京都・奈良は未知のところなんです 泣)
> いつかゆっくり京都・奈良撮影を楽しみたいものです♪

私は相当回数京都には行っていますが、結構同じところが少なくなく、他方で取りこぼしたままのところも少なくありません。今回の行き先でも伏見稲荷大社や高台寺がそうでした。いつでも行けるから、と思いつつ一度も行かないままになっていました。
そろそろそういうところをきちんと訪問すべき時かなと思いつつ、そう簡単には回り切れないでいます。

> 暑い中、アルが問うございます。

makiraさんが撮る奈良・京都を是非見てみたいものです。
私も奈良まで足を伸ばしたのはそう多くはありませんが、人間が枯れてくると奈良は素晴らしく感じられるところのように思います。
お早う御座います! 
私の拙いブログを見て頂き有り難う御座いました。
コメントも残して頂き有り難う御座います。

AzTakさんのブログは何回も見せて頂いていました。
東京駅の画像が気になっていました。
私も東京駅の夜景を撮りに行きましたが時間が遅くライトアップは終わっていて駄目でした。

京都へ行かれたようで羨ましく感じます。
私も数年前に行きましたので懐かしく拝見させて頂きました。
京都は盆地なので暑さが厳しいところです。
写真を撮るのが大変ではなかったかと思います。
見せて頂き有り難う御座いました。

又、遊びに来て頂ければと思います。
有り難う御座いました。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、おはようございます。

> 夏の京都は暑いと聞いていましたが39度とは・・・
> 暑さに滅法弱い私なので、京都に行ったとしても
> 新幹線のホームからそのまま回れ右をして帰ってきてしまいそうです(笑)
> AzTakさんは暑さにも負けず、歩かれてたくさんのお写真を撮られたのですね。
> お疲れ様でした(^^)/

私も回れ右をしたいくらいでした。

> さすがに伏見稲荷大社、鮮やかな朱色に目を引かれます。
> 末社まで全てお参りしたら、ちょっと大変そうですね。

これぞ、稲荷神社の色ですかね。
ふふふ、末社は目につくところを写真に撮った程度です。熊鷹社の手前辺りまでで引き返しました。
根性なしのように見えるでしょうが、あの暑い中で…。

ここは拝観料金が無料で時間も無制限であることなどから、外国人に大人気のところのようです。
円安の威力を実感しました。
Re: お早う御座います! 
hiroさん、おはようございます。

> 私の拙いブログを見て頂き有り難う御座いました。
> コメントも残して頂き有り難う御座います。
>
> AzTakさんのブログは何回も見せて頂いていました。
> 東京駅の画像が気になっていました。
> 私も東京駅の夜景を撮りに行きましたが時間が遅くライトアップは終わっていて駄目でした。

そうでしたか。サラリーマンで無くなってから、夜の出歩きが苦手になり、夜景やライトアップなどとは縁がなくなりました。ということで、平日昼間の写真が圧倒的です。

> 京都へ行かれたようで羨ましく感じます。
> 私も数年前に行きましたので懐かしく拝見させて頂きました。
> 京都は盆地なので暑さが厳しいところです。
> 写真を撮るのが大変ではなかったかと思います。
> 見せて頂き有り難う御座いました。
>
> 又、遊びに来て頂ければと思います。
> 有り難う御座いました。

度々伺うと思います。よろしくお願い致します。
 
おはようございます。おじゃまします。

べんがらっていうんだしたっけ?赤色の塗料のこと、流石にキレイにしてますね。荘厳です。
ちなみに、緑色の塗料はなんと言うんですか?

オキツネさまも、流石にキレイにみえます。

豆まき用の建物があるなんて、凄いですね。
Re: タイトルなし 
> おはようございます。おじゃまします。

Keicoさん、おはようございます。

> べんがらっていうんだしたっけ?赤色の塗料のこと、流石にキレイにしてますね。荘厳です。
> ちなみに、緑色の塗料はなんと言うんですか?

弁柄で綺麗に塗り立てているんでしょうね。そうしないと稲荷神社らしくなくなってしまうので、気を遣っているのではと思います。
緑色の塗料って言っているのは、下記URLで緑(#3eb370)とか若竹色(#68be8d)のように見えるものですか?
何の塗料でしょうかね。専門外なので全くわかりません。
http://www.colordic.org/w/

> オキツネさまも、流石にキレイにみえます。

稲荷神社の総元締めですから当然かも。

> 豆まき用の建物があるなんて、凄いですね。

舞殿との兼用なのでしょう。立派ですよね。
 
こんにちは
でっかいですね~
赤い鳥居をやっとくぐるお稲荷さんとはケタが違いますね
アウン像は弓取りですか。知りませんでした。
外人さんもいっぱい
ご利益は人類全部に
 
こんにちは
伏見稲荷大社、さすがに立派ですね。
お稲荷さんと朱色はセットのようなものでしょうが
ここの朱色は晴れやかでインパクトがありますね。
ここまで徹底すると、きらびやかな御殿のような圧倒的
な存在感です。特に権殿は素晴らしい景観です。

こんにちは。 
京都も山に囲まれた盆地ですから暑かったでしょう。
稲荷神社と云うと朱色の建物が多いのですが、何かいわれがあるのでしょうか。
稲荷様ですから、狛犬も”狛狐”ですね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんにちは。

> でっかいですね~
> 赤い鳥居をやっとくぐるお稲荷さんとはケタが違いますね
> アウン像は弓取りですか。知りませんでした。

お稲荷さんの総元締めですから、全国各地から、諸外国からも来られるんでしょう。
特に初詣などの大混雑を考えれば、このくらいの規模がないと捌き切れないのかもしれません。

> 外人さんもいっぱい
> ご利益は人類全部に

なんでしょうかねえ。どこに行っても殊勝に頭を垂れる日本人とは違います。何を求めてやってきたのか聞いてみたいものです。ノーテンキのラテン系の人はまだしも、…。

靖国で安倍首相に抗議文を読み上げる予定の韓国野党議員が出てくるご時世です。皇居東御苑などに行っても上半身裸になって喚く中国人や韓国人が目につきます。伏見稲荷大社でも、…。行った先で静かに観光やお参りができない人が増えるのは本当に困ります。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> 伏見稲荷大社、さすがに立派ですね。
> お稲荷さんと朱色はセットのようなものでしょうが
> ここの朱色は晴れやかでインパクトがありますね。
> ここまで徹底すると、きらびやかな御殿のような圧倒的
> な存在感です。特に権殿は素晴らしい景観です。

私も鮮やかなものだと改めて思いました。
権殿の類は本殿の建て替えの時に使うものだと思っていましたが、玉山稲荷社が明治維新に寄る遷都で宮中で世話できなくなり、また伏見稲荷大社に戻された時にも一時使われたりもしたんですね。色々な使い方をするものですね。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 京都も山に囲まれた盆地ですから暑かったでしょう。

めちゃくちゃ暑かったです。38度も、39度も私には未体験領域でしたから。

> 稲荷神社と云うと朱色の建物が多いのですが、何かいわれがあるのでしょうか。

私には自信がないので、他からの引用です。

「朱色」で有名なのは、「お稲荷さん」ですね。
幾重にも建てられた朱の鳥居の稲荷神社、お参りされた方も多いことと思います。

「朱色」には、いろんな意味が込められています。

見た目に鮮やかな「朱色」は、生命の躍動の色という意味があります。

また、昔から「朱色」、魔力に強い色、災厄を防ぐ色、穢れを祓う色とされていました。
神様にお近づきになる前に、災厄を防ぐ「朱色」の鳥居をくぐり、そして神聖な場所に入る…といった意味があるのだと思います。

また、秋の紅葉を表したり、黄金色にたわわに実った稲を例え五穀豊穣(豊かに実る)の色ともいわれていますし、他にも様々な説はあります。

そういったことから、「お稲荷さん」では「朱色」を用いていますが、今回の総代さんもお参りされた「宇佐神宮」で聞いてみたそうです。
すると「朱色は、位の高い色だからですよ」というお答えをいただいたそうです。
きっと、上記すべてをお話ししていると長くなりますから、すべてが込められたお答えのように思います。


> 稲荷様ですから、狛犬も”狛狐”ですね。

そうですね。かなりたくさんの数がありました。
こんにちは 
京都へ行かれたのですか

京都は夏暑く冬寒い町ですよね、
春か秋の観光シーズンは、人で溢れてしまいますしねえ

でも京都こそ、日本人の原点のような気がして私も
2~3年に一度は訪れていますけど

ところで、AzTaKさん、今回の写真はいつもと少し違うようですが、新しいレンズでも購入されたのでしょうか?
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 京都へ行かれたのですか
>
> 京都は夏暑く冬寒い町ですよね、
> 春か秋の観光シーズンは、人で溢れてしまいますしねえ
>
> でも京都こそ、日本人の原点のような気がして私も
> 2~3年に一度は訪れていますけど

そうですね、鎌倉など古都は他にもありますが、永いこと都があったところですから、それなりの文化、歴史、…があり、いろいろなものがこの街から他の街へと伝播していったのでしょう。まさしく原点かもしれませんね、。

> ところで、AzTaKさん、今回の写真はいつもと少し違うようですが、新しいレンズでも購入されたのでしょうか?

近場で撮影を行うわけではないので、大抵のことにつぶしが利くだろうAPS-C用の18-200ミリレンズを持って行きました。超広角の10-20ミリレンズはお留守番です。
ところが、1日目に、あまりに大量の発汗でEOS 60Dが壊れそうになったので、2日目はそれをしまい、FUJIのX-20に切替えちゃいました。
スペインに持参するカメラ・レンズの選定をも兼ねていたんです。何せ普通の旅行ではなく、かなり厳しい全コース徒歩の旅行ですから。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR