散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

円融寺

何度か取り上げた円融寺をまたもや取上げる。前にも触れたが、あまりに激しく時局批判を展開したため、幕府に睨まれ、日蓮宗を止めさせられ、天台宗の末寺に降格させられた過去を持つ。それくらいだから、大した影響力を持ったお寺さんだったようだ。

古めかしい石碑
奉大日本六十六部廻国大願成就
宝暦十四年申五月供養
武州高輪町住人…
とある。1764年、甲申の年か。250年程前の石碑だ。六十六部廻国巡礼が成った感謝の印か。250年程前は品川駅前も武州に括られた街だったんだ。
古めかしい石碑
仁王門越しの釈迦堂
少し腰をかがめてみると、仁王門越しに釈迦堂が見える。なかなか良い眺めだ。
仁王門越しの釈迦堂
仁王門(目黒区指定文化財)
仁王門
参道から階段を登ると、目の前に仁王門があらわれます。仁王門は檜と欅を用いた簡素な構成ながらも、唐風に和風を取り入れ、虹梁、蟇股、懸魚などにも様々な装飾が加えられています。
建立時期ははっきり分かりませんが、永禄2年(1559年)に仁王像が作成されるのとほぼ同時期と考えられます。ただし江戸時代の寛文期(1661-1672)と永禄期(1688-1703)の間に大改修が行なわれたため、足利時代の面影はほとんど残っていないと思われます。茅葺きだった屋根は、2007年に銅葺きに改められました。

黒仁王尊(東京都指定文化財)
風防ガラスが邪魔をして、見えるもののうまく写真が撮れない。もしかしたら、風防ガラスにレンズを接触させれば、うまく撮れるかなあ?
黒仁王尊

仁王門の両脇間に安置される木造金剛力士立像は、永禄2年(1559)に鎌倉扇ヶ谷(おうぎがやつ)の権大僧都大蔵法眼によって作られました。
この仁王尊は霊験あらたかなことから江戸時代の庶民の篤い信仰をあつめ、「碑文谷仁王」「黒仁王」など呼ばれて親しまれました。江戸後期の資料によると、行楽をかねて泊りがけで参詣する人や、お堂に篭って断食して祈願する信者もあったようで、当時の繁栄ぶりがうかがえます。

釈迦堂(国指定重要文化財)
釈迦堂_1
釈迦堂_2
釈迦堂_3
仁王門をくぐると正面に、入母屋造りのたおやかな曲線を描いく屋根をもつ釈迦堂が見えます。室町初期の建立とされ、東京都区内最古の木造建築として知られています(都内では東村山市の国宝・正福寺地蔵堂に次いで2番目)。明治44年(1911年)に国の古社寺保存法により国宝に指定され、昭和25年(1950年)に国の重要文化財に指定されました。本来の屋根は茅葺きでしたが、火災予防の見地から昭和27年(1952年)に銅葺きに改められました。しかし、唐様建築の手法に和様を取り入れた優美なすがたは今日もなお残されています。
梵鐘(国指定重要美術品)
梵鐘_1
梵鐘_2
鋳造は寛永20年(1643年)9月、作者は山城国の飯田善兵衛宗次です。高さ151センチ・口径91センチです。昭和十八年(1943年)に、国の重要美術品に指定されています。
大晦日には除夜の鐘を打つ参拝客でにぎわいます。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
今、勤めている目黒にこんな立派なそして
有名なお寺があるなんて・・・
場所は碑文谷のようですので
学大の駅からは近いのでしょうか?
仕事の帰りに寄れば一番いいのですが・・・
なかなか帰りに逆方向の電車に乗ることは
苦痛なんですよね~笑)
 
おはようございます。
2枚目の構図とその雰囲気に感激しました。
建物の重み、歴史の重みのようなものが伝わってきました。
そして写真そのものがとても美しいです。
よいものを見せていただきました。ありがとうございます。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、おはようございます。

> 今、勤めている目黒にこんな立派なそして
> 有名なお寺があるなんて・・・
> 場所は碑文谷のようですので
> 学大の駅からは近いのでしょうか?

いろいろな駅から等距離くらいですかね。案外不便かも。都立大学からも学芸大学からも道を間違えなければ、徒歩15分程度だと思います。スマホの道案内がベストでしょう。ついでに、サレジオ教会(カトリック碑文谷教会)と碑文谷八幡、すずめのお宿も見ておきますか。
円融寺と碑文谷八幡、すずめのお宿は池波正太郎の世界です。サレジオ教会にはロザンナ(ヒデとロザンナ)さんが来ていました。最近は移転されたのか見かけませんが。

> 仕事の帰りに寄れば一番いいのですが・・・
> なかなか帰りに逆方向の電車に乗ることは
> 苦痛なんですよね~笑)

示真殿という有名な斎場を抱えていますから、どなたかの葬式などがあれば、ついでに境内を見て回るのが、時間的には一番楽でしょうが、そう簡単に知り合いがここで…という訳にはいかないでしょう。

Re: タイトルなし 
> おはようございます。

なかまちさん、おはようございます。

> 2枚目の構図とその雰囲気に感激しました。
> 建物の重み、歴史の重みのようなものが伝わってきました。

法華寺(圓融寺の当時の寺名)は不受不施派の牙城の寺院として名を馳せた歴史があります。当時は池上本門寺よりも勢力があったほどです。
本山久遠寺との対立の末、江戸幕府が久遠寺支持に回りました。その結果、幕府の弾圧を受け、改宗を余儀なくされ、1698年(元禄11年)再び天台宗の寺院となった歴史があります。
そして、三宝尊像は立源寺、釈迦如来涅槃之図は常円寺に引き取られたそうです。立源寺も常円寺も我が家からすぐのお寺さんです。かつての末寺だったのでしょう。
ということで、今は天台宗の寺院です。現在の圓融寺阿(おか)純孝住職が天台宗の宗務総長を務めているようです。坐禅を始めとした宗教入門活動が活発なようです。圓融寺facebook、圓融寺Twitter等まであるとのことです。最近のお寺さんでは非常に活動的な方だと思います。

あまり言いたくはないのですが、ここの墓地に納骨されていた王さんの奥様の遺骨が盗まれる事件がありました。地元では大きな衝撃がありました。

> そして写真そのものがとても美しいです。
> よいものを見せていただきました。ありがとうございます。

有難うございます。
 
こんにちは
400年を超しているんですね。木肌の感じから相当の年月を感じます。
仁王門の写真迫力ありますね、雰囲気もいいです。仁王像も立派です。
王さん、ここに墓を持ってるんですか。さすがですね。


 
こんにちは(*´∀`)おおじゃましてます。

黒任王尊の像、かっこいいです。私はこういう立体もすきなんです。受験時代に、土粘土で立体とか、つくってたんですが、立体は四方八方からみて、あきない形がいいとされていて、こういう木彫りの像も、作者は、そういうことを考えて作ったのかな?とか、思います。横からも見られるように展示してほしいです。とか思いましたm(__)m
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんにちは。

> 400年を超しているんですね。木肌の感じから相当の年月を感じます。

400年前は、それこそど田舎だったんでしょうね。よく戦災にも遭わずに持ちこたえたものです。

> 仁王門の写真迫力ありますね、雰囲気もいいです。仁王像も立派です。

何時かどうにかしてあの仁王像を撮りたいものです。

> 王さん、ここに墓を持ってるんですか。さすがですね。

相当のお値段だったんでしょうね。王さんの自宅は我が家から直線距離で100mほどのところで、我が家の私を除く全員が生の王さんを見ています。妻は馴れ馴れしく『王さん、頑張ってください』といったら、『おお、有難う』って答えてくれたといってました。
サラリーマンを辞めて暇がある毎日になりましたが、王さんの生活の本拠地は福岡のようで、生の王さんを見ていない状況は続行中です。
 
こんにちは。優しいお顔の石像ですね。きっと、心の清い方が掘られたのか・・・こちらまで優しい気持ちになれました。有難うございます。
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)おおじゃましてます。

keicoさん、こんにちは。

> 黒任王尊の像、かっこいいです。私はこういう立体もすきなんです。受験時代に、土粘土で立体とか、つくってたんですが、立体は四方八方からみて、あきない形がいいとされていて、こういう木彫りの像も、作者は、そういうことを考えて作ったのかな?とか、思います。横からも見られるように展示してほしいです。とか思いましたm(__)m

確か、2方向から見ることができるようになっていたと思います。
問題は風防ガラスで、今の私の腕ではうまく撮れません。
風防ガラスにレンズをくっつけて撮ってみようかと思いますが、水槽の魚じゃあるまいし、大きすぎて部分的にしか撮れないかもしれません。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。優しいお顔の石像ですね。きっと、心の清い方が掘られたのか・・・こちらまで優しい気持ちになれました。有難うございます。

nanaga2さん、こんにちは。不惑到達、おめでとうございます。こちらは暦が還ったというのに、何をやっているんだろう、という毎日を過ごしています。

六十六部廻国巡礼の大願成就御礼のものですね。本当に手作り感がありますね。250年前に日本中を回って歩くのは相当に厳しかったんだと思います。たった100kmちょっと超えるくらいを歩いてやったやったとはしゃごうと思っている程度の悪い爺さんとは、心がけが違うようです。

六十六部
正しくは日本回国大乗妙典六十六部経聖(ひじり)といい,江戸時代にはおとしめられて六十六部または六部の略称でよばれた回国聖。今も各地にこの回国供養碑を見ることができる。江戸時代には単なる回国聖または遊行(ゆぎよう)聖になってしまったが,中世には法華経六十六部を如法(によほう)に写経し,これを日本全国の霊仏霊社に納経するために回国したのである。西国三十三所観音霊場の巡礼納経にならって,六十六部納経したとも考えられるが,日本全国六十六ヵ国をめぐることによって,より大きな功徳を積もうとしたものであろう。
こんにちは。 
立ち膝の石碑も珍しいですね。
優しそうな顔つきですが、何を考え、少し悩んでいるような顔が興味あります。
国や都の指定重要文化財ですので立派な建物や像ですね。
Re: こんにちは。 
masaさん、こんばんは。

> 立ち膝の石碑も珍しいですね。
> 優しそうな顔つきですが、何を考え、少し悩んでいるような顔が興味あります。

そんな感じですねえ。
何か素人くさい文字と滅多にないような図案のレリーフ。私が考えたのは、大願主の人が自ら書いた文字で、同じ人が諸国を回った時に印象に残った仏像をスケッチした図案。それらを彫ったものではなかったのかと思いました。
正解を聞こうにも関係者が生きているわけもない話ですが。

> 国や都の指定重要文化財ですので立派な建物や像ですね。

文化財フェチの私には堪えられないものです。
 
こんばんは
時の権力者によってお寺さんが改宗させられる事があったんですね。
キリシタン禁制などではないんですね。
その反骨精神、ナカナカやるのう!!

そういえばウチのお寺、法華禅時(法華宗ではありません)臨済宗妙心寺派です。調べてみようかな。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 時の権力者によってお寺さんが改宗させられる事があったんですね。

そうなんですね。不受不施派は日蓮の教えに忠実だったようですが、それでは為政者にあまり都合が良くなかったようです。受け入れられる可能性のあった受布施派の身延山久遠寺と幕府とが結託し、不受不施派の駆逐を行ったわけです。
ダメということにしたら徹底するのが徳川流ですから、ひどい仕打ちを受けたわけです。

> キリシタン禁制などではないんですね。
> その反骨精神、ナカナカやるのう!!
>
> そういえばウチのお寺、法華禅時(法華宗ではありません)臨済宗妙心寺派です。調べてみようかな。

門外漢なので、それ以上のことは知りません。m(_ _)m
こんにちは 
2枚目の構図いいですねえ

どっしりしていて、落ち着きがありますね

日の丸と呼んでいいのかどうか分かりませんが

私の好きな構図です。
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 2枚目の構図いいですねえ
> どっしりしていて、落ち着きがありますね
> 日の丸と呼んでいいのかどうか分かりませんが
> 私の好きな構図です。

有難うございます。
今でもそれなりに広い境内ではありますが、昔はこんなものじゃなかったはずです。
だから、釈迦堂のすぐ近くに仁王門を置く必然性はなかったと思いますが、実はあったのではないでしょうか。
多分、仁王門を設計した人が釈迦堂が見えるように工夫をこらしたんだと思います。
そのまま頂いちゃいました。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR