散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

横浜山手西洋館ほかを見て回る(6)

少し離れたイタリア山庭園に向かう。ここには『外交官の家』と『ブラフ18番館』とがある。

外交官の家《国指定の重要文化財》(1)
この建物だけは他の横浜山手西洋館とかなり事情が異なる。まず、横浜山手に建てられた建物ではないということ。次に、西洋館ではあるが、建てて住んでいたのは、日本人であるということ。そういう意味では、いわゆる出自が違うのだが、細かいことは問うまい。
外交官の家《国指定の重要文化財》_1
外交官の家《国指定の重要文化財》_2
外交官の家《国指定の重要文化財》_3
外交官の家《国指定の重要文化財》_4
外交官の家《国指定の重要文化財》_5
外交官の家《国指定の重要文化財》_6
外交官の家《国指定の重要文化財》_7
外交官の家《国指定の重要文化財》_8
外交官の家《国指定の重要文化財》_9
外交官の家《国指定の重要文化財》_10


外交官の家《国指定の重要文化財》_11
外交官の家《国指定の重要文化財》_12
外交官の家《国指定の重要文化財》_13
外交官の家《国指定の重要文化財》_14
外交官の家《国指定の重要文化財》_15
外交官の家《国指定の重要文化財》_16
外交官の家《国指定の重要文化財》_17
外交官の家《国指定の重要文化財》_18
外交官の家《国指定の重要文化財》_19
外交官の家《国指定の重要文化財》_20
外交官の家は、ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などをつとめた明治政府の外交官内田定槌氏の邸宅として、東京渋谷の南平台に明治43(1910)年に建てられました。
設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーです。建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。室内は1階に食堂や大小の客間など重厚な部屋が、2階には寝室や書斎など生活感あふれる部屋が並んでいます。これらの部屋の家具や装飾にはアール・ヌーボー風の意匠とともに、アーツ・アンド・クラフツ(19世紀イギリスで展開された美術工芸の改革運動)のアメリカにおける影響も見られます。
平成9(1997)年に横浜市は、内田定槌氏の孫にあたる宮入氏からこの館の寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復元し、一般公開しました。そして同年、国の重要文化財に指定されました。室内は家具や調度類が再現され、当時の外交官の暮らしを体験できるようになっています。各展示室では、建物の特徴やガーディナーの作品、外交官の暮らし等についての資料を展示しています。また、付属棟には、喫茶スペースが設けられています。

Comments

 
AzTakさん、こんにちは♪

夏でもなんだか涼しそうな家ですね。
そう見えるだけで、実際はクーラーがなければ暑いのでしょうけれど(笑)
ひんやりしている、という印象を受けました。
白壁に濃い茶色の木材の色合いだからでしょうか・・・

サンルームみたいなところが、なかなかおしゃれですね。
こういうところで観葉植物とかを沢山置いて読書をしたいです(^^)
夏は暑そうなので夏以外で・・・(笑)
 
おはようございます。今回の建物が一番、僕の好みに近いですね。日本人が建てたからでしょうか?内部が凝り過ぎの様な程、雰囲気がありますね。とてもかっこいいです。外交官というのはどういう仕事をされているのか、織田裕二のドラマしか知らないので、イマイチぴんときませんが(笑)
こんにちは 
犬山市に明治村なる、施設がありますが
この建物は明治村内にある建物そっくりですね

明治村は名鉄が各地から明治時代の建物を移築して
作った施設で、今でも名鉄の経営です。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんにちは♪

Mikaさん、おはようございます。

> 夏でもなんだか涼しそうな家ですね。
> そう見えるだけで、実際はクーラーがなければ暑いのでしょうけれど(笑)
> ひんやりしている、という印象を受けました。
> 白壁に濃い茶色の木材の色合いだからでしょうか・・・
>
> サンルームみたいなところが、なかなかおしゃれですね。
> こういうところで観葉植物とかを沢山置いて読書をしたいです(^^)
> 夏は暑そうなので夏以外で・・・(笑)

都内屈指の住宅地、渋谷南平台もその頃は長閑だったのではないでしょうか。
少し広めの庭があり、ちょっと目隠しの木があれば、結構開放的な空間になったのではなかろうかと思います。
当時の日本人セレブの家だったんですね。
当時は東京砂漠なんか無い頃でしょう。春夏秋冬、季節の移ろいがはっきりしていて、夏だって打ち水する程度で結構涼しくなったのではないかと思います。
Re: タイトルなし 
> おはようございます。今回の建物が一番、僕の好みに近いですね。日本人が建てたからでしょうか?内部が凝り過ぎの様な程、雰囲気がありますね。とてもかっこいいです。外交官というのはどういう仕事をされているのか、織田裕二のドラマしか知らないので、イマイチぴんときませんが(笑)

nanaga2さん、おはようございます。
この建物が好みに合いましたか。なるほどね。素敵な建物ですよね。
キャリア外交官は、上級公務員の一種ですから、外国に行けば、相当な住まいなどが用意されると思いますが、飽くまでも公務員であり、それほど高給取りとは思えません。こういう家を建てて住むことが出来たのは、自分か奥様の実家が裕福だったからかなと思います。
それにしても随分凝った建物を建てたものですねえ。圧倒されました。
Re: こんにちは 
dさん様、おはようございます。

> 犬山市に明治村なる、施設がありますが
> この建物は明治村内にある建物そっくりですね
>
> 明治村は名鉄が各地から明治時代の建物を移築して
> 作った施設で、今でも名鉄の経営です。

そういう感じですね。こちらは、寄贈者が気相の意向を固めたのがそんなに前ではなく、自分もたまには通えるところに寄贈したい意向があって、こうなったのかもしれませんね。

いずれ明治村にも行ってみたいものです。ついでに義父のクライアントだった方のお屋敷を見に、岡崎市にも行ってみたいものです。いつの間にか、岡崎に移築復元されていたようです。物凄い部屋数だとか。
 
こんにちは(*´∀`)

テラスとステンドグラス素敵です。なに様式なんでしょうか?ステンドグラスは、鈴蘭と葵の葉っぱみたいですね。日本ぽい。

m(__)m
Re: タイトルなし 
> こんにちは(*´∀`)

keicoさん、こんにちは。

> テラスとステンドグラス素敵です。なに様式なんでしょうか?ステンドグラスは、鈴蘭と葵の葉っぱみたいですね。日本ぽい。
>
> m(__)m

下記の通り、外観はアメリカン・ヴィクトリアン風で、室内はアール・デコとアーツ・アンド・クラフツとの混合なんでしょうかね。自分で書いていて、ちんぷんかんぷんです。(^_^;)
設計者はアメリカ人で立教学校の教師として来日、その後建築家として活躍したJ.M.ガーディナーです。建物は木造2階建てで塔屋がつき、天然スレート葺きの屋根、下見板張りの外壁で、華やかな装飾が特徴のアメリカン・ヴィクトリアンの影響を色濃く残しています。室内は1階に食堂や大小の客間など重厚な部屋が、2階には寝室や書斎など生活感あふれる部屋が並んでいます。これらの部屋の家具や装飾にはアール・ヌーボー風の意匠とともに、アーツ・アンド・クラフツ(19世紀イギリスで展開された美術工芸の改革運動)のアメリカにおける影響も見られます。

ステンドグラスは、確かに鈴蘭をあしらったようですね。2枚目は葵ですか。家紋なんでしょうかね。
 
こんばんは
外交官の家ですか
山ン中に住んでると若い頃、何回か外国旅行をしたくらいで今はトンとお呼びがありません。
しかし、文化財として残されている建築物をを大変面白く拝見させていただいております。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 外交官の家ですか
> 山ン中に住んでると若い頃、何回か外国旅行をしたくらいで今はトンとお呼びがありません。
> しかし、文化財として残されている建築物をを大変面白く拝見させていただいております。

スーパーマンじゃないので、一人の人が行くことができる場所は自ずと限られてしまいます。後をどうするか。TVなども良いのですが、他の方のブログも有難いものです。
自分では行ったことがないくせに、何度も行った気になっている場所すらあります。
とりあえずはシミュレーションも良いものですよ。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR