散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

中央区をぶらり(1)

晴天で自宅に燻っているのがもったいない感じだったので、中央区をぶらぶらしてみた。
まずは、日比谷線の小伝馬町駅で十思(じっし)公園に向かう。


伝馬町の牢屋跡

当時は2618坪の広さがあったそうだ。今の公園だけではなく周囲一帯が敷地だったようだ。跡地に説明板があるだけで、何か寂しい感じだ。今でもそんな感じだが、明治15-6年ころは気味悪がって誰も近寄らない場所だったとのことだ。そこに、大安楽寺や身延別院がまず建てられ、怨念を鎮めようとしたようだ。

大安楽寺
高野山真言宗の大安楽寺は、明治15年、牢屋敷跡だった当地に誰も住み着かず、大倉喜八郎と安田善次郎が寄進して、創建されました。高野山の準別格本山で、江戸三十三観音霊場の5番札所です。
伝馬町の牢屋跡_大安楽寺_1
伝馬町の牢屋跡_大安楽寺_2
身延別院
伝馬町の牢屋跡_身延別院
十思公園
伝馬町の牢屋跡_十思公園_1
伝馬町の牢屋跡_十思公園_2
十思スクエア(旧十思小学校)
伝馬町の牢屋跡_十思スクエア(旧十思小学校)_1
伝馬町の牢屋跡_十思スクエア(旧十思小学校)_2

江戸三縁史蹟表示板
伝馬町牢は慶長年間、常盤橋際から移って明治八年市ヶ谷囚獄が出来るまで約二百七十年間存続し、この間に全国から江戸伝馬町獄送りとして入牢した者は数十万人を数えたといわれる。現在の大安楽寺、身延別院、村雲別院、十思小学校、十思公園を含む一帯の地が伝馬町牢屋敷跡である。当時は敷地総面積二六一八坪、四囲に土手を築いて土塀を廻し南西部に表門、北東部に不浄門があった。牢舎は揚座敷、揚屋、大牢、百姓牢、女牢の別があって、揚座敷は旗本の士、揚屋は士分僧侶、大牢は平民、百姓牢は百姓、女牢は婦人のみであった。今大安楽寺の境内の当時の死刑場といわれる所に地蔵尊があって、山岡鉄舟筆の鋳物額に「為囚死群霊離苦得脱」と記されてある。牢屋敷の役柄は牢頭に大番衆石出帯刀、御□(木+豕)場死刑場役は有名な山田浅右エ門、それに同心七十八名、獄丁四十六名、外に南北両町奉行から与力一人月番で牢屋敷廻り吟味に当たったという。伝馬町獄として未曾有の大混乱を呈した安政五年九月から同六年十二月までの一年三ヶ月の期間が即ち安政の大獄で吉田松陰、橋本左内、頼三樹三郎等五十余人を獄に下し、そのほとんどを刑殺した。その後もこゝで尊い血を流したものは前者と合わせて九十六士に及ぶという。これ等愛国不尽忠の士が石町の鐘の音を聞くにつけ「わが最期の時の知らせである」と幾度となく覚悟した事であろう。尚村雲別院境内には勤王志士九十六名の祠と木碑が建てられてある。
          昭和二十九年十一月
      江戸史跡保存協賛会


吉田松陰処刑の地
吉田松陰像(山口県文書館蔵)
吉田松陰

揚屋を出る松陰は「今吾れ国の為に死す 死して君親に背かず 悠々たり天地の事 鑑照明神に在り」の詩を高らかに朗吟して同囚の士に訣れを告げた。次いで刑場では「身はたとひ」の歌を朗誦して従容として刑についたそうだ。

「松陰先生終焉之地 文部大臣男爵荒木貞夫書」
松陰先生終焉之地の碑
「身はたとひ武さしの野辺に朽ちぬともとゞめ置かまし大和魂」十月念五日 二十一回猛士
松陰の遺書とされる留魂録の冒頭の句
松陰の遺書とされる留魂録の冒頭の句
処刑された場所は此処だとされている
処刑された場所_1
処刑された場所_2

吉田松陰先生終焉之地
吉田松陰先生は天保元年(西暦一八三〇年)八月四日長州萩の東郊松本村で杉家の二男として生まれた。幼い頃に吉田家をついだ。成人しての名を寅次郎という。吉田家は代々山鹿流兵学師範の家であったので、早くから山鹿流兵学その他の学問を修め、その道を究めて、子弟の教育につとめた偉人である。安政元年三月師の佐久間象山のすゝめで海外渡航を計画し、下田から米艦に便乗しようとして失敗、下田の獄につながれたが伝馬町獄送りとなって途中、高輪泉岳寺の前で詠んだのが有名な次の歌である。「かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂」同年九月まで約六ヶ月間伝馬町獄に留置されていたが、国元萩に謹慎の身となって帰って後の松下村塾での教育が最も偉大な事業であろう。薫陶を受けた中から有爵者六名、贈位者十七名、有位者十四名等多くの著名の士が出て中でも伊藤博文、山県有朋、木戸孝允等は、明治維新の大業に勲功のあった人物である。わが国歴史の上での三大変革といえば大化の改新、鎌倉幕府の創立、明治維新の三であるが、その明治維新にこれら松下村塾生の動きが大きな力となったことを深く考えたいのである。後松陰は安政の大獄に連座して再び伝馬町獄に入牢となった。安政六年七月九日江戸の長州藩邸から初めて評定所に召出されたが、その時「まち得たる時は今とて武蔵野よいさましくも鳴くくつわ虫かな」と決心を歌にのべている。しかし幕府の役人を動かすことが出来ず、その後の三回の取調べで死刑を覚悟した十月二十二日に父、叔父、兄へ宛て永訣の書を送っているがその中にあるのが「親思ふ心にまさる親ごころけふのおとづれ何と聞くらん」の一首である。また処刑の時の近づいたのを知って十月廿五日より廿六日の黄昏までかゝって書きあげたのが留魂録でその冒頭に「身はたとひ武さしの野辺に朽ちぬともとゞめ置かまし大和魂」十月念五日 二十一回猛士 と記してある。松陰はこれを同囚で八丈島に遠島になった沼崎吉五郎に托したが二十年後当時神奈川県令で塾生であった野村靖に手渡したものが現在残っている留魂録である。それによって当時の法廷の模様、訊問応答の次第、獄中の志士の消息等がわかり、自己の心境と塾生の行くべき道を示したもので崇高な松陰魂の指南書ともいえるものである。安政六年十月二十七日は処刑の日であった。揚屋を出る松陰は次の詩を高らかに朗吟して同囚の士に訣れを告げたのである。「今吾れ国の為に死す 死して君親に背かず 悠々たり天地の事 鑑照明神に在り」継いで刑場では「身はたとひ」の歌を朗誦して従容として刑についた。行年三十歳明治廿二年二月十一日正四位を贈位され昭和十四年六月十思小学校々庭に留魂碑が建設された。


石町時の鐘
『何だかなあ』というのが正直な感想。もう少し和風の鐘楼にでもすればよかったのに。この一角で最も残念な感じだ。
石町時の鐘_1
石町時の鐘_2
江戸時代には鐘をついて人々に時刻を報せていました。この鐘は、石町(現在の日本橋室町4丁目付近)にあったもので、近くに長崎屋があったため、「石町の鐘はオランダまで聞こえ」の川柳があります。宝永8年(1711年)に鋳直したもので、(徳川家宣時代)高さ1.7メートル、口径93センチの和鐘です。現在は、十思公園に鐘楼を、設けて納めてあります。

Comments

ただの公園にも思えて 
辿り着いた時には、ちょっと
「こんなもの?」と感じた記憶があります。
旧十思小学校には逆に圧倒され
施設として普通に使われ続けていることに
感動しました。
そうなんですか、大倉喜八郎さんや安田善次郎さんがこの地を、、この地に眠る魂を弔ってくれたのですね。
あの鐘の作りには私も驚き
その歴史の深さにさらに驚きました。
お晩です、AzTakさん。
それにしても江戸の地名は
趣がありますねえ。
また、お邪魔します。
Re: ただの公園にも思えて 
> 辿り着いた時には、ちょっと
> 「こんなもの?」と感じた記憶があります。
> 旧十思小学校には逆に圧倒され
> 施設として普通に使われ続けていることに
> 感動しました。
> そうなんですか、大倉喜八郎さんや安田善次郎さんがこの地を、、この地に眠る魂を弔ってくれたのですね。
> あの鐘の作りには私も驚き
> その歴史の深さにさらに驚きました。
> お晩です、AzTakさん。
> それにしても江戸の地名は
> 趣がありますねえ。
> また、お邪魔します。

kozoh55さん、おはようございます。
伝馬町の牢屋敷跡ですからねえ。怨念渦巻く感じが今も残っているのかと思いました。観光資源として活用すると言うよりも、何か目立たせないように、怨念を再燃させないように、そういうふうにしているのかなと思ったほどでした。
確かに萩の『松下村塾』のようなものとは、歴史遺産といっても大分違いがあるものだと思います。

『石町時の鐘』だけは、もう少し適切な扱いというものがあるかと思うんですが、この地に置かれているということだけで、同じ範疇に括られてしまっているんですね。
 
こんにちは。八重の桜を見ていまして、吉田松陰に小栗旬を起用しながら、早々と引っ込ませてしまったことに些か、憤りを感じておりました。この土地を取り上げて下さってありがとうございます。僕は、もやもやさまぁ~ずという番組が好きで、かなり良く見ているのですが、この地はまだ、出ていないような気がしています・・・伝馬町って良く耳にしていた地名ですが、恐らくご紹介を受けなければ、全く解らなかったでしょう。とても楽しく拝見させていただきました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。八重の桜を見ていまして、吉田松陰に小栗旬を起用しながら、早々と引っ込ませてしまったことに些か、憤りを感じておりました。この土地を取り上げて下さってありがとうございます。僕は、もやもやさまぁ~ずという番組が好きで、かなり良く見ているのですが、この地はまだ、出ていないような気がしています・・・伝馬町って良く耳にしていた地名ですが、恐らくご紹介を受けなければ、全く解らなかったでしょう。とても楽しく拝見させていただきました。

nanaga2さん、こんにちは。
『伝馬町』なる地名は日本各地にまだ残っているかと思います。伝馬役の住む街だったんでしょうね。江戸の町の『伝馬町』には、当時最大の牢屋敷が置かれていたので、なんともはや、別な意味で有名になってしまいました。
吉田松陰が長生きしていれば、もしかしたら、かなり日本も違った国になっていたかもしれませんが、幕末の権力者にとっては、幕藩体制を維持していく上で非常に危ない存在にしか見えなかったのでしょうね。

なんとなく、怨念を静かに眠らせておくのがベストと考えているような感じです。都心近くの歴史を刻んだ土地なのに、何とも消極的な感じが否めません。

PS.小栗旬の吉田松陰は実物と相当かけ離れた美男子過ぎているのでは。享年三十歳とは何とも惜しいことです。
こんにちは 
伝馬町(小伝馬町)の牢屋敷は時代劇で必ずと云っていいくらい登場しますが、
私は実態の勉強をした経験がありませんでした。

吉田松陰もここで、処刑されたのですか

遠山の金さんなどが刑を言い渡す時

市中引き回しの上打ち首獄門だとか
八丈島に遠島だとか
小伝馬町に受牢申しつけるだとか

テレビでやってますので、てっきり伝馬町に受牢の
犯罪人は比較的罪が軽い人が入牢するのかと思ってましたが、死罪の人も入牢したのですね

それにしても、江戸時代の刑は残酷でしたねえ
Re: こんにちは 
dさん様、こんばんは。

> 伝馬町(小伝馬町)の牢屋敷は時代劇で必ずと云っていいくらい登場しますが、
> 私は実態の勉強をした経験がありませんでした。
>
> 吉田松陰もここで、処刑されたのですか

そうです。非常に残念なことでした。

> 遠山の金さんなどが刑を言い渡す時
>
> 市中引き回しの上打ち首獄門だとか
> 八丈島に遠島だとか
> 小伝馬町に受牢申しつけるだとか
>
> テレビでやってますので、てっきり伝馬町に受牢の
> 犯罪人は比較的罪が軽い人が入牢するのかと思ってましたが、死罪の人も入牢したのですね
>
> それにしても、江戸時代の刑は残酷でしたねえ

今の中国がこれに近いかもしれませんね。
当時は今よりもはるかに杜撰な取り調べだったことでしょうから、見に覚えのない罪で処刑された人も少なくなかったと思います。その人たちの怨念たるや相当なものがあったのでしょう。日本橋に近いところだというのに、この一角は何か…

江戸時代の刑法には現在の懲役や禁固に類する処罰が原則として存在せず、伝馬町牢屋敷は現代における刑務所というより、未決囚を収監し死刑囚を処断する拘置所に近い性質を持った施設である。
 
こんばんわ
身はたとひ武さしの野辺に朽ちぬともとゞめ置かまし大和魂~ ここが松陰の最後の地ですか。
伝馬町牢屋敷跡は大層広い敷地を持っていたんですね。270年・・どれほどの囚人が命を落としてきたかはわかりませんが、ここに寺を建てる気持ちになるのも理解できます。
寺の様子が現代風なのに少し驚きました。
Re: タイトルなし 
> こんばんわ

jskさん、こんばんは。

> 身はたとひ武さしの野辺に朽ちぬともとゞめ置かまし大和魂~ ここが松陰の最後の地ですか。

そうなんです。享年30歳、無念なことだっただろうと思います。辞世の句にもまだまだ生きたいんだと思う気持ちがありありと感じられます。

> 伝馬町牢屋敷跡は大層広い敷地を持っていたんですね。270年・・どれほどの囚人が命を落としてきたかはわかりませんが、ここに寺を建てる気持ちになるのも理解できます。

冤罪も少なからずあったことでしょう。怨念が渦巻いている土地なのかもしれません。3つの寺が建てられているようです。

> 寺の様子が現代風なのに少し驚きました。

大安楽寺ですか。大倉喜八郎と安田善次郎が寄進したんですからね。悪いイメージを払拭する意図が多分にあったのではないかと。

次回からはこんな暗い話でなく、本当のぶらぶら歩きになります。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR