散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

今井聖書館講堂

私の自宅からそんなに遠くない場所に、今井聖書館講堂がある。この講堂は無教会派の内村鑑三の活動拠点だった建物で、東京府の道路整備計画ため取り壊しを余儀なくされたため、1935年に当地に移築された。
此処は教会ではなく、あくまでも聖書の講義を行うための講堂だったのだ。

表で写真を撮っていたら、中を見せてもらえることになった。有難く講堂に入って、見学させていただき、説明を伺い、写真をも撮らせていただいた。親切な申し出に感謝。

外観
向かって右側の今井館資料館は近年に建築されたもの。
今井聖書館講堂外観_1
今井聖書館講堂外観_2
今井聖書館講堂外観_3
今井聖書館講堂外観_4
内部
今井聖書館講堂内部_1
そんな不届きなものはいなかったと思うが、この大きさでは居眠りなどしようものなら内村鑑三から丸見えだったはずだ。でもそんな受講者はいなかったはずだろうから、内村鑑三は受講者の表情を見ながら説明していったのではないかと思うが、果たしてどうだったのか。
今井聖書館講堂内部_2
若き日の内村鑑三
若き日の内村鑑三_1
若き日の内村鑑三_2
晩年の内村鑑三
晩年の内村鑑三
矢内原忠雄
内村鑑三の弟子で、東大総長を務めた矢内原忠雄。第二次大戦後、彼もここ目黒区中根で日曜の聖書講義をおこなったそうだ。私が学生の頃は、ご子息の矢内原勝教授が活躍されていた。
矢内原忠雄
演壇・机・椅子
演壇だけは当時より少し低くしたとのことだが、机と椅子は内村鑑三が使用していた実物だそうだ。
内村鑑三が使用していた演壇・机・椅子_1
内村鑑三が使用していた演壇・机・椅子_2
今井館聖書講堂は、1907年、大阪の香料商、今井樟太郎(1869~1906)の意思にもとづき、未亡人信子から内村鑑三に寄贈された。贈り主の名にちなんで、今井館聖書講堂と呼ばれる。もと柏木の内村邸内にあったが、彼の死後、1935年に、東京府の道路整備計画ため取り壊しを余儀なくされたおり、門下有志(柏木教友会)の手で現在地に移築された。第二次大戦後は、矢内原忠雄(1893~1961)、山田幸三郎(1888~1972)がここで日曜の聖書講義をおこなった。現在は無教会キリスト教の伝道集会や各種の会合、催しなどに使われている。

Comments

 
こんにちは
内村鑑三は、北大とも関連が深いようで、名前はよく聞いていました。講堂にはなかなか入れないと思いますが、親切な方ですね、。貴重な資料が多く残されているのでしょう。
規模はわかりませんが、現在も無教会派の活動は続いているとのこと、脈々と受け継がれているのでしょうね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

jskさん、こんばんは。

> 内村鑑三は、北大とも関連が深いようで、名前はよく聞いていました。講堂にはなかなか入れないと思いますが、親切な方ですね。貴重な資料が多く残されているのでしょう。

資料館が併設されているくらいですから、頭が痛くなるほど堅苦しいのがいっぱいあるんでしょうね。

> 規模はわかりませんが、現在も無教会派の活動は続いているとのこと、脈々と受け継がれているのでしょうね。

そうみたいです。きっちりと遣っていらっしゃるみたいです。

私は、宗教改革からこの方、いろいろなプロテスタント諸派から批判を浴びせられ続けてきたカトリックの信徒で、教会がなくなっては困ってしまう方です。イタリアとかスペインとかではよく似合う宗教ですが、日本ではどうでしょうか。こういう真面目一途の人達の前では、大人しくしてシュンとなっています。(^_^;)
同じキリスト教同士なのに、この温度差は異常なほどです。(大汗)
 
こんばんは。先ほどはコメントありがとうございました。
僕的には、資料館の方が、明治の建物っぽくてソソリます。いつも楽しみに拝見しています。
Re: タイトルなし 
> こんばんは。先ほどはコメントありがとうございました。

nanaga2さん、こんばんは。今日は馬事公苑に行き、写真を撮ってすぐ帰ろうと考えていたら、馬術競技が思いがけず楽しいもので、つい長居をしてしまい、押せ押せになってしまいました。m(_ _)m

> 僕的には、資料館の方が、明治の建物っぽくてソソリます。いつも楽しみに拝見しています。

最近の建物の方が古めかしく見えるのも不思議なものですね。
講堂の方が超モダンだったということになるんでしょうかね。う~~ん。
 
お晩です、AzTakさん。
突然の訪問者を室内まで受け入れて下さるなんて
嬉しい、ありがたいですねえ。
私もそういえば御茶ノ水のニコライ堂に行った時
あんな厳かな建物に普通に入れることに
感謝したことを思い出しました。
室内は外のイメージとまた違って
明るくシャープな印象ですね
清潔な内装であることが伝わってきました。
外の看板も、字が素朴な感じが好きです。
この教会で、数数えられないくらい、説教や
ミサが行われていたんでしょうね。
またお邪魔します。
Re: タイトルなし 
> お晩です、AzTakさん。

kozoh55さん、おはようございます。

> 突然の訪問者を室内まで受け入れて下さるなんて
> 嬉しい、ありがたいですねえ。
> 私もそういえば御茶ノ水のニコライ堂に行った時
> あんな厳かな建物に普通に入れることに
> 感謝したことを思い出しました。

そうなんですか、あのニコライ堂に入ることが出来たんですか。良かったですね。物欲しそうな顔をして佇んでみるものですね。(笑)

> 室内は外のイメージとまた違って
> 明るくシャープな印象ですね
> 清潔な内装であることが伝わってきました。
> 外の看板も、字が素朴な感じが好きです。
> この教会で、数数えられないくらい、説教や
> ミサが行われていたんでしょうね。

気が遠くなるほどの回数の聖書講義が行われていたんだと思います。無教会主義というのを詳しく知らないのですが、カトリック教会で行われるようなミサは否定していると思います。住む世界は違いますが、それなりに充実した世界なんだろうなと思います。

> またお邪魔します。
内村鑑三門下生 
日露戦争の時から、戦争反対を表明した人々は、内村鑑三の無教会キリスト者が多くいました。浅見仙作という人は、治安維持法で逮捕され、裁判で裁判長が法華経の熱心な信者で、浅見のことを理解し、共感を覚え逆転無罪の判決を下しました。
Re: 内村鑑三門下生 
山﨑哲さん、こんばんは。

> 日露戦争の時から、戦争反対を表明した人々は、内村鑑三の無教会キリスト者が多くいました。浅見仙作という人は、治安維持法で逮捕され、裁判で裁判長が法華経の熱心な信者で、浅見のことを理解し、共感を覚え逆転無罪の判決を下しました。

今井聖書館講堂は、我が家から近く、時々、この建物を眺めています。内村鑑三先生がもう少し長生きしておられれば、もしかしたら、この辺りを歩くことがあったかもしれませんが、残念ながらそういう事実はなかったようです。
無教会キリスト者は、思想的に堅固な方たちだったでしょうから、ブレない思想の持ち主だったのでしょうね。あの時代に勇気のいることだったと思います。
返信ありがとうございます。 
最初の今井館は大阪の香料商の今井氏が、大阪の天満で内村先生の講義に感銘し、寄付をなさって創られたそうです。NHK教育の心の時代の昨年の7月の放送で現在の今井館が放映されていました。
Re: 返信ありがとうございます。 
山﨑哲さん、こんばんは。

> 最初の今井館は大阪の香料商の今井氏が、大阪の天満で内村先生の講義に感銘し、寄付をなさって創られたそうです。NHK教育の心の時代の昨年の7月の放送で現在の今井館が放映されていました。

今石は心の目が開いていて、内村鑑三先生の言葉に響くものが会ったのでしょう。而、私に、それだけの器量があるかと問われれば、誠に恥ずかしい限りです。
今の建物は、我が自宅から150mくらいのところにあります。なかなか貫禄のある建物です。
26日に訪問します。 
26日の午後に東京の次男夫婦のことろに寄った次の日に、訪問します。

 長野安曇野市 S.Yamazaki
Re: 26日に訪問します。 
山崎様

> 26日の午後に東京の次男夫婦のことろに寄った次の日に、訪問します。
>
>  長野安曇野市 S.Yamazaki

お見えになりますか。何か得るものがあるといいですね。
私は、会社のOB団体の地区の集まりの会計をやらされていて、年度末の最終点検をして総会に報告する準備をしていることでしょう。一番に合わない職務ですが、ズルズルと4年続けてきてしまいました。

もし、時間があるようでしたら、私宛、メールを頂ければ、ご案内いたします。
ありがとうございます。 
内村鑑三記念キリスト教講演会が、おふたりの講師により開催されます。私の知り合いのウィクリフ聖書翻訳教会所属で、ネパールに40年くらい毎年6
カ月間、滞在してカリン語の聖書を翻訳された方から、案内もらいまして、知り合いの宣教師(言語学者)の先生が、その日小平の教会の方で、講演があるというので、私に紹介下さったのです。三浦綾子さんの著書で、『海嶺』に出ていますが、マカオだかで音吉、久吉の助力で最初に日本語の聖書が出来たとありますが、その写しの聖書を見せていただきました。8000円位のものですが、もう手に入らないと思います。
Re: ありがとうございます。 
Yamazakiさん、こんばんは。

> 内村鑑三記念キリスト教講演会が、おふたりの講師により開催されます。私の知り合いのウィクリフ聖書翻訳教会所属で、ネパールに40年くらい毎年6
> カ月間、滞在してカリン語の聖書を翻訳された方から、案内もらいまして、知り合いの宣教師(言語学者)の先生が、その日小平の教会の方で、講演があるというので、私に紹介下さったのです。三浦綾子さんの著書で、『海嶺』に出ていますが、マカオだかで音吉、久吉の助力で最初に日本語の聖書が出来たとありますが、その写しの聖書を見せていただきました。8000円位のものですが、もう手に入らないと思います。

う~~ん、凄いレベルでいらっしゃるようですね。当方は敬虔とはいい難いカトリック信徒で、己を厳しく律しながら励んでいらっしゃる方には、敵わないなと思っています。身の丈に合ったアプローチで、神と付き合っていいたいと考えています。
 
こんばんは それでいいのでわないかと思います。内村先生は安曇野に明治の末にできた、私塾「研成義塾」を創設した井口喜源治を信頼して、また、高弟の矢内原先生が、「研成義塾跡」を墓碑に揮毫しておられます。縁がある地かもしれません。
Re: タイトルなし 
> こんばんは それでいいのでわないかと思います。内村先生は安曇野に明治の末にできた、私塾「研成義塾」を創設した井口喜源治を信頼して、また、高弟の矢内原先生が、「研成義塾跡」を墓碑に揮毫しておられます。縁がある地かもしれません。

Yamazakiさん、度々恐れ入ります。
高弟の矢内原先生の息子さんのほうが慶応大学の有名教授でした。できの悪い学生には雲上人のような存在でしたが、そういう縁がありましたか。縁はあるものなんですねえ。
内村先生と研成義塾の青柳さく先生 
井口喜源治の始めた義塾に女の先生で青柳さく先生が、入ってきました。青柳先生は松本の商家に生まれ恵まれた環境で生まれ育ったのですが、基督教にであい、両親に猛反対されても意志を曲げず、義塾の先生になり、心身を尽くして生徒に教えておられました。当時、村の人々からは中傷、謗りを受けますが、生徒の礼儀が、他の学校の生徒よりも優れている点を認められ、義塾の信頼が高まりました。そして、青柳先生は、ある年クリスマスに内村先生からクリスマスカードが届いたことに感動します。それには、次のように書かれていました。「労働は神聖なり。働かざる者は神を知らず、知識を以って神を疑い,しまいには神を捨て去りし者少なしとせず。然れども、正直に労働詩て神を離れし者あるをしらず。労働はまことに信仰の土台なり。(1912年)
この青柳さく先生のことを調べたのは、湯浅正和さんといって、東京都出身、株式会社ジャパンエナジー(旧日本鉱業株式会社)元専務取締役で、退職後、当地穂高中学校グランド隣に寓居を構え、穂高町の人物誌中心の読書と畑作を楽しむ生活を送った人です。井口喜源治は有名でしたが、青柳さく先生の事はあまり知られていなかったのを、後本になるまで調べ上げた人物です。内村先生は女の人から見れば怖い存在と見られがちですが、内村鑑三選集の書簡集などから見れば、慕っていた女の人も多くみられます。特に、東北の高橋ツサ子あて書簡を見れば心打たれるものがあります。研成義塾からは60人ほどアメリカのサンフランシスコに移住して、神の国を建てた人たちがいて、当時日本人もアメリカに大勢移住した中でも、神の国を建てるために移住したというのは、研成義塾出身者だけであったということです。
Re: 内村先生と研成義塾の青柳さく先生 
Yamazaki様、こんばんは。

> 井口喜源治の始めた義塾に女の先生で青柳さく先生が、入ってきました。青柳先生は松本の商家に生まれ恵まれた環境で生まれ育ったのですが、基督教にであい、両親に猛反対されても意志を曲げず、義塾の先生になり、心身を尽くして生徒に教えておられました。当時、村の人々からは中傷、謗りを受けますが、生徒の礼儀が、他の学校の生徒よりも優れている点を認められ、義塾の信頼が高まりました。そして、青柳先生は、ある年クリスマスに内村先生からクリスマスカードが届いたことに感動します。それには、次のように書かれていました。「労働は神聖なり。働かざる者は神を知らず、知識を以って神を疑い,しまいには神を捨て去りし者少なしとせず。然れども、正直に労働詩て神を離れし者あるをしらず。労働はまことに信仰の土台なり。(1912年)
> この青柳さく先生のことを調べたのは、湯浅正和さんといって、東京都出身、株式会社ジャパンエナジー(旧日本鉱業株式会社)元専務取締役で、退職後、当地穂高中学校グランド隣に寓居を構え、穂高町の人物誌中心の読書と畑作を楽しむ生活を送った人です。井口喜源治は有名でしたが、青柳さく先生の事はあまり知られていなかったのを、後本になるまで調べ上げた人物です。内村先生は女の人から見れば怖い存在と見られがちですが、内村鑑三選集の書簡集などから見れば、慕っていた女の人も多くみられます。特に、東北の高橋ツサ子あて書簡を見れば心打たれるものがあります。研成義塾からは60人ほどアメリカのサンフランシスコに移住して、神の国を建てた人たちがいて、当時日本人もアメリカに大勢移住した中でも、神の国を建てるために移住したというのは、研成義塾出身者だけであったということです。

井口喜源治が始めた研成義塾に青柳さくという女性教師が加わりましたか。当時の状況ではキリスト教を信仰することは本当に大変なことだったと思います。それでも信念を曲げること無く貫いたようですね。立派な人物だったと推察いたします。
井口喜源治が病に倒れ、廃校になってしまったものの、この教育機関が果たした役割は決して小さなものではなかったことでしょう。
知られざる歴史ありですね。

Body

« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

3月3日(金)-4日(土)は、秋田県内を旅行中で、私からのアクセスはできなくなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR