散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

一条恵観山荘の庭園ほかを見て回った(3)

一条恵観山荘の庭園(3)
山荘外観
後日、『見学』に参加して、この国指定重要文化財の建物内部をじっくり見て回る機会があった。その様子は、後ほどの回で取り上げることにするが、一番の上座になるのが、こちら側に一番近い部屋だった。想像がつくかもしれないが、ちょっと出張っている部分が床の間だ。向かって左側の窓も粋なものだった。こちら側にも竹でつくられた雨樋が設えてあったが、よくわからないかもしれない。次の画で見ていただきたい。
山荘外観_1
少しだけ下ったところから庭をもう一度見てみた。庭園を見に行ったときには気づかなかったのだが、写真の通り、竹でつくられた雨樋が設えてあった。粋の極みだ。
山荘外観_2
さらに少し下ったところから
山荘外観_3
川面に沿って下がる
ヤマアジサイは50種以上が植えられているそうだ。私には精々10種ほども見分けられたら御の字かも。
川面に沿って下がる_1
川面に沿って下がる_2
川面に沿って下がる_3
川面に沿って下がる_4
川面に沿って下がる_5
川面に沿って下がる_6
川面に沿って下がる_7
少しだけ竹も植えられてあった
川面に沿って下がる_8
ヤマアジサイはまだまだ続く
川面に沿って下がる_10
枯山水庭園とはいうが、一部には水が流れていた
川面に沿って下がる_11
川面に沿って下がる_12
滑川が見えてきた。カワセミが居そうな感じだ。アユもいるとか。
川面に沿って下がる_13
川面に沿って下がる_14
川面に沿って下がる_15
川面に沿って下がる_16
川面に沿って下がる_17
川面に沿って下がる_18
ヤマアジサイはまだまだ続く
川面に沿って下がる_19
川面に沿って下がる_20
川面に沿って下がる_21
川面に沿って下がる_22
川面に沿って下がる_23
川面に沿って下がる_24
川面に沿って下がる_25
川面に沿って下がる_26
川面に沿って下がる_27
川面に沿って下がる_28
川面に沿って下がる_29
川面に沿って下がる_30
川面に沿って下がる_31
川面に沿って下がる_32
いい感じの小径
川面に沿って下がる_33
苔生した石は風情がある。先ほどの『見学』の案内人によれば、一生懸命に苔を生えさせるべく努力をしているようだ。だが、京都に多い杉苔を一面に生えさせるのはこちらではかなり難しいとのことだとか。
川面に沿って下がる_34
川面に沿って下がる_35
川面に沿って下がる_36

Comments

おはようございます 
50種類の紫陽花ですか?!すごすぎます。
微妙にあれこれ違うのかと思いますが、間違い探しのように私には10種類も見分けができるかどうかわかりません。Aそういえば、紫陽花はそんなにも種類が多いのに咲く時期が全く同じということは、元は同じところなのでしょうかね。
おはようございます~ 
一条恵観山荘の庭園は整えられていて、ここにヤマアジサイはしっくりと
馴染みますね。
アジサイの4枚目のわずかにグリーンがかった色も素敵です。
藁葺屋根の家に竹に水の流れと遠くの木々も見えて、涼しそうな
庭園ですね (^_^)v
おはようございます^^ 
紫陽花も梅雨があけたことを知らせてくれているようですね。
雨量が足らなかったのか水量が少ない気もしますが
早く明けたら明けたで水不足になるのも困りもんですね^^;
 
今晩は
素晴らしい庭園を一緒に散策させて
頂きました。
色んな紫陽花が綺麗に咲いてて
癒されますよね~

この時期の紫陽花って本当に良いよね^^
AzTakさん 
こんばんは
熊の偏見かどうか?
紫陽花にはやはり雨が似合うなあ
イロンナ紫陽花が有るもんですねえ。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 50種類の紫陽花ですか?!すごすぎます。

紫陽花全般ではなく、ヤマアジサイでそろえてあるそうです。なので、より大変なんだと思います。

> 微妙にあれこれ違うのかと思いますが、間違い探しのように私には10種類も見分けができるかどうかわかりません。Aそういえば、紫陽花はそんなにも種類が多いのに咲く時期が全く同じということは、元は同じところなのでしょうかね。

私は花さんの話はあまり詳しくなく、聞かれても困るのですが、紫陽花に関しては、どうもガクアジサイが初めにありきのようですね。一方、ヤマアジサイは、…。植物学者の諸説には付き合いきれませんが、見ていると素朴で可愛らしいものが多いようです。
Re: おはようございます~ 
みすてぃさん、こんばんは。

> 一条恵観山荘の庭園は整えられていて、ここにヤマアジサイはしっくりと
> 馴染みますね。

一条恵観山荘の庭園は蹲踞などをそのまま持ってきてありますし、昔あった通りに再現してあるそうなんです。ですが、京都の西加茂と鎌倉の浄明寺とでは風土が少し違うようで、苔の植生に苦労していると聞きました。
山紫陽花は、もしかしたら、すぐ近くの浄妙寺さんにもヤマアジサイの小径があったりします。なので、鎌倉の風土に合い、山荘庭園の雰囲気を損ねない植物として、白羽の矢がたてられたのかもしれません。私の勝手な推測ですが。

> アジサイの4枚目のわずかにグリーンがかった色も素敵です。
> 藁葺屋根の家に竹に水の流れと遠くの木々も見えて、涼しそうな
> 庭園ですね (^_^)v

一条恵観公がこの西加茂山荘を造営し、叔父に当たる八条宮公が桂離宮を造営し、兄にあたる後水尾天皇が修学院離宮をを造営したそうです。往時の西加茂山荘は桂離宮よりも広く、この山荘部分は茶屋として作られたそうです。茶屋というのはおそらく、茶店のことではなく、お茶をたてたり和歌を吟じたりする専門の建屋だったのではないかと思います。
そういう人物が、金森宗和公の薫陶を受けて作った庭も、気合の入ったものだったようです。まずは庭園を愛でていただきたいと思います。
この建屋もすごかったです。いずれ取り上げるつもりでいますが。
Re: おはようございます^^ 
aiupaさん、こんばんは。

> 紫陽花も梅雨があけたことを知らせてくれているようですね。
> 雨量が足らなかったのか水量が少ない気もしますが
> 早く明けたら明けたで水不足になるのも困りもんですね^^;

そうですね。ヤマアジサイの方が、野にある花という感じでしょうから、多少の乾燥には耐えるのかもしれませんが、もう季節は終わったかもしれませんね。ほぼ1週間後に行ったときには桔梗などが咲いていました。こういう庭園で四季折々の花を咲かせるのは大変なことなんでしょうね。

PS.この8日後、『見学』に行きました。案内人が実に面白く興味のある話をしてくれたのですが、自慢だった記憶力があてにならず、かなりをその場で忘れてしまいました。そのうち、ボイスレコーダーを持参して、きちんと記録しながら撮影に専念しようと思います。

Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 素晴らしい庭園を一緒に散策させて
> 頂きました。
> 色んな紫陽花が綺麗に咲いてて
> 癒されますよね~
>
> この時期の紫陽花って本当に良いよね^^

もともとは西加茂山荘にあったものです。叔父さんが桂離宮を造営し、兄が修学院離宮を造営したそうですが、勝るとも劣らないものだったとか。ですが、戦後すぐ、悲しいことに荒れ果て朽ちる寸前だったとか。茶屋と庭に当たる部分だけ、漸く鎌倉に移したんだそうです。
京都に感謝しなくてはいけませんよね。

もしかしたら、ヤマアジサイだけは、鎌倉オリジナルかもしれません。が、確認したわけではありません。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 熊の偏見かどうか?
> 紫陽花にはやはり雨が似合うなあ
> イロンナ紫陽花が有るもんですねえ。

偏見じゃなく、そうだと思います。雨が欲しくて仕方ない生き物でしょう。開演前にたっぷり水やりをしているのだと思いますが、それで済む問題ではないのでしょうね。

案内人が言うには、雨の日の庭園が素敵なんだそうです。関東には珍しい赤松が植えてありますが、先に行くと赤い色が強くなるんだそうです。雨の日にはこのグラデーションが鮮やかなんだとか。う~~ん。
こんばんは 
素敵なお庭ですね~~
日本庭園が僕は大好きなんですよ^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 素敵なお庭ですね~~
> 日本庭園が僕は大好きなんですよ^^

そうですねえ。悔しい思いがないわけではありませんが、この庭園は京の雅そのものです。戦後まもなく京都の町もそれなりに荒廃したようです。西加茂山荘も後輩に極みにあったとか。この茶屋の建物のみが庭園とともに鎌倉に移され、延命したものだそうです。叔父さんが造営した桂離宮やお兄さんが造営した修学院離宮と並び称せられた西加茂山荘の一部だったそうです。

Body

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月17日(火)-19日(木)は、京都と大阪とを観光します。この間、記事更新のみとし、私からのアクセスはお休みさせていただきます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR