散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

江戸東京たてもの園に行った(3)

会水庵
宗徧流の茶人、山岸宗住(会水)が建てた三畳台目と勝手とからなる茶室。高橋是清邸の並びにある。そちらの付属茶室という趣にしてあるように見えるが、西川家別邸に付属茶室という趣にしてある。アクセスが許されている範囲での撮影なので、多少見難いかもしれない。宗徧流での名前は最初に『宗』の字がつく。私の祖母もそうだった。宇野信夫氏の名前もよく聞く名前だ。最初にどこで見聞きしたのかと考えたが、おそらく歌舞伎のプログラムで見かけたのが最初かな。
黄色い壁面部分のみが会水庵。母屋に見立てたのが、右側に写っている西川家別邸である。
会水庵_1
左側が三畳台目。右手前側が勝手。
会水庵_2
三畳台目
会水庵_3
躙り口から内部を見た。案外広く見える。
会水庵_4
腰掛。招待客はここで席主から声がかかるのを待ったのだろう。後出する西川家別邸の画は、この辺の様子を描いたものだろう。
会水庵_5
残念ながら障子が締め切られていた。会水庵と書かれてあった。
会水庵_6
西川家別邸との接続箇所
会水庵_7
宗徧流の茶人、山岸宗住(会水)が建てた茶室です。
1957年(昭和32)、劇作家の宇野信夫が買い取り、西荻窪に移築しました。本畳三枚と台目畳一枚からなる三畳台目の小間の茶室です。


西川家別邸
地元の実業家西川伊左衛門が隠居所及び接客用に建てた別邸だそうだ。見に行ったときは、これから耐震工事に取り掛かる準備作業中のようで、やや無粋な赤いものなどが目につくが、無視していただきたい。
内部は完全な和風の家屋だった。

ほぼ全景
なんだかソフトバンクのCMみたいで気に入らない響きだが、ほぼ全景だ。魚眼擬きを持参したのを思い出したが、ちょっとへばっていて、使用することなしに手抜きをした。玄関を挟んで向かって左側(西側)が客間で接客空間、右側(東側)が茶の間などの居住空間となっているようだ。
西川家別邸_1
西川家別邸_2
西川家別邸_3
もとは赤坂と昭島市とまったく違う場所に所在したが、今は高橋是清邸と隣接している。しかし、あのような凄い邸宅が隣家だったら、いつも卑下してしまいそうだ。
西川家別邸_4
西川家別邸_5
玄関を入ったあたり
西川家別邸_6
西川家別邸_7
すぐ右隣の部屋
簡単に応接するときに多用した部屋だそうだ
西川家別邸_8
『茶庭』という作品
会水庵での様子を描いた作品の複製だそうだ。こういう作品の複製まで用意するとは、お役所にしては芸が細かい。
西川家別邸_9
西川家別邸_10
西川家別邸_11
その他の部屋
薄暗かった。やむを得ず露出補正をしたのだが、やりすぎだった。大失敗。
西川家別邸_12
西川家別邸_13
西川家別邸_14
西川家別邸_15
西川家別邸_16
西川家別邸_17
庭の夏椿
西川家別邸_18
西川家別邸_19
西川家別邸_20
建築年代1922年(大正11)
所在地昭島市中神町二丁目
北多摩屈指の製糸会社を設立した実業家西川伊左衛門が隠居所及び接客用に建てたものです。
多摩地域の養蚕・製糸業が最盛期をむかえた時期(大正期から昭和初期)に建てられ、 よく吟味された部材が使われています。

Comments

おはようございます 
高橋是清邸の広いお庭の写真がとても綺麗です。
当時は多くの人の出入りもあったのでしょうね。
展示の絵がとてもいいですね。おっしゃるように役所仕事にしては芸が細いですね。ただ、赤いコーンは仕方ないとはいえ、ちょっと残念です。^^;
おはようございますー 
高橋是清邸と隣接しているとなにかと対比されるかもしれないですね。
でも昔の方は別邸も所有出来て成功すると暮らしぶりがゴージャスです。
部屋数も多くてながい縁側とゆったりとしています。

お茶室もお庭から入ってお点前を頂くのは今では贅沢時間の
ひと時のおもてなしですね。
そんなお庭に白い夏椿は慎ましくて大変お似合いです
おはようございます^^ 
途中のベンチの竹の置物は「腰かけないで」のためのものですかね。
こういった注意を呼び掛けるものも竹や木材で作ると雰囲気を壊しませんね~
赤い三角コーンも何かそういう感じで作って欲しいものです^^
こんにちは! 
AzTakさん、こんにちは!
三畳一間の茶室も広く見えますね!
庭の夏椿(沙羅の木)が涼を誘いますね♪
朝から雨で、捩花(ネジバナ)が終わってしまわないか
気が気じゃありません 汗)
 
しっとり落ち着いて緑に囲まれいいところですね
小金井の方ですよね
両国江戸博物館と紛らわしですね

近場なので何度か行きましたが
写真初歩の頃 あの頃はアチコチ歩いたわ 体力あったのね
こんばんは 
お庭も建物も日本的な風情があっていいものですね。
ただ茶室の躙り口だけは窮屈でどうも私の性格にはあわないようです。
かといってお茶はけっして嫌いではないのですが・・・。

慣れぬ家事をやっていますが、
雨がよく降りますから洗濯ものが乾きにくくて困りますね。
 
「入らないで下さい」。竹のバリケード。伊藤博文金沢別邸と全く同じものです。、
AzTakさん 
こんばんは
江戸東京たてもの園なる所が有るんですね。
知りませんでした。
楽しみです。
 
今晩は
緑豊かな中に建てられてて
静かで落ち着けそうな所ですね^^
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 高橋是清邸の広いお庭の写真がとても綺麗です。

どこを持って来たのかよくわからないのですが、高橋是清邸の庭の一部をも持ってきたようです。たぶん、石組みなどかなと思いますが、それがもしかしたら、雰囲気を良くしているのかもしれませんね。

> 当時は多くの人の出入りもあったのでしょうね。

そうなんでしょうね。場所も赤坂だったそうですから、アクセスしやすかったと思います。まあ、料理屋じゃないので、あまり来られても困ったのかもしれませんが。

> 展示の絵がとてもいいですね。おっしゃるように役所仕事にしては芸が細いですね。ただ、赤いコーンは仕方ないとはいえ、ちょっと残念です。^^;

片付けて撮りたい欲求にかられましたが、そんなことをしたらつまみ出されてしまうかも。
Re: おはようございますー 
みすてぃさん、こんばんは。

> 高橋是清邸と隣接しているとなにかと対比されるかもしれないですね。

(ФωФ)フフフ・・・、そうですよね。

> でも昔の方は別邸も所有出来て成功すると暮らしぶりがゴージャスです。
> 部屋数も多くてながい縁側とゆったりとしています。

昭島市でお大尽も気楽でよかったのかもしれません。付近に比較できるような瀟洒な物件などなかったでしょうから。

> お茶室もお庭から入ってお点前を頂くのは今では贅沢時間の
> ひと時のおもてなしですね。

そうですね。躙り口から入るなんてこと、よく考えだしたものです。

> そんなお庭に白い夏椿は慎ましくて大変お似合いです。

恥ずかしながら、夏椿は、今回初めてみました。いくら考えても、見た記憶がないんです。
Re: おはようございます! 
Kさん、こんばんは。

(ФωФ)フフフ・・・、承知しています。毎日チェックさせてもらっています。
Re: おはようございます^^ 
aiupaさん、こんばんは。

> 途中のベンチの竹の置物は「腰かけないで」のためのものですかね。
> こういった注意を呼び掛けるものも竹や木材で作ると雰囲気を壊しませんね~

おそらく、こうしたものは、京都の洒落者が最初に考えだしたのではないかなと思っています。それを見た人たちが気に入って、真似ているような気がします。

> 赤い三角コーンも何かそういう感じで作って欲しいものです^^

(ФωФ)フフフ・・・、わざと注意を喚起するために、そういうもので厭味ったらしく、制止をかけているのかもしれませんね。
ああいう市せ鵜にも、今どきは中国人や韓国人がたくさん来ています。言葉がお互い通じにくい状況の中で、何かが起きないように、転ばぬ先の杖なのかもしれません。
Re: こんにちは! 
> AzTakさん、こんにちは!

makiraさん、こんばんは。
今日は、LUMIX DMC-G8Mの入門教育を受けてきました。今後少しは、失敗が少ない状況を作り出せるかもしれません。

> 三畳一間の茶室も広く見えますね!

そうですね。三畳台目どころか、三渓園には、一畳台目の茶室があります。私のような太目は、息苦しくて大変かなと思います。

> 庭の夏椿(沙羅の木)が涼を誘いますね♪
> 朝から雨で、捩花(ネジバナ)が終わってしまわないか
> 気が気じゃありません 汗)

夏椿は沙羅の木ともいうんですか。優雅鍋生ですね。
捩花も庭に植えてありますか。良いですねえ。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> しっとり落ち着いて緑に囲まれいいところですね
> 小金井の方ですよね
> 両国江戸博物館と紛らわしですね

両国の江戸東京博物館の分園という位置づけになっているようです。まぎらわしいこと、この上ない感じですよね。

> 近場なので何度か行きましたが
> 写真初歩の頃 あの頃はアチコチ歩いたわ 体力あったのね

マイ・カメラを手にしてから、60年ほど経ちます。今日初めてカメラの入門講座を受講しました。少しはうまくなるでしょうか。
Re: こんばんは 
徒然草さん、こんばんは。

> お庭も建物も日本的な風情があっていいものですね。
> ただ茶室の躙り口だけは窮屈でどうも私の性格にはあわないようです。
> かといってお茶はけっして嫌いではないのですが・・・。

祖母が時々躙り口から入ることを客人に体験させていました。そのころの私は、子供でしたから、躙り口から入れない太った人もいるのかななどと思っていました。後年、危うくその一人にまで、成長するところでした。(^_^;)

> 慣れぬ家事をやっていますが、
> 雨がよく降りますから洗濯ものが乾きにくくて困りますね。

そうですね。いまが、慣れない『季節工』には一番つらい時期かもしれません。本当に大変ですね。
Re: タイトルなし 
senri32さん、こんばんは。

> 「入らないで下さい」。竹のバリケード。伊藤博文金沢別邸と全く同じものです。、

ふふふ、すでに業界標準の対策品があるんですね。最初に考えだしたのはどなたでしょうか?
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 江戸東京たてもの園なる所が有るんですね。
> 知りませんでした。
> 楽しみです。

結構瀟洒な園内です。興味が尽きない可能性があるかもしれません。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 緑豊かな中に建てられてて
> 静かで落ち着けそうな所ですね^^

そうですね。昔の赤坂ではどんな感じだったでしょうかね。

Body

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR