散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

次大夫堀公園民家園(3)

旧城田家住宅主屋
古民家で二階建てのところはかなりの比率で存在する。だが、実際に二階まで上がらせてくれるケースはごく僅かだ。こちらは、その有難い例だ。半農半商の家だったらしく、なんとなく中に入りやすい感じになっている。店舗設計の勘所を踏まえた家なのかもしれない。
所在地の説明文に『筏道』なんてのがあった。何の道かと思ったが、この土地特有の道だったんだ。

外観はこんな風
外観はこんな風_1
外観はこんな風_2
外観はこんな風_3
魚眼擬きでも撮ってみた。ちょっと暗く撮れるのかなあ。
外観はこんな風_4
外観はこんな風_5
何となくエネルギー切れの兆候があったので、ちょいとエネルギー補給。江戸時代は居酒屋ではなく、酒類の小売店だったのかなあ。
外観はこんな風_6
内部はこんな風
結構しっかりした普請の家屋だ。それなりにお金をかけている感じだった。
内部はこんな風_1
内部はこんな風_2
内部はこんな風_3
内部はこんな風_4
有難いことに囲炉裏には火が入っていた。訳もなくうれしくなる。
内部はこんな風_5
内部はこんな風_6
内部はこんな風_7
内部はこんな風_8
内部はこんな風_9
内部はこんな風_10
内部はこんな風_11
内部はこんな風_12
内部はこんな風_13
内部はこんな風_14
内部はこんな風_15
内部はこんな風_16
魚眼擬きでも撮ってみた
内部はこんな風_17
内部はこんな風_18
内部はこんな風_19
内部はこんな風_20
内部はこんな風_21
内部はこんな風_22
内部はこんな風_23
内部はこんな風_24
内部はこんな風_25
内部はこんな風_26
内部はこんな風_27

この主屋は、喜多見にある城田家の屋敷から移築しました。城田家屋敷は登戸道と筏道が交わる辻にあって、江戸時代末には酒屋を営んでいたといわれています。主屋は弘化3年(1846)以前に建築されたと推定しています。間取りは喰違い四ッ間型ですが、ドマに広く張り出した板床や厨子二階などの店造りが特徴です。
店舗を併用した江戸時代の古民家の特徴を生かして、園内の売店として活用しています。

 -----+----------+----------+----------+----------+----------+----------+----------+-----
筏道
筏道が意味することは、奥多摩方面で木材を伐採し、青梅市辺りで筏を組み、竿一本で操作し多摩川を下り、大田区の六郷、羽田付近で陸揚げして、回漕問屋に納める。この間、三日から四日にかけて下るそうです。
問屋は、そこから更に東京湾を進み本所深川の材木問屋などに納める。
そして、筏で多摩川を下った筏師は、問屋に納め役目を終えて、再び奥多摩の方へと向っていく。その帰りの道を筏道と言います。

Comments

おはようございます~ 
主屋の酒屋さんの二階は上がったことがなかったので、惜しいことをしたと
悔やまれます~(^^;)
以前に二階にボランティアの方が数人で作業をしてましたが、お手入れだったのですねー!
階段と床の艶も天井の梁も綺麗で、魚眼レンズでの撮影も、趣があって琉球畳は
写真でしか見たことがなかったのが、これも見られてシンプルでいいですね。

室内がけぶっているのも炎も赤々として貴重なお写真です。
ラムネも最中もホッとするひと休憩ですね(^-^) コンドハタベテミヨウ
おはようございます^^ 
それほど見学者がいなくても火をいぶす演出はしてくれているのですね~
とてもいい雰囲気なだけに防犯カメラが違和感がありますが
防犯、防災上やむを得ないのでしょうね^^;
おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
梅雨入りとのことで、朝寝坊を決め込んでいたら
陽が当たっているじゃありませんか♪ 何とも変な天気ですね~笑)
古民家の2階は大体納屋か物置と相場が決まっていますが
ここはちゃんとした部屋が作られていたのですね!
AzTakさん 
こんばんは
囲炉裏の鍋には何が煮えているのかなあ
気になるなあ
オッ、足踏み式の脱穀機!!
ウチノ何処かにありゃせんかいな。
Re: こんばんわ! 
Kさん、こんばんは。無事催行にこぎつけましたね。
私は今日の午前中に振り込みました。
Re: おはようございます~ 
みすてぃさん、こんばんは。

> 主屋の酒屋さんの二階は上がったことがなかったので、惜しいことをしたと
> 悔やまれます~(^^;)

高所恐怖症でも2階くらいまで上がるのは平気で、喜んでみてきちゃいました。昔は、何に使っていたスペースなんでしょうね。

> 以前に二階にボランティアの方が数人で作業をしてましたが、お手入れだったのですねー!

そうだったのかもしれませんね。

> 階段と床の艶も天井の梁も綺麗で、魚眼レンズでの撮影も、趣があって琉球畳は
> 写真でしか見たことがなかったのが、これも見られてシンプルでいいですね。

階段と床の艶も天井の梁も綺麗で驚かされますよね。

> 室内がけぶっているのも炎も赤々として貴重なお写真です。

棟数がそうあるわけではないので、気遣いが行き届いていますよね。

> ラムネも最中もホッとするひと休憩ですね(^-^) コンドハタベテミヨウ

最中は、小豆がぎっしり。全部食べたらカロリーオーバーかなと思いつつも、おいしいので一気に食べてしまいました。
Re: おはようございます^^ 
aiupaさん、こんばんは。

> それほど見学者がいなくても火をいぶす演出はしてくれているのですね~

(ФωФ)フフフ・・・、平日の午前中で、しかも人気の上野動物園じゃありませんから。何人かでも見学者が居たことがすごいと思うくらいでした。本来ならば、毎日囲炉裏の日をくべる作業はした方がいいのにと思っていたので、手を抜かない世田谷区のやり方にいたく共感しました。

> とてもいい雰囲気なだけに防犯カメラが違和感がありますが
> 防犯、防災上やむを得ないのでしょうね^^;

まあ、そうでしょうね。川崎の民家園などは、無粋な放水銃が設置されています。それよりかはマシかも。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 梅雨入りとのことで、朝寝坊を決め込んでいたら
> 陽が当たっているじゃありませんか♪ 何とも変な天気ですね~笑)

明日くらいまでのようです。折角の晴れ間です。積極的に利用しなくっちゃ。今日は、用件が3つも重なり、撮影はできませんでした。

> 古民家の2階は大体納屋か物置と相場が決まっていますが
> ここはちゃんとした部屋が作られていたのですね!

何のためのスペースだったのか、解説が欲しい所ですよね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 囲炉裏の鍋には何が煮えているのかなあ
> 気になるなあ

多分、ただの水だと思います。ヘタに食べ物などを用意したら、残飯が出るし、調理の残りかすも出ます。それを畑で使えばよいのかもしれませんが、…。

> オッ、足踏み式の脱穀機!!
> ウチノ何処かにありゃせんかいな。

私も親戚の農家で、使用しているのを見ました。
こんばんは 
こんばんは。
こちらは江戸時代からの民家なのですね。とても立派です。こういった形で保存されてるのは素晴らしいことです。まるで今も人が住んでいるようです。
Re: こんばんは 
> こんばんは。

MTさん、こんばんは。

> こちらは江戸時代からの民家なのですね。とても立派です。こういった形で保存されてるのは素晴らしいことです。まるで今も人が住んでいるようです。

大『世田谷区』の面目にかけても、いい加減な古民家保存などしない。その意気込みたるや凄いものです。
私のような重量級が歩くと床板が悲鳴を上げがちですが、こちらのはびくともしません。よほどメンテナンスに力を入れているんですね。神戸の異人館とは大違いです。

Body

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR