散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

葛飾柴又を歩いた(6)

山本亭(1)

大正末期に建てられた一部二階建ての瀟洒な和洋折衷邸宅。そして完成度の高い庭園が付属する。葛飾柴又に行ったならば必見の物件だと思う。柴又帝釈天から向かうとほどなく二階部分が見えてくる。何だか雰囲気がよさそうだという機体が高まる。ただし公開しているのは一階部分のみだが。

見えてきた
見えてきた_1
見えてきた_2
見えてきた_3
見えてきた_4
邸内の様子
シックな感じだ。この当時のカメラ部品製造会社の経営者は相当に儲かったのだろうか。
邸内の様子_1
邸内の様子_2
邸内の様子_3
邸内の様子_4
邸内の様子_5
邸内の様子_6
邸内の様子_7
邸内の様子_8
邸内の様子_9
ハイカラな時計もあった
邸内の様子_10
ゆっくりと茶菓を頂く
そのつもりだったが、他の客が入ってきて気まずい感じだった。他の部屋にすればよかった。
ゆっくりと茶菓を頂く_1
ゆっくりと茶菓を頂く_2
友好都市の時間
葛飾区とウィーン(ウィーン市フロリズドリフ区)と北京(北京市豊台区)とが友好都市なんだそうだ。ウィーンに関しては、ウィーン市長が来日の折、機内で上映されていた松竹映画の「男はつらいよ」シリーズを機内で鑑賞し、映画に描かれた人物の様子がウィーン市民の気質に似ているということから交流が始まったそうだ。
友好都市の時間_1
友好都市の時間_2
友好都市の時間_3
自慢の庭園
柴又帝釈天の邃渓園も実に立派な庭園だが、こちらの庭園も負けず劣らず。趣きのある庭園だ。270坪の典型的な書院庭園は、米国の日本庭園専門誌「Sukiya Living~ランキング調査(2016年)で、第3位に評価されているというからすごい。
自慢の庭園_1
自慢の庭園_2
自慢の庭園_3
自慢の庭園_4
自慢の庭園_5
自慢の庭園_6
自慢の庭園_7
自慢の庭園_8

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
やっぱり行かれましたね♪
どうでしたか?山本亭は!
個人的には足立美術館の庭園を見ているせいか
ちょっとごちゃごちゃした感を感じましたが・・・
まさか、ここから寅さん記念館や山田洋次ミュージアムに行かれたのでは?
お昼を川甚でなら、私と同じコースだ (笑)
おはようございます 
らんまがいかにも名所らしいシンプルだけど奥の深い素晴らしさがあります。こちらの庭園はいいいですね!満月の時や、雨の日などにも訪れてみたい場所ですね。
おはようございますー 
山本亭の内外がとっても綺麗に撮影されて、それに「男はつらいよ」シリーズを
機内で鑑賞し、映画に描かれた人物の様子がウィーン市民の気質に似ているので
友好都市とは知りませんでした。
ニューイヤーコンサートのウィーンフィルのイメージから気位が高いのかなと
思っていました(・。・;
時計もチクタク時を刻み続けているのですね。
よく手入れされた日本家屋で長い廊下に縁側に障子の魅力が出ています!
さすがにお抹茶はアイスなのですね~(^-^)/
おはようございます^^ 
維納と書いてウィーンですか勉強になります。
和菓子ならぬクッキーなところにも和洋折衷を感じます^^
しかし、クッキー一枚にたいそうな盛り付けですね^^;
AzTakさん 
こんにちは
何でもランキングしてしまうアメリカ。
でも、第3位とは素晴らしいです。
チョット混みあってるかな、と個人的には。
 
こんにちは
素晴らしい邸内を見て回った後~
素晴らしい庭園を見ながらの
お茶菓子タイム!
至福のひと時でしょうね^^

連休は家に缶詰状態です(笑
車寅次郎 
寅さんの世界ではないですね。
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> やっぱり行かれましたね♪
> どうでしたか?山本亭は!
> 個人的には足立美術館の庭園を見ているせいか
> ちょっとごちゃごちゃした感を感じましたが・・・

割と好きなんです。自分んも成功したら、思うような家を建てて住みたいものだと常々思っていましたが、残念ながら出世も何もしませんでした。

> まさか、ここから寅さん記念館や山田洋次ミュージアムに行かれたのでは?
> お昼を川甚でなら、私と同じコースだ (笑)

その辺は全部スルーです。江戸川の河川敷でヒバリを見て(撮ることができたわけではありません)、矢切の渡しを撮って、川甚さんの前を通って帰途につきました。一人きりだとお店に入りづらくて、少し離れたパン屋さんのイートインで、空腹を紛らわせました。今、膵臓の状況を改善すべく減量中なので、基本的にかなり小食にしています。ブログに載せない時の食事内容はひどいものです。その所為か、顔はげそっと痩せました。でも、超胴長超短足は隠しようもなく、久しぶりに会う方にはかなり驚かれます。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> らんまがいかにも名所らしいシンプルだけど奥の深い素晴らしさがあります。こちらの庭園はいいいですね!満月の時や、雨の日などにも訪れてみたい場所ですね。

その昔は、素晴らしい環境のところだったのでしょうね。
そういえば、我が家も駅まで何も遮るものがなかった時代がずっと続いたようです。
帝釈天の鐘の音が聞こえ、江戸川の河川敷からは、虫の鳴き声が聞こえてきたことなんでしょうね。次の甲斐に出てくる紋や玄関、応接間などを見ると、相当なお金持ちだったと思われます。カメラの部品製造といっても、かなり重要なパーツを手掛けていたのかもしれませんね。
Re: おはようございますー 
みすてぃさん、こんばんは。

> 山本亭の内外がとっても綺麗に撮影されて、それに「男はつらいよ」シリーズを
> 機内で鑑賞し、映画に描かれた人物の様子がウィーン市民の気質に似ているので
> 友好都市とは知りませんでした。
> ニューイヤーコンサートのウィーンフィルのイメージから気位が高いのかなと
> 思っていました(・。・;
> 時計もチクタク時を刻み続けているのですね。

ウィーンは、私にはとても思い出深い街です。今では日本人の誰もが知らない人はいないペンションですが、当時ペンションなどというものを殆どの人が知らない頃、泊まりました。そこの経営者の娘さんが、キレイな金髪の美人でした。記念に何枚か写真を撮らせてもらいました。そのころから、写真を撮りまくっていました。その割には、今も腕が上がりませんが。
その街の市長さんが『寅さん』の映画を見て感動しましたか。音楽の都の市長さんと寅さんとが繋がるものがあったとは、意外な話ですが、本当のことなんでしょうね。

> よく手入れされた日本家屋で長い廊下に縁側に障子の魅力が出ています!
> さすがにお抹茶はアイスなのですね~(^-^)/

ははは、ケチったのがわかってしまいましたか。ちょうど小銭があまりなくて、…。
Re: おはようございます^^ 
aiupaさん、こんばんは。

> 維納と書いてウィーンですか勉強になります。

ウィーンは、英語ではViennaと書くようです。それに対する当て字だったのでしょうかね。維納はどう考えても『いな』位にしか読めませんよね。英語がヴィナと聞こえたと考えれば、案外近い当て字だったのかもしれません。


> 和菓子ならぬクッキーなところにも和洋折衷を感じます^^
> しかし、クッキー一枚にたいそうな盛り付けですね^^;

もう少し高いお値段で、ちゃんとした茶菓のセットもありました。ケチったのが出てしまいましたね。(^_^;)
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 何でもランキングしてしまうアメリカ。
> でも、第3位とは素晴らしいです。
> チョット混みあってるかな、と個人的には。

(ФωФ)フフフ・・・、いろいろな感想があることでしょうね。外国の方の琴線に触れたことは間違いがないようです。ニホンを知らない分、純粋な気持ちで見ているのかもしれません。
Re: 車寅次郎 
senri32さん、こんばんは。

> 寅さんの世界ではないですね。

カメラ部品メーカーの経営をされていた方の自宅だったようです。少なくとも寅さんの映画で太宰久雄さんが演じたタコ社長の家よりは立派そうですね。
でも、寅さんミュージアムとは隣接しているといってもいいくらいの距離です。江戸川河川敷のロケなどの折に、渥美清さんもよく見ていたんじゃないかと思います。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

x都人xさん、こんばんは。

> 素晴らしい邸内を見て回った後~
> 素晴らしい庭園を見ながらの
> お茶菓子タイム!
> 至福のひと時でしょうね^^

お抹茶は好きなんです。この日は手持ちの小銭があまりなくて、ケチってしまいました。ちょっと貧弱なものでした。(^_^;)

> 連休は家に缶詰状態です(笑

缶詰めになるつもりでいましたが、陽気に誘われて、近隣をちょこまか歩いています。成果は殆ど上がっていません。

Body

« »

05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR