散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

葛飾柴又を歩いた(5)

帝釈天(5)
大客殿
徹底してみて楽しんでもらおう。そういう意図があったのかと思う。雅叙園の百段階段と同じような考えがあったように思うのは、私の考え過ぎだろうか。
ここから大客殿
『邃渓園(すいけいえん)』は、大客殿前に広がる池泉式庭園のこと。直進すれば、右手に大客殿の中が見られ、左手には邃渓園を見ることができる。
大客殿_1
入り口
訪問客を圧倒する美しさ
大客殿_2
大客殿_3
十干 ・ 十二支は一巡するのに60年かかる。昭和の年号は異様に長く、丙寅、丁卯、戊辰、己巳だけは2回登場する。が、昭和元年と昭和61年とでははっきり世の中も違っているはずで、混同することはまずないと思う。それ以外の十干 ・ 十二支は一度しか登場しない。なので、『昭和壬寅』と書かれてあれば、それだけで、昭和37年のことだと考えることができる。実に便利なものだ。この書は昭和37年に書かれたようだ。ちなみに、2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)。平成戊戌でわかる人はわかるはずだ。
大客殿_4
廊下
冒頭に記したとおり、右手に大客殿の中が見られ、左手には邃渓園を見ることができる。
大客殿_5
帝釈堂法華経絵巻原型彫刻
あの彫刻ギャラリーを彫るために最初に彫られたものだそうだ
大客殿_6
大客殿_7
大客殿_8
大客殿_9
大客殿_10
大客殿_11
何の画かな
光っていて良く見えなかったが、おそらくは毘沙門天像なのだろう。違うかなあ。
大客殿_12
大客殿_13
横山大観筆『群猿遊戯図』
彫刻の下絵にしたようだ。天下の横山大観も、ここでは下絵作者か。う~~ん。
大客殿_14
大客殿_15
こちらは別の画のようだ。奥にあって、説明書きが見えなかった。
大客殿_16
メインの部屋
だとおもう。日本一の南天の床柱などがある。
大客殿_17
大客殿_18
大客殿_19
何が日本一なのか。おそらく1500年生きてきた南天だという称号なのだろう。
大客殿_20
大客殿_21
大客殿_22
本堂裏に位置する。昭和4年(1929年)の完成で、入母屋造瓦葺、平屋建の左右に細長い建築である。東京都の選定歴史的建造物になっている。座敷4室を左右1列に配し、これらの手前には庭に面し、ガラス障子を立て込んだ廊下がある。座敷のうちもっとも奥に位置する「頂経の間」の「南天の床柱」は、日本一のものといわれ、直径30センチ、滋賀県の伊吹山にあった樹齢約1,500年の南天の自然木を使用したものである。
邃渓園(すいけいえん)
大客殿に位負けしないものを造り上げることが、至上命題だったのだろうか。実にすごい庭だ。そして、案外新しい庭園だったんだ。
大客殿から見た様子
超広角もしくは魚眼を使用しないとうまく撮れないかなあ
邃渓園(すいけいえん)_1
邃渓園(すいけいえん)_2
邃渓園(すいけいえん)_3
邃渓園(すいけいえん)_4
渡り廊下から見た様子
なかなかうまく撮れないなあ。己の下手さ加減が嫌になる。
邃渓園(すいけいえん)_5
邃渓園(すいけいえん)_6
邃渓園(すいけいえん)_7
邃渓園(すいけいえん)_8
邃渓園(すいけいえん)_9
邃渓園(すいけいえん)_10
邃渓園(すいけいえん)_11
邃渓園(すいけいえん)_12
邃渓園(すいけいえん)_13
邃渓園(すいけいえん)_14
邃渓園(すいけいえん)_15
大客殿前に広がる池泉式庭園で、昭和40年(1965年)、向島の庭師永井楽山の設計による。庭園への立ち入りは禁止されているが、周囲に設けられた屋根付きの廊下から見ることができる。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
邃渓園は立派な庭ですよね!
これから行かれるであろう山本亭と遜色無いように素人目で思いました!
山本亭では、ゆっくり茶菓と庭を楽しまれた事でしょうね♪
おはようございます 
帝釈天もなかなか見ごたえがあるものが多いですね。
私が行った時の着眼点も全く違っていて、そこがAzTakさんのブログの面白さでもあります。^^
おはようございます^^ 
最後のあたりの「秋田想い」なるお酒のパックみたいなものは何でしょうから~
こんなところでお酒の広告に置いているのかな~と思いました(笑)
こんにちは。 
室内のつくりといい、廊下伝いに拝見できる庭園の綺麗さは、
見飽きないでしょうね、四季折々の風情が想像できます、
それにしても邃渓園は立派な庭ですよね。
AzTakさん 
こんにちは
彫刻も立派ですが、庭も素晴らしいですねえ!
こんなに広くて素晴らしいとは思いませんでした。
帝釈天 
こんばんはー
大客殿はこのような造りになっていたのですね。
見学したことがありませんでした....
画も沢山所蔵されて豪華で横山大観も、ここでは下絵作者だったのですか~
長い渡り廊下でお庭も広くてみごたえがあり池の映り込みもいいですね^^
 
随分立派なのね
帝釈天は何度か行ってましたが邃渓園は余り記憶にないです
ダメですね。。。

今日はお天気もよく日焼けしたことでしょうね
お疲れさまでした。
その後の結果は?
一日出かけてましたので様子がわかりません

Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 邃渓園は立派な庭ですよね!
> これから行かれるであろう山本亭と遜色無いように素人目で思いました!

そうですね。どちらも非常に素敵な庭ですよね。

> 山本亭では、ゆっくり茶菓と庭を楽しまれた事でしょうね♪

茶菓は食べました。最近、亭主が行く先々で甘いものをむさぼり食べているんじゃないかと、愚妻が気が付き始めたようです。少し自粛しないといけない状況であります。(^_^;)
Re: おはようございます 
MT

> 帝釈天もなかなか見ごたえがあるものが多いですね。

本当にそうですね。よくぞ、これだけお金を工面できたものです。ときの住職の集金&借金力に感嘆します。

> 私が行った時の着眼点も全く違っていて、そこがAzTakさんのブログの面白さでもあります。^^

私の方は、後で振り返ることができるよう、記録する感じで写しています。芸術とは無縁にするつもりはないのですが、結果的には残念な画が殆どだと思います。いつか、傑作をも撮りたいものです。
Re: おはようございます^^ 
aiupaさん、こんばんは。

> 最後のあたりの「秋田想い」なるお酒のパックみたいなものは何でしょうから~
> こんなところでお酒の広告に置いているのかな~と思いました(笑)

何なんでしょうね。ちょいとしたいたずらなんでしょうか?
ほぼ10ヶ月も禁酒していると、楽しい世界がはるかかなたに行ってしまったような気がします。
Re: こんにちは。 
みんこたんさん、こんばんは。

> 室内のつくりといい、廊下伝いに拝見できる庭園の綺麗さは、
> 見飽きないでしょうね、四季折々の風情が想像できます、
> それにしても邃渓園は立派な庭ですよね。

京都の寺院の造りを意識したものでしょうね。まあ、彫刻ギャラリーも大客殿も庭園も、明治以降のもの。普通なら一度勢いをそがれた時期があっただろうに、ここだけは、新政府になってからも、意気盛んだったようですね。何が支持された理由だったんでしょうか。
邃渓園にいたっては、昭和40年に造園されたそうです。寅さんシリーズの恩恵かなと思ったら、少しだけ庭園の方が早かったようです。むしろ、寅さんシリーズを呼び込んだ感じなのかもしれません。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 彫刻も立派ですが、庭も素晴らしいですねえ!
> こんなに広くて素晴らしいとは思いませんでした。

凄いのを造り上げましたね。昭和40年(1965年)の作庭だそうです。私が都会暮らしを始めた年にできたんですね。もちろん、当時の私には興味などなく、知らないことでした。
Re: 帝釈天 
> こんばんはー

みすてぃさん、こんばんは。

> 大客殿はこのような造りになっていたのですね。
> 見学したことがありませんでした....

今度は時間を少し作って、こちらも見てやってください。しっとりと心が落ち着く感じだと思います。

> 画も沢山所蔵されて豪華で横山大観も、ここでは下絵作者だったのですか~

あの世で苦笑いされているかもしれませんね。

> 長い渡り廊下でお庭も広くてみごたえがあり池の映り込みもいいですね^^

京都の庭をかなり意識して作庭したのでしょうか。見事なものですね。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 随分立派なのね
> 帝釈天は何度か行ってましたが邃渓園は余り記憶にないです
> ダメですね。。。

いろいろと立派な庭園があります。全てを覚えるのはなかなか難しいのかも。

> 今日はお天気もよく日焼けしたことでしょうね
> お疲れさまでした。
> その後の結果は?
> 一日出かけてましたので様子がわかりません

(ФωФ)フフフ・・・、想像通りです。選抜で彦根東にしてやられてから、どうも意気阻喪状態なのかもしれません。再浮上させるのには、ちょいと時間がかかるかもしれません。

Body

« »

06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージボードα
Information from AzTak

5月10日(木)-11日(金)は、所用で自宅に殆どいません。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR