散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

東京湾湾奥部を眺めた(2)

出航準備中のヴァンテアン号
ヴァンテアン(Vingt et un)は、東京ヴァンテアンクルーズが運航するレストラン船で、東京港竹芝桟橋を発着する東京湾クルーズ航路に就航しているそうだ。美味しい料理を堪能できるのだろうなあ。
出航準備中のヴァンテアン号_1
出航準備中のヴァンテアン号_2
PDF画像を借用
出航準備中のヴァンテアン号_3

日本丸II世かな?
フル換算120ミリまでのレンズだったので、大きく撮ることはできなかった。たぶん、そうだろうと私が思っているだけだ。適当なレンズを所有していないのは、本当に寂しい限りだ。
日本丸(にっぽんまる、英語: Nippon Maru)は、海技教育機構が保有する航海練習船。日本を代表する大型帆船。1984年(昭和59年)に竣工した2代目(日本丸II世)。
4檣バーク型帆船というタイプだそうだ。4檣であることだけは、ど素人の私が見てもわかる。メインマスト高は43.5 m(船楼甲板からの高さ)に達する。レインボーブリッジは、この船の通航を想定して設計されたと言われているそうだ。
日本丸II世かな?_1
日本丸II世かな?_2
向こうは晴海でこちらは竹芝。目と鼻の先ではあるが。泳いでいっても大した距離ではないが、遊泳可能の扱いにはなっていないことだろう。
日本丸II世かな?_3
PDF画像を借用
日本丸II世かな?_4

レインボーブリッジ
レインボーブリッジ (Rainbow Bridge) は、東京都の港区芝浦地区と台場地区(港区台場および江東区有明)を結ぶ吊り橋。1987年(昭和62年)着工、1993年(平成5年)竣工、同年8月26日開通したのか。工事中の時も、開通後も毎日見ていた。あの頃は私も壮年期だったんだ。
レインボーブリッジ_1
レインボーブリッジ_2
PDF画像を借用
レインボーブリッジ_3

日の出ふ頭
あの辺りは日の出ふ頭だ。手前にある船舶は拡大してみると『御座船』とある。調べて見たら『御座船安宅丸』だった。家光が造らせた『安宅丸』を模したものらしい。
日の出ふ頭_1
日の出ふ頭_2
日の出ふ頭_3
日の出ふ頭_4
安宅丸は、幕藩体制がまだ安定していなかった江戸時代初期、寛永9年(1632年)徳川3代将軍 家光公の在任期に、向井将監忠勝が指揮をとり同11年(1634年)に完成させた軍用船で、別名「天下丸」といわれました。
家光が同12年品川沖で試乗したのち、江戸深川に係留されたこの船は、推進力に乏しいことからどのように活用するつもりで造られたかは謎に包まれていますが、江戸湾防衛の要塞として造られたという説もあります。


ゆりかもめ
モノレールのように見えるが、モノレールではないのだそうだ。
ゆりかもめ_1
ゆりかもめ_2
ゆりかもめ_3

竹芝小型船ターミナルと桟橋
私たちが近く乗る予定の新東京丸は、橋の手前の乗り場から乗る
竹芝小型船ターミナルと桟橋_1
竹芝小型船ターミナルと桟橋_2
竹芝小型船ターミナルと桟橋_3
竹芝小型船ターミナルと桟橋_4
新東京丸のクルーズ記事へjump

帰りの大井町で
劇団四季の劇場があった
帰りの大井町で_1
帰りの大井町で_2
敷地奥にレンガ造りの建物があった。これが気になった。
帰りの大井町で_3

以上で、『東京湾湾奥部を眺めた』のミニシリーズは終了です。あまり内容がなくて、恐縮です。

Comments

おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
昨日の夜、飛鳥ⅡのTV放映がありましたが
飛鳥Ⅱ程ではないにしても、きっと素晴らしい料理を
楽しめるのでしょうね♪
多きな船はフェリー位しか乗ったことはありませんが
一度は豪華な浮かぶホテルに乗ってみたいものです (笑)
おはようございます 
ウォーターフロントは昼と夜では顔が全く違いますね!
朝からの出張や夜に帰り道でモノレールから見える景色にいつかじっくりと撮影に来ようと思うのですが、なかなか頻度が少ない状態です。すぐそこにお宝があるのにもったいないと改めて思いました。
おはようございます^^ 
お台場は横浜みなとみらいと似てるようで
また違った雰囲気がありますよね~
私もイベント関係なくゆっくり散策してみたいです^^
 
今晩は
日本丸二世号ですかー
高く伸びたマストに帆を
貼った姿はカッコいいですよね!

あ~俺も一度見たいな(笑
AzTakさん 
こんばんは
ムカシ
神戸のディナークルーズに乗った事があるが、何を食べたかマルっきり思い出せない11
次回は東京湾にしようかなあ
マア、思うだけだろうけれどもね。
 
日本丸は確か三浦半島の浦賀の造船所で作られた船?私の記憶が間違っていなれければ。そして今は横浜の「みなとみらい」にいます。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 昨日の夜、飛鳥ⅡのTV放映がありましたが
> 飛鳥Ⅱ程ではないにしても、きっと素晴らしい料理を
> 楽しめるのでしょうね♪

(ФωФ)フフフ・・・、どちらにも乗船したことのない私にはコメントできません。少しだけ格が落ちる1週間ほどのクルーズには参加したことがありますが、食事は素晴らしかったですよ。確か、食べようと思えば、軽いものから重いものまで8食あったと思います。目覚めの茶菓、朝食、午前の茶菓、昼食、午後の茶菓1、午後の茶菓2、夕食、夜食という具合にです。
一方こちらは一食分。リピートしてもらうためには相当気合を込めて作っているのではないかとおみます。

> 大きな船はフェリー位しか乗ったことはありませんが
> 一度は豪華な浮かぶホテルに乗ってみたいものです (笑)

その時はカバン持ちに雇ってください。超一流のクルーズ船だと、一等客とそれ以外の客とで差別してある船もあるようですが、たいていは区別なしだと思います。なので、一番リーズナブルな船室にすべきというのが私の考えです。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> ウォーターフロントは昼と夜では顔が全く違いますね!
> 朝からの出張や夜に帰り道でモノレールから見える景色にいつかじっくりと撮影に来ようと思うのですが、なかなか頻度が少ない状態です。すぐそこにお宝があるのにもったいないと改めて思いました。

浜松町にオフィスがあったので、毎晩、夜景を眺めていました。屋形船でこりゃこりゃやっているだろう人達を横目に残業に励んでいました。
近いからニューピア竹芝サウスタワーやノースタワーの飲食施設に行ったことはありましたが、お高くて、自前で頻繁に行ける場所ではないなと、強く認識しました。高級感は確かにすごい一画です。
Re: おはようございます^^ 
aiupaさん、こんばんは。

> お台場は横浜みなとみらいと似てるようで
> また違った雰囲気がありますよね~
> 私もイベント関係なくゆっくり散策してみたいです^^

お台場もすごいところですね。浜松町側にオフィスがあったので、毎日嫌でも目に入りました。その割にはあまり行ったことがなく、大江戸温泉などがあるのにびっくり。お台場の情報は娘から仕入れていましたが、その娘も子育てに懸命で、お台場の情報は途絶えました。(^_^;)
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 日本丸二世号ですかー
> 高く伸びたマストに帆を
> 貼った姿はカッコいいですよね!
>
> あ~俺も一度見たいな(笑

格好いいですよね。総展帆は儀式以外は海上に出てから行うんですよね。海の上は揺れますから、大変らしいですよ。私の父は神戸商船の方だったので、初代の海王丸で訓練を受けたようです。
高所恐怖症の息子は、見るだけで十分です。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> ムカシ
> 神戸のディナークルーズに乗った事があるが、何を食べたかマルっきり思い出せない11
> 次回は東京湾にしようかなあ
> マア、思うだけだろうけれどもね。

私は未体験なんですよ。きっと楽しいことなんでしょうね。
新婚旅行の時に、申し込もうかと思っていたら、妻が披露宴の料理を完食したのはいいのですが、食べ過ぎだったようで腹を壊し、サンセットクルーズ参加は無しに。仕方がないので、マックで済ませました。
Re: タイトルなし 
senri32さん、こんばんは。

> 日本丸は確か三浦半島の浦賀の造船所で作られた船?私の記憶が間違っていなれければ。そして今は横浜の「みなとみらい」にいます。

初代は川崎重工で建造されたようです。そして、この写真にある二代目が浦賀で建造されたんです。初代は昨年、国指定の重要文化財になりましたよね。

Body

« »

04 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

4月23日(月)は、ソレイユの丘などに行って楽しんできます。私からのアクセスはかなり遅くなると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR