FC2ブログ

散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

葛飾柴又を歩いた(2)

帝釈天(2)
帝釈天の縁日は、安永8年(1779年)の庚申の日であったことから、60日に一度の庚申の日が縁日となったそうだ。目黒のさわら庚申を見た折に、帝釈天のことが大きく取り上げた内容になっているのに驚いたのだが、ことほど左様に江戸中から庚申の日にはお参りする人が多かったのだろう。

境内の様子
目につくところのみざっと取り上げる。
瑞龍松
高さおよそ10メートル、幹回りおよそ1.8メートルの大木。枝ぶりが大きく、古くから帝釈天を象徴する由緒ある松であり東京都を代表する名木だとして、2016年に都指定文化財になった。いつ見てもすごい松だと思う。
瑞龍松_1
瑞龍松_2
瑞龍松_3
帝釈堂
拝殿と内殿とからなる。帝釈堂の内部は当然かもしれないが撮影禁止。規則を遵守するのは当然で、そこの写真は無い。が撮影禁止なのはこの内部のみで、有名な彫刻ギャラリーなどは有料だが、撮影は自由で、さほど落胆する必要はなかろう。
内殿が先にあり、後年拝殿が作られた。内殿の外部は東・北・西の全面が装飾彫刻で覆われた彫刻ギャラリーとなっている。

帝釈堂_1
帝釈堂_2
拝殿の彫刻は大柄なデザインのものが多いようだ。超精細を誇る彫刻ギャラリーの作品とはかなり異なる。
帝釈堂_3
帝釈堂_4
帝釈堂_5
拝殿角から見た様子
帝釈堂_6
二天門を入った境内正面に位置する。手前の拝殿と奥の内殿から成り、ともに入母屋造瓦葺で、拝殿屋根には唐破風と大ぶりの千鳥破風を付す。内殿は大正4年(1915年)、拝殿は昭和4年(1929年)の完成。内殿には帝釈天の板本尊を安置し、左右に四天王のうちの持国天と多聞天(毘沙門天)を安置する(四天王の残り2体は二天門に安置)。内殿外側には全面に浮き彫りの装飾彫刻が施されている。

彫刻ギャラリー(1)
見事な彫刻が施されている。彫刻を見ればすぐにわかると思うので、余計な説明は差し控える。
有料ゾーンに入った直後
やたらに細かい浮彫のオンパレードになる。見事といえば見事なものだ。彫刻ギャラリーのエントランスだと思っていただきたい。
有料ゾーンに入った直後_1
有料ゾーンに入った直後_2
有料ゾーンに入った直後_3
有料ゾーンに入った直後_4
ここから彫刻ギャラリー
説明書きをもUPするので、それを参考にしながらご覧いただきたい。庭園拝観をも併せて入場料は400円であるが、何かのキャンペーン中なのか、今回は300円だった。ラッキー。京都の寺社でこれだけの内容だと1000円以上取られるかもしれないなあ。案外パスする人が多いようだ。東京の人は財布が渋いのかなあ。
南面
正確な地図を拡大して確認すれば、南南東に面しているが、WikiPediaでは東面からになっているので、東側という見解なのかな。そこには下記の4枚の彫刻がある。
塔供養の図
塔供養の図_1
塔供養の図_2
塔供養の図_3
塔供養の図_4
三車火宅の図
三車火宅の図_1
三車火宅の図_2
三車火宅の図_3
慈雨等潤の図
慈雨等潤の図_1
慈雨等潤の図_2
慈雨等潤の図_3
法師修行の図
法師修行の図_1
法師修行の図_2
法師修行の図_3
帝釈堂内殿の外部は東・北・西の全面が装飾彫刻で覆われており、中でも胴羽目板の法華経説話の浮き彫り10面が著名である。これは法華経に説かれる代表的な説話10話を選び視覚化したもので、大正11年(1922年)から昭和9年(1934年)にかけて、加藤寅之助ら10人の彫刻師が1面ずつ分担制作した。この羽目板の上方には十二支と天人、下方には千羽鶴が表され、高欄(縁)より下の部分には花鳥および亀を浮き彫りで表す。これらの彫刻を保護するため、内殿は建物ごとガラスの壁で覆われ、見学者用の通路を設け、「彫刻ギャラリー」と称して一般公開している(「彫刻ギャラリー」と大客殿、庭園の見学は有料)。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
ホントにここの彫刻は素晴らしいですね!
前回は柴又駅前の寅さんを見送る”さくら”の像が建つ前だったので
また、行きたくなりました♪
おはようございます 
同じように帝釈天に行っても撮る写真のポイントも随分違うものだとしみじみ拝見させていただきました。彫り物はかなりの素晴らしさですが、昭和初期に匠たちが精魂込めて作ったものなのですね。また、これがしっかりと残っているというのも戦火や大きな災害を逃れたということですよね。こちらもすごいことです。
おはようございます 
彫刻ギャラリー。私なんぞは無縁ですが、おそらくは彫刻家の頭の中で全体の仕上がりが出来ていないと彫れないでしょうね。いやはやその能力はもの凄いもんです。
おはようございます^^ 
前回までの石の彫刻もすごかったですが
木の方が彫りやすいとはいえ細かく見事なものですね~
時を忘れしばし眺めてしまいそうです^^
 
素晴らしい彫刻ですね
何度か行きましたが 
う~ん・・・
どうしたことか財布がきつくて開かなかった。
 
今晩は
瑞龍松!凄い~ですね!
長く伸びた枝が見事ですね^^

亡き親父も枝を伸ばしてました、、
此処まで立派ではないですが(笑
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> ホントにここの彫刻は素晴らしいですね!

自分の持ち物でも何でもありませんが、本当に凄いと思います。多少ドン・キホーテ的な住職だったとしても、こういう彫刻をつくらせる決断は相当な勇気がいったことだったんでしょうね。

> 前回は柴又駅前の寅さんを見送る”さくら”の像が建つ前だったので
> また、行きたくなりました♪

私もそうです。『何じゃ、これは』って感じになりました。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 同じように帝釈天に行っても撮る写真のポイントも随分違うものだとしみじみ拝見させていただきました。彫り物はかなりの素晴らしさですが、昭和初期に匠たちが精魂込めて作ったものなのですね。また、これがしっかりと残っているというのも戦火や大きな災害を逃れたということですよね。こちらもすごいことです。

あれま、そうでしたか。まあ、うまい人もいれば、私のようなド下手もいるということなんでしょう。こちらは、多分に記録して回っている感じかもしれません。面白みに欠けると自分でも思うくらいですから。(^_^;)
彫刻ギャラリーの彫刻作品は対象から昭和初期にかけて彫られました。そして、空襲でも焼失することがなかったようです。それこそ仏の加護があったのかもしれないと思うほどですね。凄いことです。
Re: おはようございます 
徒然草さん、こんばんは。

> 彫刻ギャラリー。私なんぞは無縁ですが、おそらくは彫刻家の頭の中で全体の仕上がりが出来ていないと彫れないでしょうね。いやはやその能力はもの凄いもんです。

大客殿にモトとした原画ならぬ『原彫刻』が飾ってあります。アニメの画コンテみたいなものでしょうか。でも、あんなものからこんなすごい作品に昇華させるのですから、凄腕も良いところなんでしょうね。
Re: おはようございます^^ 
aiupaさん、こんばんは。

> 前回までの石の彫刻もすごかったですが
> 木の方が彫りやすいとはいえ細かく見事なものですね~
> 時を忘れしばし眺めてしまいそうです^^

そうですね。私の場合、ヘタさ加減は誰にも負けない自信があります。なので、このような作品に挑もうと思ったら、気が遠くなるようなとんでもない高い目標になってしまうのでしょう。
そして、折り返すと下の方に、鳥さんの画が彫ってあるんですよね。昔の人は、写真などなかったでしょうから、どうやって記憶したのでしょうかね。記憶が薄れないうちにスケッチし、頭に叩き込んだのでしょうか。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 素晴らしい彫刻ですね
> 何度か行きましたが 
> う~ん・・・
> どうしたことか財布がきつくて開かなかった。

400円(今回は何故だか300円)で、彫刻と庭園、大客殿まで見ることができます。次回は是非とも時間を割いてみてきてくださいね。カトリックでも、例えば、パリのノートルダム大聖堂に、彫刻がいっぱいあります。あれと同じで、文字が読めない人に直感的にわかってもらえるように工夫して拵えたものなんですね。
まあ、多少宗教臭くなってしまうかもしれませんが、見事な美術作品だと思います。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人x

> 瑞龍松!凄い~ですね!
> 長く伸びた枝が見事ですね^^

そうですね。

> 亡き親父も枝を伸ばしてました、、
> 此処まで立派ではないですが(笑

田舎の家でも、そうでした。同様にここまで立派じゃありませんでしたし、私が生まれた年に入手した土地なので、百年は経っていないものでした。松も500年はもつんですかね。
元気を保つべくお神酒を捧げるとか。今の私よりものんべいさんかも。
 
基本的に、京都のお寺は全てパスですね。入場料が鎌倉の3倍以上するなら、見る価値はなし。私見です。ネット画像で充分です。
Re: タイトルなし 
senri32さん、こんばんは。

> 基本的に、京都のお寺は全てパスですね。入場料が鎌倉の3倍以上するなら、見る価値はなし。私見です。ネット画像で充分です。

まあ、あちらさんのそれが高止まりの状態にあるのは確かでしょうね。ですが、見る価値がないかどうかは、その人の価値観の置き方次第なんでしょう。ネット画像といいますが、今でも撮影禁止の仏像などが少なくなく、それを敢えてネット上に流布するのは、かなり問題ありかもしれません。見るも撮るも自由という扱いが一番うれしいのですが、なかなかそうはならないようですね。

Body

« »

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月11日(土)-13日(月)は、2泊3日の予定で甲子園球場に高校野球観戦&応援に行きます。その間、私からのアクセスは出来ません。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR