散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

『和のあかり×百段階段展2017』を見に行った(3)

漁樵の間
こちらでは青森のねぶたの展示があった。そのねぶたと、可能な限りオリジナルの漁樵の間の装飾とを、両方とも撮ろうとした。
『相馬太郎良門(そうまたろうよしかど)妖術を修(おさむ)る  比呂央作』
竹浪比呂央氏の作品。『平成二十六年 JRねぶた実行プロジェクト 出陣ねぶた』を、今回にイベント会場に収まるよう少し小型化したものだろう。歌舞伎の演目になっていると思うが、そちらに疎い私には説明できないので、JRのHRにあった作品解説をそのまま載せる。
青森のねぶたの展示_1
青森のねぶたの展示_2
青森のねぶたの展示_3
青森のねぶたの展示_4
青森のねぶたの展示_5
関東一円を征服し、朝廷に反旗を翻すと自らを『新皇』と称した平将門。しかし、朝廷の命を受けた同族たる平氏中心の武士団に討ち取られ、無念の最期を遂げた。
戦乱のさなか、辛うじて生き延びた娘は奥州に隠れ住み、名を如月尼(にょげつに)と改めた。
その弟であり、将門の嫡男である太郎は幼い頃より、武芸を好み、馬を駆けては合戦の知識を学び、父、将門を偲ばせる武士へと成長していった。
程なくして太郎は、妖しげな蝦蟇の術を使う仙人肉芝仙と知り合う。この仙人から亡き父そして自身の素性を明らかにされると、はや一途に一族の再興を図ろうと一念発起する。
妖術を会得すると、父の出生地である相馬から『相馬太郎良門』と名乗りを上げ、全国に散らばった同志を捜す旅へ出る。如月尼は瀧夜叉姫と名を変え、集まった仲間と相馬の古内裏(ふるだいり)を本拠地として良門を支えた。
繋ぎ馬の旗を掲げ、宿敵である平氏の揚羽蝶紋を敢えて身に纏い、師たる肉芝仙より授けらるる妖術の修行に心血を注ぐ良門の姿である。
今もなお残る、東日本大震災の爪あとからの復興を切に願い、避難生活を余儀なくされる人々が、一刻も早くそれぞれの故郷へ帰る(カエル)日が来る事を祈念するものである。

室内の装飾
見える範囲を撮ってみた。もちろんすべてではない。
床柱
左右ともに巨大な檜で、精巧な彫刻 (中国の漁樵問答の一場面)が施されている。
床柱_1
床柱_2
格天井
菊池華秋原図の四季草花図
格天井
欄間
尾竹竹坡原図の五節句が極彩色に浮彫されている。鏝絵だと思っていたのだが、彫刻して彩色したもののようだ。
欄間_1
欄間_2
欄間_3
欄間_4
このような日本画もあった
このような日本画もあった_1
このような日本画もあった_2

室内はすべて純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げられ、彩色木彫と日本画に囲まれた美しさは息を呑むほどの絢爛豪華さです。床柱は左右ともに巨大な檜で、精巧な彫刻 (中国の漁樵問答の一場面)が施されています。格天井には菊池華秋原図の四季草花図、欄間には尾竹竹坡原図の五節句が極彩色に浮彫されています。

Comments

おはようございます 
青森のねぶたはいろんなバージョンがあって面白いです。
それにしても、ねぶたが展示されてる間はオール金とは驚きです。
その昔、日本は黄金の国ジパングと呼ばれましたが、こういうものも含めてその豪華さに特別に招かれた海の向こうの人は圧倒されたのでしょうね。
 
AZTAKさま こんにちは

青森のねぶた、迫力満点ですね。
漁樵の間は、純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げてあるとはびっくりです。
床柱は巨大な檜で、精巧な彫刻が施され、天井には四季草花図、欄間は五節句が極彩色に浮彫されているとのことですが、正に豪華絢爛たる室内ですね。
実物を見てみたいものです。
こんにちは 
ねぶた、カッコいいですね!
見ているだけでワクワクします^^
室内の装飾も良いですね~~
 
こんにちは。
たしかにどれもこれも絢爛豪華で見事ですね。
侘び寂びの文化と対極にあり
私ならずとも外人が観たら
どれが本当に日本の文化や個性なのか混乱しそうです。
日本人の私でも系統立てて説明できないほど
対極の文化が共存する不思議の国、
それがJAPANって感じがします。

ryu
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 青森のねぶたはいろんなバージョンがあって面白いです。

ねぶた師に制作を依頼するスポンサー企業の内でもJR東日本は、ことのほか力を入れているようです。まあ、自分たちのねぶたが賞を頂ければ、それだけ宣伝になるし、入賞を逸したとしても、受賞作品を展示しながらPRにつとめ、乗客獲得につながると考えているのでしょう。

> それにしても、ねぶたが展示されてる間はオール金とは驚きです。

暗くてよくわからないと思いますが、下記URLを見てください。金をふんだんに使用しているのが良くわかります。
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/100dan#sou

> その昔、日本は黄金の国ジパングと呼ばれましたが、こういうものも含めてその豪華さに特別に招かれた海の向こうの人は圧倒されたのでしょうね。

資源はプアでも、それを活かす知恵にかけては、天才的なタレントを有する国なんでしょうね。外国人が驚いたのも無理がないことかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 青森のねぶた、迫力満点ですね。

あまり大きくない部屋にどどーんという感じでおいてあります。度肝を抜かれる感じでした。

> 漁樵の間は、純金箔、純金泥、純金砂子で仕上げてあるとはびっくりです。
> 床柱は巨大な檜で、精巧な彫刻が施され、天井には四季草花図、欄間は五節句が極彩色に浮彫されているとのことですが、正に豪華絢爛たる室内ですね。
> 実物を見てみたいものです。

私の腕とカメラとが貧弱だし、展示の関係で余分な照明はかなり落としてあります。なので、豪華さがよくわからないと思います。下記URLでご想像ください。全体に金色に輝いているのがお分かりいただけるでしょうか。ほかの部屋の螺鈿細工などもうっとろするものですが。
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/100dan#sou
Re: こんにちは 
土佐けんさん、こんばんは。

> ねぶた、カッコいいですね!
> 見ているだけでワクワクします^^

東北大震災後の復興に向けて行われていた『東北六魂祭』が、今年から『東北絆まつり』と装いを変えて実行されるようです。
これを一度大阪でやるわけにはいかないものでしょうか。6県持ち回りでやるのに比べて、費用は膨らみますが、関西の人の興味を呼び、東北活性化の呼び水になるのではないかと思うんです。

> 室内の装飾も良いですね~~

もう少し、良いカメラとレンズと腕とがあれば、最高の写真になるはずなんですが、何が何だかわからないレベルになってしまいました。本当はすごいんです。m(__)m。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> たしかにどれもこれも絢爛豪華で見事ですね。
> 侘び寂びの文化と対極にあり
> 私ならずとも外人が観たら
> どれが本当に日本の文化や個性なのか混乱しそうです。
> 日本人の私でも系統立てて説明できないほど
> 対極の文化が共存する不思議の国、
> それがJAPANって感じがします。
>
> ryu

おっしゃられるとおり、『不思議の国、日本』ですね。説明に困ってしまいますよね。
話は変わりますが、相馬太郎良門なる人物は実在したのでしょうかね。相馬姓を名乗られると、福島県人の心が騒ぐ感じですね。
AzTakさん 
こんばんは
見事な彫刻ですねえ
格天井も欄間も素晴らしいです。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 見事な彫刻ですねえ

柱は彫刻&彩色だと思っていましたが、欄間は鏝絵&彩色なんだと思っていました。ですが、欄間も彫刻&彩色だそうです。ねぶたを目立たせるべく室内が薄暗く、よく室内の様子をお伝えできないのが、残念です。

> 格天井も欄間も素晴らしいです。

格天井の格子は金ぴかなんですよ。それもこの写真じゃわかりませんよね。(´;ω;`)ウゥゥ

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR