散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(18)

第2日(4)
こみせ通りを見に行く(1)
『こみせ』とは、簡略していえば、和式の簡易版アーケード。雪国では冬季に支障なく歩くことができる意味合いもあって、大事に維持されてきたようだ。新潟では『雁木』と称すそうだ。黒石市にも、こみせのある通りが残っている。その様子を見に行った。
鳴海醸造店…8棟(主屋、土蔵、作業場、こみせ)…黒石市指定文化財
こちらの店は素敵。是非とも立ち寄るべきだと思う。青森の人は、冬にガンガン飲むんだろうなあ。
外観
中町側にみごとな『こみせ』が現存する。腕に自信がある方には、最高の被写体になるように思った。
外観_1
外観_2
外観_3
外観_4
外観_5
外観_6
外観_7
用事がなくても、このこみせを歩きたくなる。とてもいい感じだ。
外観_8
外観_9
外観_10
外観_11
店内
お言葉に甘えて、内部も拝見させていただく。その前に試飲させていただき、辛口の小瓶2本を買い求めた。ものすごくおいしく感じたので、本当は大きな瓶のものを買い求めたかったが、これから持ち帰ることを考えて、…。うう、残念。
それとは別に飲んだリンゴジュースも美味。青森のリンゴジュースは別格だ。

店内_1
店内_2
庭は本当に素敵
津軽独特の大石武学流の庭園だとか。お見事。
庭は本当に素敵_1
庭は本当に素敵_2
庭は本当に素敵_3
再び店内
再び店内_1
棟方志功先生の作品がさりげなく飾ってあった
再び店内_2
いい感じだ
再び店内_3
再び店内_4

鳴海醸造店:
鳴海醸造店の代表銘柄は「菊乃井」で、創業文化3年です。創業して以来、約200年の歴史をもちます。
黒石市は水が良く、自然の環境にも恵まれ、古いたたずまいを残す街並みが人の心を和ませてくれます。
藩政時代のアーケード状の道路「こみせ」が残されており、冬の吹雪や夏の日照りから歩行者を守っています。鳴海醸造店はこの「こみせ通り」に所在しております。
八甲田山と岩木山に囲まれ雪どけ水の井戸水でお酒を仕込んでいます。
事前に連絡を致しますと、お店の方が酒蔵を案内・説明してくれます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
中町通りの「こみせ」:
「日本の道百選」にも選ばれた伝統的建造物が残る中町通りの「こみせ」は、藩政時代から今に残るアーケード状の通路です。現在もまとまった形で残されているのは、全国的にも類例がないといわれ、平成17年には「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されました。夏は暑い日差しを遮り、冬は吹雪や積雪から人を守り、軒を連ねていた旅篭や呉服屋、商家にとってはなくてはならないものでした。国の重要文化財「高橋家住宅」、造り酒屋、蔵などが並ぶ風景は、いにしえを彷彿とさせてくれます。

Comments

菊乃井 
お店の中を見せて頂いたのですね。良かったですね。
私も店頭で「菊乃井」を買ってきました。
映画「津軽百年食堂」は 原作本を読みましたし、映画も見ました。
歴史のある街で 写真からでも 歴史の重さが伝わってきました。
こんにちは 
弘前のこみせ、すごいです。雪が降る地のせいでしょうか。
先日からの弘前特集で、どれだけ弘前が古くから発展していたのがよくわかります。本州の最北ゆえ、いい意味でちょっと意外でした。
吊り 
柱がないからおやっ?と思いましたがよーく見るとワイヤー?で吊ってありました。これは当初からの建築仕様なのかどうかしばらく考えておりました。
 
こんにちは。
雁木は風情があって素敵です。
財力があり、かつ地域への奉仕精神がないと出来ない造りですよね。
当地など敷地が手狭なお宅は搔いた雪を道路にばら撒き
車はえらい迷惑です。
自分だけ良ければというのは地域の連帯意識が薄いのでしょう。
雪国の自然は厳しいですが人と人のつながりは濃密で
温かいものがありますね。

ryu
今日は! 
昔の古い商店街が未だに残っているんですね。
雪の多いところでは此の雁木があると助かりますね。
家の作りも立派で内部の柱を見ると其の凄さが伝わってきます。
雪の多いところは家の作りは頑丈に作られていて立派な家が多いですね。

 
AzTakさん、こんばんは。
こみせ通りは本当に長くて、歩いて見たくなる木造の温かさですね。
昔の雪の時は重宝したのでしょうね。
店内に室内とお庭もご覧になれたのですかー。

辛口の小瓶2本を買い求められ、重くなければ多めに購入したくなりますよね。
でも青森のリンゴジュースも甘そうで魅力ですー(^^)v
 
今晩は
こみせ!雪国ならではの素晴らしい
アイデア!
それがまた良い雰囲気を出してますね^^

ガラスに映る庭園も大好きです!!
Re: 菊乃井 
tugumi365さん、こんばんは。

> お店の中を見せて頂いたのですね。良かったですね。
> 私も店頭で「菊乃井」を買ってきました。

見せてくれと強要したわけでなく、試飲をして、買い物をした後に、向こうから声をかけていただいたんです。感じの良い若奥さんでした。

> 映画「津軽百年食堂」は 原作本を読みましたし、映画も見ました。

映画を見ておけばよかったなと思いました。オリエンタルラジオの2人が主演した作品だったんですね。三忠食堂本店さんにも行こうと思っていたのですが、体力がなかったようで、へばってしまいました。

> 歴史のある街で 写真からでも 歴史の重さが伝わってきました。

写真が巧みだともう少し良さが伝わるのでしょうが、『なんだかなあ』という出来で申し訳ありません。
AzTakさん 
こんばんは
練方志功のこの絵、ここにこそ相応しいのかも・・・
こみせ、雁木、若かりし頃、新潟、長岡、新発田、柏崎、などへ仕事で難関も訪問しましたよ。
冬などは雁木のお世話になりましたねえ
懐かしいです。
Re: こんにちは 
MTさん、こんばんは。

> 弘前のこみせ、すごいです。雪が降る地のせいでしょうか。

弘前にも若干、『こみせ』が残っていますが、こちらの黒石市の『こみせ』はまとまって残されていて、かなり雰囲気がある感じでした。まさしく雪よけでしょうが、雨降りの時も助かったと思います。

> 先日からの弘前特集で、どれだけ弘前が古くから発展していたのがよくわかります。本州の最北ゆえ、いい意味でちょっと意外でした。

そうですね。私の父親が大湊に赴任していたことがあり、辺鄙なところだろうという思い込みがあったのですが、そんなことは全くありませんでしたね。しっかりした城下町でした。こちら、黒石市も津軽藩の支藩として栄えた街だったようです。
Re: 吊り 
senri32さん、こんばんは。

> 柱がないからおやっ?と思いましたがよーく見るとワイヤー?で吊ってありました。これは当初からの建築仕様なのかどうかしばらく考えておりました。

はっきりしない写真なのに、よく気づかれましたね。私は指摘されるまで、まったく気づきませんでした。
よく見ると、1本だけ柱があるだけですね。後は、ワイヤーで吊ってあるようですね。
こちら側は側道側で、もしかしたら店口にモノを搬入したりするのに、邪魔になるということで吊り上げたのでしょうかね。気づかなかったので、当初からの仕様だったのか、後年の追加仕様なのか分りません。若女将と会話したときにも、質問していません。m(__)m
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 雁木は風情があって素敵です。
> 財力があり、かつ地域への奉仕精神がないと出来ない造りですよね。
> 当地など敷地が手狭なお宅は搔いた雪を道路にばら撒き
> 車はえらい迷惑です。
> 自分だけ良ければというのは地域の連帯意識が薄いのでしょう。

イタリアのボローニャのポルチコみたいなものかと思ったのですが、まったく違っていましたね。まったく和そのものの世界ですね。こういうところを心憎からず思っている異性と歩いたりしたら、最高だろうななどと思ってしまいました。
米やリンゴ栽培などで、実際は石高以上の裕福さがあったのかもしれません。裕福な商人は、『こみせ』で地元に奉仕したのでしょうかね。

> 雪国の自然は厳しいですが人と人のつながりは濃密で
> 温かいものがありますね。
>
> ryu

特に津軽の人はしゃべり方がのんびりしていて、すごく癒される感じがしました。
Re: 今日は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 昔の古い商店街が未だに残っているんですね。

残っていたんですね。皆で盛り立てて、地域活性化につなげたいと考えているようですね。

> 雪の多いところでは此のこみせ(雁木)があると助かりますね。

そうでしょうね。まあ、今は車万能の時代ですから、昔の情緒を懐かしむ、という要素の方が強いと思います。

> 家の作りも立派で内部の柱を見ると其の凄さが伝わってきます。
> 雪の多いところは家の作りは頑丈に作られていて立派な家が多いですね。

そうですね。安普請の家屋は、結局は残らなかったのでしょう。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> こみせ通りは本当に長くて、歩いて見たくなる木造の温かさですね。
> 昔の雪の時は重宝したのでしょうね。

そう思いました。掛け値なしにいい感じでした。昔はありがたい設備だったことでしょうね。

> 店内に室内とお庭もご覧になれたのですかー。

向こうから優しく声をかけていただきました。有難い申し出でした。

> 辛口の小瓶2本を買い求められ、重くなければ多めに購入したくなりますよね。
> でも青森のリンゴジュースも甘そうで魅力ですー(^^)v

辛口のお酒は美味しいと思いました。試飲だけでなく、店頭で、買い求めて、その場で2合ほど飲み干したい感じでした。送ればよかったかなと、後になって後悔しました。
リンゴジュースの方は、青森出身者から何度かお土産にもらったことがあり、おいしさは評価済みでした。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> こみせ!雪国ならではの素晴らしい
> アイデア!
> それがまた良い雰囲気を出してますね^^

重文の高橋家は米屋、市文化財の鳴海家は造り酒屋。どちらの津軽の暮らしには欠かせないものだったのでしょうね。『こみせ』は有難い仕掛けだったのでしょうね。

> ガラスに映る庭園も大好きです!!

津軽独特の大石武学流の庭園だそうです。いい感じの庭園だなあと思いました。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 練方志功のこの絵、ここにこそ相応しいのかも・・・

いい感じに見えましたよ。さりげなく飾ってあるのがうれしいですよね。

> こみせ、雁木、若かりし頃、新潟、長岡、新発田、柏崎、などへ仕事で何回も訪問しましたよ。
> 冬などは雁木のお世話になりましたねえ
> 懐かしいです。

そうでしたか。新潟県にはサッカーの試合の応援に行ったのが最後です。いつか、どこかの街をゆっくりのんびり歩いてみたいものです。
こんばんは 
酒蔵や醸造所、僕達は大好きです!
青森など寒い地域のお酒はきりっとして美味しいですよね^^
青森のお酒はまだ飲んだ事がないので、
今度探して飲んでみたいと思います^^
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 酒蔵や醸造所、僕達は大好きです!
> 青森など寒い地域のお酒はきりっとして美味しいですよね^^
> 青森のお酒はまだ飲んだ事がないので、
> 今度探して飲んでみたいと思います^^

青森は寒い季節が長いですから、お酒でも飲まないとやっていられない風土かと思います。他の都道府県よりも個人消費量がかなり多いのではないかと思います。余所行きのお酒よりも、自分たちの好みの酒を大事にする。そういう風土・文化ではないかと思います。
2日目に豪華利き酒セットを注文したのに、一気呵成に飲んでしまって、どこのブランドだったかも忘れてしまいました。美味しかったことだけは覚えているのですが。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR