散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

『和のあかり×百段階段展2017』を見に行った(2)

十畝の間(2)
瓦(2)
風雨にさらすのがもったいないような力作ぞろいだ。京都や川越で見た瓦づくりの技術が連綿と受け継がれていると感じた。単に受け継がれるだけでなく発展してきているのかもしれない。
瓦(2)_1
瓦(2)_2
瓦(2)_3
瓦(2)_4
瓦(2)_5
瓦(2)_6
瓦(2)_7

棟方志功画伯の作品
やはり棟方志功画伯は大天才だ。天稟の才を感じる。
ちょっと並べて撮ってみた
ちょっと並べて撮ってみた
両端の作品にだけ字が書かれてあった。こちらは、『凡聖一如』とあった。凡人も聖人(仏陀)も本性においては平等同一である、という意味合いだそうだ。仏陀と同じ本性を持つといわれても、…。
『凡聖一如』とあった
『二菩薩釈迦十大弟子』の作品のようだ。菩薩が何とも言えず、いい感じだ。弟子たちも負けずといい味を醸し出している。
『二菩薩釈迦十大弟子』の作品のようだ_1
『二菩薩釈迦十大弟子』の作品のようだ_2
『二菩薩釈迦十大弟子』の作品のようだ_3
『二菩薩釈迦十大弟子』の作品のようだ_4
『二菩薩釈迦十大弟子』の作品のようだ_5
『二菩薩釈迦十大弟子』の作品のようだ_6
『立ち去りぬ…』という文言で始まる作品。『大和し美し』の一節のようだ。
『大和し美し』の一節のようだ

東京都指定有形文化財「百段階段」
「百段階段」とは通称で、ホテル雅叙園東京の前身である目黒雅叙園3号館にあたり、1935(昭和10)年に建てられた当館で現存する唯一の木造建築です。食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。
”昭和の竜宮城”と呼ばれた当時の目黒雅叙園の建物の特徴は、装飾の破格な豪華さにあります。最近の研究によると、その豪華な装飾は桃山風、更には日光東照宮の系列、あるいは歌舞伎などに見られる江戸文化に属するものとも言え、なかでも「百段階段」はその装飾の美しさから見ても、伝統的な美意識の最高到達点を示すものとされています。2009(平成21)年3月、東京都の有形文化財に指定されました。

Comments

棟方志功 
改めて 一人一人のお顔を拝見しています。
とっても良い表情をしていますね。
棟方さんの 人柄も入っているのでしょうか?
お早う御座います! 
此の部屋の瓦や版画などはアクロスと言うフイルム調のモノクロにしましたが、カラーでも雰囲気が出ますね。
百段階段展もフラッシュは禁止になっていると思いますが・・・・
アクアリウムもフラッシュは禁止になっていますが、時々フラッシュを使用している人がいました。
場内放送で使用しないよう注意していました。
百段階段展が終わると生け花の催しが始まるようですね。
他の催しも見たいと思っていますが、撮影禁止では行くのは難しいですが・・・・
 
こんにちは。
私も棟方志功が好きです。同じ画を見ても若いころはたいして感じるところもなかったのに不思議なものです。齢のせいでしょうか。
こんにちは。 
見事な鬼瓦ですね。
屋根の上に置いとくのはもったいないようです。
AzTakさん 
こんにちは
鬼瓦と練方志功さん、どことなく似たようなユーモアが感じられます。
好きですよ。
ファイル 
私のパソコンのお弁当箱ミニハードディスクには、「日本の画家」、さらにそのファイルの中に「棟方 志功」というファイルがあり、棟方さんの作品が数百点ファイルされております。ちなみに「海外の画家」という名のファイルもあります。
こんにちは~♪ 
棟方志功画伯の作品は、特に顔の表情に味がありますね!
画伯は青森県出身で、タイミングが弘前の旅と青森県つながりですね~^^
 
こんにちは。
棟方志功作品はほんと何とも言えない魅力がありますよね。
素朴でありながら妖艶でもあるし、
大胆なようでで緻密もあり、
物事の裏と表を1枚の絵に表現できる稀有な芸術家だと思います。


ryu
 
AzTakさま こんにちは

屋根の上の鬼瓦は威風堂々としておりますが、こうして展示すると芸術品ですね。
棟方志功画伯は青森県の出身なのですね!良いタイミングで弘前に行かれましたね。
棟方志功画伯の作品は私のような芸術に疎い人間には、善し悪しが良く分かりませんが、仏の世界を表現されているのでしょうか?
こんばんは 
急に友達から食事に誘われました。
今から助手と一緒に出かけます。
今日はご挨拶のみで失礼します。
 
棟方志功の作品はユーモアたっぷりで温かみを感じます。
歳を重ねるとだんだんわかってくるんですよね。
Re: 棟方志功 
tugumi365さん、こんばんは。

> 改めて 一人一人のお顔を拝見しています。
> とっても良い表情をしていますね。

私もそう感じました。

> 棟方さんの 人柄も入っているのでしょうか?

たっぷり込められているように思います。
Re: お早う御座います! 
> 此の部屋の瓦や版画などはアクロスと言うフイルム調のモノクロにしましたが、カラーでも雰囲気が出ますね。
> 百段階段展もフラッシュは禁止になっていると思いますが・・・・

それが常識だとは思いますが、どこにもその旨の表示はなかったように思います。

> アクアリウムもフラッシュは禁止になっていますが、時々フラッシュを使用している人がいました。

フラッシュを使っても逆効果になるところが少なくないように思います。とくにアクアリウムの場合は、その傾向が顕著では。

> 場内放送で使用しないよう注意していました。
> 百段階段展が終わると生け花の催しが始まるようですね。
> 他の催しも見たいと思っていますが、撮影禁止では行くのは難しいですが・・・・

一番みごたえがあると思うのは、私の中ではひな人形展です。なんとか撮影許可にならないものかと期待しているのですが。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

カノッチさん、こんばんは。

> 私も棟方志功が好きです。同じ画を見ても若いころはたいして感じるところもなかったのに不思議なものです。齢のせいでしょうか。

弘前ではいく先々で棟方志功画伯の作品が飾ってありました。津軽の人たちの気質とよくマッチするようです。
重厚な作風はどちらかというと人生経験を積み、酸いも甘いもかぎ分けた成熟の年代に訴えかける要素が強いように思います。
Re: こんにちは。 
S-masaさん、こんばんは。

> 見事な鬼瓦ですね。
> 屋根の上に置いとくのはもったいないようです。

愛知県碧南市の丸栄陶業株式会社の「栄四郎瓦」の作品だそうです。いろいろな工房の作品の合同出展かと思っていましたが、一つの工房の作品のようですね。すごいレベルですね。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 鬼瓦と練方志功さん、どことなく似たようなユーモアが感じられます。
> 好きですよ。

似た感じがありますか。最初の部屋だったので、かなり印象が強く残りました。
こういう作品は、フルサイズのカメラとそれにふさわしいレンズとで撮るべきなんでしょうね。そうしたくても、残念ながらフルサイズ機は持っていません。(´;ω;`)ウゥゥ
Re: ファイル 
senri32さん、こんばんは。

> 私のパソコンのお弁当箱ミニハードディスクには、「日本の画家」、さらにそのファイルの中に「棟方 志功」というファイルがあり、棟方さんの作品が数百点ファイルされております。ちなみに「海外の画家」という名のファイルもあります。

それはすごいですね。
昔は、絵画作品の丁寧に撮影された画像が結構データベースにあり、有難く見させてもらい、気に入ったものは保存もさせてもらいました。いまは、そういう有難い話はなくなってしまったようです。
絵葉書とか画集とかを購入し、個人鑑賞用としてスキャンするしかないのでしょうかね。
Re: こんにちは~♪ 
ノースさん、こんばんは。

> 棟方志功画伯の作品は、特に顔の表情に味がありますね!

版画の少ない線で、何とも言えない味わいを醸し出すのですから、見事なものです。暫く見入ってしまいますね。
「二菩薩釈迦十大弟子」も「大和し美し」も素晴らしい作品ですね。

> 画伯は青森県出身で、タイミングが弘前の旅と青森県つながりですね~^^

そうなんです。たまたまだったのでしょうが、思いがけず、続けて見ることができ、感動しています。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 棟方志功作品はほんと何とも言えない魅力がありますよね。
> 素朴でありながら妖艶でもあるし、
> 大胆なようでで緻密もあり、
> 物事の裏と表を1枚の絵に表現できる稀有な芸術家だと思います。
>
>
> ryu

(ФωФ)フフフ・・・、見事な説明です。私が言いたかったことを代弁していただきました。
どうして、あそこまで素晴らしい作品を残せたのかと、つくづくそう思います。透徹した観察眼が基本にあるのでしょう。
Re: タイトルなし 
> AzTakさま こんにちは

こんばんは。

> 屋根の上の鬼瓦は威風堂々としておりますが、こうして展示すると芸術品ですね。

愛知県碧南市の会社の職人さんの作品のようです。びっくりするほどのハイレベルですね。

> 棟方志功画伯は青森県の出身なのですね!良いタイミングで弘前に行かれましたね。
> 棟方志功画伯の作品は私のような芸術に疎い人間には、善し悪しが良く分かりませんが、仏の世界を表現されているのでしょうか?

戦時中に、画伯は富山県に疎開して浄土真宗にふれたそうです。「阿弥陀如来像」「蓮如上人の柵」「御二河白道之柵」「我建超世願」「必至無上道」など仏を題材にした作品があるのは、そうしたことからのようです。
出世作となった「大和し美し」は、佐藤一英の詩「大和し美し」を読んで感動、制作のきっかけとなったようです。

人はだれしもいろいろなところへ出かけ、いろいろなものに出会うと思います。でもほとんどの人は、その出会いを大芸術に昇華させるパワーを持ち合わせていないことでしょう。画伯は、その意味で大天才だと思っています。

Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 急に友達から食事に誘われました。
> 今から助手と一緒に出かけます。
> 今日はご挨拶のみで失礼します。

お付き合いは大事にしなくっちゃ。楽しい時間をお過ごしください。
Re: タイトルなし 
ララさん、こんばんは。

> 棟方志功の作品はユーモアたっぷりで温かみを感じます。
> 歳を重ねるとだんだんわかってくるんですよね。

そうなんでしょうね。若いころから目にする機会は結構ありましたが、より強く心にしみてくるような感じを持ったのは、少し枯れてからだったかもしれません。

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR