散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(9)

弘前公園(2)

公園の地図
弘前公園の記事が続く間は、位置関係がわからなくならないよう、冒頭にこの地図を掲げる
公園の地図

現在の天守外観
いまは、仮位置において公開中。下に石垣がないため、威圧感が全くない。そのことは間違いがないが、工事終了後には美しい姿を取り戻すことだろう。その時を楽しみに今は我慢の時期かもしれない。
曳屋後の姿
現在の天守外観_2
現在の天守外観_3

曳屋
前回記したとおり、弘前城本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」がみられ、天守真下から石垣の一部を修理することになった。工事は、内濠を埋立てたり、弘前城の曳屋が行われたりした。そして、大工事の真っ最中だ。
曳屋は東京でも行われた。赤プリ旧館をまるごと動かしたのが記憶に新しい。東京の方は、44mを移動させて終わりだったが、弘前の方は、70m移動させ、仮置きし、石垣工事終了の約5年後、再び旧位置に戻す長期の工事なのだ。

◆工事スケジュール
 平成28年10月~・・・石垣への番号付け
 平成29年春(さくらまつり終了後)~平成30年・・・石垣解体
 平成31年~・・・石垣積み直し
 平成33年・・・天守曳戻し

『城が70メートル移動する“曳屋”って何? 動く弘前城を目撃してきた』へjump
『じわりと毎秒1ミリ、赤プリ旧館をまるごと動かす』へjump


天守の内部
貴重な現存する天守であることは間違いがないが、当初幕府に気遣って櫓として届け出たとか。そのような言いつくろいが通るほどかなり小型の天守閣だ。
1階
かなりのスペースを割いて、曳屋を説明している。外国人には理解できる話なのかなあ。
天守の内部_1
天守の内部_2
天守の内部_3
天守の内部_4
天守の内部_5
天守の内部_6
2階
2階には展示物は少ししかなかった。まずは、2階に至る階段を覗く。
天守の内部_7
3階に至る階段を見上げる。
天守の内部_8
天守の内部_9
階下(1階)を見下ろす
天守の内部_10
杏葉牡丹紋の駕籠。藩主家の駕籠ということになるのだろう。
天守の内部_11
杏葉牡丹紋の家紋を染め抜いた旗と陣羽織
天守の内部_12
3階
3階に至る階段は、どこでも例外なく急こう配だ。へっぴり腰で上る。
天守の内部_13
鉄骨で、かなり強固に支えている感じだった。西の方角に岩木山が見えるはずだが、急ににわか雨が降りだしてきて、それどころではなかった。
天守の内部_14
狭間とそこから見た様子
天守の内部_15
天守の内部_16

本丸にて
天守閣の外から岩木山が見えないか目を凝らしたが、あいにく見えなかった
天守閣の外から岩木山が見えないか目を凝らしたが
天守閣の基礎部分。直前に天守の内部を見て回ったので、狭さは既に実感していたが、改めてその狭小さに驚いた。
本丸にて_2
桜祭りのポスター
本丸にて_3
本丸にて_4
本丸にて_5
本丸にて_6
本丸にて_7
本丸にて_8

Comments

お早う御座います! 
今朝は薄雲が広がっていますが。日中は晴れると思います。
今日も暑さが厳しくなりそうですね。
活発に活動されているようなので体調に気をつけてくださいね。

弘前城と言えば矢張り桜の季節が有名なところです。
お花見に一度訪れて見たいところです。
現在石垣の修復が行われていてお城は別の場所へ移動しているようですね。
大きな地震が来たら熊本城のように崩れる危険がありますので早めの対応が必要ですね。
 
曳屋の様子をテレビで見ました、本当に少しずつ移動するのですね、
棟方志功のポスター昭和45年度のを一枚いただきたい(笑)
いい旅ですね、自分サイドで動けるのがいいです。
 
AZTAKさま こんにちは

弘前城は現在仮位置に移し、石垣の修理が終了後はまたもとの位置に戻すという大工事が行われているようですね。
日本の建築技術の素晴らしさが、こうした事でも伺い知ることができます。
工事中でも仮位置で一般公開されていてありがたいですね。
弘前城は桜の名所として有名ですが、写真で見て知るぐらいで、良く知りませんが、当初幕府に気遣って櫓として届け出たということですが、弘前藩としては思っていたより小さな天守閣ですね。
外国の人姿も見えるようですが、珍しいことでしょうね。
AzTakさん 
こんにちは
アッ 練方志功さんだ!!
志功の女人像、ふくよかな丸顔に切れ長の大きな目、大好きです。
いつ出るかと待ってました。
 
こんにちは。
天主閣以上に棟方志功の版画ポスターに心惹かれます。。
原画はどこに展示されているのでしょうね。
春を待ちわび爆発するような喜びが伝わってきます。
棟方志功の心内でもあり、青森県民みんなの心内でもあるでしょうね。

ryu
 
こんにちは
わ~本当に素晴らしいポスターですね!

写真より凄い迫力を感じますね~
流石に志向さんですね^^
こんにちは 
遠い昔にこんなお城の建築がなされていたなんて、凄いですね。
人間に知恵と技術。現代もどんどん進んでいて、未来の人が知ったら、この今を又すごいと思うのかしら。
そしてどこまで進んでゆくのかしらと思います。
曳家 
一軒家、アパート程度の曳家は見ていますが、お城、マンション、ビル等の大規模な曳家は見たことがありません。だいいち、杭を打ち込んであるマンション・ビルなどはできるはずはないと思いますが゛、杭という概念がないお城ですからできる技なんでしょう。凄いです。
有料区域 
思いました。全て、無料区域にするべく、豊かな日本にしていきたいものだと。
こんばんは~☆ 
桜祭りのポスターは、桜のすばらしさは勿論ですが、味があっていいと思いました^^
弘前公園 2 
AzTakさん、こんばんは。
弘前公園は地図付きで、お城にお濠で桜のトンネルも長いですね。
きっと当地では桜を待ちわびる気持ちも熱そうですね。
大きな蓮池も咲くと華やかになりそうなのを想像します。
博物館もあり、植物園まであって見どころがいっぱいです。

外国人ファミリーの女の子、クリッとした目で興味深そうに
見てますー♪

Re: お早う御座います! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 今朝は薄雲が広がっていますが。日中は晴れると思います。
> 今日も暑さが厳しくなりそうですね。
> 活発に活動されているようなので体調に気をつけてくださいね。

ありがとうございます。自分の問題より、母の具合が一進一退で、遊び呆けているわけにはいきません。

> 弘前城と言えば矢張り桜の季節が有名なところです。
> お花見に一度訪れて見たいところです。

そうですね。近かったらお勧めしたいところですが、やっぱり相当時間がかかります。行くとしたら、十分疲れないような余裕を持って行動すべきかもしれません。

> 現在石垣の修復が行われていてお城は別の場所へ移動しているようですね。
> 大きな地震が来たら熊本城のように崩れる危険がありますので早めの対応が必要ですね。

石垣って難しいものですよね。姫路城もかなり傾いていました。あと何か月かで超長期の修復工事に入るという時に行ったことがあります。そう聞かされていたからかもしれませんが、少し腰が引けました。
Re: タイトルなし 
みこたんさん、こんばんは。

> 曳屋の様子をテレビで見ました、本当に少しずつ移動するのですね、

3回に分けて曳いたようですね。細かく言えば、曳いた後に少し方向転換を行ったようです。大変なものだったと思います。

> 棟方志功のポスター昭和45年度のを一枚いただきたい(笑)

私も欲しいです。どこかの土産物店で売っていないかときょろきょろ探しましたが、土産物店さえ見つけることができませんでした。棟方志功画伯の作品はいろいろなところに飾られてあったので、どこかにはあるのでしょうね。

> いい旅ですね、自分サイドで動けるのがいいです。

自由気ままな旅なのですが、その分きつかったです。初日はくたびれ果てて、15:00頃にホテルにチェックインして、汗を流したら、再度外出しようと思いましたが、ついに腰が上がりませんでした。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 弘前城は現在仮位置に移し、石垣の修理が終了後はまたもとの位置に戻すという大工事が行われているようですね。
> 日本の建築技術の素晴らしさが、こうした事でも伺い知ることができます。
> 工事中でも仮位置で一般公開されていてありがたいですね。

今の位置は写真にとりにはちょっとという位置ですが、そこから岩木山がきれいに見える位置です。残念ながら、天気が良くなく、見えませんでしたが。

> 弘前城は桜の名所として有名ですが、写真で見て知るぐらいで、良く知りませんが、当初幕府に気遣って櫓として届け出たということですが、弘前藩としては思っていたより小さな天守閣ですね。

狭小といえばその通りですが、あるだけマシです。江戸城には天守閣さえ残っていませんから。辰巳櫓を天守の代替として使用していたはずなんです。

> 外国の人姿も見えるようですが、珍しいことでしょうね。

いまは、どうなんでしょうかね。弘前公園には外国の方がいましたが、田舎館の田圃アートや黒石の中町こみせ通りには、日本人観光客と思しき人しかいませんでした。ですが、時間の問題かもしれません。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> アッ 練方志功さんだ!!
> 志功の女人像、ふくよかな丸顔に切れ長の大きな目、大好きです。
> いつ出るかと待ってました。

私のへたくそな写真で恐縮です。どこかで売っていないかとキョロキョロしたのですが、探す場所が良くなかったようです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 天主閣以上に棟方志功の版画ポスターに心惹かれます。
> 原画はどこに展示されているのでしょうね。
> 春を待ちわび爆発するような喜びが伝わってきます。
> 棟方志功の心内でもあり、青森県民みんなの心内でもあるでしょうね。
>
> ryu

どこかに複製品が置いてないかキョロキョロしましたが、見つけられませんでした。でも、行く先々で各種の棟方志功画伯作品の複製を見ましたから、どこかにあるのでしょうね。
自転車のおじさんには探しきれませんでした。(´;ω;`)ウゥゥ
Re: タイトルなし 
> こんにちは

x都人xさん、こんばんは。

> わ~本当に素晴らしいポスターですね!

私の前に撮っていた方はなかなかどいてくれないくらい時間をかけて撮っていました。私もそれくらい根気よく粘ればよいのでしょうが、…。

> 写真より凄い迫力を感じますね~
> 流石に志功さんですね^^

実物ポスターはもっと素敵なんですが、私の腕前では、…。流石、大天才のやることは、すごいものでした。
Re: こんにちは 
お千さん、こんばんは。

> 遠い昔にこんなお城の建築がなされていたなんて、凄いですね。

重機などない時代に、よくぞこういうものを作ったものだと思います。

> 人間に知恵と技術。現代もどんどん進んでいて、未来の人が知ったら、この今を又すごいと思うのかしら。
> そしてどこまで進んでゆくのかしらと思います。

平成の大修理も、後世の人には、よくぞ頑張ったなあと思ってもらえるのではないでしょうか。
石垣が外側に膨らむ「はらみ」は、石垣崩壊ばかりでなく、天守の崩壊をも意味し、絶対に放置しておけない事象だったのでしょう。でも、有力な観光資源を遊ばせないで、その一方で、修理をもやり遂げる。そのジレンマ解決に知恵を発揮したと思っています。
Re: 曳家 
senri32さん、こんばんは。

> 一軒家、アパート程度の曳家は見ていますが、お城、マンション、ビル等の大規模な曳家は見たことがありません。だいいち、杭を打ち込んであるマンション・ビルなどはできるはずはないと思いますが゛、杭という概念がないお城ですからできる技なんでしょう。凄いです。

そういうことをやる価値のあるものがそうないからでしょう。でも、赤プリの旧館ではやりましたよね。赤プリの場合は移動したらそれで終了ですが、こちらは、元の位置に戻すための工事をしますから、大変なようです。
Re: 有料区域 
senri32さん、こんばんは。

> 思いました。全て、無料区域にするべく、豊かな日本にしていきたいものだと。

有料施設というのもありなのでは。無料のエリアにすると、すぐに汚くなりますよ。わずかな額でも徴収する施設であるということが、不埒な行為を抑制する効果があるでしょうし、施設管理者のやる気を喚起しているように思います。
Re: こんばんは~☆ 
ノースさん、こんばんは。

> 桜祭りのポスターは、桜のすばらしさは勿論ですが、味があっていいと思いました^^

天下の棟方志功画伯の作品ですから。故郷からの依頼だとしても、毎年律儀に引き受けてくれたものですね。
Re: 弘前公園 2 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 弘前公園は地図付きで、お城にお濠で桜のトンネルも長いですね。
> きっと当地では桜を待ちわびる気持ちも熱そうですね。
> 大きな蓮池も咲くと華やかになりそうなのを想像します。
> 博物館もあり、植物園まであって見どころがいっぱいです。

植物園などは、ぼろ隠しでしょう。本来は曲輪などがあったのを無残にも破壊してしまったのでしょう。そこががら空きでは格好がつきません。窮余の一策だったと思っています。
本来なら、天守ばかりでなく本丸御殿くらいは残してもらいたかったと思います。

> 外国人ファミリーの女の子、クリッとした目で興味深そうに
> 見てますー♪

なかなかかわいらしいお嬢ちゃんでした。彼女の美人のお姉さんもいましたが、学校はどうしたのかな、と心配になりました。

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月25日(火)は、高校野球応援のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR