散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(8)

弘前公園(1)

公園の地図
弘前公園の記事が続く間は、位置関係がわからなくならないよう、冒頭にこの地図を掲げる
公園の地図

追手門(大手門)…国指定重要文化財
大手門とは、日本の城郭における内部二の丸または、三の丸などの曲輪へ通じる大手虎口に設けられた城門。正門にあたる。追手門も同じ意味合い。
外側
外側から見るとそれなりの門構えだ
追手門_外側_1
追手門_外側_2
PDF画像借用
追手門_外側_3
内側
内側からはやや拍子抜けかな
追手門_内側
外濠
幅が狭いし、水面から石垣までの高さが殆どない。これで防御の役目を果たしたのだろうか?
外濠_1
外濠_2
辰巳櫓…国指定重要文化財
弘前城植物園内から見た様子。場内には、このほかに未申櫓、丑寅櫓とが現存する。うっかりして写真を撮り損ねた。
辰巳櫓_1
PDF画像借用
辰巳櫓_2
PDF画像借用
丑寅櫓…国指定重要文化財
丑寅櫓
PDF画像借用
未申櫓…国指定重要文化財
未申櫓
南内門…国指定重要文化財
門の方はしっかり忘れずに撮った。みな、もれなく指定を受けているんだ。
南内門_1
南内門_2
南内門_3
南内門_4
天守
日本一の桜の名所と謳われる弘前城。弘前城本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」がみられ、天守真下から石垣の一部を修理することになった。工事は、内濠を埋立てたり弘前城の曳屋(ひきや)が行われたりなど、大規模なものとなっている。
以前の姿
PDF画像借用
以前の天守
曳屋後の姿
下の石垣がないので、なんとなくおさまりが良くない。一日も早く、改修工事が終了して、元の場所に戻るのが待望される。
曳屋後の姿
下乗橋の様子
何かが足りない。何が足らないのだろうか?
下乗橋の様子_1
下乗橋の様子_2
下乗橋の様子_3
内濠の工事
この石垣の角のところに天守があったのだ。それを工事期間中は、曳屋して、本丸のど真ん中に仮に移してある。
内濠の工事_1
内濠の工事_2

本丸唯一の現存建築である天守は層塔型3重3階の建物である。現在は独立式であるが、往時は北側に多聞櫓を付属させた複合式であった。この多聞櫓は明治29年(1896年)ごろまでに破却されている。天守の高さは約14.4メートルあり、現存する三重天守の中で最も低い。
1627年(寛永4年)大爆発で焼失した5重天守の代用として、またロシア船の津軽海峡往来などの事態により幕府の許しを得て、本丸南東隅の辰巳櫓の改修を名目として建てられた。1810年(文化7年)着工、1811年(文化8年)に竣工した。往時は幕府への配慮から天守とは見なさず、櫓(御三階櫓)として扱われていたが、「事実上の天守」としての役割を持ち現在は書籍などの多くで天守として扱われている。昭和24年(1949年)に松前城天守が焼失したため、現在最も北に位置する現存天守でもある。

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
一生に一度見れるかどうかという
総重量400トンもの天守を70mも動かす現場が見れたのですね!
凄いですね! 2m位浮かせて移動との事。
ピラミッドの建築にも使われたという曳屋という技術は凄いですね!
下の石垣がない天守が見れただけでも行った価値がありましたね!
来年のお花見には間に合うのでしょうか?
いつもありがとうございます。
おはようございます♪ 
凄い工事ですね!
弘前城の桜は一度見てみたいと思っていましたが残念、工事がすべて完了してから行こうと思っているのですが、いつごろ完了するんでしょうかね~^^
http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
弘前行かれたんですね 桜の時期に行きましたが 緑に囲まれた夏も良いですね 工事・・完成したら行きたいものです(*'▽')
おはようございます! 
なるほど~、こういう位置関係なんですね。地図がとってもお役立ちです。
弘前城と言えば、やっぱり桜ですよね!シーズンオフは落ち着いた様子なんですね。来年は早めに予約を取って桜の季節に行って見たいです。
AzTakさん 
こんにちは
やはり天守閣は石垣の上でないとサマになりませんねえ。
小振りとは言え、立ち姿の良い天守ですね。
 
こんにちは。
弘前城も防御というよりは京都二条城のように権威の象徴の役目が
強かったのでしょうかね。
東北は多くの藩が奥羽列藩同盟に参加し敗戦後は城郭はことごとく解体を余儀なくされましたが津軽藩はいち早く脱退し官軍に付いたのが幸いし
城郭が存続でき、今となっては賢明な選択だったのでしょう。
ただ当時の本音では後ろめたさも相当あっただろうと、思いたいです(^_^;)。

ryu
 
こんにちは
やっぱ~桜が有名ですよねー
一度は見たい風景の一つですね^^
 
ずいぶん以前に 主人と弘前城に行った事があります!
でも 主人とAzTakさんのブログを拝見しながら
「いつだっけ? いつだっけ? 震災前? 震災後?」
最近 めっきり記憶力が衰えて 二人で笑ってしまいました。
いつもブログ楽しませて頂いてます!
(いつも 心温かいコメントありがとうございます!)
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 一生に一度見れるかどうかという
> 総重量400トンもの天守を70mも動かす現場が見れたのですね!
> 凄いですね! 2m位浮かせて移動との事。

市民参加型で行ったのだそうです。写真を見ると、まるで秩父の夜祭の山車の曳行のような感じで曳いたようですね。
それも1回勝負ではなく、3回に分けて行ったとか。
全身が激しい筋肉痛でおかしくなった御柱の曳行の記憶も頭をかすめました。

> ピラミッドの建築にも使われたという曳屋という技術は凄いですね!
> 下の石垣がない天守が見れただけでも行った価値がありましたね!

一風変わったものを見た感じでした。生きているうちに元のさやに納まりますかね。

> 来年のお花見には間に合うのでしょうか?
> いつもありがとうございます。

平成33年に天守曳戻しの予定です。今年は29年ですから、あと4年後。オリンピックよりも後になります。神様に肩をたたかれるよりも先になるといいなと思います。
Re: おはようございます♪ 
ノースさん、こんばんは。

> 凄い工事ですね!

そうですね。

> 弘前城の桜は一度見てみたいと思っていましたが残念、工事がすべて完了してから行こうと思っているのですが、いつごろ完了するんでしょうかね~^^

平成33年に引き戻すそうです。4年後ですね。
確かに今の位置だと桜に飾られた天守が撮れません。その間の桜まつりは少し寂しいものになってしまうかもしれませんね。
Re: http://blog.goo.ne.jp/sonophoto0903 
SONOPHOTOさん、こんばんは。

> 弘前行かれたんですね 桜の時期に行きましたが 緑に囲まれた夏も良いですね 工事・・完成したら行きたいものです(*'▽')

桜の時期でも、ねぷたの時期でも、紅葉の時期でもない時期です。目玉がない時期なので、ゆっくり見て回ることができました。
でも、写真を撮ることを考えると、ここに桜のピンクがあったら、ねぷたの勇壮さがあったら、モミジの朱があったら、などと考えないわけはありませんが。
Re: おはようございます! 
MTさん、こんばんは。

> なるほど~、こういう位置関係なんですね。地図がとってもお役立ちです。
> 弘前城と言えば、やっぱり桜ですよね!シーズンオフは落ち着いた様子なんですね。来年は早めに予約を取って桜の季節に行って見たいです。

来年もまだ、天守は今の位置なんです。平成33年の引き戻しなので、相当先まで、写真愛好家には酷な話になるかと思います。
あとは、櫓で代替させるかですが、…。秋の方が良いかもしれません。紅葉があるし、田圃アートも見事でしょうし。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> やはり天守閣は石垣の上でないとサマになりませんねえ。
> 小振りとは言え、立ち姿の良い天守ですね。

現存12天守に数えられる内の1棟がこの天守です。長い年月を耐え抜いた逞しさが感じられるように思います。
現存12天守ですが、私はその内の弘前、松本、丸岡、彦根、姫路の5つを見ています。今年、申し込んだツアーが無事催行されれば、四国の4つが加わり、残りが一挙に3つに減ります。残るは犬山、松江、備中松山です。結構メジャーなところなのに、今のところ、お金がなくて、旅行計画は無しです。
こんばんは 
お城好きなので行って見たいです、弘前城!
桜が有名ですが、今の時期も緑が鮮やかで
綺麗ですね~~~
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 弘前城も防御というよりは京都二条城のように権威の象徴の役目が
> 強かったのでしょうかね。

そんな感じがします。濠は浅く、城門も堅固とは言いかねる。戦のための城ではありませんね。江戸時代の築城ですから、そういう城を造ると却って幕府から睨まれるという事情もあったのでしょう。

> 東北は多くの藩が奥羽列藩同盟に参加し敗戦後は城郭はことごとく解体を余儀なくされましたが津軽藩はいち早く脱退し官軍に付いたのが幸いし
> 城郭が存続でき、今となっては賢明な選択だったのでしょう。

関ヶ原の戦いでも真田と同様に両方に参加しました。でも、心情的には、石田三成の子孫を重用するなど、豊臣シンパだったのかも。そして、ずーーっと時代が下って、奥羽列藩同盟参加の問題が出たんですね。

> ただ当時の本音では後ろめたさも相当あっただろうと、思いたいです(^_^;)。
>
> ryu

どういう気持ちでいたのでしょうか。tgryuさんが考えている通りだったのでしょうね。
Re: タイトルなし 
> こんにちは

x都人xさん、こんばんは。

> やっぱ~桜が有名ですよねー
> 一度は見たい風景の一つですね^^

桜だけは、いつ咲くか読めなくて、旅を計画しても不幸なことに外れてしまうこともありますよね。確実に見られるのは地元の方ということになりそうです。
対策としては、青森や五所川原辺りに宿をとり、ピンポイントで行く。…でも、新幹線や飛行機の便がままならないかもしれません。う~~ん。
Re: タイトルなし 
ヒデさん、こんばんは。

> ずいぶん以前に 主人と弘前城に行った事があります!
> でも 主人とAzTakさんのブログを拝見しながら
> 「いつだっけ? いつだっけ? 震災前? 震災後?」
> 最近 めっきり記憶力が衰えて 二人で笑ってしまいました。
> いつもブログ楽しませて頂いてます!
> (いつも 心温かいコメントありがとうございます!)

私の方は、青森県の真ん中から右側にはかなり行ったことがあるのですが、津軽にはまったく行ったことがありませんでした。
ねぷたと津軽三味線とは是非とも体感したいものだと、張り切って出かけました。初日にかなり頑張ったので、少し時間の余裕ができ、田舎館や黒石にも足を延ばしました。小出しにして、ゆっくり取り上げようと思っています。

東京は暑くて、なかなか外出できかねます。この手持ちの材料と、『和のあかり』の材料とで、手抜きしながら、夏を乗り切ろうと思っていますが、そううまくいきますかねえ。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> お城好きなので行って見たいです、弘前城!
> 桜が有名ですが、今の時期も緑が鮮やかで
> 綺麗ですね~~~

そうですね。今回は、ちょっと小雨交じりだったので、画面がしゃきっとしていなくて残念でした。リターンマッチをしたいところですが、そうそう遊び歩く資金がありません。人生は1回勝負で行かないといけませんね。
条件が良くなくても、満足のいく写真。考えただけでうなだれてしまいそうです。

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月25日(火)は、高校野球応援のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR