散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

弘前~田舎館~黒石~弘前一人旅(5)

禅林街(3)
長勝寺(2)
津軽家霊屋…国指定重要文化財
5棟全てを撮ったのだが、メモを取らなかったので、どれがどれだが自信が持てない。こういうものだとだけ見ていただきたい。そのとき思ったのだが、霊屋に祀られている人物がとびとびになっているのはなぜなのだろうか?二代藩主信枚の正室満天姫(徳川家康養女)の霊屋である明鏡臺だけは、どうしても造らざるを得なかったのだろう。高台院養女、実は石田三成の娘で三代藩主信義の生母である辰姫は、家康に気遣った夫の判断で、正室から側室に降格になったが、墓などは残っているのだろうか?
津軽家霊屋_1
津軽家霊屋_2
津軽家霊屋_3
津軽家霊屋_4
津軽家霊屋_5
津軽家霊屋_6
津軽家霊屋_7
津軽家霊屋_8
津軽家霊屋_9
津軽家霊屋_10
津輕家霊屋は初代弘前藩主為信室、二代藩主信牧、信牧室、三代藩主信義、六代藩主信著を祀った五棟の霊屋からなる。各霊屋は方二間、入毋屋造、こけら葺で、内部に石造無縫塔を安置する。いずれも江戸時代前期から中期に属するもので、本格的造りになる霊屋が建ち並ぶ景観は優れている。年代の明らかな江戸時代の霊屋群として重要である。
環月臺かんげつだい(初代藩主為信室霊屋) 寛文12年(1672年)造
碧巌臺へきがんだい(二代藩主信枚霊屋)  寛永8八年(1631年)頃造
明鏡臺めいきょうだい(二代藩主信枚室霊屋)寛永15年(1638年)頃造
白雲臺はくうんだい(三代藩主信義霊屋)  明暦 2年(1656年)造
凌雲臺りょううんだい(六代藩主信著霊屋) 宝暦 3年(1753年)造

霊屋が作られなかった藩主たちの墓
幕府からの締め付けが厳しくなり、霊屋は造ることができなくなったのだろうか。墓だけ見れば、磐城平藩主だった内藤家の墓の方が数段上かもしれない。
霊屋が作られなかった藩主たちの墓_1
霊屋が作られなかった藩主たちの墓_2

禅林街をあとにする

禅林街の近所で見かけた建物
入口近くにあった小さな家
入口近くにあった小さな家
醸造店かな
吉野桜という酒を造っているようだった。ちなみにその隣も造り酒屋だった。いったいいくつあるのだろうか?
醸造店かな

Comments

おはようございます♪ 
五棟霊屋はなかなか見分けがつけずらいですね~^^
禅林街のお寺も宗派も同じ建物も同じような感じで一箇所に建ち並ぶ、
青森の城下はある意味面白いですね~!
 
四季折々の旨いお酒を戴けるのですね
どんなお酒があるのでしょう・・
滅多に飲みませんが飲むなら日本酒党です
ごく最近から飲めます

ツイツイ食い気の方ですみません
 
こんにちは。
江戸時代中期以降はなぜ立派な霊屋の建立ができなくなったのでしょうかね。
享保、寛政、天保などの
奢侈禁止令の影響が霊屋にまで及んだのでしょうか・・・。

ryu
 
AZTAKさま こんにちは

津輕家霊屋は立派な建物ですね。
弘前藩の代々の霊屋が建立されていないのは不思議ですね。
幕府の締め付けが厳しくなったのは、弘前藩の勢力が強くなったからでしょうか・・・・・各藩に禁止令が出たのですかね。
一人旅 
私がいまだに、足を踏み入れていない県は、四国4県と沖縄だけ。大学時代に日本の全県を制覇する予定でしたが、紀伊半島をぐるりと数県回った時には、金がなく車中泊。とっても怖い目にあいましたので、たった2日で紀伊半島の全県走破。それから、旅行というものは、新婚旅行しか行ってません。私は子供にとっても悪い事をしたと思ってます。
AzTakさん 
こんばんは
造り酒屋さんは沢山お有なんでしょうね。
飲兵衛は何処にでも居ますから。
 
こんばんは

先週のブラタモリがちょうど弘前で
弘前一人旅、興味深く拝見しております。
青森に行きたくなっちゃいましたが、九州からは遠いですね。
たぶんきっと旧藤田家住宅なんかも登場するんじゃないかと
楽しみにしています。


 
今晩は
五棟すべて入母屋造りで素晴らしい建物ですね~

綺麗な曲線美の屋根が大好きです^^
Re: おはようございます♪ 
ノースさん、こんばんは。

> 五棟霊屋はなかなか見分けがつけずらいですね~^^

きちんと撮ってあれば、少なくとも位置関係をメモしなくても、二代藩主信枚の正室の霊屋である明鏡臺だけは、葵のご紋が
あるからわかるようです。『そんなの知るか』などというと、唯一の知り合いである徳川さんに叱られてしまうかも。

> 禅林街のお寺も宗派も同じ建物も同じような感じで一箇所に建ち並ぶ、
> 青森の城下はある意味面白いですね~!

面白いと思います。写真のうまい方にはぜひ行って撮りまくってほしいものです。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 四季折々の旨いお酒を戴けるのですね
> どんなお酒があるのでしょう・・
> 滅多に飲みませんが飲むなら日本酒党です
> ごく最近から飲めます
>
> ツイツイ食い気の方ですみません

私もずっとフォアグラに悩まされてずっと禁酒を続けていたのですが、最近酒量が少しずつ復活しつつあります。昔のように1升酒という訳にはいきませんが、4-5合くらいはもしかしたら飲めるようになったかも。日本酒は美味しいですね。
2日目には、田舎館で持参したキリン氷結を飲み干し、黒石で2種の利き酒をし、弘前で豪華利き酒セットを楽しみました。併せて3合くらい飲んだかもしれません。夜行バスもグーグー寝ることができました。結構おいしかったです。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、今晩は。

> 江戸時代中期以降はなぜ立派な霊屋の建立ができなくなったのでしょうかね。
> 享保、寛政、天保などの
> 奢侈禁止令の影響が霊屋にまで及んだのでしょうか・・・。
>
> ryu

将軍家は確か吉宗が霊廟の建築をやめるように厳命したからだったと記憶しています。多分、下々もこれに倣ったのではないかと思います。

吉宗は1720年(享保5年)御霊屋建立禁止令を出し、以降大規模な霊廟は建築されず、寛永寺か増上寺のいずれかの霊廟に合祀し、宝塔か霊牌所が建立された。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> 津輕家霊屋は立派な建物ですね。
> 弘前藩の代々の霊屋が建立されていないのは不思議ですね。

どちらもそうですよね。

> 幕府の締め付けが厳しくなったのは、弘前藩の勢力が強くなったからでしょうか・・・・・各藩に禁止令が出たのですかね。

たぶん、吉宗の御霊屋建立禁止令による影響だと思います。その命令はおそらく将軍家のことだったと思いますが、将軍家以下の各藩はそれに右倣えしないわけにはいかなかったと思います。
Re: 一人旅 
senri32さん、こんばんは。

> 私がいまだに、足を踏み入れていない県は、四国4県と沖縄だけ。大学時代に日本の全県を制覇する予定でしたが、紀伊半島をぐるりと数県回った時には、金がなく車中泊。とっても怖い目にあいましたので、たった2日で紀伊半島の全県走破。それから、旅行というものは、新婚旅行しか行ってません。私は子供にとっても悪い事をしたと思ってます。

たぶん、私と似たようなものかも。私が足を踏み入れたことがないのは、沖縄、徳島、高知、広島、岡山、鳥取の5県です。催行中止にならなければ、9月初旬には徳島、高知の2県は消えるはずですが、どうなることやら。
青森県は何度も行っていますが、津軽だけは縁がありませんでした。どうしても偏りができてしまいますねえ。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 造り酒屋さんは沢山お有なんでしょうね。
> 飲兵衛は何処にでも居ますから。

何も探したわけじゃんです。でも見つけちゃうんです。寒い土地柄ですから、飲まずにはいられないのでしょうね。
結構おいしかったですよ。
こんばんは 
「禅林街の近所で見かけた建物」というタイトルで紹介の建物が実にそそられます・・・。いつ頃の建物でしょうか。とても斬新です。まるで港町にでもあるようなそんなしゃれた建物ですね。これを逃さないAzTakさん、さすがです。
Re: タイトルなし 
> こんばんは

オトーサンさん様、こんばんは。

> 先週のブラタモリがちょうど弘前で
> 弘前一人旅、興味深く拝見しております。

ブラタモリで取り上げられたんだそうですね。あいにく見逃してしまい。、切歯扼腕しています。

> 青森に行きたくなっちゃいましたが、九州からは遠いですね。
> たぶんきっと旧藤田家住宅なんかも登場するんじゃないかと
> 楽しみにしています。

次回は、その藤田記念庭園を取り上げます。気に入っていただけるかいささか心配です。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 五棟すべて入母屋造りで素晴らしい建物ですね~
> 綺麗な曲線美の屋根が大好きです^^

そうですね。私もすごいなあと思いました。何百年もこの津軽の大地で踏ん張り続けてきたのですよね。優美な見かけばかりでなく、力強さも兼ね備えているようです。
Re: こんばんは 
MTさん、こんばんは。

> 「禅林街の近所で見かけた建物」というタイトルで紹介の建物が実にそそられます・・・。いつ頃の建物でしょうか。とても斬新です。まるで港町にでもあるようなそんなしゃれた建物ですね。これを逃さないAzTakさん、さすがです。

こちらは、電動アシスト付きとはいえ、しがない自転車の爺さんです。必然的にゆっくり目で走行しています。いろいろと目に入ってきました。

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

11月21日(火)は、旧徳川家松戸戸定邸を見に出かけています。私からのアクセスは相当に遅れると思います。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR