散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

ミステリーツアーに参加してみた(8)

別所温泉(2)
北向観音(2)
『愛染カツラ』って、どこかで聞いたことがあるかもしれない。北向観音のカツラの木とその木に隣接する愛染明王堂に着想を得て、川口松太郎氏が1編の恋愛ドラマを書き上げた。小説及びこれを原作とした映画の大ヒットによって、この木も『愛染カツラ』と呼ばれるようになっているのだ。
愛染堂
愛染堂_1
愛染堂_2
小堂ながら精緻をこらした名堂として知られています。本尊は愛染明王で恐ろしい形相をしており、種々な誘惑や困難を打ち砕いてくれるという「恐れる仏」即ち「愛の仏」です。
明治15年、上田常盤城村の色川徳兵衛が新築して献納しました。

愛染カツラ(市指定文化財)
上田市の指定文化財と長野県の天然記念物とどちらが価値があるのかなあ。私だったら、後者だと思うのだが。
『愛染カツラ』の映画の中で、主人公の若い医師(上原 謙)が思いを寄せる女性(田中絹代)に言う。「この木は昔から愛染カツラと言われていて、この木につかまりながら恋人同士が誓いをたてると、将来は必ず結ばれるという言い伝えがあるんです。」
愛染堂と愛染桂とをなぜ2ショットで撮らないのかと訝る向きがあろう。実は少し離れているのだ。
愛染カツラ(市指定文化財)_1
愛染カツラ(市指定文化財)_2
愛染カツラ(市指定文化財)_3
愛染カツラ(市指定文化財)_4
樹齢1200年の老木で天長の昔、常楽寺の火坑出現の観世音菩薩が影向(ようごう=神仏が一時姿を現すこと)した霊木といわれています。
境内の東隅にある愛染明王堂とこの桂の木に因んで故川口松太郎氏(1899-1985、第一回直木賞受賞)が「愛染かつら」を書かれたことはあまりに有名です。
若い人たちからは「縁結びの霊木」として親しまれております。また昭和14年6月5日、長野県の天然記念物に指定されました。

額堂
額堂_1
額堂_2
一般庶民は心に秘めた悩みの解消の願いを込め、自身で描いたり描いてもらった絵を神仏に奉納していました。これを掲げたのが絵馬堂です。
北向観音ではこれを額堂といい、江戸時代より絵の展示場として参拝者の目を楽しませてきました。
現在は仁王尊が安置されています。

札所観音堂
札所観音堂
享保年間篤信者が奉納した秩父三十四観音を安置してあります。元は東側の石垣に沿って建てられており、古図には「秩父堂」と記されています。現在は北側に移転再建されています。
護摩堂(不動堂)
護摩堂(不動堂)_1
護摩堂(不動堂)_2
昭和五十八年に本堂の傍らの護摩堂が再建されました。これにより境内の全ての堂宇が再建、移転が完了しました。

北向観音の近辺
飲泉塔
洗心のところでもふれたが、飲用可能な温泉水だ。当然のごとく私も飲ませていただいた。それにしても『慈覚大師の湯』ときたか。
飲泉塔
湯川
別所温泉に水源がある河川。最終的に信濃川と合流するため、一級河川扱いとなる。本当に大事に維持しているのか、川の水がものすごくきれいだ。
湯川_1
湯川_2
湯川_3
大師湯
一度入ってみたいと思っている共同湯。雰囲気があると思っている。
大師湯_1
大師湯_2

Comments

 
湯川 大師湯の辺りが昔ながらの街並みなのでしょうか?雰囲気がありますね。
共同浴場の入浴料金はお幾らかな?と目を凝らしました。 道南の温泉は
300円から420円が多いですが・・・。歩いてみたい街でした。
お早う御座います! 
ミステリーツアーは私も一度参加したことがありました。
何処に行くか分からないツアーでしたが、当時はカメラに興味が無くて写真を撮りませんでした。
何処へ行ったか妻と話しましたが、お互いに良く覚えていませんでした。
覚えていないと言うことは余り印象に残らなかったと言うことになりそうです。
おはようございます! 
AzTakさん、おはようございます!
朝から雨模様ですが、
ミステリーツアーで長野別所温泉までも行かれましたか!
カツラの巨木であるこの愛染カツラは
上田市の指定文化財と長野県の天然記念物との両方を受けているんですね!
私も後者の方が重みがあると思いますよ 笑)
 
こんにちは。
愛染カツラってモデルになった愛染堂と桂があったとは知りませんでした。
映画の内容はよく知りませんが何故かタイトルは知っています。
私的には愛染堂と桂ではなく
真夏に咲く情熱的なノウゼンカズラ(凌霄花)を勝ってにイメージしていました。
音が似ているだけで意味はありませんが・・・(^_^;)。

ryu
 
愛染かつらの映画はヒットしたようですね。川口松太郎さんだったのですね。私は同作者のちょっと後の作、新吾十番勝負、二十番勝負に夢中になっていました。歴史を考えながら時代劇を見ると面白いです。
だいぶ修正されているのもありますが。
歴史の裏で動く女性の存在が、教科書には載っていませんが、
映画でははっきり表れているのが多いように思います。
花の名 
愛染カツラですか、愛染カズラだと、60年間思ってました。
こんにちは 
今回のミステリーツアーはAzTakさんの好みを実にバッチリ捉えていますね〜。本当にびっくりです。愛染カツラって、どこかで聞いた事があったと思っていたのですが、おかげさまでスッキリしました。^^
 
AzTakさん、こんばんは。
ミステリーツアーは、訪れる先も宿泊のホテル、宿も行ってみるまで
どこも全くわからないのですか?

でも温泉地に観音様のコースで、AzTakさんのお好きな所を巡って
いるようですね。
共同湯は温泉地ならではの木造で雰囲気がありますー
AzTakさん 
こんばんは
塩田平は信州の鎌倉、とも言われて、神社仏閣が多いですね。
そのうち幾つも行っていないなあ・・・
近いうちに行って見ようかなあ
 
今晩は
愛染カツラ!聞いた事はありますが映画は知らないです^^
樹齢1200年の老木のパワーを、、、
しばらく見てましたが
爺にも少し貰えたかな?^^
Re: タイトルなし 
tugumi365さん、こんばんは。

> 湯川 大師湯の辺りが昔ながらの街並みなのでしょうか?雰囲気がありますね。

そうですね。小さな温泉町であり、寺町です。雰囲気は相当にあります。げひた感じは全くありません。

> 共同浴場の入浴料金はお幾らかな?と目を凝らしました。 道南の温泉は
> 300円から420円が多いですが・・・。歩いてみたい街でした。

多分、150円だと思います。安いからひと風呂浴びていこうと思ったくらいですが、やっぱり時間に追われると、…。
Re: お早う御座います! 
yosaku03さん、こんばんは。

> ミステリーツアーは私も一度参加したことがありました。
> 何処に行くか分からないツアーでしたが、当時はカメラに興味が無くて写真を撮りませんでした。
> 何処へ行ったか妻と話しましたが、お互いに良く覚えていませんでした。
> 覚えていないと言うことは余り印象に残らなかったと言うことになりそうです。

たぶん、目的地の変わりにミステリーツアーに参加したということが記憶に設置されたんだと思います。適当に忘れた方が、ハッピーですよ。いつまでも覚えていると、新しいことが入ってきませんから。
Re: おはようございます! 
> AzTakさん、おはようございます!

makiraさん、こんばんは。

> 朝から雨模様ですが、
> ミステリーツアーで長野別所温泉までも行かれましたか!

はい。この時は何とか雨に降られずに行程を終えることができました。ですが、来週の弘前は小雨のようです。

> カツラの巨木であるこの愛染カツラは
> 上田市の指定文化財と長野県の天然記念物との両方を受けているんですね!
> 私も後者の方が重みがあると思いますよ 笑)

植物としては、長野県の指定がまっとうなものでしょうね。上田市としては、ほかならぬこれがためにお客に来てもらっているという気持ちが多分にあるんでしょうね。思いもよらない文化財指定ですから。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 愛染カツラってモデルになった愛染堂と桂があったとは知りませんでした。
> 映画の内容はよく知りませんが何故かタイトルは知っています。

愛染堂と桂の木があったのは確かです。でも、上原謙のセリフのようなことは、何もなかったんだと思います。奇才、川口松太郎の頭にひらめいたのでしょう。不思議なもので、それからは皆の意識に刷り込まれ、独り歩きしたのではないかと。

> 私的には愛染堂と桂ではなく
> 真夏に咲く情熱的なノウゼンカズラ(凌霄花)を勝ってにイメージしていました。
> 音が似ているだけで意味はありませんが・・・(^_^;)。
>
> ryu

そう思っても仕方ないくらい古い作品になりましたよね。上原謙・田中絹代が主演して映画化が最初ですから。加山雄三の父親の若かりし頃の映画ですから。
http://tosaken36.blog52.fc2.com/ 
愛染カツラって小説も映画も知らないのですが
聞いたことはあります^^
この木がモデルなんですね^^
ミステリーツアー面白いですね^^
Re: タイトルなし 
お千さん、こんばんは。

> 愛染かつらの映画はヒットしたようですね。川口松太郎さんだったのですね。私は同作者のちょっと後の作、新吾十番勝負、二十番勝負に夢中になっていました。歴史を考えながら時代劇を見ると面白いです。
> だいぶ修正されているのもありますが。

そうですね。水戸黄門などは最たるものでしょうか。水戸と江戸以外では鎌倉に英勝院様の水戸徳川家に対する恩顧に報いるために、水戸徳川家の一員として行ったくらいで、他にはまったく行ったことがないはずなんです。ですが、漫遊記が堂々と演じられ続けていますよね。

> 歴史の裏で動く女性の存在が、教科書には載っていませんが、
> 映画でははっきり表れているのが多いように思います。

まあ、描き方ですよね。男性上位の世界で、女性がどう生きていったのか、面白い主題だと思います。
Re: 花の名 
senri32さん、こんばんは。

> 愛染カツラですか、愛染カズラだと、60年間思ってました。

愛染堂と桂の木とは以前からあったのです。そこに、映画で上原健が言ったようなご利益は当時はなかったと思います。川口松太郎が考え出したまったくのフィクションでしょうね。
Re: こんにちは 
MTさん、こんばんは。

> 今回のミステリーツアーはAzTakさんの好みを実にバッチリ捉えていますね〜。本当にびっくりです。愛染カツラって、どこかで聞いた事があったと思っていたのですが、おかげさまでスッキリしました。^^

私の好みか否かは別問題として、まずまずの行き先でした。
愛染かつらのそもそもは、別所温泉での川口松太郎の頭に閃いたアイディアだったのでしょう。良縁成就・夫婦和合で有名な愛染明王が祀られた愛染堂があり、千年も生き続けている有難い古木とがありました。作家たるもの、それでひねり出すことができないようでは、一流じゃないのかも。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> ミステリーツアーは、訪れる先も宿泊のホテル、宿も行ってみるまで
> どこも全くわからないのですか?

そうなんですよ。それでもほとんど事前に予想していた方もいらっしゃるのかも。勘働きの良くない私めは、まったく当てることができませんでしたが。

> でも温泉地に観音様のコースで、AzTakさんのお好きな所を巡って
> いるようですね。

結果的には、嫌いじゃないところに連れて行ってもらいました。

> 共同湯は温泉地ならではの木造で雰囲気がありますー

共同湯は他にもあるんです。次回行くことがあれば、ぜひ入浴しようと思います。信州最古の温泉ですから。鎌倉幕府ともつながりがあった塩田の庄。いいところですよ。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 塩田平は信州の鎌倉、とも言われて、神社仏閣が多いですね。
> そのうち幾つも行っていないなあ・・・
> 近いうちに行って見ようかなあ

そうですね。素晴らしい寺院、国宝や重要文化財もたくさんあります。温泉の素敵です。150円を支払って、共同湯に入られたら如何でしょう。清少納言にもほめたたえられた三湯のひとつですから。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 愛染カツラ!聞いた事はありますが映画は知らないです^^

私の高校の大先輩のその親父さんが主演ですから、もう忘れられても不思議はないのですが、意外や意外、しぶとく皆さんの記憶の片隅に残っているようです。

> 樹齢1200年の老木のパワーを、、、
> しばらく見てましたが
> 爺にも少し貰えたかな?^^

桂の木の生命力を少し分けてもらえるようにお願いしてくればよかったでrすね。なにせ、国宝も見たかったもので、心が急き立てられていました。
Re: http://tosaken36.blog52.fc2.com/ 
土佐けんさん、こんばんは。

> 愛染カツラって小説も映画も知らないのですが
> 聞いたことはあります^^
> この木がモデルなんですね^^

本当は、そんな言い伝えは実在しなかったと思うんです。川口松太郎が、愛染堂があれば、そういう言い伝えがあったということにしたら、面白いだろうと考えたようです。

> ミステリーツアー面白いですね^^

いろいろ楽しむことができました。次は、来週、まったくの個人旅行に行きます。そのあとは、暑いから何もせずに引きこもります。不健康を楽しむ感じですね。

Body

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

11月18日(土)夜から11月19日(日)夜は、岐阜基地航空祭2017を見に出かけています。その間、私からのアクセスはできません。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
リンク
検索フォーム
リンク
QRコード
QR