散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

ミステリーツアーに参加してみた(7)

行き先はどこかな
白馬から406号線をずっと走った。この向かう先は、長野市だろう。それだけは誰でもわかる。行き先表示板に大書されている方向だから。
小田切ダム
途中で犀川の川幅が少し拡大してきた。どこかのダムになっているようだ。通過するときにわかったが、小田切ダムだった。犀川の最下流に建設されたダム。犀川は小田切ダムを過ぎると裾花川を合流させ、長野市東部で千曲川(長野県内における信濃川の呼称)に合流して終わるそうだ。小田切ダムは長野市中心市街地に近い感じ。実際に、すぐ近くだった。
小田切ダム_1
小田切ダム_2
小田切ダム_3
小田切ダム_4
小田切ダム_5
行き先は善光寺かな?
ミステリーツアーで、そんなメジャーな行き先はないだろうなとは思ったが。
リンゴも見えてきた
まだ、おいしくはなっていないかな
リンゴも見えてきた
川中島の古戦場跡も通過
善光寺とは違う方向に向かっているぞ
川中島の古戦場跡も通過_1
川中島の古戦場跡も通過_2
途中で蕎麦専門の土産物屋に立ち寄る
試食用のそばが出された。病み上がりで口が良くなかったのか、おいしく感じられなかった。m(__)m
途中で蕎麦専門の土産物屋に立ち寄る
上信越自動車道を坂城で降りる
千曲川を渡る。行く先は上田市だな。そうすると、別所温泉かなあ、などと考えた。
上信越自動車道を坂城で降りる_1
上信越自動車道を坂城で降りる_2

別所温泉(1)
そんなこんなでやってきた最初の目的地は別所温泉だった。3度目だなあ。それも、今回が一番の駆け足見学か。
駐車場前にある七苦離地蔵尊堂
外見は立派だ。別所温泉は信州最古の温泉で、日本武尊が7か所に温泉を開き「七苦離の温泉」と名付けたという伝説から「七久里の湯」とも呼ばれる。清少納言が執筆した枕草子にも記されていた名湯。
その入り口ともいえる場所に建立された。割と新しそうな地蔵尊堂。常楽寺が建立したそうだが、確かに右手前の分岐は常楽寺の参道だ。常楽寺はかなり雰囲気のある古刹。そして北向観音の本坊に当たる。今回は自由時間が約1時間しかなく、泣く泣くパスした。

七苦離地蔵尊堂_1
七苦離地蔵尊堂_2
七苦離地蔵尊堂_3
七苦離地蔵尊堂_4
北向観音(1)
善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで、善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうといわれるのだそうだ。とってつけたような惹句のように聞こえないでもないが、信じるものは救われるのだろう。別所温泉自体が美しい温泉街であり、詣でる方は少なくないようだ。
参道入り口
よく見たら、両脇に石塔がたっている。今頃になって気が付いた。おそらく、右側が、『普門示現』と書かれてあり、左側は、『能為作依怙』と書かれてあると思う。と思ったら、後で追加で1ショットを撮っていた。左側は、『能為作依怙』ではなく『能作依怙』と書かれてあったことが確認できた。興味のある方は、意味合いをお調べいただきたい。
参道入り口_1
参道入り口_2
参道
参道
観音堂が見えてきた
観音堂が見えてきた_1
観音堂が見えてきた_2
観音堂が見えてきた_3
観音堂
善光寺の本堂はT字型の棟の形が鐘を叩く撞木(しゅもく)に似ていることから「撞木造り」と呼ばれている。たびたび修復を加えてきたが、昭和36年の増改築で、善光寺の本堂と同じ「撞木造り」としたそうだ。
観音堂_1
観音堂_2
洗心
温泉なのだ。生暖かいお湯が出る。飲むことができるようだ。こことは別に参道脇に飲泉塔がある。
洗心_1
洗心_2
観音堂正面のすぐ左には参拝前に体を清める水(温水)があります。こちらの水(温水)は全国でも珍しい別所温泉の源泉が湧きだしております。
鐘楼と梵鐘
鐘楼と梵鐘_1
鐘楼と梵鐘_2
鐘楼の建立年代は不明ですが梵鐘は寛政五年に上田の鋳物師、小島久兵衛弘文とその子、国一の合作でした。
第二次世界大戦で金属の供出という運命にあい行方不明となってしまいました。 現在の鐘は昭和二十四年に長野市で開かれた平和博覧会に出陳された香取正彦の作によるものですが、当時善光寺大勧進の副住職であった常楽寺半田孝海大僧正が求めてこの鐘楼に納めました。

温泉薬師瑠璃殿
鳥取の投入堂や山形の山寺の釈迦堂ほどではないにしても、ちょっと怖さを感じるお堂だ。そのくせ、見るのが好きで、行くたびににらめっこをしている。
温泉薬師瑠璃殿_1
温泉薬師瑠璃殿_2
この温泉薬師は伝説には行基菩薩の創建、慈覚大師の再建といわれますが、以前の薬師堂の位置は今の「大師湯」の西隣りであったようです。
寛保二年(1741)湯川の氾濫によって薬師堂は流され、寛保四年から湯本講中で再建を計画したようです。そして今の建物は文化六年(1809)に湯本講中の積立金により再建されました。


北向観音(きたむきかんのん)は、長野県上田市の別所温泉にある天台宗の寺院。近隣にある天台宗常楽寺が本坊であり、その伽藍の一部として同寺が所有・管理する。
寺伝によれば、平安時代初期の天長2年(825年)、円仁(慈覚大師)によって開創されたという。800年代にも火災の伝説が残る。安和2年(969年)平維茂によって大伽藍として大改修が行われたが、木曽義仲の兵火により焼失したのち、源頼朝により再興。鎌倉時代の建長4年(1252年)には北条国時(塩田陸奥守、塩田国時)によって再建されたと伝えられる。
江戸時代に至って正徳3年(1713年)に焼失し、8年後の享保6年(1721年)に現在の堂が再建された。その後度々修復を加え、昭和36年に増改築を施し、善光寺の本堂と同じ「撞木造り」となる。
北向観音という名称は堂が北向きに建つことに由来する。これは「北斗七星が世界の依怙(よりどころ)となるように我も又一切衆生のために常に依怙となって済度をなさん」という観音の誓願によるものといわれている。また、善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうと言われる。
観音堂に隣接する温泉薬師瑠璃殿は火災の後、文化6年(1809年)に地元の薬師講により再建された。
愛染堂の近くに縁結びの霊木として崇められている愛染かつらの巨木がある。(樹高22m)

Comments

おはようございます♪ 
たしかに、鳥取の投入堂、山寺の釈迦堂あたりに似てますね、柱に触れると崩れそうな感じがしますがこれでよく自身などに耐えられと思いますね~^^
 
ミステリーツアー楽しく拝見しています。
行き先がある程度分かっているのなら 事前に下調べも出来ましょうが・・・
でもバスに揺られながら”のんびり派”の方には良いかもしれませんね。
 
別所温泉でしたか
父方の故郷が上田でしたから別所温泉は懐かしいですよ

病み上がりで折角のお蕎麦が美味しく無かったとは残念でしたね
わたしは一年以上味覚障害になってるのよ
何食べても美味しく感じません
感謝が足りないから罰当たりなのカモ知れません

青森では美味しく戴けるといいですね

 
行き先がわからないミステリーツアー、実におもしろいですね^^
善光寺かと思いきや、じつは別所温泉だった、というのもなかなか面白い展開だと思います。
様々な建築物にも目をひかれましたが、今回、私が一番、ここいいなぁと思ったのは「参道入り口」から見下ろした町の様子でしょうか。
ふと、古き良き時代ではありませんが、よく古めの邦画で見るようななんとも素朴な通りが広がっているではありませんか^^
泊まりがけでちょっと遠くまで行てみようかなぁと、最近、切に思うようになってきました。
 
AZTAKさま こんにちは

ミステリーツアーは楽しそうですね。
善光寺と思えば、別所温泉だったりして、こういう旅もしてみたいです。
鳥取県三朝町にある三徳山三仏寺の奥院。山の断崖の窪みに建造された平安時代の懸造り(かけづくり)は、三仏寺の開祖とされる役小角が蔵王権現などを祀った仏堂を法力で山に投げ入れたという言い伝えから「投入堂」と 呼ばれるようですが、平安の昔によくぞこの断崖に建てたものだと感心して見た記憶がよみがえりました。
何処にでも断崖絶壁に建てられたお堂があるようですが、何を願ってのことだったのでしょうね。
ミステリーツアーの旅は、まだまだ続くようですね。
楽しみです。
 
こんにちは。
温泉薬師瑠璃殿は見事な懸崖造りですね。
実は福島県の会津美里町(旧・会津本郷)に左下(さくだり)観音という
懸崖造りの観音様があるですよ。
規模は小さいですが会津の清水の舞台とも言われています。
創建は1200年も前だそうですが、かな修理されているせいか
国の文化財には指定されていません。
知る人ぞ知るマニア必見の舞台です。

ryu
AzTakさん 
こんばんは
そうですか
梵鐘も嫌な運命を辿りましたね。
ミステリーにしては神社仏閣など古いモノが良いようですねえ。
善光寺へ行く前にここへ寄ったのかな?
しかし、白馬から上田へはかなりの山道だったでしょうに
熊ならすぐに乗り物酔いになっちゃいそうです。
Re: おはようございます♪ 
ノースさん、こんばんは。

> たしかに、鳥取の投入堂、山寺の釈迦堂あたりに似てますね、柱に触れると崩れそうな感じがしますがこれでよく地震などに耐えられと思いますね~^^

まあ、向こうのスケールに比べたらおもちゃのような感じではありますが、私をビビらせるには十分なものです。(^_^;)
怖くてしみじみと眺めたことがないのですが、お堂に上って写真を撮ったと思しき画像もアップされています。特別な機会に上ることが可能なんでしょうかね。
Re: タイトルなし 
tugumi365さん、こんばんは。

> ミステリーツアー楽しく拝見しています。
> 行き先がある程度分かっているのなら 事前に下調べも出来ましょうが・・・
> でもバスに揺られながら”のんびり派”の方には良いかもしれませんね。

決してのんびり派じゃないのですが、風邪薬をずっと服用していたので、バスの中はほとんど寝てしまいました。近くなって『もうお判りでしょうか?今度行くのは、…』と切り出されても、頭がぼーっとしていて、覚醒しませんでした。
やっぱり旅は体調を整えていくものですね。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 別所温泉でしたか
> 父方の故郷が上田でしたから別所温泉は懐かしいですよ

別所温泉には比較的、後になってからいくようになりました。それまでは、上田から菅平に向かいスキーばかりしていました。
なんだか灘で、上田にはかなりの回数行っています。

> 病み上がりで折角のお蕎麦が美味しく無かったとは残念でしたね
> わたしは一年以上味覚障害になってるのよ
> 何食べても美味しく感じません
> 感謝が足りないから罰当たりなのカモ知れません

そんなことはないのでしょうが、早くよくなって美味しさを感じられるようになるといいですね。

> 青森では美味しく戴けるといいですね

雨が降りそうだとのことなので、どうなりますかね。観光はさんざんかもしれません。
基本的に東北人なので、濃い味付けは嫌じゃありません。夜は2日とも津軽じょんがらを聞きながら酒と肴とをいただいているかもしれません。
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> 行き先がわからないミステリーツアー、実におもしろいですね^^
> 善光寺かと思いきや、じつは別所温泉だった、というのもなかなか面白い展開だと思います。

最初は、下手な予想をしていましたが、あまりにハズレっ放しなので、ついに予想するのをやめました。

> 様々な建築物にも目をひかれましたが、今回、私が一番、ここいいなぁと思ったのは「参道入り口」から見下ろした町の様子でしょうか。
> ふと、古き良き時代ではありませんが、よく古めの邦画で見るようななんとも素朴な通りが広がっているではありませんか^^
> 泊まりがけでちょっと遠くまで行てみようかなぁと、最近、切に思うようになってきました。

その辺は生まれ育ったところで、感じ方が違うかも、私にしてみれば、ここも町場のように見えます。何せ、前は海、後ろは田畑で、すぐ近くに山が迫っているいかなだったのです。吉幾三が歌う世界だったのかもしれません。
http://zekkeiphoto.blog.fc2.com/ 
ミステリーツアー2日目の行き先を推理しながらの移動、さすが、メジャーなところは行かないものですね。それでも本来だとAzTakさんのストライクコースでしょうか。3回目とは言え、やはりしっかり楽しみたいところですが、滞在はわずか1時間。私ですと1時間も!となりますが、AzTakさん的には全く足りませんね〜。^^;
 
今晩は
あ~~
温泉薬師瑠璃殿!って
以前行った福知山の渓谷に佇む
『天岩戸神社』に少し似てるような^^

凄く立派ですね!!
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サンさま、こんばんは。

> ミステリーツアーは楽しそうですね。
> 善光寺と思えば、別所温泉だったりして、こういう旅もしてみたいです。
> 鳥取県三朝町にある三徳山三仏寺の奥院。山の断崖の窪みに建造された平安時代の懸造り(かけづくり)は、三仏寺の開祖とされる役小角が蔵王権現などを祀った仏堂を法力で山に投げ入れたという言い伝えから「投入堂」と 呼ばれるようですが、平安の昔によくぞこの断崖に建てたものだと感心して見た記憶がよみがえりました。
> 何処にでも断崖絶壁に建てられたお堂があるようですが、何を願ってのことだったのでしょうね。

投入堂は一度見てみたいものだと思っています。もちろん、遠目から見るだけですが。登山などという私にとって無謀なことはしない主義です。
温泉薬師瑠璃殿は、すぐ近くの湯川沿いにある大師湯の西隣にあったそうです。それが、寛保二年(1741)湯川の氾濫によって薬師堂は流され、寛保四年から湯本講中で再建を計画したようです。そして今の建物は文化六年(1809)に湯本講中の積立金により再建されたそうです。
以前も『温泉薬師』の名にふさわしい独特な場所にあったようです。それが一挙に川に流されることはない場所ですが、懸け造りのものに生まれ変わるとは、…。

> ミステリーツアーの旅は、まだまだ続くようですね。
> 楽しみです。

1泊2日ですから、そんなに多くは回ることができないんです。もうそろそろ戻る時間が近づきました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 温泉薬師瑠璃殿は見事な懸崖造りですね。
> 実は福島県の会津美里町(旧・会津本郷)に左下(さくだり)観音という
> 懸崖造りの観音様があるのですよ。
> 規模は小さいですが会津の清水の舞台とも言われています。

見させていただきました。確かにすごいところのようですね。当然ですが、ビビりました。

> 創建は1200年も前だそうですが、かなり修理されているせいか
> 国の文化財には指定されていません。
> 知る人ぞ知るマニア必見の舞台です。
>
> ryu

認定するのは、利権の巣窟の文科省ですから。頭が固いのか、ちょっと手を入れたらアウトですよね。新規参入組に対する扱いは、総じてかなり冷淡ですよね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> そうですか
> 梵鐘も嫌な運命を辿りましたね。
> ミステリーにしては神社仏閣など古いモノが良いようですねえ。
> 善光寺へ行く前にここへ寄ったのかな?

片参りでも大変だったでしょうから、善光寺を抜かすことはなかったと思います。こちらは、聞く耳を持ち、余裕のある人に来てもらうスタンスだったのかもしれませんね。塩田平も素敵な土地ですよね。

> しかし、白馬から上田へはかなりの山道だったでしょうに
> 熊ならすぐに乗り物酔いになっちゃいそうです。

今は道路が整備されています。風邪薬を服用していたこともあり、寝ている間に着きました。
Re: http://zekkeiphoto.blog.fc2.com/ 
MTさん、こんばんは。

> ミステリーツアー2日目の行き先を推理しながらの移動、さすが、メジャーなところは行かないものですね。それでも本来だとAzTakさんのストライクコースでしょうか。3回目とは言え、やはりしっかり楽しみたいところですが、滞在はわずか1時間。私ですと1時間も!となりますが、AzTakさん的には全く足りませんね〜。^^;

今回、北向観音と国宝の八角三重塔がある安楽寺とをみてきました。が、もう一つ常楽寺があるのです。ここも素敵なんです。さらに言えば、かなり雰囲気のある喫茶室があるんです。スコーンと紅茶とを頂きながら、まったりしたかったところです。それは、今回時間なしで諦めました。3回くらい行くと、漸くこんなところだったか、なんて思うと思いませんか。
別所温泉は、駐車場に車をとめ、基本的に歩いて回るところなので、少なくとも2.5時間くらいは欲しいところです。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> あ~~
> 温泉薬師瑠璃殿!って
> 以前行った福知山の渓谷に佇む
> 『天岩戸神社』に少し似てるような^^
>
> 凄く立派ですね!!

元伊勢三社のうちの一社というところですね。どこにでも、高所恐怖症の人たちを震え上がらせるものがあるようですね。
基本的に安定性の良い平地に建ててほしいものです。でも、『そんなんじゃ、くそ面白くもねえ』って、お叱りを受けることでしょうね。

被写体としていいなあと思ったのに、良い写真が撮れませんでした。
こんばんは 
ダム湖だ! 僕はダムが大好きです^^
美しいダム湖に感動です^^
信州って良いですよね~~
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> ダム湖だ! 僕はダムが大好きです^^
> 美しいダム湖に感動です^^
> 信州って良いですよね~~

まあ、山が多い土地なので、ダムも発電ばかりでなく治水目的でも存在価値はあるのでしょうね。
田中康夫知事の時に脱ダム宣言をしてどうなることかと思いましたが、彼の方が沈没してしまいましたね。

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月25日(火)は、高校野球応援のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR