散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

明月院と東慶寺とに行ってきた(10)

東慶寺(6)
墓地の奥
かなり雰囲気が良い。できるものなら、ここに墓を構えたいものだが、できない相談というものだろう。
丈が高く、開放的な空間が広がる。埋葬されている人も満足していることなのだろう。
墓地の奥_1
墓地の奥_2
墓地の奥_3
墓地の奥_4
墓地の奥_5
墓地の奥_6
墓地の奥_7

松ヶ岡文庫への入り口近辺
この一角だけ、他とは違う雰囲気かな。そっとしておきたいエリアなのだろう。
関係者以外立ち入り禁止になっている
そういう扱いだ。詳細を知りたい向きは、下記『はまれぽ』の記事を参照されたい。
松ヶ岡文庫への入り口近辺_1
1941年に鈴木大拙が東慶寺境内に文庫を設立したのが始まりである。大拙の死後、住職の井上禅定の尽力により、財団法人として大拙が残した膨大な書籍を管理する団体となった。以降、『財団法人松ヶ岡文庫研究年報』を発刊するなどの研究活動を行っている。
『自歩』頌徳碑
松ヶ岡文庫への入り口近辺_2
ヤマボウシが咲いていたようだ
松ヶ岡文庫への入り口近辺_3
松ヶ岡文庫への入り口近辺_4
松ヶ岡文庫への入り口近辺_5
公益財団法人松ヶ岡文庫は、鈴木大拙博士(1870-1966)及び大拙の発願に賛同する有志、明石照男、石井光雄、岩波茂雄、安宅彌吉、小林一三、五島慶太、近藤滋彌、酒井忠正)により、昭和20年北鎌倉松ヶ岡に設立され、翌21年2月財団法人として認可を受けて発足した。文庫の設立は、かつて大拙の師であった釈宗演老師(1857-1919)によって発案されたものであり、松ヶ岡文庫の設立のひとつには、宗演老師生前の志を実現し、鎌倉の地に仏教研究の一拠点を作ろうというものであった。
はまれぽの松ヶ岡文庫を取り上げたページにjump

戻り路
お別れをしてくれたようだ
桔梗は、秋の花のイメージが強いが、実際の開花時期は六月中旬の梅雨頃から始まり、初秋頃までの花なのか。咲き始めは本当にきれいだ。
戻り路_1
泰平殿入り口の黒塀前には、四賀光子が詠んだ覚山尼讃歌の歌碑がある。『流らふる大悲の海によばふこゑ 時をへだててなほたしかなり』…確かにそういう感じがするなあ。
戻り路_2
戻り路_3
戻り路_4
戻り路_5
戻り路_6

以上で、『明月院と東慶寺とに行ってきた』シリーズは終了です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Comments

おはようございます。 
苔むした感じ杉木立など、雰囲気が高野山に良く似ていますね、
道祖神の風化したお姿が時の流れをかんじます、
ヤマボウシの花も美味しい実も大好きです、
岩タバコの群生は一度見てみたいですね、
 
今年は鎌倉の花火大会が妙な理由で中止になったせいと、予想される混雑に、あまり鎌倉に足が向きそうにありませんね~…。
確かに、これだけ開放的な空間ならば、永遠の住処としては悪くないですね。
まっすぐに伸びた竹が、なんとも気持ちの良い清涼感を与えてくれます。
AzTakさん 
こんにちは
苔生した墓地、このような墓地も良いですね。
多くの方が散策の訪れて寂しくは無いでしょう。
桔梗、思い出しました。
膨らんだ蕾を指で押すと、ポンッ、と音がして、ガキの頃遊んでもんです。
畑の隅で月が替われば咲くかな?
 
こんにちは。
杉と竹林の直線的なフォルムが緑のシャワーのようで
とても美しいです。
石垣そばの大木はモミジでしょうかね。
これまた参拝者を緑のベールで包み込むような
とても美しい樹形です。
梅雨本番になれば蒸し暑くはなってくるでしょうけれど
一面の緑は一服の清涼剤ですね。

ryu
こんばんは~☆ 
ぼくもできない相談ですが墓をここに構えたい気持ちですね^^
竹林がとても良い雰囲気を作り出していますね~。
Re: おはようございます。 
みこたんさん、こんばんは。

> 苔むした感じ杉木立など、雰囲気が高野山に良く似ていますね、

そうですか。でも、鎌倉の寺院はそれなりの大きさはあっても、高野山のような気宇壮大なものではなく、似ているといっていただけるだけでありがたいことかもしれませんね。

> 道祖神の風化したお姿が時の流れをかんじます、

この石像ですが、私も道祖神のようなものかと思っていました。調べてみたら、おそらく裏に書かれてあったのだと思いますが、宝暦四年(1754)造立の宝珠を乗せた笠付石塔だそうです。263年前のものということになりますね。合掌する女性像が浮き彫りされていますが、覚山尼かもしれないと書かれていた方がおられました。そうだとすると、政策時点でも450年以上も前の方のお姿ですね。想像して描いたのでしょうか?
それが、263年も経つと、見事に苔むしましたね。

> ヤマボウシの花も美味しい実も大好きです、

ヤマボウシの実はたしか果実酒に漬け込む方がいると聞きました。やってみようかなと思った頃にフォアグラになり、10年ほど一滴も酒を飲まない時期があり、いまは極めて弱くなってしまいました。

> 岩タバコの群生は一度見てみたいですね、

一見の価値ありだと思いました。何かのついででこちらの今頃来られることがあれば、見に行く価値はありそうです。6月の初めだと、イワガラミの特別公開もあるそうです。こちらは、本堂裏にだけあるようで、特別に本堂裏を見せてくれる機会でないと、見ることはできないのかもしれませんね。
Re: タイトルなし 
八咫烏さん、こんばんは。

> 今年は鎌倉の花火大会が妙な理由で中止になったせいと、予想される混雑に、あまり鎌倉に足が向きそうにありませんね~…。

花火大会は予定通り来月19日(水)に開催されるようです。ごたごたがあり、いったん中止になったものが、有志の踏ん張りで開催にこぎつけたとか。費用については、最近はやりのクラウド・ファンディングで調達するようです。
来年以降については、市も観光協会も胸襟を開いて話し合いを持つ必要があるのではと思います。
混むことは混むこの時期の鎌倉ですが、この時期でないとみられないものもたくさんあります。私のお勧めは、光則寺と光明寺でしょうか。前者は花の寺です。後者は、フィトジーニックな被写体がたくさんあります。山の上からは富士山がきれいに見えますし、内藤家の墓地のすごさは天下一品です。

> 確かに、これだけ開放的な空間ならば、永遠の住処としては悪くないですね。
> まっすぐに伸びた竹が、なんとも気持ちの良い清涼感を与えてくれます。

私も同感です。お墓に入られたのは、大松博文さんが最後かもしれませんね。
Re: AzTakさん 
> こんにちは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 苔生した墓地、このような墓地も良いですね。
> 多くの方が散策の訪れて寂しくは無いでしょう。

本当に居心地は良さそうですね。ですが、埋葬されている方は、ビッグネームが並びます。無理に入れてもらっても肩身が狭く感じてしまうかも。

> 桔梗、思い出しました。
> 膨らんだ蕾を指で押すと、ポンッ、と音がして、ガキの頃遊んでもんです。
> 畑の隅で月が替われば咲くかな?

桔梗は、もう咲きだすんですね。私の田舎ではもう少し後になってからだったような気がしていました。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 杉と竹林の直線的なフォルムが緑のシャワーのようで
> とても美しいです。

そして、背高のっぽで、開放感もありました。

> 石垣そばの大木はモミジでしょうかね。
> これまた参拝者を緑のベールで包み込むような
> とても美しい樹形です。
> 梅雨本番になれば蒸し暑くはなってくるでしょうけれど
> 一面の緑は一服の清涼剤ですね。
>
> ryu

青紅葉だと思ってみていました。が、大きくなっていて、葉っぱを135ミリのレンズでは確認できませんでした。質問を受けて昨年の12月の東慶寺のフォトギャラリーを見たら、一面が真っ赤に色づいていました。間違いなく楓なんでしょう。
参拝者に優しい光を届けるありがたさが、とても気に入りました。
Re: こんばんは~☆ 
ノースさん、こんばんは。

> ぼくもできない相談ですが墓をここに構えたい気持ちですね^^

みなさん、思いは一緒かも。興味があれば、下記URLで検索してみてください。和辻哲郎先生や西田幾多郎先生は、京都の方に埋葬されているのかと思っていましたが、こちらだったんですね。
http://www.tokeiji.com/graveyard/gravemap/

> 竹林がとても良い雰囲気を作り出していますね~。

これには、思わずうなってしまいました。初めて来たわけでもないのですが。
鎌倉花火大会 
とっても見ごたえがあるシリーズでした。鎌倉の花火大会は、一時中止となりましたが、鎌倉市が名乗り出て、主催となり、今年もいつものように、実施されることになりました。「スター・マイン」の花火は永遠に不滅です。ありがとうございました。
今晩は! 
東慶寺も可成り広いようですね。
私は行ったことが無いので詳しいことは分かりませんが、山林などもあり奥深いですね。
観光に来る方が多そうですね。

今日は久しぶりに電車で松戸市の本土寺へ行ってみました。
テレビや新聞で紹介していたので気になり様子を見に行ってきました。
5~6年前は見事な紫陽花が見られましたが、最近は以前の面影は無く寂れてしまいました。
久しぶりに歩いたら足腰が痛くなってしまいました。
少し体を慣らさないと駄目ですね。
Re: 鎌倉花火大会 
senri32さん、こんばんは。

> とっても見ごたえがあるシリーズでした。鎌倉の花火大会は、一時中止となりましたが、鎌倉市が名乗り出て、主催となり、今年もいつものように、実施されることになりました。「スター・マイン」の花火は永遠に不滅です。ありがとうございました。

今シリーズは気に入っていただけましたか。そうであれば、うれしいことです。
不協和音が出るというのは、鎌倉市も観光協会も双方の努力が足らなかった。そういうことだと思います。クラウド・ファンディングで何とか乗り切るって言っても、結構大変だと思います。早いところ、正常に復してもらいたいものです。

遊んでばかりいるようですが、来月初めに弘前市に個人旅行で行ってきます。うまくいけば良いのですが、どうなることでしょうね。
Re: 今晩は! 
yosaku03さん、こんばんは。

> 東慶寺も可成り広いようですね。
> 私は行ったことが無いので詳しいことは分かりませんが、山林などもあり奥深いですね。
> 観光に来る方が多そうですね。

う~~ん、狭くはありませんが広大な境内というほどでもないと思います。もちろん山林部分などを含めれば、それなりだとは思いますが、我々が立ち入ることができるのは、参拝客が歩いてくたびれ果てない程度の広さかと。
やはり、縁切寺だったということと、花が美しいということで女性に人気が高く、近代の禅研究のフロンティアであり、哲学者や文学者がこの寺に集まったということで、男女を問わず、人気を呼んでいる側面もあるようです。
そして、何よりも北鎌倉駅からすぐであるという地の利の良さがあるということもありますね。あの『鉢の木』さんよりも駅から近いですから。

> 今日は久しぶりに電車で松戸市の本土寺へ行ってみました。
> テレビや新聞で紹介していたので気になり様子を見に行ってきました。
> 5~6年前は見事な紫陽花が見られましたが、最近は以前の面影は無く寂れてしまいました。

うーーん、難しいものですね。今年は、特にお湿りが少ないので、よほど手をかけなければ、きれいにはならないのかもしれませんね。

> 久しぶりに歩いたら足腰が痛くなってしまいました。
> 少し体を慣らさないと駄目ですね。

私の場合は、外科的な問題で時々足腰が痛くなったり痺れたりしますが、yosaku03さんのばあいは、そんな生易しい状況じゃありませんよね。でも、それでも少しは身体を動かさないと、いけないのでしょう。その兼ね合いが難しいと思います。これから蒸し暑くもなって、さらに大変かと。
自分の体調と相談しながら、少しずつ先に進んでいっていただきたいと思います。
こんにちは 
東慶寺に咲き乱れるヤマボウシに、桔梗の花がきれいです。
それにしても桔梗の俳句の季語は初秋ですが、実は今頃からの花なのですね。とても勉強になりました。
Re: こんにちは 
MTさん、こんばんは。

> 東慶寺に咲き乱れるヤマボウシに、桔梗の花がきれいです。

そうでしたね。

> それにしても桔梗の俳句の季語は初秋ですが、実は今頃からの花なのですね。とても勉強になりました。

私の生まれ育ったのは最南端とはいえ東北でした。なので、もう少しだけゆっくりしたタイミングかと思い込んでいました。市内ではやや寒いといわれる北鎌倉ですが、それでも温暖の地の鎌倉。カメラを抱えて、『ありゃりゃ』と見入ってしまいました。桔梗が咲きだす時期なんですねえ。

Body

« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

7月25日(火)は、高校野球応援のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR