散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

みさきまぐろきっぷを試してみた(10)

本瑞寺
源頼朝が三崎に建てた三御所の一つ「桜の御所」跡に建つ寺院。また、平安以来の武家の名門、三浦一族の菩提寺でもある。海に囲まれ温暖な小高い丘の上にある。往時の景観の良さは如何許りだっただろうか。いまの境内には、桜に代わり梅が多く植えられているようだ。
寺の施設関連
急こう配の階段
他にもアクセスの方法があるのだろうが、私はこの急こう配の階段を利用している。
急こう配の階段_1
振り返るとこんな景観が待っている
急こう配の階段_3
急こう配の階段_4
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑_1
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑_2
階段を上り切った辺りにある無縁仏の碑_3
本堂
本堂_1
本堂_2
三浦市が設置した説明板
ここに桜の御所があったことがわかる。そのころは、本当に素晴らしいところだったのだろう。源氏三代も北条政子もここで観桜の宴をしたようだ。
三浦市が設置した説明板
鐘楼と梵鐘
本瑞寺には、『康永三年(1344年)甲申三月』の銘のある神奈川県指定重要有形文化財の梵鐘があるという。この梵鐘だろうか。
鐘楼と梵鐘_1
鐘楼と梵鐘_2
鐘楼と梵鐘_3
山門
文政四年(1821年)7月建立の山門
山門_1
山門_2
山門_3
山門_4
山門_5

岩村透男爵関連
岩村透男爵の銅像
岩村透は、近代美術の先覚者にして東京美術学校教授だったそうだ。晩年、病気療養のため三崎に別荘を構え、47歳で逝去。本瑞寺に眠っている。1917年の逝去だそうで、今年は没後ちょうど100年後。
胸像は、東洋のロダンといわれた朝倉文夫の作品。お寺の方の説明では朝倉文夫は男爵を敬愛していたのだそうだ。
胸像の下の文言は恥ずかしながら読み取ることができなかった。

岩村透男爵の銅像_1
岩村透先生と書かれてある
岩村透男爵の銅像_2
岩村透男爵の銅像_3
岩村透男爵の墓
お寺の方が男爵の墓をも見たら如何ですかと勧めてくれた
岩村透男爵の墓_1
岩村透男爵の墓_2

俳人松本たかしの墓と句碑
『宝珠不壊蘇鉄の花の秋に入る』…半分ほどしか読むことができなかった。もちろん解釈も…。
俳人松本たかしの墓と句碑

鎌倉タイムの本瑞寺を取り上げたページへjump

Comments

こんにちは 
みさきまぐろきっぷを活用の旅、なかなかいいですね!
それにしてもこの急勾配の坂道を登るのはなかなか大変だったのではないでしょうか。それでも上につけば充実感もありますよね!
東洋のロダン朝倉文夫に胸像を作っていただけるなんて、日本の美術界にかなり貢献があった方なのですね!
たかし 
急な坂を登り振り向いた風景が、約800年前の源頼朝さんも 同じく風光明媚だと感じたのでしょうね。台東区谷中にある朝倉彫塑美術館の朝倉文雄さんですね。一度行きたいと思っている場所です。俳人松本たかしさんのお墓が”たかし”とあり シンプルが好きだったのかな?と、想像していました。
 
こんにちは。
男爵の墓も薦められたという事は
岩村透男爵に興味がある参拝者だと思われたのでしょうね。
そのお薦めを無下にせず写真に収め記事にするなんて
薦めてくれた関係者もさぞお喜びでしょう。
私なら・・・・(^_^;)。

ryu
AzTakさん 
こんばんは
熊が知らない方たちばっかり。
世の中広いですね。
Re: こんにちは 
MTさん、こんばんは。

> みさきまぐろきっぷを活用の旅、なかなかいいですね!
> それにしてもこの急勾配の坂道を登るのはなかなか大変だったのではないでしょうか。それでも上につけば充実感もありますよね!

風邪で体調があまり良くなかったので、堪えました。

> 東洋のロダン朝倉文夫に胸像を作っていただけるなんて、日本の美術界にかなり貢献があった方なのですね!

今の芸大の美術史の初代教授だったそうです。あの朝倉文夫が敬愛してやまなかったようです。相当な人格者だったのだと思います。
Re: たかし 
tugumi365さん、こんばんは。

> 急な坂を登り振り向いた風景が、約800年前の源頼朝さんも 同じく風光明媚だと感じたのでしょうね。

こちらは、桜の御所で下から桜がきれいだったのはもちろんでしょうが、城ケ島にも桜がいっぱい植えられていたようで、ダブルで見事な情景だったとか。

> 台東区谷中にある朝倉彫塑美術館の朝倉文夫さんですね。一度行きたいと思っている場所です。俳人松本たかしさんのお墓が”たかし”とあり シンプルが好きだったのかな?と、想像していました。

ぜひ、見に行ってください。でも、岩村透氏の像はここにしかありません。えらく得をした気分です。俳人松本たかし氏は、本人が派手派手しい墓を望まなかったようです。句碑がありましたが、緑青が浮いていて、相当に見づらく、往生しました。それでも半分くらい読み取れたので、作品が何だったかはわかりました。

Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 男爵の墓も薦められたという事は
> 岩村透男爵に興味がある参拝者だと思われたのでしょうね。
> そのお薦めを無下にせず写真に収め記事にするなんて
> 薦めてくれた関係者もさぞお喜びでしょう。
> 私なら・・・・(^_^;)。
>
> ryu

私は、予備知識が何もなくいきました。そうしたら、朝倉文夫作の像があるというので、興奮してしまいました。それと思しき像は、ただ一つ。これ以上のものはないと思える素晴らしいもの。でも、念のため、お寺の方に確認した次第です。
男爵の方は、たぶん知らないかもしれないと思いつつも、後で悔しがられても困るという親切心から教えてくれたのだと思います。

朝倉文夫大先生が志願して手をあげた像だけあります。男爵様は渋いいい男だと見ました。相当な男前だったんですね。
こんばんは 
助手はあちこちに撮影に行きたがるのですが
階段と坂道が嫌いです。
一枚目の階段を見てビビッて居ますw
京都でも階段があると腰が引ける助手です^^
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 熊が知らない方たちばっかり。
> 世の中広いですね。

朝倉文夫大先生はあっちこっちで作品を見たり、名前を聞いたりしたのでは。
各方面で名を成した方が、ひっそり眠っているんですね。確かにいいところでした。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 助手はあちこちに撮影に行きたがるのですが
> 階段と坂道が嫌いです。
> 一枚目の階段を見てビビッて居ますw
> 京都でも階段があると腰が引ける助手です^^

(ФωФ)フフフ・・・、階段は私も大の苦手です。でも、本瑞寺は是非とも見ておきたかったので、頑張ってしまいました。
でも、土佐けんさんが、こちらに来られることがあれば、男爵の顔を拝みに行った方がよろしいかと思います。

岩村家は土佐藩家老(宿毛領主)伊賀家の家臣で、父・岩村高俊は後に佐賀県令、愛媛県令、福岡県知事、貴族院議員などを務め、男爵となった…
 
今晩は
わ~凄い階段ですねー息切れして
絶対登れません(笑

俺も此れからは少し体を
鍛えないと^^
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> わ~凄い階段ですねー息切れして
> 絶対登れません(笑

息切れは、休み休み行けば、大丈夫でしょうが、下を見ると怖いです。なるべく下方を見ないようにしていました。(^_^;)

> 俺も此れからは少し体を
> 鍛えないと^^

文明の利器があると、どうしても頼ってしまいがちですが、こういうところでは、如何ともしがたいですね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR