散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越を歩く(3)

時の鐘
最近の2度は耐震化工事施工中だったためのため、見学できなかった『時の鐘』。実に久しぶりに全体を拝むことができた。タイミングが良くなかったのか、『赤いきつねと緑のタヌキ』の鐘の前で収録したCMが流れていたのに、ご本尊は姿を隠したままだった。
久しぶりに晴れ姿を見せている所為か、鐘つき通りも観光客で賑わっていた。ここからでも、鐘も撞木棒もはっきり見えるんだ。

時の鐘_1
時の鐘_2
時の鐘_3
真下に立つと、この『時の鐘』がかなりの高さであることが実感できた
時の鐘_4
時の鐘_5
裏側には急こう配の階段があった。たとえ特別に許可されても、絶対に上りたくない感じだった。
時の鐘_6
撞木棒がかなり後方に突き出していたのが印象的
時の鐘_7

服部民俗資料館
こちらもなぜか、内部を見学しないままに通り過ぎてしまっている。きちんと見れば、面白い展示内容なのだと思うが、…。
服部民俗資料館
埼玉県川越市の幸町にある服部民俗資料館は、もとは照降商(てりふりしょう、傘や下駄を扱う靴屋)と薬種商(やくしゅしょう、薬を調合・販売する薬屋)を営んでいた商家・服部家住宅でした。
建物は江戸時代後期の商家の面影を残す切妻造り平入り。川越大火の直後、明治26年(1893)に上棟式を行なったと伝えられています。昭和59年(1984)に服部民俗資料館を開館し、代々同家に伝わる商家の民具を中心に一般公開(無料)しました。館内には下駄や雪駄、薬の広告看板などが陳列され、座敷には帳場が置かれています。これらの民具は集めたものではなく、服部家で実際に使用されていたものです。春になると、江戸時代の人形師・仲秀英(なかしゅうえい)の手になる名品、嘉永5年(1852年)の銘を持つひな人形が特別公開されます。


埼玉りそな銀行川越支店
前身である第八十五国立銀行は、明治11年(1878年)に川越藩の御用商人横田五郎兵衛・黒須喜兵衛らによって、設立願いが提出され全国で八十五番目にできた銀行。現在の建物は、大正7年(1918年)に旧国立八十五銀行本店として建てられ、国の登録有形文化財の指定を受けている。設計は保岡勝也。3階建てのインパクトがある佇まいは、時の鐘と共に川越のランドマーク的な存在。
この建物を設計した保岡勝也は、明治・大正・昭和と活躍した建築家。丸の内の赤煉瓦オフィス街を初め多くの住宅建築を手がけているそうだ。川越では4つの作品を設計していて、旧国立八十五銀行本店、旧山崎邸、山吉デパート、川越貯蓄銀行がその建築で、その内川越貯蓄銀行以外が現存している。
明治期の建物が多い蔵造の街並みにあって、大正期の建築が堂々と聳えている。これはこれで素敵なものだ。

埼玉りそな銀行川越支店_1
埼玉りそな銀行川越支店_2

旧山吉デパート
川越の住んでいる人ならば知らない人はいないといわれる「丸広百貨店」。丸広がスタートしたのは、現在の新富町「クレアモール」ではなく、今や観光地として賑わう蔵造りの街並み。前述の埼玉りそな銀行川越支店の説明の登場した建築家「保岡勝也」の最後の作品だそうだ。
昭和11年に建てられたこの「山吉ビル」を借り、川越初のデパートとしてオープンしたのが始まり。今では地下1階、地上10階の丸広百貨店は、この3階建ての小さなビルからスタートしたのだそうだ。
近くでよく観察すると、明治、大正時代の建物にも引けを取らない立派な昭和の建物だ。

旧山吉デパート_1
旧山吉デパート_2
旧山吉デパート_3

田中屋ビル
旧山吉デパートと隣り合う田中屋ビル。一見鉄筋コンクリート造りの建物のように見えるが、実際には木造モルタル塗りの土蔵造りのビルだそうだ。本当にそうなのか確認したいところだが、私の目では確認できていない。
田中屋ビル
川越の蔵造り通りには黒漆喰塗りの和風商家のほか、旧八十五銀行本店など大正から昭和初期に建てられた洋風建築が数多く現存していますが、この田中屋もその中のひとつです。
もとは輸入自転車の販売店として大正4年に建てられたそうですが、西欧の古典建築をベースにしながら玄関脇に施されたルネサンス風のモチーフが簡略化したデザインなどは、いかにも大正期らしいものであります。先に紹介したように竣工当初は輸入自転車の販売店ということで、施主やこの建物を造った棟梁は、皆の注目をいかに集めるかということに知恵を絞ったのではないかと思える建物であります。竣工より九十数年経った現在でも、そのインパクトは失われていない川越の誇る洋風建築の一つと言えるのではないでしょうか。

Comments

見応えがありました 
今でも街並みが残っていることにも感動しますが 埼玉りそな銀行 旧山吉デパート 田中屋ビル こちらも興味があります。行ってみたい街の一つです。
おはようございます 
川越をこれだけ考えながら見ることは今まであまりなかったです。時の鐘そそられます。絶対に写真を撮りに行って見たいです。
川越は空襲を逃れたので、今も綺麗な街並みが残りますね。川越がこんな感じですので、空襲がなければ今もあちこちでこのような部分がもっと残されていたのではないかと。ふとそんなことを思って見ました。
 
こんにちは。
川越は重厚な蔵造の街並みはもちろん素晴らしいですが
それに加えこのシンボリックな『時の鐘』の存在が大きいですね。
喜多方もたしかに蔵は多いですが、川越や倉敷のように
街並みではないし、シンボリックな建物や場所もないので
観光的にはイマイチかも。
でもその素朴さ逆手にとる工夫があればもうひと頑張りできるかも。

ryu
AzTakさん 
こんばんは
今は、時の鐘を突く事も無いでしょうね。
聞いてみたいものです。
こんばんは~☆ 
鐘つき堂、ぼくも絶対登りたくないですね~^^
それにしても川越は江戸から明治、大正と、建物等がよくぞ残っていますね~!
ところで、この鐘の音は今も聞こえるんでしょうか?
 
今晩は
あ~此れ(時の鐘)よ~~く覚えてますよ!
ヒロインが良く登ってましたね~^^

上から眺めると景色がいいでしょうね!
こんばんは 
川越は蔵作りの建物だけじゃなくて
古い洋館もあるんですね!
古い建物が大好きな助手がますます行きたがっています。
・・・遠いよ(^^;
Re: 見応えがありました 
tugumi365さん、こんばんは。

> 今でも街並みが残っていることにも感動しますが 埼玉りそな銀行 旧山吉デパート 田中屋ビル こちらも興味があります。行ってみたい街の一つです。

レトロな街並みが残っているなんて感動しちゃいますよね。往時の何分の一かですが、本丸御殿が残ってもいます。天守閣が残っている例はいくつかありますが、本丸や二の丸の御殿が現存しているのはごく少ないんですよ。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 川越をこれだけ考えながら見ることは今まであまりなかったです。時の鐘そそられます。絶対に写真を撮りに行って見たいです。

耐震工事を施した際に防腐剤などをもたっぷり塗布し、傷んだ個所の修復も施したと思います。今が一番きれいに見えるのではないでしょうか。

> 川越は空襲を逃れたので、今も綺麗な街並みが残りますね。川越がこんな感じですので、空襲がなければ今もあちこちでこのような部分がもっと残されていたのではないかと。ふとそんなことを思って見ました。

そうかもしれませんね。かなり手ひどくやられましたから。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 川越は重厚な蔵造の街並みはもちろん素晴らしいですが
> それに加えこのシンボリックな『時の鐘』の存在が大きいですね。

確かにそうかもしれませんね。大火の直後に、自分たちの家が焼かれてしまったのに、何よりも先に、時の鐘の再建を優先したそうです。この辺は、横浜の開港記念会館とも相通じるものがあるように思います。

> 喜多方もたしかに蔵は多いですが、川越や倉敷のように
> 街並みではないし、シンボリックな建物や場所もないので
> 観光的にはイマイチかも。
> でもその素朴さ逆手にとる工夫があればもうひと頑張りできるかも。
>
> ryu

そうですねえ。町おこしに励んでほしいものですよねえ。工夫すれば、何かできるように思います。それで、地元に人がとどまることができれば、最高ですよね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 今は、時の鐘を突く事も無いでしょうね。
> 聞いてみたいものです。

毎日4回鳴らされているようです。少なくとも正午のものは、毎回聞いているはずですが、聞いた記憶がありません。土砂降りの雨でかき消された時、どこか食事をするのに屋内に引っ込んだりしたのでしょうか?
昔、カトリック教会の鐘が聞こえるところがその町の区域だったようです。時の鐘も同じ感じだったのでは。
Re: こんばんは~☆ 
ノースさん、こんばんは。

> 鐘つき堂、ぼくも絶対登りたくないですね~^^

見た感じ階段の斜度は60度程でしょうか。上からは、ほぼ垂直に患者ることでしょうね。

> それにしても川越は江戸から明治、大正と、建物等がよくぞ残っていますね~!

そうですね。何よりもほぼ空襲に遭わなかったことが大きかったのかもしれません。なんという幸運があったのでしょうねd。

> ところで、この鐘の音は今も聞こえるんでしょうか?

聞こえるはずなんです。とくに省吾は毎回どこかにいますから。でも、聞こえたことがないんです。相当離れていても聞こえるというのに、なぜでしょうか。
昭和五十年(1975)、川越市文化財保護協会が自動鐘撞機を寄贈し、現在の時の鐘はこの自動鐘撞機によって六時、正午、十五時と十八時の計四回、毎日、時を報らせているのです。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> あ~此れ(時の鐘)よ~~く覚えてますよ!
> ヒロインが良く登ってましたね~^^

そのころは現役のサラリーマンだったので、週末に見る程度だったと思います。なので、つい、ヒロインの顔ばかり見ていました。筋は嫌になるほど忘れてしまいました。(^_^;)

> 上から眺めると景色がいいでしょうね!

おおおお、そういうセリフを吐いてみたいです。が、私には無理でしょう。地べたで圃りこんでいると思います。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 川越は蔵作りの建物だけじゃなくて
> 古い洋館もあるんですね!
> 古い建物が大好きな助手がますます行きたがっています。
> ・・・遠いよ(^^;

女性には人気の街ですよ。お菓子があります。レトロな建物も各時代のものがあります。喜多院さんなどもあります。
大阪からはちと遠いですが、新宿や池袋からは30分ほど。1-2泊するつもりなら、横浜などもついでに見に行くことができます。夜行バスだと有効に時間が使えるんですが、車中で寝ることができない神経質な人には無理ですが、私はむしろ大好きなほうです。
 
こんばんは、

時の鐘も暫く行ってませんが、隣にお店が
できたんですね。
Re: タイトルなし 
> こんばんは、

ビリーさん様、おはようございます。

> 時の鐘も暫く行ってませんが、隣にお店が
> できたんですね。

鐘つきどおりは、メインの蔵造り通りに比して、入りやすい店が多いのか、人通りがかなりあるようになってきました。
武田鉄矢さんのCMも寄与しているのでしょうね。

Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR