散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越を歩く(2)

蔵造りの街並みのど真ん中
壮観なことこの上ない屋根
いかがだろうか。圧倒されるような感じがしないだろうか。屋根ばかりでは能がないので、下部をもご覧いただきたい。
壮観なことこの上ない屋根_1
壮観なことこの上ない屋根_2
壮観なことこの上ない屋根_3
壮観なことこの上ない屋根_4
壮観なことこの上ない屋根_5
時の鐘交差点付近
陶舗やまわ(原家住宅)
蔵造りの街並みでもひときわ目立つ。風格のある建物。NHK連続テレビ小説「つばさ」で多部未華子さんが演じるヒロインの実家として撮影にも使われた。食器を売って100年以上、川越に来てからも55年以上という歴史あるお店だそうだ。
陶舗やまわ(原家住宅)_1
陶舗やまわ(原家住宅)_2
陶舗やまわ(原家住宅)_3
陶舗やまわ(原家住宅)_4
陶舗やまわ(原家住宅)_5
陶舗やまわ(原家住宅)_6
宮岡刃物店(まちかん刃物店)
陶舗やまわに隣接している。屋根は陶舗やまわよりも若干高い。堂々たる建物なのだが、両端を非常に目立つ隣接店舗に接していることと、商っているもののせいで、地味な店舗に見える。商っているのは、こういう商店街では異色の刃物専門店。観光客におもねる商売ではないが、評判では素晴らしい商売をしているようだ。
宮岡刃物店(まちかん刃物店)_1
宮岡刃物店(まちかん刃物店)_2
宮岡刃物店(まちかん刃物店)_3
フカゼン(小谷野家住宅)
絶対に見落とすことがない建物だろう。なぜかといえば、下の写真を見れば一目瞭然。深善美術表具店。隣の刃物店とともに商売が成り立つのか心配になるが、どうなのだろうか。
フカゼン(小谷野家住宅)_1
フカゼン(小谷野家住宅)_2
平岩・水飼家住宅
現在は、床屋「銀パリ」と本屋「太陽堂」とが店を構えている。案外地元の人向けの店舗が並んでいるんだ。いいなあ。
平岩・水飼家住宅
熊重酒店(滝島家住宅)
通りの反対側には、この建物。時の鐘を一刻も早く見たいところだが、意外なところで足止め続きだ。
熊重酒店(滝島家住宅)_1
熊重酒店(滝島家住宅)_2

Comments

こんにちは 
結構、人が多いですね。これはウォーキング大会の影響でしょうか。^^;
それにしても小江戸川越。街並みが飛騨高山よりしっかりした造りの建物が多いように感じます。さすが江戸への大きな荷扱いのあった商業の街ですね!
瓦 
瓦の屋根が物凄い。警戒するのは地震だけですか。
 
こんにちは。
壮観な街並みですね。
これだけ重い屋根を乗せていると長い年月のあいだに
ひずみや傾きがでるものですが
基礎もメンテナンスも素晴らしいのでしょうね。
川越も一時は時代に取り残されたのでようけど
災い転じて福となした典型ですね。

ryu
 
AZTAKさま こんにちは

川越の町並みは立派なものですね。
人通りもあるようですが、主には観光客が訪れるのでしょうか。
それにしても、屋根や二階の扉が凄く重厚に造られていますね。
この二階は貴重品を入れる蔵なのですか・・・・・・
これだけの重量を支える建築材は相当大きなものなのでしょうね。
保存状態も非常に良いようですが、この建物は当時のままなのですか?
川越を歩く 
AzTakさん、こんばんは。
川越の蔵の重量感はすごいですね。
でも活気ある街の顔となり魅力となって古いものが生かされて良いですね。

時の鐘と通りごとに名前が付けられているのですか?
人出はこの日は、少ないほうですがー
 
今晩は
あ~そうそう~あの!朝ドラ~
とっても風情がある蔵の町!
素敵ですね^^

一日楽しめそう~~~
AzTakさん 
こんばんは
凄い重量感ですね。
毎度、思うのは昔の大工さん方は、経験上なのでしょうが、素晴らしい仕事をしています。
現在の木造建築の構造計算にもじゅうぶん役に立つでしょうね。
尤も和算は随分盛んだったようですが、和算を実用に役立てる発想は無かったのでしょうかねえ
こんばんは 
今日はけんさんから飲み会との
連絡が入りました。
ご挨拶だけで失礼します。
 
北陸では全く見ない街並みですね。
重厚な造りで、2階から屋根にかけての造りを見ただけで圧倒されます。
うだつが上がるのうだつは、この街並みの家からきたと聞いたことありました。
一度は本物を見たい街並みです。
Re: こんにちは 
MTさん、こんばんは。

> 結構、人が多いですね。これはウォーキング大会の影響でしょうか。^^;

平日の午前中の川越ですが、ごく普通のような感じがします。

> それにしても小江戸川越。街並みが飛騨高山よりしっかりした造りの建物が多いように感じます。さすが江戸への大きな荷扱いのあった商業の街ですね!

江戸防御の北の砦となった川越藩がありました。その力を強大にしておかないと、困るという事情があったのでしょう。
城主は殆どの代が老中を務めたとか。徳川幕府の最重要藩だったようです。ということで、川越を江戸への物流の拠点にするとか、優遇策がとられたようですね。
Re: 瓦 
senri32さん、こんばんは。

> 瓦の屋根が物凄い。警戒するのは地震だけですか。

東北大震災などでも被害を被ったという話は聞きません。重いものを載せているということを十分に承知した建物構造になっているように思います。

話が飛びますが、テラスが張り出していない外壁面が平たいビルだと、大地震で割れたガラスが遮るものなく一直線に地上に落ちてくる際に、世にも恐ろしい凶器になるという話を聞きます。なるべく軒下を歩かないことが一番かと。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 壮観な街並みですね。
> これだけ重い屋根を乗せていると長い年月のあいだに
> ひずみや傾きがでるものですが
> 基礎もメンテナンスも素晴らしいのでしょうね。

そうなんでしょうね。専門の補修業者がいたりしそうですね。

> 川越も一時は時代に取り残されたのでようけど
> 災い転じて福となした典型ですね。
>
> ryu

そのようですね。でも、繁栄に胡坐をかいていては、再び地盤沈下の憂き目にあわないとも限りません。多少儲かっている今こそ、次に向けた何かをしなくてはいけないんでしょうね。その何かは、果たして何でしょうね。
Re: タイトルなし 
> AZTAKさま こんにちは

花さか爺サン様、こんばんは。

> 川越の町並みは立派なものですね。
> 人通りもあるようですが、主には観光客が訪れるのでしょうか。

観光客も訪れますが、商いの内容を見てみると、地域生活に必要なものをも商っているようです。そうすると、地元の人の需要もこれまた必要なんでしょうね。まあ、基本は観光で潤い、地域全体の金回りがよくなることにあると思います。

> それにしても、屋根や二階の扉が凄く重厚に造られていますね。
> この二階は貴重品を入れる蔵なのですか・・・・・・

商品のストックだったり、上得意客が来た時にしか出さない貴重な商品、売掛帳簿の類などを入れていたのでしょうね。

> これだけの重量を支える建築材は相当大きなものなのでしょうね。
> 保存状態も非常に良いようですが、この建物は当時のままなのですか?

基本的には川越大火の後に、一軒だけ焼け残った大沢家の建物がほかの商人たちの注目を浴びました。それで、蔵を作らなくちゃいけないんだな、ということで一斉に蔵造りに励んだようです。基本的には、その当時のままだと思います。
Re: 川越を歩く 
> AzTakさん、こんばんは。

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 川越の蔵の重量感はすごいですね。
> でも活気ある街の顔となり魅力となって古いものが生かされて良いですね。

そうですね。次回に大正時代の建物・昭和時代の建物が少し出てきます。
それとは別に『大正浪漫夢通り』という短い通りもあり、そちらもちょっとした見ものです。

> 時の鐘と通りごとに名前が付けられているのですか?

メインの通りは蔵造りの町並みと称されています。時の鐘に入る道は鐘つき通りです。どこでも何かした名前がついていると思います。

> 人出はこの日は、少ないほうですがー

どうなんでしょうね。平日の昼前ですから、こんなものでは。週末や休日はかなり人出があると思います。
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> あ~そうそう~あの!朝ドラ~
> とっても風情がある蔵の町!
> 素敵ですね^^
>
> 一日楽しめそう~~~

爺さんのくせに、私は多部未華子さんの大ファンなんです。この朝ドラもよく見ていました。
よくこんな交通量の多いところで、実地ロケを敢行できたものです。

これからだんだん、昼食の会場に向かっていきます。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 凄い重量感ですね。
> 毎度、思うのは昔の大工さん方は、経験上なのでしょうが、素晴らしい仕事をしています。
> 現在の木造建築の構造計算にもじゅうぶん役に立つでしょうね。

そうだと思います。大した技術力ですよね。

> 尤も和算は随分盛んだったようですが、和算を実用に役立てる発想は無かったのでしょうかねえ

あったと思います。だからこそ、栄えたんでしょう。
今は数学に席巻されてしまいましたが、その数学も解けるようになると俄然面白くなるものですねえ。数学頭がないにもかかわらず、ボケ防止に数学の問題解きに励んでいます。
Re: こんばんは 
土佐けんの助手さん、こんばんは。

> 今日はけんさんから飲み会との
> 連絡が入りました。
> ご挨拶だけで失礼します。

お忙しい様子ですね。実は昨夕は私も外で少し飲みました。酔いの回った頭で今日の記事がまだ何もできていないんだと気づきました。が、アルコールは簡単には消えてくれず、往生しました。
Re: タイトルなし 
つぅたろうさん、こんばんは。

> 北陸では全く見ない街並みですね。
> 重厚な造りで、2階から屋根にかけての造りを見ただけで圧倒されます。

ほかの街ではあまりない街並みでしょうね。

> うだつが上がるのうだつは、この街並みの家からきたと聞いたことありました。
> 一度は本物を見たい街並みです。

うだつは、もうこの防火の役目を果たすものに収れんされてしまったようですね。
結構楽しむことができる街で、一度は見てみる価値ありだと思います。


Body

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メッセージボードα
Information from AzTak

8月7日(月)は、早朝から長時間外出のため、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

最新コメント
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR