散歩三昧

散歩や旅行の合間に撮った写真に簡単な説明を加えました

 

川越を歩く(1)

所属している団体のウォーキングイベントを川越で行った。何の事はない。歩く距離は最小で、昼食を楽しむというごくごく楽ちんなイベント。その合間に撮った写真と現地解散後に撮った写真とを取り上げる。

菓子屋横丁
平日で朝が早い所為なのか、お客さんはまばら。不思議なもので、客も腰を引き気味だ。これが、人手があると、次々と客が入るのだろうが。
菓子屋横丁_1
菓子屋横丁_2
菓子屋横丁_3
菓子屋横丁_4

養寿院
川越といえば、喜多院や蓮馨寺などが有名だ。だが、この養寿院も見逃すことができない古刹ではなかろうか。菓子屋横丁の直ぐ近くにある。
川越の地名の由来となった、河越氏の当主・河越経重が開基で、歴代川越城主の信仰も篤い寺院であったからである。この河越氏は、もともとは平氏の流れであるが、波乱万丈の生き方を貫いたようだ。主題からどんどん逸れるので、細かいことには立ち入らないが、かなり面白いものがある。
山門
養寿院_1
養寿院_2
養寿院_3
養寿院_4
本堂
養寿院_5
養寿院_6
庫裡
養寿院_7
養寿院_8
伝河越太郎頼重の墓
墓も此処だと伝えられるのみで、定かではない。一族が滅亡すると権力者の足跡をたどるのも困難になるんだなあ。
養寿院_9
養寿院_10
養寿院は、埼玉県川越市にある曹洞宗の寺院である。山号は青竜山。
寛元(1244年)、河越氏の当主・河越経重が開基となり、大阿闍梨円慶法師が開いた寺。密教の古道場であったが、天文4年(1535年)に天台宗から曹洞宗に改められた。徳川家康の関東入国の際に、家康から御朱印十石を賜った。家康は鷹狩りで立ち寄っている。
本堂には河越氏が京都東山新日吉山王社に寄進した文応元年(1260年)銘の銅鐘(国の重要文化財工芸品)が保存されている。鐘には「武蔵国河肥庄新日吉山王宮」と「河肥」の文字があり、歴史的に貴重なものである。
墓地内には河越太郎重頼の墓があり、寺には岩手県雲際寺にある源義経と重頼の娘である正室の位牌の写しが安置されている。また江戸時代に河越藩主・秋元喬知に仕えた名家老・岩田彦助の墓もある。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
養寿院は曹洞宗に属し、寛元元年(1243年)、秩父平氏の末裔河越次郎経重公(遠江守)が開基となり、大阿闍梨阿圓慶法師が開いた古刹である。
本尊は釈迦牟尼如来(華厳の釈迦如来)、脇侍に観世音菩薩・弥勒菩薩を配し、「三世佛」の扁額を掲げる。
開創当初は台密の寺(天台系密教寺院)であったが、天文4年(1535年) 時の住職隆専上人「年老いて任に堪えず」、曹洞宗太源派下扇叟守慶和尚の道風を慕い寺を付属し禅宗寺院となった。
三世尭室存舜和尚の時代、徳川家康公ご来駕の折、御朱印十石を賜るなど、歴代川越城主の信仰も篤く多いに栄え、かつては曹洞宗専門僧堂(修行道場)として多くの人材を輩出した禅寺である。


大沢家住宅
国指定の重要文化財。私と大沢家住宅とは、徹底して縁がないようだ。この日こそはと思って行ったのだが、『午前中、臨時休館』のつれない表示が。う~~ん。
大沢家住宅_1
あてが外れた客の顔が印象的。チョット真面目に見ようと思っている人には、必見の住宅なのに。
大沢家住宅_2
大沢家住宅(おおさわけじゅうたく)は、埼玉県川越市にある蔵造り建築。明治26年(1893年)の川越大火の焼失を免れた川越最古の蔵造りで、現存する関東地方最古の蔵造りでもある。国の重要文化財の指定を受けている。現在の屋号から「小松屋」とも呼ばれている。
寛政4年(1792年)に近江国出身で呉服太物の近江屋を営んでいた豪商・西村半右衛門が建てた蔵造りの店舗建築。川越大火で例外的に焼失を免れ、そこから川越商人が蔵造りの町家を次々に建設する契機となった。昭和46年(1971年)に国の重要文化財の指定を受け、また、平成元年(1989年)より5年間を費やし大規模な修理が行なわれ、創建当時の姿に甦った。


祭り会館に展示されている山車
良い展示内容だし、説明なんだけど、…。館内の撮影可の扱いならば、、説明の合間に撮影しやすくする工夫があればと思った。
説明が終わった後は、もう少し証明を明るくしてくれると有難いのだが、暗いままだった。
祭り会館に展示されている山車_1
祭り会館に展示されている山車_2
祭り会館に展示されている山車_3

Comments

こんばんは! 
AzTakさん、こんばんは!
横浜から川越ですか!
撮影場所の縦横無尽な広がりにいささか驚きです♪
川越お菓子横丁へは数回行っていますが
菓子屋横丁の直ぐ近くの養寿院ですか?
気が付かない私の目は節穴です 笑)
川越の地名の由来となった河越氏ですか!
今度行ったときは見逃さないようにしよう♪
おはようございます 
小江戸川越、近くにありながらちゃんと歩いたことがありません。江戸時代の雰囲気を残す街並みがあるんですよね~。AzTakさんは街歩きにちょっと見落としがちなスポットをたくみにいれつつ、楽しまれていて、さすがだなといつも思います。私の近くて縁遠い街、川越編も楽しみに拝見させていただきます。^^
外出 
おはようございます。やはり一日7000歩は歩きませんといけません。頑張ります。自分のためですもの。
おはようございます♪ 
川越の小江戸の町並み、一度、ぶら散歩をしてみたいと思うのですが、AzTakさんのブログで楽しませていただきます^^
今日は、 
Aztakさん、懐かしいですね、川越市、私の実家です。

一時帰国の際はよくこの辺をぶらぶらします、最近は外国人も増えたようで、

しかし、町全体としては活気はありませんね、老人ばかりになりました。

いつも写真で楽しませてもらっています、ありがとうございます。
 
こんにちは。
私が行った40年くらい前はさほど観光地観光地していませんでしたが
今ではすっかり観光の街になりましたね。
大内宿や妻籠宿なんかもそうですがまるで時代劇のセットのようです。

ryu
こんにちは 
菓子屋横丁、昭和の雰囲気で懐かしいです。
こんなお店の小型には子供の頃お世話になりました。
戦後の復活をし始めた頃の子供時代、活気に溢れていたことを思い出します。
川越にはこんなお店があるのですねえ。
AzTakさん,今晩は。 
久しぶりの川越ですね。
AzTakさんには物足りない小江戸散歩のご様子,コメントから感じますが
江戸の文化を残すと言っても建物だけで,AzTakさんの美食家には答える物が有りませんでしたか。
続きを期待して下ります。
 
川越、同じ県内にいながら
1回しか行ったことがありません

風情のあるいい街ですよね

 
2-3度行きました

数年前、写友と行ったときまさかまさかの定休日!
観光地で定休日があるとは

小江戸川越を少し外れたところの和菓子屋さんはやってました
月曜日が定休日らしいです
何処でお昼食べただろう。。。記憶にない川越
AzTakさん 
こんばんは
川越の街には電線が見えないですね。
意識しているのでしょうか?
景観を売り物にするには、それなりのの配慮は有ったらいいでしょうね。
 
AzTakさん さん、こんばんは~
川越は行きたいなと思いながらなかなか行けないでいます。
平日の朝の早い時間は少し寂しく思えてもお店は人がいっぱいよりも
撮りやすくはないですか。
大沢家住宅はその佇まいがとてもよいです。
臨時休業はせっかく行かれて、ガッカリですねー
余計に見たくなりますよね^^

現地解散はさっぱりしています~
 
今晩は
以前朝ドラだったかな~
見ててとっても風情があって
素敵な街並みを見たいですね^^
こんばんわ 
AsTakさんは通常いったいどれくらい歩かれるのでしょうか。
私など、5000歩も歩いたら、次の日は散歩お休みです(;^_^A

川越は、ドラマの舞台などになってテレビで良みていて、一度は行ってみたいところです。
そう思いながらいるうち、外人さんが沢山来るようになり、少しブームが去るまでとか思っています💦
そんなこと言っていたら一生行けなくなるので、頑張って行く計画しようかな(^^)
Re: こんばんは! 
> AzTakさん、こんばんは!

makiraさん、こんばんは。

> 横浜から川越ですか!
> 撮影場所の縦横無尽な広がりにいささか驚きです♪

もうそろそろ肩をたたかれてもおかしくない年頃になってきました。その時に悔いが残らないように、もう少し、首都圏以外の行き先に出かけてみたいと思っています。問題は己の出不精さ加減。その一因がいつ起きるかわからない腰痛があるんです。

実は寝方を変えて、腰を労わることにトライしています。それが功を奏しつつあるようで、腰痛勃発の兆候がぐんと減っているように思っています。本当に効果ありなのか、楽しみにしています。

> 川越お菓子横丁へは数回行っていますが
> 菓子屋横丁の直ぐ近くの養寿院ですか?
> 気が付かない私の目は節穴です 笑)

ウナギ屋さんの向かいにあります。

> 川越の地名の由来となった河越氏ですか!
> 今度行ったときは見逃さないようにしよう♪

勝手にそう思っているだけなんですが、直接的にはそれでいいようです。ただし、河越氏を名乗った理由は何かまで考えると、それ以前がありそうです。本堂の横手を入ったところにあります。
Re: おはようございます 
MTさん、こんばんは。

> 小江戸川越、近くにありながらちゃんと歩いたことがありません。江戸時代の雰囲気を残す街並みがあるんですよね~。AzTakさんは街歩きにちょっと見落としがちなスポットをたくみにいれつつ、楽しまれていて、さすがだなといつも思います。私の近くて縁遠い街、川越編も楽しみに拝見させていただきます。^^

自分一人だと、時間との勝負という感じで歩き回りますが、この時は爺さん婆さんのウォーキング大会という名の食事会でした。
なので、超ゆっくりペースで、大したところは見ることができていません。
気に入っていただけるようなところは少ないかもしれません。m(__)m
こんばんは 
川越って良いですね~~
助手の好きな蔵などが沢山あります^^
電線が無いのが良いですね~
京都や大阪も早く地中化してくれないかな!
Re: 外出 
senri32さん、こんばんは。

> おはようございます。やはり一日7000歩は歩きませんといけません。頑張ります。自分のためですもの。

そうですね。そうしたほうが身体にはいいでしょうね。
私の場合は、歩いている途中に腰痛爆弾がさく裂するかもしれない心配があったので、最悪の場合、簡単にタクシーを拾うことができるなど、戻りやすいコースを主に歩いていました。
そうなんですが、少しずつ腰痛の心配を取り払ってきて、先日の朝比奈切通し挑戦などにも繋げました。この先どうなることやらです。
Re: おはようございます♪ 
ノースさん、こんばんは。

> 川越の小江戸の町並み、一度、ぶら散歩をしてみたいと思うのですが、AzTakさんのブログで楽しませていただきます^^

今から謝っておきますが、今回は、あまりこれはと思うようなところを歩いていません。m(__)m
喜多院で、同行者が住職の奥様と知り合いだったので、無料で中を見せていただき、茶菓の接待をも受けました。ですが、そこは撮影禁止ゾーン内部なので、写真はなし。残念でした。

もう少し元気が戻るようだったら、秩父に出かけてみたいものです。
Re: 今日は、 
> Aztakさん、懐かしいですね、川越市、私の実家です。

我がまま親父さん、こんばんは。ご無沙汰しています。何か体調がよろしくないようですが、大丈夫でしょうか。
自分の身体は自分が一番よくわかるはずで、付き合い方を考えながら、残された時間を悔いなく過ごしたいものですね。

> 一時帰国の際はよくこの辺をぶらぶらします、最近は外国人も増えたようで、
> しかし、町全体としては活気はありませんね、老人ばかりになりました。

ほかの町だと、もっともっと灯が消えたようになっているところが多いように思います。少子高齢化の進展をいまさらながら、憂えています。尤も、我が家は貧乏人の子だくさん。それなりにやりくりしていかなくてはなりません。

> いつも写真で楽しませてもらっています、ありがとうございます。

無理をせずに無理してくださいね。勝手なことをほざいて申し訳ありません。
Re: タイトルなし 
> こんにちは。

tgryuさん、こんばんは。

> 私が行った40年くらい前はさほど観光地観光地していませんでしたが
> 今ではすっかり観光の街になりましたね。
> 大内宿や妻籠宿なんかもそうですがまるで時代劇のセットのようです。
>
> ryu

40年位前が一番、さびれた時だったのでは。その後、これじゃいけないと有志がこの街並み再生に向けて立ち上がったようです。行政もやっと後を追っていきだし、…。
これから、どういう街にしていくか、難しい問題ですよね。
Re: こんにちは 
お千さん、こんばんは。

> 菓子屋横丁、昭和の雰囲気で懐かしいです。
> こんなお店の小型には子供の頃お世話になりました。
> 戦後の復活をし始めた頃の子供時代、活気に溢れていたことを思い出します。
> 川越にはこんなお店があるのですねえ。

あるんですねえ。男の私にはいささか苦手でありながら、それでも覗いてみたい不思議なゾーンです。
芋のお菓子とか飴玉とかが名産のようです。いま、「糖分控えめで行け」と脅かされているので、本来は立ち寄ってはいけないところかも。
Re: AzTakさん,今晩は。 
yatyou1116さん、こんばんは。

> 久しぶりの川越ですね。
> AzTakさんには物足りない小江戸散歩のご様子,コメントから感じますが
> 江戸の文化を残すと言っても建物だけで,AzTakさんの美食家には答える物が有りませんでしたか。
> 続きを期待して下ります。

今回は、昼食だけは豪勢にいきました。と言ってもそう高いわけではありませんが、割烹「佐久間」でいただきました。
そのあとで、喜多院の住職の奥様と話をする機会がありましたが、「あの店は美味しかったことでしょう。良い選択をされましたね」という評価が。結構、有名なようですね。
Re: タイトルなし 
まりんママさん、こんばんは。

> 川越、同じ県内にいながら
> 1回しか行ったことがありません
>
> 風情のあるいい街ですよね

そうですか。もう少し行ってみてもよいかもしれませんね。
私自身は、クリスチャンの端くれなのに、札所めぐりが好きで、川越よりも秩父をよく歩きました。と言いながらタクシーか徒歩かなので、なかなか回ることができないお寺さんがいっぱい残りました。
Re: タイトルなし 
ぴあのさん、こんばんは。

> 2-3度行きました
>
> 数年前、写友と行ったときまさかまさかの定休日!
> 観光地で定休日があるとは

観光地兼地元商店街なんですね。結構のんびりと商売をしているようです。スペインに行ったと思えば、腹が立たないかも。

> 小江戸川越を少し外れたところの和菓子屋さんはやってました
> 月曜日が定休日らしいです
> 何処でお昼食べただろう。。。記憶にない川越

昔だと人気はウナギでしたが、今は、選り取り見取りのようですね。
Re: AzTakさん 
> こんばんは

のんびり熊さん、こんばんは。

> 川越の街には電線が見えないですね。
> 意識しているのでしょうか?
> 景観を売り物にするには、それなりのの配慮は有ったらいいでしょうね。

送電線の地下化が完了したようですね。
小池都知事も公約は送電線の地下化だったんですが、そんなこと、完全に忘れているんでしょうね。豊洲とオリンピックとで、票を稼げると考えているのでしょうか。大風呂敷を広げすぎると、畳むのが大変でしょうね。
Re: タイトルなし 
> AzTakさん さん、こんばんは~

みすてぃむーんさん、こんばんは。

> 川越は行きたいなと思いながらなかなか行けないでいます。
> 平日の朝の早い時間は少し寂しく思えてもお店は人がいっぱいよりも
> 撮りやすくはないですか。

その時はそう思いましたが、本通りに戻ったら、すごい人でした。

> 大沢家住宅はその佇まいがとてもよいです。
> 臨時休業はせっかく行かれて、ガッカリですねー
> 余計に見たくなりますよね^^

相性が良くないところが出ちゃいました。残念でした。

> 現地解散はさっぱりしています~

今回はいきませんでしたが、川越には「大正浪漫夢通り」が存在するんです。どんなところがご覧になったらいかがでしょうか?
Re: タイトルなし 
> 今晩は

x都人xさん、こんばんは。

> 以前朝ドラだったかな~
> 見ててとっても風情があって
> 素敵な街並みを見たいですね^^

多部未華子さん主演の『つばさ』ですよね。実家として撮影したお店も一応次回に取り上げます。
小京都ではなく『小江戸』と称しています。どんなものか見てやってください。
Re: こんばんわ 
ふくみみさん、こんばんは。

> AsTakさんは通常いったいどれくらい歩かれるのでしょうか。
> 私など、5000歩も歩いたら、次の日は散歩お休みです(;^_^A

普段はあまり歩数が出ません。ですが、いったん、外出すると、かなり歩数を歩く感じです。最低でも1万歩は歩きます。今回は、爺さん婆さんとのウォーキングでしたので、最低ラインのほうでした。(^_^;)

> 川越は、ドラマの舞台などになってテレビで良みていて、一度は行ってみたいところです。
> そう思いながらいるうち、外人さんが沢山来るようになり、少しブームが去るまでとか思っています💦
> そんなこと言っていたら一生行けなくなるので、頑張って行く計画しようかな(^^)

いいと思いますよ。ぜひ、お出かけください。
Re: こんばんは 
土佐けんさん、こんばんは。

> 川越って良いですね~~
> 助手の好きな蔵などが沢山あります^^

ここは、まとまって存在するので見やすいかと思います。ただし、車の通行量が半端ではなく、この辺の規制も考えないといけないかもしれません。

> 電線が無いのが良いですね~
> 京都や大阪も早く地中化してくれないかな!

(ФωФ)フフフ・・・、東京もです。小池さん、公約無視はいけませんよ!!

Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メッセージボードα
Information from AzTak

10月2日(月)から10月8日(日)は、小旅行などの所用がかさなり、私からのアクセスは遅れます。大変申し訳ありません。m(_ _)m

-- E N D --
.
.
プロフィール

AzTak

Author:AzTak
FC2ブログへようこそ!

定年後の時間たっぷりの輩です。写真撮影やプログラミングが趣味です。

当ブログは、リンクフリーです。

カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
QRコード
QR